MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
20kgオーバーキハダ好調!南伊豆沖のジギング&キャスティング

20kgオーバーキハダ好調!南伊豆沖のジギング&キャスティング

南伊豆出船で狙う、キハダのジギング&キャスティングゲームが好調。パワフルファイトを満喫して、ぜひともビッグワンを仕留めていただきたい。

perm_media 《画像ギャラリー》20kgオーバーキハダ好調!南伊豆沖のジギング&キャスティングの画像をチェック! navigate_next

南伊豆沖の キハダゲーム!遠征フィールド、御蔵島周りの 基本タックルと釣り方とは

いくつものフィールドを攻め分け釣果を記録し続けている

南伊豆沖のキハダゲームが盛り上がっている。

とはいえ、このフィールドのキハダシーズンは長い。

南伊豆弓ヶ浜の「惠丸」でも今年は、4月からキハダゲームをスタートした。

ひょうたん瀬から始まった後、新島周辺、御蔵島、利島など、いくつものフィールドを攻め分け、釣果を記録し続けている。

キャッチされているキハダのサイズはフィールド、状況によって様々だが、15~40㎏クラスまでが多いようだ。

「キハダの数は例年並みって感じかな。でも、今年はなぜかうちは好調。いい感じで釣れているよ」とは良川福一船長。
 
御蔵島を釣った取材日も結果は上々。

この日はジギングでの釣果に偏ったが、ひとりで3本をキャッチしたアングラーもいた。

他にもカンパチのヒットもあった。
 
キャスティングは今ひとつ振るわなかったが気配は十分にあった。

カツオの数が多すぎたこともヒットを遠ざけた一因だったかも知れない。
 
今後はどのフィールドに向かってキハダゲームを展開するかは分からない。

キハダの回遊次第、というわけだ。

いずれの場合でも、キャスティング、ジギングともに楽しめるのが南伊豆沖の特徴であり、魅力でもある。

ぜひ準備を万端に挑んでいただきたい。

御蔵島周りでのキハダゲーム基本タックル

キャスティングタックルはすぐ対応できるように準備万端でセットしておく

御蔵島周りでのキハダゲーム、基本タックルを整理してみよう。
 
水面上にトリヤマが数多くたち、キハダが跳んでいる場合は、まずキャスティングゲームが優先されるだろう。
 
キャスティングの場合は、メインラインにPE4~6号、リーダーが80~110 Lbというセッティングをベースに、ロッド、リールのセッティングを合わせていけばよいだろう。

その時々のアベレージサイズに合わせてタックルのパワーレベルを選択するのが基本的な考え方だ。
 
繊細な攻略が求められることが多い相模湾などとは異なり、いかに活性の高いキハダにルアーをアピールするか、という考え方でアプローチした方が好結果につながりやすい。
 
ベイトはトビウオやムロアジが中心となる。

ルアーは80~120g程度のダイビングペンシルを基本に、よりアピール力が欲しい状況ではポッパーを選ぶのもいいだろう。

保険的に小型シンキングペンシルを用意してもよいだろう。
 
御蔵島のように外洋のフィールドでは小細工に凝るよりもタイミングを重視したい。

キャスト範囲にナブラが入ったら確実にキャストを決められるようにしておくことが大切。

そして落ち着いてキャスト出来ることが第一歩となる。
 
どこでもヒットが望めるように見えるナブラの攻略でも、ピンスポットを打ち抜かなければヒットしないことも多い。

ナブラ、キハダ自体の進行方向をよく確認し、その前方方向にキャストを決めたい。
 
着水と同時にヒット、ということは珍しくはないし、通常は2~3回のジャークで勝負が決まることも多い。

ただし、誘い出しも有効なパターンのひとつなので、この場合はジャーク&ポーズで広く探ることが基本となる。

船長の指示に従うことを基本に、意識的に使い分けていくことが大切だ。

主力のダイビングペンシルは大小、異なるサイズを揃えておきたい

ジギングのタックルと攻略法

ジギングタックルはマストアイテムだ

ジギングタックルも必ず用意しておきたい。
 
活性が高い状況ではハイピッチ系でもヒットは望めるが、どちらかといえばスローピッチ系の方が釣果は安定している印象だ。
 
スローピッチ系ではジグは200~400g程度までが使いやすいだろう。

ロッド、リールはこれに応じたベイトタックル、ラインはPE3~4号、リーダーは50~60 Lb程度がバランスする。
 
ハイピッチ系で狙うなら、ジグはやや軽め。150~300g程度が使いやすい。

メインウエイトは200~250gとなる。

ロッド、リールはこれらに応じたもので、スピニング、ベイトタックルともに活躍する。

ラインはスローピッチ系と同様のセッティングでよいだろう。
 
御蔵島では最大で180m程度までを探ることが多い。

ヒットレンジは60mであったり、120mであったり、まちまち。

船長から反応の濃いレンジの指示があるので、そこを重点的に攻めるのが基本となる。

ただし、いずれのレンジでもヒットしてくる可能性があるので要注意だ。

とりわけキハダはフォール中のヒット率が高く、回収中にヒットしてくることも珍しくはない。

フォール中のモゾモゾとしたバイトや、回収中のドンっとひったくるようなバイトにも対応出来るよう、常に集中して挑むことが大切だ。
 
キャスティングに比べ、ジギングはロングファイトとなることが多い。

とくに最後の最後、船べり近くでの攻防が長くなる傾向がある。最初から力任せのファイトを展開すると最後にバテてしまうこともある。

ヒット直後はしっかり走らせて、十分に弱らせてから寄せてくるスタイルの方がランディング率はアップするはず。

ぜひお試しあれ。
 
また、乗合船で楽しむ場合、ジギングとキャスティングのどちらがメインスタイルになるかは、状況によって分からない。

必ず両タックルを準備しておくことをおすすめする。
 
相手は10㎏以上のビッグサイズが中心。

40㎏、50㎏も当たり前だ。

それゆえ、ジギング、キャスティング、いずれの場合でもタックル全般のセッティング、チェックは念入りに行っておくことが大切だ。

取材日、3本のキハダを仕留めたヒットジグ、SFCのアーク260g

南伊豆沖のジギング&キャスティングゲーム 釣行レポート

まだまだ続く!20kgオーバーキハダ好調 !

ポ イントは広範囲。状況次第で御蔵島 利島、ひょうたん瀬、石廊崎沖を攻める

当たったときの爆発力はさすが、の御蔵島

この日、キャスティングは不発だったが、気配は濃厚だった

ナブラが見えないときは片舷に並びジギングで攻めた

スローピッチジャークで結果を出したアングラー。ハイピッチでも当たっていた

最後の抵抗をしのぎ、ギャフが決まった。ひと安心の瞬間だ

ファーストヒットをモノにした橋本さん。150mライン、ジャーク後のフォールにヒットしてきた

待望のキハダヒット! パワフルファイトで応戦!!

姿が見えた! でも、ここからが意外と長い

取材日のレギュラーサイズ、25kg弱のキハダ。アングラーは八木さん

最後の最後まで気が抜けないキハダとのやり取り

取材日、キャッチされたキハダのなかではやや小振りだが、これでも20㎏前後

パワーとスピードを見せつけた2本目のキハダをキャッチして疲労困憊

「水面から50mから100mを探ってヒットしました」というカンパチ

100m超の水深でも水深20m程度の水深でもヒットしてきたカツオ

ジギングでもカツオは連発!

返り血を浴びても嬉しい、ナイスサイズのカツオ

釣りまくったあとは力仕事が待っている!?

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・南伊豆弓ヶ浜「惠丸」

「キハダは例年並みって感じだけど、うちはなんか調子いんだよね。なんか知らないけど釣れているよ(笑)」

冗談半分で教えてくれたのは、南伊豆弓ヶ浜「惠丸」の良川福一船長。

取材前日は利島周辺を攻めた、という良川船長。

当日は約1ヵ月振りという御蔵島へと向かった。

到着しての第一声が、前回の百分の一しかトリがいない、今日はマズいかも、というマイナス発言。

しかし、中層にはしっかり反応がある、という。ジギング主体でスタートした。

船長の不安に反して、最初の流しからヒット! 

スローピッチスタイルで狙っていた橋本さんが、慣れたやり取りでファーストフィッシュを仕留めた。

サイズはこの日のアベレージ、25㎏弱。

この後も橋本さんは絶好調。さらに2本のキハダを追加した。

同行の八木さんはハイピッチスタイルでキハダをキャッチ。

7㎏クラスのカンパチまで仕留めてしまった。

後半になるにつれ海面が賑やかになってきた。

ジェットスキーのように飛んでいる大型キハダも多数目撃。

これは! といったチャンスもあったが、残念ながらヒットならず。

終始、カツオだけが活発にヒットしていた。

昨年、「惠丸」では9月いっぱいキハダを追いかけた。

今年も御蔵島、ひょうたん瀬、新島周辺を始め、利島周り、石廊崎沖など、状況次第で攻め分けていく、という。

まだまだ期待十分の南伊豆沖キハダゲームだ。

以上の記事は「つり丸」2021年9月1日号の掲載記事です。

関連記事
秋の東京湾、ルアーゲームの主役は青物!イナダからワラササイズのブリサワラ、小型のカンパチまで!青物ゲームが面白い!
東京湾 秋のサワラ祭りが開幕!ドラグが唸りをあげるほどの「マッハ・ラン」を繰り返す1m超のファイトが東京湾で手軽に楽しめる!ぜひ体験してみよう!
べた凪ぎの海で根魚&タイと遊ぶ!晩夏のタイラバゲームは入門のチャンスだ!水深20m前後の「シャロー」では、アカハタが裏本命となる。ぜひ挑戦してみよう!
9月上旬の東京湾は、大型タチウオ、通称「ドラゴン」キャッチで沸いている!金沢八景「太田屋」でも、ドラゴンサイズ連発で期待十分の状況だ!
東京湾のシーバス五目!湾内にはターゲットがもりだくさん!シーバス、青物、タチウオ、マダイ、マゴチなどあらゆるフィッシュイーターたちを狙う五目ゲームに注目だ!
最新記事
タイラバ激戦区加太や明石エリアで鍛えあげられたタイラバロッド「タイゲームSSD C610L/FSL 15thアニバーサリーリミテッド」
カマスサワラ(スズキ目サバ科カマスサワラ属)本州以南、世界中の熱帯域から温帯域表層域を回遊している。昔は駿河湾・山口県以南にいたものが北上傾向にある。
人気の深海ジギングの救世主的両軸リール登場「マーフィックス」C3-RH/C3-LH
秋の東京湾、ルアーゲームの主役は青物!イナダからワラササイズのブリサワラ、小型のカンパチまで!青物ゲームが面白い!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル