MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
好調継続ヒートアップ!高活性のヒラメ釣りを満喫!外房・飯岡沖

好調継続ヒートアップ!高活性のヒラメ釣りを満喫!外房・飯岡沖

開幕から好調な飯岡沖の夏ビラメが最盛期に突入しヒートアップ!良型率もアップ!素早いエサ付けとアタリの見極めで高活性のヒラメ釣りを満喫しよう!

perm_media 《画像ギャラリー》好調継続ヒートアップ!高活性のヒラメ釣りを満喫!外房・飯岡沖の画像をチェック! navigate_next

最盛期に入り良型率もアップ!前アタリか根ズレか? の微妙な差を見極めて数を伸ばそう!!

活性高めで大型も顔を出す!

飯岡沖の夏ビラメが好調をキープしたまま最盛期に突入し、目が離せない状態となっている。

「相次ぐ台風の通過や停滞する前線(長雨)の影響で、その都度、底荒れや濁りが入って食いは落ちましたが、天候が安定する度に回復していますからね。本当に今期は好調といえますよ」とは、この釣りに熱い情熱をかけて日々、出船している飯岡港「清勝丸」の熱田純一船長。

そろそろ少し沖目の水深30〜40mダチの魚礁や高根周りについた小魚を捕食しだす時期になる(すでにその傾向も表れている)が、現状は、まだ浅場の10m前後のツブ根周りで活発にエサを食っている。

「この浅場のヒラメが沖目に移動してくれば、激アツな展開が期待できるので楽しみなんですよ」と船長。

その理由は、沖目では良型の割合が多くなるとのこと。  

例年、夏場は1㎏前後の数釣りのイメージがある飯岡沖だが、今期はその中に2㎏前後の良型から3㎏以上の大型がかなりまじっている。

これが沖目に移動すれば、さらに大型化すると船長は読んでいるのだ。

釣り方は、ポイントが魚礁などの障害物周りとなるためピンポイントを攻めやすい〝潮流し釣り〟が中心となるが、ときに広範囲を探る〝横流し釣り〟も行うと船長。

ということで、ここでは横流しをまじえた潮流し釣りを解説したい。

ノーマルタックルとLTの両方で狙える

「清勝丸」ではノーマルタックルとLT(ライトタックル)の両方でヒラメ釣りができる。

ノーマルで使用するオモリは60~80号。

潮流れが速い場合は100号を使うことがあるので、竿はその重さを背負える6対4から5対5調子を選ぶと良いだろう。

「オススメは、やっぱりヒラメ専用ロッドになりますね。しなやかに食わせる穂先と大物でも難なく浮上させるバッドパワーを持ち合わせていますからね。長さは2.4~3.3mくらいです」と船長。

これに合わせるリールもパワー重視。ドラグ力のあるものを選びたい。

「これから攻める水深が30~40mと比較的浅いので手巻きの中、小型の両軸リールで問題ありませんが、手返しを考えて電動を使う方もいます」とのこと。

なお道糸はPE3~4号。

一方のLTで使うオモリは40~60号。

こちらも潮が速いときは80号までを使用するので、それに対応するゲームロッドかライト用を用意しよう。

「LTの竿は柔軟性があるので、7対3から6対4調子を使う人が多いですよね。長さは1.8~2.4mくらいまでが扱いやすいと思います」。

LT用のリールは手巻きの小型両軸でOKだが、こちらもドラグ力あるものをチョイスしたい。

何しろ今期のヒラメは良型が目立つ。

ちなみにこちらの道糸はPE2号。

ノーマルタックルはオモリ100号まで背負える竿が万全。ライトは80号までとなっている。リールは手巻きの中、小型両軸もドラグ力あるものを使おう

ビギナーは孫バリ トレブルフックで

船宿仕掛けがこちら。親バリはチヌ7号。孫バリにトレブルフックの8号を付けている

仕掛けは市販のヒラメ仕掛けで十分楽しめる。

胴付き仕掛けの1本枝スで、枝スの太さはフロロカーボンの6号、長さは90㎝。捨て糸50㎝が基本形で、「清勝丸」では親バリにチヌ7号を使用したものを用意している。

ちなみにハリはいろいろ使った結果、強度と刺さり具合の良さでチヌバリに行き着いたとのことだ。

「ビギナーには孫バリがトレブルフックになっているものをオススメしています。シングルフックの孫バリに比べると、若干強度は落ちますが、ハリが3つついているので、掛かりは良くなります。ビギナーがしがちな早アワせをした場合でも、1本がどこかに刺さるってことがありますからね」と船長。

ただし、釣れるサイズが大型ばかりのときは、強度の理由より迷わずシングルフックの孫バリをチョイスすること。

釣果への第一歩は素早いエサ付けから

夏場のヒラメ釣りで一番気にして欲しいことが、エサへの気配りだと船長はいう。

「エサとなるイワシの生きの良さが、そのまま誘い(ヒラメへのアピール)に直結します。動きが悪いエサより圧倒的にアタリの回数も増えるので、弱らせないことを第一に考えてイワシの管理から行ってください」と船長。

9月とはいえ、まだまだ暑い。

元気な生きイワシを船のイケスから足元のオケにたくさん持ってくると高水温と酸欠ですぐに弱わる。

足元のオケに確保するイワシの数は3匹までとし、エサ付けも両手を海水につけて体温を落としてからイワシを掴み、できるだけオケ(海水)の中で作業するようにしよう。

「イワシを強く掴むとウロコが落ちて弱るのが早まります。目を隠すように掴むと暴れなくなるので、それでやさしく掴んで下さい」と船長がアドバイスをくれた。

具体的なエサの付け方は、上のイラストの通り。

親バリは上アゴ抜き。

トレブルフックの場合の孫バリは、背ビレの後ろに刺す。

またシングルフックの孫バリは、背ビレの後ろ付近の側線部に引っかけるように刺すのが「清勝丸」流だ。

「シングルは慣れも必要ですが、ヒラメの掛かりが良いと評判ですので、ぜひお試し下さい」とのことだ。

この時期のエサ付けは、バケツに手を入れてが基本。

「清勝丸」スペシャルのシングルフック孫バリの刺しがこれ

魚礁周りをタイトに攻める タナを切って探ろう

前述した通り、最盛期を迎えるこれからは水深30~40mダチに点在する魚礁や高根、そして沈船といった障害物周りに着ている小魚に着いたヒラメをピンポイントで狙うようになる。

「魚礁の上を流したり、起伏がある場所をガンガン攻めることはしませんが(攻める場合はアナウンスする)、その縁をタイトに潮流しで攻めます。当然、根掛かりが頻繁に起きますので、仕掛けをヒラメが潜む底まで落としたら、タナを切って探るのがセオリーとなります」と船長。

具体的には、上のイラストで紹介している通りで、底にオモリが着いたら1mくらいタナを切って様子を見ていくのが良いだろう。

「魚礁は何段も積まれています。1m切ったところでもオモリが魚礁の縁や角などに当たったらさらに上げるを繰り返し、30秒くらい変化がなかったらタナを取り直すことをして、魚礁をトレースするように探って下さい。そうしているとアタリがやってきます」という。

底付近はもちろん、魚礁の隙間や上などに乗っているヒラメは、活性が上がれば5m近くジャンプしてエサを捕食する。

タナを高く切ったところでアタリが遠のくわけではないので、しっかりこの作業を行ってアタリを捉えよう。

なお横流しの釣りはイラストを参考に。

前アタリか根ズレか? 微妙なときは聞き上げる

ヒラメ釣りでよくある質問に、前アタリなのか?はたまた根ズレなのか?の見極めが微妙ということ(結果、根ズレをアタリと勘違いしてそのままにしているとカジメや起伏に引っ掛かりオモリをロストしがち)があるが、魚礁エリアを攻めるときは、実にこれが多くなる。

そこで見極め策を船長に聞いて上にイラスト化したのでチェックして欲しい。

「怪しいアタリは全部聞きアワせを入れて下さい。本命の前アタリの場合なら、さらに食い込んでくるし、根ならガッツリ掛かる前に外れますから」。

本来なら前アタリのドキドキ感をたくさん味わいたいところだが、仕掛けをロストしたら時合も逃す。

こちらから聞きアワせを行って仕掛けて勝負しよう。

前アタリから取り込みまでの流れも解説しておこう。

前アタリのパターンは実にさまざまで、竿先がもたれることもあれば、明確に穂先を叩くときもある。

「いずれも早アワセは禁物で、グイグイと強めの引き込みを感じるまで待って下さい。ちなみに食い込まないときは、少し誘い上げてエサのイワシが逃げる演出をすると効果的です」と船長。

その後の流れは下のイラストの通り。

しっかり食い込ませたら、ハリ先に乗せるイメージでアワせをゆっくり、かつ力強く入れてフッキング。

ポンピングを行わずに、一定の速度で巻いて取り込みに入ろう。

さぁ、これらを頭に入れて夏ビラメ釣りを満喫しよう!!

【外房・飯岡沖】ヒラメ 釣行レポート

今期は良型&大型まじりで楽しめる!

素早いエサ付けとアタリの見極めで 高活性のヒラメ釣りを満喫しよう!

