観音崎沖のタチウオ&アジのリレーが凄くイイんです!【観音崎沖】

観音崎沖のタチウオ&アジのリレーが凄くイイんです!【観音崎沖】

鴨居大室港を離れた「福よし丸」は観音崎沖へと波をかき分けて進んだ。このところの悪天候に3日ぶりとなる出船だ。はたしてタチウオ&アジたちはお腹をすかせて待っていてくれるだろうか。


食べて美味しい、釣って楽しいタチウオ&アジ。この〝ダブルエース〟を狙えるリレー釣りが連日好釣だ!

筆者にきたダブル。「すごい重かったですよ!」。全体的に良型が目立った。

大型の期待が高まる冬シーズン。今後もメーターオーバーが楽しみだ。

アジは脂をしっかり乗せて、数も絶好調だ。

アジは80mのポイントで入れ食い!

観音崎沖の80mダチの名ポイントには船が集結する。この場所で釣れるタチウオがもっともアツイ!

関連する投稿


手軽に気軽に半日船でアジはいかが!?【東京湾・走水沖】

手軽に気軽に半日船でアジはいかが!?【東京湾・走水沖】

早春とはいうものの名ばかりの寒さが続く。エルニーニョだかなんだか知らないけれど、こうも寒いと釣りに行くのもついついおっくうに。さりとて家にいてもすることはなし…なんてのは私だけ? こんな時には東京湾の半日船がおすすめだ。


猿島沖のアジ、数釣りできて食味も最高!【東京湾・猿島沖】

猿島沖のアジ、数釣りできて食味も最高!【東京湾・猿島沖】

新安浦港から出てすぐの猿島は、周年に渡ってアジが釣れる好ポイントだ。釣り物が少ない真冬の時期でも、穏やかな海で手軽にアジ釣りが楽しめることで人気が高い。猿島周りのアジを狙って半日船を出している村上釣舟店に伺った。


相模湾・瀬ノ海のアジは沖釣り界の優等生!【瀬ノ海】

相模湾・瀬ノ海のアジは沖釣り界の優等生!【瀬ノ海】

水温が低下し釣り物が少なくなるこの時期、貴重な存在なのがアジ。なかでも相模湾瀬ノ海は釣り場が深いせいか、水温等にあまり左右されず一年を通して安定した食いっぷりを見せる一級ポイントだ。


釣り味、食味共に春仕様へと様変わりする走水沖のビシアジ【走水沖】

釣り味、食味共に春仕様へと様変わりする走水沖のビシアジ【走水沖】

春風を感じるようになると、マアジも寒アジから春アジに変わっていく。


相模湾のアジ五目、アタリ多く+αの楽しみも【相模湾・茅ヶ崎沖】

相模湾のアジ五目、アタリ多く+αの楽しみも【相模湾・茅ヶ崎沖】

茅ヶ崎港「湘南 海成丸」は、1月18日からアジ五目で出船している。メインのターゲットはアジ。イワシミンチのコマセで狙う、いわゆる「ビシアジ」だ。そして今季はこのメインのアジに加え、朝の2時間だけ根魚を狙っている。


最新の投稿


ささめ針より新発売「激釣アジビシ2本フロロ(金フッ素)」

ささめ針より新発売「激釣アジビシ2本フロロ(金フッ素)」

ビシアジ仕掛けのベーシックバージョン。貫通力があるフッ素コートハリ使用


ヤリイカとスルメイカ、春の相模湾はおもしろい!【相模湾】

ヤリイカとスルメイカ、春の相模湾はおもしろい!【相模湾】

茨城〜房総エリアではヤリイカが数釣れ始めた。一方、相模湾ではヤリイカとスルメイカが釣れているが、状況によって釣れるイカの割合が大きく変わっている。どちらのイカが多く釣れるにせよ、模様が良くなってきている。そこでヤリイカ&スルメイカを狙って釣行してきた。


スミス「サイドスラスター」PL01、GH01、GS01/ニューカラーが登場

スミス「サイドスラスター」PL01、GH01、GS01/ニューカラーが登場

ヒラマサに効く横方向のカーブスライドを誰にでも演出可能なメタルジグにニューカラー


良型がそろうぞ! 城ヶ島沖のオニカサゴ【相模湾・城ヶ島沖】

良型がそろうぞ! 城ヶ島沖のオニカサゴ【相模湾・城ヶ島沖】

オニカサゴは周年狙えるターゲットだが、春も充分な釣果が期待できる時期だ。じっくりと型物を狙おう!


「ダイワ レオブリッツS500J」中深場から大型青物までこれ1台でカバー

「ダイワ レオブリッツS500J」中深場から大型青物までこれ1台でカバー

ダイワからレオブリッツS500Jが登場。最上位機種であるシーボーグシリーズに 引け劣ることない機能とパワーを備えた注目の電動リール。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読