MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ワラサ絶好調!良型主体で強烈な引きを堪能!三浦半島・剣崎沖

ワラサ絶好調!良型主体で強烈な引きを堪能!三浦半島・剣崎沖

良型&激ウマ!剣崎沖のワラサが好調!剣崎間口港「利一丸」では、ワラサ&マダイ!ワラサ&テンヤタチウオなど、仕立船ならではのリレー釣りもオススメ!

perm_media 《画像ギャラリー》ワラサ絶好調!良型主体で強烈な引きを堪能!三浦半島・剣崎沖の画像をチェック! navigate_next

良型&激ウマの好調が続く! ロングランの予感もあり! 仕立船ならではの楽しみ方も

ロングランの予感もあり!良型主体で釣り味&食味グッド

剣崎沖のワラサが好調だ。

今シーズンは久しぶりに7月後半から食い始めるという早いスタートを切った。

その後、上下はあるものの概ね好調に食っている。

「今年は3~4㎏のワラサ主体に釣れています。引き味もいいし、味もいいですよ」とは、剣崎間口港「利一丸」の氏原正美船長。

「利一丸」は仕立船専門の人気船宿で常時3隻で希望の釣り物に出船している。

「この時期はワラサをメインに後半はリレーで別の釣りをするのがおすすめですね。特にワラサが好調な時は朝イチだけでも十分に釣果が得られますからね」

後半は近場でコマセマダイ、そして最近人気なのがテンヤタチウオだという。

「タチウオはデカイのばかりで、ワラサとタチウオのリレー釣りは人気がありますよ。相模湾のキハダ・カツオでも受け付けています」

気のあった仲間でこんな楽しみ方もおすすめだ。

そしてメインとなるワラサだが、開始が早い時はロングランになることが多く、今後も大いに期待できる。

「去年は少し遅めのスタートで、久里浜沖で釣れる時期も多かったけど、今年は松輪瀬に群れが固まっていますよ」

ワラサは強烈な引き味で大興奮の釣り物だが、ビギナーでも釣ることが難しくなく、この釣りを入り口に大物釣り師への階段を登っていく人も多い。

ぜひ、挑戦してみよう。

食いが良ければ太ハリス 釣ったらハリスのチェックを!

「ウチの親父手作りのビシです。よく釣れますよ」と船長

剣崎沖のワラサで使用するのはビシ80号に適合した2.5m前後マダイ、ワラサ用ほか、2m前後の遠征五目用などがマッチする。

マダイ竿を使用する場合は、腰の強い硬めの竿を選ぶといいだろう。

あまり軟らかい竿だと食いはいいかもしれないが、やり取りに時間がかかってしまうためだ。

リールは中小型電動リール。道糸はPE4号以上を使用する。

ワラサ釣りでよくあるトラブルが、久しぶりに使用した電動リールの道糸が切れてしまうこと。

釣りの前に先の10mをカットしてから使用するようにしよう。

仕掛けは中型テンビンにビシ80号、クッションゴム2.5~3㎜1mを付け、ハリスは6~8号6mが基本。

ビシはプラビシ、ステン缶を用いる。

プラビシの場合は下窓を2メモリ程度開けて、回収時にコマセが残っているか残っていないかぐらいがちょうどいい。

コマセの粒の大きさによっても変わってくるので、現場の状況を見ながら調整しよう。

古くなったクッションゴムはワラサの強烈な引きに耐えられず切れることも多い。

新品を使用しよう。道糸切れとクッションゴム切れが意外と多いのだ。

ハリスは6~8号が基本。

「朝は食いが良いことが多いので、太めのハリスが良いですよ。入れ食いの時など10号でいいですよ」

朝イチなど食いがいいときは10号からスタート。

通常で8号、食い渋った時には6号と、3種類用意しておくと安心。

ハリスの長さは6mが基本。食い渋った時以外はあまり長くしないほうがいいだろう。

ハリはマダイ、ワラサ、青物系バリなら11~13号程度、ヒラマサ、グレバリなら12~13号程度を使用する。

エサはコマセ、付けエサともにオキアミ。

付けエサは、最近は1匹掛けが主流だが、抱き合わせでも良いだろう。

このほか、あると超便利なのが指ゴム。

滑らないグローブでもいいが、左右人差し指に装着しておけば、取り込み時にハリスを手繰るのがウンと簡単になる。

指を切ることもなく安全なのでぜひ使用したい。

タナは海面から正確に 手持ちで誘って食わせよう!

このエリアは出船時間になると、全速力でポイントを目指す。

これはいい場所に入るためで、釣りはすでにここから始まっていると言っていい。

航程10分ほどで到着するが、仕掛けなど飛ばされないようにしておこう。

ポイントに到着したら即投入の合図があるので、出船前にタックルのセッティングからコマセ、仕掛けなどすべての準備を済ませておこう。

船長は「とにかく釣らせたい」という一心でポイントを目指しているので、釣り人もモタモタしないで臨戦態勢で!

タナの指示は海面から。

「タナは30mでやって!」という場合は、ビシダナが30mにセットする。

ビシを海中に入れ、最後に付けエサが入るように。

35mくらいまでビシを落とし、コマセをまく。

コマセは2、3回に分けてまいてタナにセットする。

コマセは下で一気に出した方がいい場合、2mくらいずつ分けた方がいい場合もあるので、状況を見て調整してみよう。

イメージはコマセの帯の中に付けエサが入るように。

タナにセットしたらすぐに置き竿にして待ってもいいが、手持ちで誘いを入れたほうが食いはアップするのでできるだけ手持ちでやってみよう。

「入れ食いになっても、やっぱり誘ったほうが食いが良いですよ。たくさん食わせている人は竿を動かしていますね」

「今なら食いそうだ」というタイミングの時に誘うのが一番効果的。

船長から「良い反応だよ」、「誘ってみて」とアナスンスがあった時、周りでよく食っている時などはエサを動かしたほうがアタる可能性が高くなる。

誘いの基本動作は大きく分けて2パターン。

1つ目は、竿を大きく頭上まで持ち上げて止め、次はそのままゆっくりと落とし込んでいく。

落とし込んで竿を下に向けた瞬間に食うことが多い。

2つ目はエサが跳ねるような動作をして食い気を促してやるもの。

竿先を下に向け、シュッと小刻みにシャクリ上げ、付けエサを動かしてみる。

エサが動いた瞬間に食ってくることも多い。

誘って食った時は「自分で釣った感」をより感じられるので、ぜひ誘いで食わせてみよう。

食ったら軽く竿を持ち上げてアワせてやり取り開始。

食いが良い時はあらかじめドラグは締め気味にしておき、走らせることなく、竿を一定の角度にして電動で一気に巻き上げるのがいい。

いたずらにやり取りに時間をかけると、オマツリ、バラシの原因に。

ただし、最初に走らせることなく一気に巻き上げると、最後の取り込み時に元気が残っている場合が多いので要注意。

濡れた指だと滑るしハリスで手を切ることも。

グローブまたは指ゴムを使用して、取り込み時に走らせないようにしてタモに誘導しよう。

ワラサは今まであんなに釣れていたのに、パタっと食いが止まってしまうことがある。

時合が終わった場合もあるが、バラして魚が散ってしまうこともある。

1本釣るごとにハリスのチモト付近を指で触ってチェックして、ざらついたり傷がついていたら迷わず交換を。

傷がない場合でも何本か釣ったら交換しよう。

「入れ食いの時など魚の扱いが雑になりますが、早めにクーラーに入れて氷が上から被るようにしておくと良いですよ。こうするとしっかりと魚が冷えます。せっかくなので、良い状態で持ち帰ってください」

【三浦半島・剣崎沖】ワラサ 釣行レポート

良型主体で強烈な引きを堪能! 脂の乗りも上々で激ウマ!

仕立船ならではのリレー釣りも!

朝一番にいきなりアタリがやってきた!すごい引きだ!

開始数分で今日の好調さを予感

「開始1時間くらいで8本釣れました。最高です」と南條さん

こちらは絶好調時の魚探反応。「ワラサだらけです」と氏原船長

「朝から大忙しです。今日は朝イチだけワラサをやって後半はマダイを狙いますよ」と山崎さん

「今年のワラサはサイズがいいね!」とこの日の仕立グループの南さん

「バラシもあったけど、朝1時間で大満足です」

後半はマダイメインの五目釣りへ。これも仕立船ならでは

「時合になるとバタバタ食いましたよ」

良型クロダイも。「ワラサもちゃんと釣りましたよ!」と永島さん

43㎝の特大サイズのアジも

「ワラサ、マダイで一日中楽しめました」

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・剣崎間口港「利一丸」

今シーズンの剣崎沖のワラサは久しぶりに7月にスタートを切った。

8月中旬は台風の影響などで食い渋ることもあったが、それ以外は概ね好調だ。

今年の特長はサイズがいいこと。

「4kgを超えるようなのが多いですね。魚は多いですよ」と剣崎間口港「利一丸」の氏原正美船長は言う。「利一丸」は仕立船専門で、各種旬魚を狙わせてくれる船宿だ。
 
この日は、剣崎沖のワラサ本命ポ イントへ急行。

朝イチからバリバリと食って1時間余りで皆さん大満足。

「食いがいいといっても、やっぱり誘った方が食いますよ」と船長。
 
満足したら、ここで早揚がりという手もあるが、仕立船なので、後半は違うターゲットを狙うのも可能。

山﨑さんグループは後半マダイを狙って五目釣りを堪能。

「ワラサ&マダイや、ワラサ&テンヤタチウオなんかも人気がありますよ。キハダなどもおすすめです」 と船長。
 
熱い釣り物が目白押しだ!

以上の記事は「つり丸」2021年10月1日号の掲載記事です。

関連記事
季節問わず楽しめるLTアジ!「忠彦丸」さんに行ってきました!今回は2点掛けも連発、楽しい釣行となりました。「忠彦丸」さんは、女性割引があるのが嬉しいです!
冬の人気ターゲット「アマダイ」が早くも東京湾口で開幕!久比里「山天丸釣船店」でも、すでに50cmオーバーの特大サイズが取り込まれている。
アオヤギエサのカットウ釣りで狙う、大原港「敷島丸」看板メニューのショウサイフグが開幕!好スタート!取材日も良型が多く、乗船者全員が本命をゲット!
アベレージ40cm!50cmオーバーも期待大!!型ぞろいで数釣りもできる大型ルビーの宝庫!北茨城・平潟沖アカムツのホットなシーズン!
最新記事
タイラバ激戦区加太や明石エリアで鍛えあげられたタイラバロッド「タイゲームSSD C610L/FSL 15thアニバーサリーリミテッド」
カマスサワラ(スズキ目サバ科カマスサワラ属)本州以南、世界中の熱帯域から温帯域表層域を回遊している。昔は駿河湾・山口県以南にいたものが北上傾向にある。
人気の深海ジギングの救世主的両軸リール登場「マーフィックス」C3-RH/C3-LH
秋の東京湾、ルアーゲームの主役は青物!イナダからワラササイズのブリサワラ、小型のカンパチまで!青物ゲームが面白い!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル