観音崎沖のタチウオ&アジのリレーが凄くイイんです!【観音崎沖】

観音崎沖のタチウオ&アジのリレーが凄くイイんです!【観音崎沖】

鴨居大室港を離れた「福よし丸」は観音崎沖へと波をかき分けて進んだ。このところの悪天候に3日ぶりとなる出船だ。はたしてタチウオ&アジたちはお腹をすかせて待っていてくれるだろうか。


食べて美味しい、釣って楽しいタチウオ&アジ。この〝ダブルエース〟を狙えるリレー釣りが連日好釣だ!

筆者にきたダブル。「すごい重かったですよ!」。全体的に良型が目立った。

大型の期待が高まる冬シーズン。今後もメーターオーバーが楽しみだ。

アジは脂をしっかり乗せて、数も絶好調だ。

アジは80mのポイントで入れ食い!

観音崎沖の80mダチの名ポイントには船が集結する。この場所で釣れるタチウオがもっともアツイ!

一気に抜き上げよう。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・鴨居大室港「福よし丸」。

味は抜群で、釣って楽しい観音崎沖のタチウオとアジ。この〝ダブルエース〟を狙えるリレー釣りが、いま絶好期を迎えている。鴨居大室港「福よし丸」では、連日好釣果を記録。
水温が下がり深場に固まるタチウオは、指5本のビッグサイズも飛び出す。そして、ほぼ同じポイントで釣れるアジは体高があり、みるからに旨そうだ。
お刺身、塩焼き、ムニエルが定番料理のタチウオだが、「福よし丸」の福本善行船長から旨い料理法を教えてもらった。小型のタチウオを3枚におろし、くるくると巻いて爪楊枝で止めフライにするのだ。ほくほくとした柔らかい身を噛むと、ほどよい甘みが口いっぱいに広がる至高のメニューだ。このタチウオのフライとアジフライは、晩ご飯のおかずにもダブルエースだ。
爆釣で竿納めを飾りたいアナタには、観音崎のタチウオとアジのリレー船がおすすめです。

以上の記事は「つり丸」2012年1月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


グルメ釣り師にオススメ! 絶品アジの釣り方&仕掛け(政信丸)

グルメ釣り師にオススメ! 絶品アジの釣り方&仕掛け(政信丸)

美味しい魚を釣るなら、走水沖のビシアジがオススメだ。走水沖のアジは、東京湾のなかでも絶品との評判。そして、これから暑くなるにつれて、ゲストでまじるサバも脂が乗ってとても美味しくなるのだ。


うまさ抜群! 走水沖のブランドアジを釣りに行こう(政信丸)

うまさ抜群! 走水沖のブランドアジを釣りに行こう(政信丸)

ブランド魚のひとつとして名高い走水沖のアジが堅調だ。走水港「政信丸」では、取材日は強風と高波で序盤は苦戦したが、トップ43匹。その前日は64匹。また、サイズは20〜40㎝、アベレージで25㎝と申し分なしだ。さらにうれしいことに、背が黄金色に輝くいわゆる「金アジ」が3割程度まじった。


初夏のグルメ派釣行にオススメ! 旬のアジ釣り(猿島沖・義和丸)

初夏のグルメ派釣行にオススメ! 旬のアジ釣り(猿島沖・義和丸)

昨年来ずぅーっと好調続きだった東京湾猿島沖のアジだが、3月に入ってペースダウン。ほぼ周年猿島沖を狙う新安浦港の「義和丸」でも、他エリアでの釣りを余儀なくされていた。ようやく4月中旬になって復活の兆しが出始め、猿島沖の30m前後の浅場で食い出したと聞き釣行した。


釣りやすくなっている東京湾の良型美味アジを釣ろう!【東京湾】

釣りやすくなっている東京湾の良型美味アジを釣ろう!【東京湾】

東京湾のアジは良型が絶好調。鴨居沖や観音崎沖、海堡周りの浅場で25㎝級が次々に食ってくる。どれも幅広のいいアジだ。


狙うはドラゴン級だ! 初夏のタチウオジギング【駿河湾・由比沖】

狙うはドラゴン級だ! 初夏のタチウオジギング【駿河湾・由比沖】

ドラゴンとは大型タチウオのこと。誰が言い始めたのか? またどのくらいのサイズをそう呼ぶのかの定義は定かではないが、タチウオ好きがよく口にする憧れのビッグワンだ。


最新の投稿


チャンスを逃さず本命の走水沖のビジアジを狙って釣ろう! (政信丸)

チャンスを逃さず本命の走水沖のビジアジを狙って釣ろう! (政信丸)

「美味しいアジが釣りたい!」という思いで、永井さんが出かけたのは走水港「政信丸」。周年、アジをメインに狙っている船宿だ。「ちょっと前よりは良くなってきましたけど、厳しい時間帯もありますから頑張ってください」と出船前に話していたのは「政信丸」の廣川政信船長だ。


日本最西端、沖縄県与那国島で狙うカンパチ(フィシングモットイ)

日本最西端、沖縄県与那国島で狙うカンパチ(フィシングモットイ)

東京から直線距離にしてはるか2000㎞。日本最西端に位置する島が、沖縄県与那国島だ。今回、この地を訪れたのは、ロッドメーカー剛樹のロッドを愛用するアングラー3名と、アドバイザーとして横浜市のフィッシングショップ「モットイ」代表の中山敏成さん。はるばる与那国島まで来たのだから、狙いは30㎏オーバーの大型カンパチ一本だ。


キャストし広範囲を探ろう! 飯岡沖ひとつテンヤマダイ(梅花丸)

キャストし広範囲を探ろう! 飯岡沖ひとつテンヤマダイ(梅花丸)

ほぼ周年ひとつテンヤでマダイが狙える飯岡沖だが、これから夏にかけてはポイントが比較的浅場になり、ビギナーでも底ダチが取りやすく、釣りやすい時期だ。このところ、大ダイはそれほど多くないものの、1~1.5㎏前後の「食べごろ」サイズを主体に、トップ3~6枚前後釣れており、日によっては2ケタ釣果も狙える状況だ。


「カラスザメ」の寿司…身にこくがあり、すし飯に負けない個性がある

「カラスザメ」の寿司…身にこくがあり、すし飯に負けない個性がある

「伊豆に河津桜を見に行ってきました」と、友人から聞いて、「いいね!」なんて言ったのは遙か昔に。連チャンでキンメ釣りに行った釣り名人・蛸さんに本命キンメダイとカラスザメをいただいた。今度はちゃんと棘を切り取ってから皮を剥いた。こいつを煮つけて、上州は群馬県の純米酒のアテに。ほろ酔い気分で春爛漫なのだ。


グルメ釣り師にオススメ! 絶品アジの釣り方&仕掛け(政信丸)

グルメ釣り師にオススメ! 絶品アジの釣り方&仕掛け(政信丸)

美味しい魚を釣るなら、走水沖のビシアジがオススメだ。走水沖のアジは、東京湾のなかでも絶品との評判。そして、これから暑くなるにつれて、ゲストでまじるサバも脂が乗ってとても美味しくなるのだ。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読