取り込みは船長が駆けつけてタモで掬ってくれる。ヒラメが頭からタモに入るよう誘導してネットインさせよう

取材日はこの2㎏弱が最大も、「台風一過の底荒れ状態と濁り潮を考えれば、上出来です」と船長

「十分エサを食い込ませてから、ハリに乗せる感じでアワせました」とのこと

活性の高い証がこれ。エサを丸のみ。喉奥にトレブルフックが刺さっている

高活性時はアグレッシブな引き味で楽しませてくれる!!

タナを取りやすい浅場を攻めるので子供でも楽しめる。小学5年の釣りキッズは2枚のヒラメを釣り上げ超ゴキゲンだった

「マメなタナの取りなおしが誘いになるよ」と常連さん

特製のワーム付き仕掛けで挑んだ常連さんが、この日の竿頭で3枚をゲット。

レギュラーサイズがこの1㎏前後となる

時合は必ずあるので諦めずに釣ろう

「時化気味のときは、長竿が有利だよ」とのこと

ヒラメはいる。プレ取材日は大雨の時化気味だったがヒラメは釣れた

取材後に大型が続々と取り込まれている!

堂々の5.8㎏!

(写真は船宿HPより)

こちらは3.5㎏!

台風後の濁り潮が澄みだすと本来の飯岡沖に戻り、今期の特徴でもある大型が再び顔を出し始めた。今後も大注目だ(写真は船宿HPより)

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・飯岡港「清勝丸」

水深浅く、アタリが頻繁にあり、力強いファイトも楽しめる!

開幕から好調な飯岡沖の夏ビラメが最盛期に突入しヒートアップ。好調が継続している。

「そろそろ少し沖目の水深30〜40mダチの魚礁や根周りについた小魚を捕食しだす時期になりますが、まだまだ浅場の10m前後のツブ根周りで活発に食っていますからね。両方狙えるようになれば、さらに好釣果が期待できると思いますよ」とは、この釣りを得意とする飯岡港「清勝丸」の熱田純一船長。
 
例年、夏場は1㎏前後の数釣りのイメージがある飯岡沖だが、今期はその中に2㎏前後の良型から3㎏以上の大型がかなりまじっていたとのこと。

ちなみに沖目では良型の割合が多くなるので、ますます楽しみだという。
 
船の流し方は、ピンポイントの潮流しが中心も、その日の潮流れを見て、横流しで挑むこともある。

「今後は魚礁を中心に攻めますので、根掛かりには十分注意して下さい。それとエサ付けを素早く行うのも重要ですよ」と船長。
 
9月とはいえ、まだまだ暑い。

元気な生きイワシエサもすぐに弱わるので、エサ付けはバケツの中に手を入れて(手の温度を下げる)素早く行おう。 

ヒラメ釣りは、前アタリと根ズレがよく似ている。

微妙な差を見極めて、良型率がアップする飯岡沖の夏ビラメを存分に釣ろう!!

以上の記事は「つり丸」2021年9月15日号の掲載記事です。

関連記事
久比里「巳之助丸」のアマダイは好シーズンに突入!連日好釣果が続き、日によっては50cm級も!釣趣と食味の優れたアマダイは、秋の沖釣りにも最適だ。
新潟・間瀬沖のアラ!御当地スタイル!マイワシエサで、「タナを取ったら放置」の釣法…。新潟県間瀬港「光海丸」小林聡船長のアラ釣り。この秋のオススメ!
鹿島沖のテンヤマダイが秋の好シーズン!取材日の最大は1㎏級であったが、8月1日には5.3㎏,8月19日には4.8㎏,8月22日には9.6㎏と5.8㎏を取り込んでいる!
宮城・亘埋沖。高活性のヒラメ釣り場は、ビギナー入門オーケーのヒラメ道場!生きイワシエサで釣るヒラメが高活性!全開モード!爆釣を体感しよう!
「つり丸・10月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された相模湾のライトイナダ五目の取材の様子を公開!
最新記事
これからの季節の必需品。肌寒い日にぴったり。コンパクトで便利なウエア「DJ-3421(撥水ポケッタブルピステ)」
周年夜釣りが楽しめる沼津湾。この時期のターゲットはタチウオ!テンヤやルアーもOK!ベタナギ率が高い沼津湾で夜タチウオ釣りを楽しもう!
カンパチ、ワラサなどの青物に加え、オオモンハタなどの根魚も狙える!西伊豆・戸田のアジ泳がせ釣り!釣行日もオオモンハタ、ワラサと連続ヒット!
久比里「巳之助丸」のアマダイは好シーズンに突入!連日好釣果が続き、日によっては50cm級も!釣趣と食味の優れたアマダイは、秋の沖釣りにも最適だ。
しばって束ねる、簡単固定したいときの万能結束バンド「まとめ太郎、まとめ太郎Lock」
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル