MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
深場にシロギス集結、テクニカルな落ちギス釣りを楽しもう【東京湾】

深場にシロギス集結、テクニカルな落ちギス釣りを楽しもう【東京湾】

木枯らしが吹きだす頃、東京湾のシロギスは深場に集まりだす。江戸前の冬の風物詩、落ちギスだ。

誰でも手軽に楽しめるシロギス釣りだが、数釣るにはチョッとしたコツが必要。冬場のシロギスはプックリと太り、味覚の面でも絶品

この時期は、夏よりもゆっくりめの誘いがいい。

良型シロギスゲット!

一荷はうれしい。

太って美味しそう!

定番ゲストのイシモチ。

これはホウボウ。

良型のアジもまじる。

食い込みのいいハリを使った仕掛けがオススメ。

付けエサはアオイソメ。

今回、取材にご協力いただいたのは、東京・羽田「かめだや」。

取材日の釣り場は、中ノ瀬の22〜28m前後。夏場に比べると狙う水深が深くなってきている。二本竿で狙う場合は、一本は少し投げて釣り、もう一本は足元狙いで置き竿にする人が多い。
誰でも手軽に楽しめるシロギス釣りだが、数を釣るにはチョッとしたコツがいる。チョイ投げは、盛期よりもゆっくりと誘ってアタリを出そう。置き竿は、羽田「かめだや」の佃勇二船長は「オモリが海底から5㎝くらい上にあるように設定します。これでエサがフワフワと漂って食い気を誘います。そして、アタリがあったら必ずアワセを入れてください。また、さらに数を伸ばすには『プルプル』というアタリの前に『コクッ』というモタレがあります。このモタレを感じてアワせられるようになると、グッと数が伸びますよ」とアドバイスする。
冬場のシロギスはプックリと太り、味覚の面でも絶品。落ちギス釣りに挑戦してみよう!

以上の記事は「つり丸」2012年1月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
大型まじりで釣果上向き傾向!!東京湾のアマダイが絶好釣!神奈川・久比里「山天丸釣船店」で当日最大は46㎝!50㎝超もポツポツまじっている!
三浦半島・城ヶ島沖ではヤリイカが釣れだした。小型主体も群れ濃厚!状況変化に合わせて対応を!秋イカシーズン開幕だ!
相模湾のコマセのキハダ&カツオが本格化!カツオは怒濤の食いを見せ、キハダは20~30㎏クラスがヒットする激アツモードに突入!基本を押さえて逃さずキャッチしよう!
東京湾のタチウオが絶好釣!一級ポイント、富津沖を得意とする富津港「浜新丸」では連日ドラゴン級まじり&数釣りでタチウオフリークを熱くさせている!
飯岡沖ではまるでハイシーズンのような大型ラッシュが続いている!飯岡港「幸丸」では4㎏、5㎏の大ダイは当たり前。なんと7㎏!のモンスターサイズも飛び出した!
最新記事
大型まじりで釣果上向き傾向!!東京湾のアマダイが絶好釣!神奈川・久比里「山天丸釣船店」で当日最大は46㎝!50㎝超もポツポツまじっている!
ヒラマサは厳しくてもサンパク&ワラサ狙いも面白い!そんなアングラーにおすすめなのが初秋の外房ジギングゲームだ!マハタやヒラメ、サワラ、ハガツオ、カンパチなどゲストも多彩!
三浦半島・城ヶ島沖ではヤリイカが釣れだした。小型主体も群れ濃厚!状況変化に合わせて対応を!秋イカシーズン開幕だ!
最新のリアルオキアミ大型バケを採用したキハダ仕掛け「最強キハダRО仕掛GK1」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読