MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
痛快な引き味!東京湾デカカワハギ!剣崎沖解禁で開幕絶好調!

痛快な引き味!東京湾デカカワハギ!剣崎沖解禁で開幕絶好調!

夏ハギシーズン開幕絶好調!剣崎沖のカワハギが8月1日に解禁!海面で横っ走りを見せるくらいに元気一杯で痛快な引き味を楽しませてくれるデカカワハギ釣りを楽しもう!

perm_media 《画像ギャラリー》痛快な引き味!東京湾デカカワハギ!剣崎沖解禁で開幕絶好調!の画像をチェック! navigate_next

カワハギ名人たちと楽しく 夏ハギ釣り!デカハギを釣ろう!

土日はむろん平日も多くのカワハギファンが集う「山下丸」。アットホームな雰囲気なのでリピーターが多い船宿

一年中狙うことができるカワハギだが、剣崎沖解禁後の「8月の夏ハギから」というファンも多いことだろう。

かくいう私もその一人「今期のカワハギはいかに?」とシーズンを占うべく、久比里の「山下丸」へと向かった。
 
当日は平日ながら夏休み期間中ということもあってか、カワハギ船は2隻出しの好況。

私は坂本勉船長操船の27号船の左舷に釣り座を取ったが、右舷側には船宿の常連さんや大会決勝進出常連の腕達者がずらりと並ぶ。

パン屋さんことカワハギ界のレジェンド佐藤さんや、若手トップトーナメンターの荒井良乃助さんの顔もあり、これは楽しくも良い勉強にもなりそう、と幸運に感謝しつつの出船となった。

腕達者たちはなんやかんやと言いながら掛けて行く

25分ほど走って最初に入ったポイントは剣崎沖でも北側の場所。

下浦沖との境当たりで「間口港の沖辺りまで行っちゃうと潮が速いので、この辺からやって行きましょう」でスタートとなった。

ここでも潮はかなり速く、糸はトモ方向に斜めに出て行く。
 
そんな中でも腕達者揃いのメンバーはなんやかんやと言いながら掛けて行く。

まずは女性名手山口さんが口火を切り、荒井パパこと荒井さん、ミヨシ2番の大野さんと続いてまずは右舷側が好調。

暫くすると左舷側でも上がり出し、船中全体でポツポツと順調な滑り出しだ。

中でも良乃助さんは、「ただでさえこの時期のサカナは(食い込みが)遅いのに、これだけ潮が速いと宙では追って来ないです。オモリを底に着けてじっとアタリを待つ我慢の釣りですよ」と言いつつ、他の方よりも頭一つ二つ抜けるペースで釣っている。
 
仕掛けは集器のないシンプルな物だが、仕掛け上部に付けたガン玉オモリを、「最初1号だったのですが、1.5号に替えてアタリが多くなったように思います」と細かい調整でパターンを探っていく辺りはさすがだ。

オモリは30号。思い思いの仕掛けを試そう

沈黙の後、23㎝が来て好転 そして27㎝が釣れた

一時間ほど様子を見てから私も参戦。

と、どうしたことかそれまでの賑わいが嘘のように船中からアタリが消える。

ベラやトラギスからのアタリもないのだからどうしたことか…。

それでも私の左隣り氏が良型を掛けたようで、私は根掛かりしないようにリールをクリクリッと巻いて竿をロッドポストに立てて撮影に。
 
無事撮り終えて竿を手にすると何やら手応え。

これカワハギじゃん!で23㎝の良型。なんだかなーのファーストフィッシュだった。
 
ただこれでツキが回って来たか、次の投入では仕掛けを誘い下げた後ゼロテンでアタリを待つと、サワサワと気配を感じその後出たカチッ!の硬質なアタリにアワセるとカッカッカッ!とハリ掛かり。

途中巻く手を止められるほどの引きを見せ、海面ではタモを使うか悩んだが、ままよ!と27㎝の大型を抜き上げた。

間を置かず同様な釣り方で連釣し気分は上々である。

カワハギフリークの間で流行 っているカワハギのリリース

しかしその後はサバフグ、トラギス(暫く叩いていない場所なのかデカイ)、ベラとゲストの猛攻にあい、そうこうしているうちにゲストからのアタリも遠のいた。
 
潮がより速くなり、しかも上潮だけの二枚潮で釣り辛いのなんの。しかも変な濁りも入って条件はより一層悪くなる。

これには降参と言うことで釣り人側からのリクエストもあり、昼前からは久里浜沖での釣りとなった。
 
一流し目はアタリがなく、若干南下した野比沖でアタリが出だした。

そしてここで掛かるカワハギは大型中心。

アタリはやや間遠いが、掛かれば25㎝級以上。32㎝のこの日一番の大物も飛び出した。
 
しかしアタリがあるのは左舷の胴の間からトモ寄り。

潮上でもあるせいか右舷特にミヨシ側にはなかなかアタリが回らなかった。

この展開は最後まで続き沖揚がり時間を迎えることとなってしまった。
 
この日の竿頭は大野さんで12枚、右舷トモの常連大里さんが11枚、良乃助さんが10枚と続いた。
 
前後半で釣り座の優劣が変わり船中全体に平均的な釣果、また食いが浅いのかバラシ(特に海面バラシ)が多いのが印象的だった。
 
印象的と言えば、最近カワハギフリークの間で流行っている(?)のがカワハギのリリースで、今回も何人もの方が積極的にリリースしていた。

「解禁になったとは言えまだ抱卵中のカワハギもいますから」がその理由で、浅場中心の釣り場だから可能なこと。もちろん持ち帰って美味しく食べるのもありだが「必要数をキープしたらリリース」の心に余裕を持った釣りをしたいものと再認識させられた。
 
9月からはいよいよカワハギの本格シーズンに突入。

激渋のテクニカルな展開もよし、バリバリの爆釣も尚よし、目一杯カワハギとの勝負を楽しみたいものだ。

東京湾 デカカワハギ 釣行レポート

剣崎沖解禁!開幕絶好調!!

ポイントは8月に解禁した剣崎沖周辺

夏~秋は「探る」が肝

テクニカルさを追求するアングラーたちは次々と掛け、数を伸ばしていく

2019年ダイワ主催のカワハギ釣り大会DKОで3位の入賞経験のある実力者、横浜市の荒井良乃助さん

テクニカルなカワハギ釣りは若い人からベテランアングラーまで大人気だ

デカッ!!

この日最大32㎝をキャッチしたのは渥美さん

30.5㎝の大判を持つのは大里さん

計測するとジャスト30㎝の超大型カワハギ。引きも強烈だぞ

群れ固まっていなくともこんな大判がまじるのが夏カワハギの魅力

山口さんも良型を!これ1枚でも大満足のサイズだ

ちょっと小さいけど。こんなヤツも来ます

グッドなファイトに大満足!!

良乃助さんの父、浩さんも快釣

内藤さん

パン屋さんこと佐藤さん

大野さん

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・久比里「山下丸」

夏ハギシーズン開幕。剣崎沖のカワハギが、今年も8月1日に解禁となり、本格シーズンを待ちきれないファン達で早くも賑わいを見せている。

「今年はまずまずですかねー。このところ潮が安定しないんだけど、いい日には20枚以上の釣果も出てますよ」とは久比里「山下丸」の坂本勉船長。
 
昨日良かったポイントが今日は潮が速くて釣り辛かったり、ベラやフグの猛攻で釣りにならなかったり、と日々苦労は絶えないようだが、連日釣果をまとめて来るあたりは周年乗合を出す老舗カワハギ船宿の面目躍如といったところか。
 
夏場のカワハギは群れになることは少ない。

したがって先を争ってエサを食うようなことないから、アタリが出てから食い込むまでが総じて遅い傾向にある。

場合によっては冬場よりも繊細と言えるような状況もあって、これがまたファンを熱くさせる。
 
そして掛かってからは海面で横っ走りを見せるくらいに元気一杯で痛快な引き味を楽しませてくれる。

型物が多いのも夏場の特徴で、30㎝オーバーの尺ハギも毎日のように顔を出している。
 
場所によっては「ワッペンまで小さくないけど、小型がパタパタッと釣れることもある」というから、群れが固まり出す9月以降も楽しみ。

釣れても釣れなくても熱くなるカワハギシーズンの到来だ。

以上の記事は「つり丸」2021年9月15日号の掲載記事です。

関連記事
久比里「巳之助丸」のアマダイは好シーズンに突入!連日好釣果が続き、日によっては50cm級も!釣趣と食味の優れたアマダイは、秋の沖釣りにも最適だ。
新潟・間瀬沖のアラ!御当地スタイル!マイワシエサで、「タナを取ったら放置」の釣法…。新潟県間瀬港「光海丸」小林聡船長のアラ釣り。この秋のオススメ!
鹿島沖のテンヤマダイが秋の好シーズン!取材日の最大は1㎏級であったが、8月1日には5.3㎏,8月19日には4.8㎏,8月22日には9.6㎏と5.8㎏を取り込んでいる!
宮城・亘埋沖。高活性のヒラメ釣り場は、ビギナー入門オーケーのヒラメ道場!生きイワシエサで釣るヒラメが高活性!全開モード!爆釣を体感しよう!
「つり丸・10月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された相模湾のライトイナダ五目の取材の様子を公開!
最新記事
これからの季節の必需品。肌寒い日にぴったり。コンパクトで便利なウエア「DJ-3421(撥水ポケッタブルピステ)」
周年夜釣りが楽しめる沼津湾。この時期のターゲットはタチウオ!テンヤやルアーもOK!ベタナギ率が高い沼津湾で夜タチウオ釣りを楽しもう!
カンパチ、ワラサなどの青物に加え、オオモンハタなどの根魚も狙える!西伊豆・戸田のアジ泳がせ釣り!釣行日もオオモンハタ、ワラサと連続ヒット!
久比里「巳之助丸」のアマダイは好シーズンに突入!連日好釣果が続き、日によっては50cm級も!釣趣と食味の優れたアマダイは、秋の沖釣りにも最適だ。
しばって束ねる、簡単固定したいときの万能結束バンド「まとめ太郎、まとめ太郎Lock」
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル