MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
【相模湾】開幕から良型カツオが好調!今後はキハダも期待大!

【相模湾】開幕から良型カツオが好調!今後はキハダも期待大!

相模湾のコマセ釣りは開幕からカツオが好調!サイズは3㎏以上の良型が多数!カツオは強い引きと食味が魅力!今後はキハダも楽しみ!モンスター級のヒットに期待したい。

perm_media 《画像ギャラリー》【相模湾】開幕から良型カツオが好調!今後はキハダも期待大!の画像をチェック! navigate_next

今シーズンのコマセ釣りは美味な良型カツオが好調!今後はキハダも期待大!!

開幕からカツオ好調 今後はキハダに期待

今年の相模湾のコマセ釣りによるカツオ&キハダは、開幕からカツオがまずまずの好調ぶり。

8月半ばを過ぎた時点でも、コンスタントに釣れている。

釣れているカツオのサイズは3㎏以上の良型が多い。

また脂の乗りも良く、食べても美味だという評判だ。

もう一つのターゲットであるキハダは、8月半ばの時点ではエビングでのヒットが多い。

8月前半にはエビングで20㎏オーバーのキハダを一人で4本や3本釣り上げる猛者もいた。

コマセ釣りではキメジサイズのヒットが目立つが、ポツポツと20㎏オーバーのキハダの釣果がある。

例年、コマセのキハダはシーズン中盤以降がおもしろくなってくるので今後が楽しみ。

今年も昨年や一昨年のように、50㎏オーバーのモンスター級のヒットに期待したい。

オススメタックルは キハダに対応したもの

カツオを狙っていてもキハダがヒットすることもあるので、タックルはキハダに対応したものを使おう。

竿はコマセキハダ専用のほか、ライト泳がせ用やグラスムク素材のビシアジ用などが流用できる。

長さは1.6~2.3mぐらい。これより長かったり、軟らかすぎる調子の竿は不向きだ。

リールは頑丈な手巻き両軸かパワフルな中大型電動リール。

道糸にPEラインの8~10号を使うので、この号数が400m以上巻けるサイズのリールを使うこと。

仕掛け類とエサ付けについて

今回取材した葉山芝崎港「正一丸」では、オモリ100~120号のビシを使う。

これは仕掛けを速くタナまで沈めるためだ。

ビシはLサイズまでのプラビシやステン缶を使うが、それらのタイプで120号のオモリが装着されたビシはなかなか売っていない。

そのためプラビシであれば、オモリを取り外しできるものを購入するといいだろう。

ステン缶なら100号のものを買って、ビシアジに使用するコイン型の増しオモリを併用するといいだろう。

テンビンは固定式と遊動式の2タイプが使われるが、とにかく頑丈なものを使うこと。

ビシをつなぐスナップも大型で頑丈なものが付けられているものを選ぼう。

固定式は一般的な片テンビン。カツオ狙いでもキハダ狙いでも使われる。

遊動式は、おもにキハダ狙いで使われる。

船によって使用を禁止しているところもあるので、釣行前には確認しておくこと。

遊動テンビンは魚が走ると、テンビンまたはビシの部分が置いていかれるようにズレる。

そのため、ハリスや道糸にビシの抵抗がかからず、ハリス切れしにくい。

ハリスはカツオ狙いなら10~18号を2mぐらい。

釣れるサイズが1~2㎏主体なら10~12号。3㎏以上主体なら14~18号がオススメ。

カツオ狙いのハリはヒラマサの12~15号。

キハダ狙いのハリスは20~30号。長さは4.5~10mまで。

シーズン初期は短め、シーズンが進むにつれて長いハリスの方がアタリが多くなる傾向にある。

キハダ狙いのハリは専用バリがオススメ。

ハリが内側にネムっているタイプや、手持ち竿でアワせるためのハリもある。

自分のスタイルにあったハリを使うといいだろう。

カツオを狙う時は、オキアミ1匹をハリに沿って刺す丸掛けがオススメ

群れを追いかけるパターンの釣り方

今回の取材ではカツオをメインに狙った。

カツオを狙う時は、多くの場合が群れを追いかけて狙う。

またシーズン初期~中期はカツオの群れにキハダが付いていることが多く、この場合キハダを狙う時はタナを変えて狙う。

上のイラストで示したように群れを追いかける場合は、ソナーを使い、群れの進行方向に先回りして船を停めて投入合図を出す。

そのため、合図とともに即投入することが重要だ。

投入が遅れると、タナを取ったときには、すでに群れが船下を通り過ぎてしまうということも珍しくない。

取材時に「正一丸」の横森正一船長から出た指示ダナは、海面から15m。

「15の20」とアナウンスされるので、投入したら海面下20mまでビシを落とし、そしてビシを15mの位置まで巻き上げる。

その位置で軽く竿を振ってコマセをパラッとまいて、竿を手に持ってアタリを待つ。

タナ取り時に何度も竿を激しく振ってコマセをまくと、カツオが驚いて船の下を通らずに避けてしまうこともあるので注意しよう。

カツオがアタったら軽くアワせてから巻き上げる。

ドラグを締め気味にして強引に巻き上げよう。

ラインを出しながらやり取すると、オマツリの原因になり、バラシやすくなる。

キハダの反応があるときは、もう少し深いタナが指示されるので指示に従う。

タナ取りは前述した手順と同じ。指示ダナより5m深くビシを落とし、そして指示ダナまでビシを巻き上げて、竿を軽く振ってからアタリを待つ。

このときドラグ調整(少し力を入れてラインを引っ張って出るぐらい)も忘れずに。

竿を手持ちにしてアタリを待ち、アタったらしっかりアワせること。

キハダの口回りには鋭い歯があるので、飲まれるとハリスが切れてしまう。

飲まれ切れしないためにアワせるのだ。

フッキングしたらやり取りを開始するが、キハダが走ればラインを出し、止まったら巻き上げる。

ドラグを活用して巻き上げてくる。

船を流し込むパターンの釣り方

シーズン中盤以降では、キハダの反応が広範囲に見られるようになる。

このような状況では、キハダの反応の近くに船を止めて、船を長い時間流し込んで狙う。

流し込んで狙う場合は、コマセマダイのように静かに狙うのが基本。

頻繁に仕掛けを上げ下げしたり、激しく竿を振ってコマセをまいたり誘うと、反応が船下に入らなくなるので注意しよう。

ビシを嫌うような動きをすることもあるので、ハリスは長めが有効。

長さは状況によるが6~10mぐらい。シーズンが進むにつれて、使うハリスが長くなっていく。

この状況では、シーズン初期に比べるとタナが深くなってくる。

指示ダナが海面下50mより深いこともある。

ここで重要なのがタナを合わせること。

指示ダナを守らず、深いタナでアタリを待っているとキハダが警戒して船下に入らなくなるので、必ず指示ダナは守ること。

流し込みで狙うときは、船長から反応が入ってきたというアナウンスがあったときが大チャンス。

このときは竿を手に持ってアタリに備えよう。アタったら、しっかりアワせることを忘れずに!

【相模湾】カツオ&キハダ 釣行レポート

開幕から良型カツオが好調! カツオは強い引きと食味が魅力!

この日は相模湾西部が主戦場となった

カツオの群れを追いかけて、多くの乗合船が相模湾を疾走する

船中最初に取り込まれた1本

カツオの引きは強烈だ!

取り込みは同船者と協力しよう!

この日は3kg級がアベレージだった

3㎏オーバーの良型カツオをゲット!

今年のカツオは食味も抜群!

ボウズ脱出!

無事にネットイン!

沖揚がり間際にヒットした1本!

今回、取材にご協力いただいたのは、葉山芝崎「正一丸」

相模湾のコマセのキハダ&カツオが8月に開幕したが、今年はカツオが好調だ。 

8月中旬の時点でも、3~4kgの良型がアベレージで釣れている。

今シーズンのカツオは食味も抜群という評判だ!
 
そして気になるのがキハダ。こちらは、8月中旬の時点ではエビングが好調だ。

エビングはコマセ釣りの船に同船して狙うが、20~30kgのキハダが掛かっている。
 
コマセ釣りはというと、8月中旬の時点ではポツポツとキハダが掛かっている状況だ。

9月には、コマセ釣りの開幕から1カ月が経過。

コマセでキハダがコンスタントにヒットしていることに期待したい。

また昨年のように、50kgオーバーのモンスター級のヒットにも期待したい。
 
美味しい良型カツオにキハダが狙える相模湾。

シーズンはまだまだ続くので、ぜひチャレンジしてみよう!

以上の記事は「つり丸」2021年9月15日号の掲載記事です。

関連記事
久比里「巳之助丸」のアマダイは好シーズンに突入!連日好釣果が続き、日によっては50cm級も!釣趣と食味の優れたアマダイは、秋の沖釣りにも最適だ。
新潟・間瀬沖のアラ!御当地スタイル!マイワシエサで、「タナを取ったら放置」の釣法…。新潟県間瀬港「光海丸」小林聡船長のアラ釣り。この秋のオススメ!
鹿島沖のテンヤマダイが秋の好シーズン!取材日の最大は1㎏級であったが、8月1日には5.3㎏,8月19日には4.8㎏,8月22日には9.6㎏と5.8㎏を取り込んでいる!
宮城・亘埋沖。高活性のヒラメ釣り場は、ビギナー入門オーケーのヒラメ道場!生きイワシエサで釣るヒラメが高活性!全開モード!爆釣を体感しよう!
「つり丸・10月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された相模湾のライトイナダ五目の取材の様子を公開!
最新記事
これからの季節の必需品。肌寒い日にぴったり。コンパクトで便利なウエア「DJ-3421(撥水ポケッタブルピステ)」
周年夜釣りが楽しめる沼津湾。この時期のターゲットはタチウオ!テンヤやルアーもOK!ベタナギ率が高い沼津湾で夜タチウオ釣りを楽しもう!
カンパチ、ワラサなどの青物に加え、オオモンハタなどの根魚も狙える!西伊豆・戸田のアジ泳がせ釣り!釣行日もオオモンハタ、ワラサと連続ヒット!
久比里「巳之助丸」のアマダイは好シーズンに突入!連日好釣果が続き、日によっては50cm級も!釣趣と食味の優れたアマダイは、秋の沖釣りにも最適だ。
しばって束ねる、簡単固定したいときの万能結束バンド「まとめ太郎、まとめ太郎Lock」
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル