MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖のSLJが大盛況!

小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖のSLJが大盛況!

小さなジグと軽いタックルで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!取材当日は、激闘の末に90cm・6kgのヒラマサが浮上!

perm_media 《画像ギャラリー》小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖のSLJが大盛況!の画像をチェック! navigate_next

【外房・大原沖】スーパーライトジギング 釣行レポート

何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!スーパーライトジギングが大盛況!

ジグのMAXウエイトが100~120gのSLJ専用ロッドは、細身でもバットのトルクが高く青物が掛かっても安心だ。リールは、ドラグ精度の高い3000番前後のスピニングで、ギア比はノーマルかPGタイプがおススメだという

船長自作のオリジナルジグとTGベイトが、大原沖におけるSLJのド定番。新登場のバンブルズジグTGも実績が急上昇。ジグのウエイトは60gや80gを主力に、カラーや重さも幅広く揃えておきたい

大原には「無限にいるけどめったに釣れない」というイサキが常連の伏見さんヒット。ここから様々な魚が釣れ始めた。これが吉兆だったのか? 

2kgのドラグテンションで真向勝負!

繊細なロッドとラインを使う釣りだが、その限界に近い2㎏のドラグテンションを使い切ればヒラマサやワラサ、大ダイや3㎏超のマハタとも十分に戦える。ただし、根の中を釣ることが多いので、船長の推奨のラインシステムは1.2号&リーダーは20Lb

SLJの本望、90cm6㎏の ヒラマサが出た!

上のファイトの末にキャッチされたのは、90㎝6㎏のヒラマサ。釣り人は、伏見さん。ヒットジグはソルティガTGベイトの80gグリーシルバー。ボトムギリギリをハーフピッチジャークでネチネチ探っての一発だった

潮が緩い局面では、魚がジグを見切りやすい。誘い方を変えるか、4~5投に1回ジグのタイプやカラーを変えてやることがそんな状況の打開策となる

当日は水深20m前後の浅場を狙ったので、ボトムでヒットしたマダイも元気一杯。水面でも激しくファイトしてアングラーを楽しませてくれた

船長の息子さん小さな名手は、見事なハーフピッチジャークで良型のマダイをキャッチ。ジグはまもなくリリースされるオリジナルジグTGモデルのプロト。カラーはアワビ張りのRHパールだった

柏さんは、ベイトタックルを使って1㎏級のマダイ。ヒットジグは、バンブルズジグTGーSLJの60gでテールフックにアジング用ワームを追加しての一発だった

代表的なターゲットのイナダは、速いピッチの誘いが効く。これは中層のワンピッチジャークで佐藤さんが獲った一発

当日はヒラメも活発だった。月一で「広布号」に通い詰める志賀さん

「釣りはこれで2回目」というレンタルタックルで挑戦の岡本さん

「生涯3回目の釣り」だという原田さんは良型のカサゴ。根回りを狙う大原沖では、マハタと並ぶうれしいターゲットだ

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「広布号」

いまや、関東近郊におけるSLJ(スーパーライトジギング)のメッカとなっているのが大原沖だ。

小さなジグと軽いタックルが入門の敷居を下げてくれるから大人気。

それをフルサポートしてくれるのが大原「広布号」なのだ。

「普通のジギングと比べれば、タックルの重さは1/3もないから、誰でも挑戦できるのがこの釣りですよ。そんなタックルの性能をフルに使えば、10㎏のヒラマサだってとれる。間口が広くて夢のある釣りだよね」とは野島幸一船長。

ただし注意したいのは、ラインシステムで、根周りを狙う大原沖では、ラインは1.2号が必須。

これなら2㎏のドラグテンションを使えるから、ヒラマサや大型のマハタも獲れるのである。

「いろいろやってみたけど、これより細いラインを使うと悔しい思いをする人が多いよ。大型のマハタは根潜るから、0.8や1号では厳しい。リールもそれにあわせて巻きトルクがあるPGかノーマルギアのモデルがいいよ」とか。

当日は、そんな船長の言葉通り、ロッドが「つの字」になる激闘の末に90㎝6㎏のヒラマサが浮上。

他のもマダイ、イナダ、ヒラメ、カサゴ、マハタといった恒例のターゲットがロッドを曲げ、珍客のイサキやヒゲダイも顔を見せる活況。

今後は、さらに熱くなる至高のゲームにぜひ挑戦してみよう。

以上の記事は「つり丸」2021年9月15日号の掲載記事です。

関連記事
9月上旬の東京湾は、大型タチウオ、通称「ドラゴン」キャッチで沸いている!金沢八景「太田屋」でも、ドラゴンサイズ連発で期待十分の状況だ!
東京湾のシーバス五目!湾内にはターゲットがもりだくさん!シーバス、青物、タチウオ、マダイ、マゴチなどあらゆるフィッシュイーターたちを狙う五目ゲームに注目だ!
夏の風物詩!鹿島沖の夜ムラサキイカ釣りが開幕!ムラサキイカ&スジイカが絶好調!ライトのイカメタル釣法が超オススメだ!
テンヤにジグを組み合わせて「もっと簡単にビギナーにも釣って欲しい」と「テン巻き」を提唱する鹿島港「植田丸」。手軽に楽しく多彩な魚種と遊ぶスタイルに挑戦してみよう。
南伊豆出船で狙う、キハダのジギング&キャスティングゲームが好調。パワフルファイトを満喫して、ぜひともビッグワンを仕留めていただきたい。
最新記事
これからの季節の必需品。肌寒い日にぴったり。コンパクトで便利なウエア「DJ-3421(撥水ポケッタブルピステ)」
周年夜釣りが楽しめる沼津湾。この時期のターゲットはタチウオ!テンヤやルアーもOK!ベタナギ率が高い沼津湾で夜タチウオ釣りを楽しもう!
カンパチ、ワラサなどの青物に加え、オオモンハタなどの根魚も狙える!西伊豆・戸田のアジ泳がせ釣り!釣行日もオオモンハタ、ワラサと連続ヒット!
久比里「巳之助丸」のアマダイは好シーズンに突入!連日好釣果が続き、日によっては50cm級も!釣趣と食味の優れたアマダイは、秋の沖釣りにも最適だ。
しばって束ねる、簡単固定したいときの万能結束バンド「まとめ太郎、まとめ太郎Lock」
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル