MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
数釣りシーズン突入!爆釣!LTイナダ五目!相模湾・平塚沖

数釣りシーズン突入!爆釣!LTイナダ五目!相模湾・平塚沖

相模湾のイナダが好シーズンに突入!イナダがトップ30本以上を記録する日も!青物の強い引きを手軽に楽しむならコレ!LTで楽しめるのでビギナーにもオススメだ!!

perm_media 《画像ギャラリー》数釣りシーズン突入!爆釣!LTイナダ五目!相模湾・平塚沖の画像をチェック! navigate_next

数釣りシーズン突入! ウイリーとバケを うまく使い分けよう

数釣りシーズン突入! ロングランに期待

釣り場は平塚沖周辺の水深20m台

相模湾のイナダが8月半ばを過ぎて、数釣りが楽しめる本格シーズンに突入した。

それにともなって平塚港「庄三郎丸」では、LTウイリー船がイナダをメインに狙うLTイナダ五目船に変更。そこで8月後半に取材をした。

取材当日は開始直後からポツポツとイナダ&ワカシがアタり出し、中盤にはコンスタントにヒットする時間帯もあった。

手が合った人は、しばらく入れ食いで掛かることもあった。

今回の取材に同行していただいた『つり丸』ライターの金澤美穂さんは、9時ぐらいには65ℓクーラーが満杯になってしまうほどだった。

今後はワカシサイズの魚が育って、イナダ級主体の釣果が期待できるだろう。

また小型のカンパチが多数まじることもあり、こちらも楽しみだ。

今年も晩秋から初冬ぐらいまでロングランで続くことに期待したい!

タックルはLTウイリー用

タックルは、LTウイリーで使うものをそのまま流用できる。

「庄三郎丸」で使用するビシのオモリは30~40号。

そのため竿は30~40号のオモリに対応した7対3調子のLT用、またはゲームロッドなど。

長さは2m前後が扱いやすいだろう。

リールは手巻きの小型両軸リール、または小型の電動リール。

この時期のイナダのタナは比較的浅いので、手巻きリールでも苦にならないだろう。

道糸としてPEラインの2号前後。

リールには150m以上巻いておくこと。

仕掛けはウイリーとバケを使い分ける

「庄三郎丸」で使用するビシのオモリは30~40号、コマセはアミを使うので、「サニービシちびライト」のような小型のプラビシを使う。

ビシの調整は後述するので、そちらを参考に。 

仕掛けはウイリーとバケの2種類。

「庄三郎丸」で用意しているウイリー仕掛けは、ハリス4号、全長2.8m。

ハリはグレ8号。ハリ数は3本で、一番下は空バリ、上2本はウイリーを巻いてある。

一番下の空バリには、付けエサのオキアミを刺す。オキアミの付け方は下のイラストのとおり。ウイリーが巻いてあるハリにオキアミは付けない。

付けようとしてもうまく付けられないし、付けたとしても取れやすかったり、オキアミが曲がって付いてしまうので注意しよう。

バケ仕掛けは、ハリス6号前後、全長2m前後。ハリ数は2本バリ。

バケはとにかくバラフグがイナダには有効なので、必ず一つは入れておくこと。

2本バリのうちのもう一つは、ナマズやシャミなどの皮を試すのもいいだろう。

バケ仕掛けの場合、テンビンに繋ぐ際はクッションゴムを介さない。

仕掛けはウイリーとバケを状況に応じて使い分けるといい

ビシの調整とシャクリ方!

コマセはアミ。ビシはライト用の小型プラビシ30~40号

前述したように、コマセはアミ、ビシは小型のプラビシを使う。

ビシの調整をしっかりしておかないと、アタリが激減することもあるので調整は必ず覚えておこう。

プラビシの下の隙間は全閉。上の穴は1/3~1/2ぐらい開けてスタートする。

これでコマセが出すぎるようなら上の穴を少し閉じ、コマセがあまり出ないようなら上の穴を少し開けて調整していく。

コマセが出すぎる調整だと、下の方のタナを探っている間にコマセが全部出てしまい、上の方のタナを探っているときにはコマセがなくなってしまう。

このような状況では、上の方のタナでアタる確率が低くなってしまうのだ。

タナの範囲を2回探って仕掛けを回収したときに、ビシ内にコマセがわずかに残るぐらいの調整が理想だ。

シャクリ方を示したのが下のイラストだ。

まず竿先を海面に向けて、ビシを指示ダナの下限、または海底まで落とす。

そして竿先を海面に向けた位置からシャクリ上げていくが、シャクリ上げは時計の針が9~10時くらいの位置まで。

シャープにシャクリ上げる。シャクリ上げたら、その位置で数秒待つ。

続いて竿先を海面に向けながら、シャクリ上げた分の道糸を巻き取る。

これを繰り返して、指示ダナの範囲を探っていくのだ。

指示ダナの範囲を誘い探っていく

取材当日、イナダをメインに狙うポイントでは、「庄三郎丸」の新盛厚船長から「15~25m」という指示ダナがアナウンスされた。

この場合、指示ダナの下限である海面下25mまでビシを落とし、海面下15mまでの範囲を誘いながら探る。

指示ダナの探り方は、上のイラストの右側のとおり。まず海面下25mまでビシを落とす。

そして、竿をシャクってコマセをまきながら、50㎝~1m刻みに巻き上げていく。

海面下15mの位置まで探ってアタリがなければ、仕掛けを回収して再投入する。

また、イナダ以外の魚がまじるポイントでは「海底から10mまで探って」と指示ダナがアナウンスされることもあった。

この場合、一度ビシを海底まで落とす。そして、竿をシャクってコマセをまきながら、50㎝~1m刻みに巻き上げて海底から10mまで探っていく。

当日、イナダがアタっていたポイントでは、ソウダガツオもよく掛かった。

とくにウイリー仕掛けだと連発しやすいので、この状況ではバケ仕掛けが有利。

ウイリー仕掛けに比べればバケ仕掛けは、ソウダガツオやサバが掛かりにくくなる。

またイナダの食いが立っているときも、バケ仕掛けを使うと手返しが早くなり楽だ。

ルアーで狙うのもオススメ!

メタルジグは40~80gをメインに使用

今シーズンはルアーも好調にアタっている。

取材当日はルアーで狙っていた人がイナダを20本以上にワラサ3本、スマガツオ1本、ショゴ(小型のカンパチ)1本という釣果だった。

とくにジギングで狙うと、ワラササイズのヒット率が高いのでオススメだ。

ルアーはメタルジグの40~80gをメインに使用するといいだろう。

フックはトレブルフックではなく、アシストフックを使うこと。

好シーズン突入のイナダにLTでチャレンジ! 入れ食いタイムもあってクーラーは満タンに!!

少しずつ秋の気配を感じるようになった今日この頃。

やっと夜は過ごしやすい日が増えてきましたね。

とはいえ朝の乗船時は快適だなと思っていても、日が昇るとやっぱり暑いなかでの釣りとなります。

日焼け対策と熱中症対策はしっかりとして乗船するよう心がけましょう。
 
さて、今回は相模川河口にある平塚港の「庄三郎丸」さんのライトイナダ五目に挑戦してきました。

仕掛けはウイリーとバケの2種類を用意

イナダは夏から秋にかけてがハイシーズン。

40~50cmのものをイナダと呼びます。

イナダはブリの幼魚。子供とはいえ、ブリの子供なので強い引きが十分に楽しめる魚です。
 
お世話になった「庄三郎丸」さんは、釣り道具がなくても初心者から小学生や女性まで気軽に手軽に船釣りが楽しめるというコンセプトの船宿さんで、スタッフ方がとても優しくてビギナーの方でも訪れやすい船宿さんです。

当日も女将さんが気さくに話しかけてくれて出船前から楽しい時間を過ごすことができました。
 
6時出船に合わせて早めに船宿に到着して、この日の釣りの準備をします。ライトイナダはライトゲーム用のタックルを使います。

仕掛けはハリス4号のウイリー仕掛け(上の2本はウイリー、一番下はグレ8号の空バリ)の全長2.8m。

一番下の空バリにはオキアミを付けます。それとバケ仕掛け(バケはバラフグの2本バリ)の全長2mの2種類を用意しました。

ウイリーの仕掛けには、引きの強い青物にハリスを切られないために20cmのクッションゴムを介します。

わからない方は、受付でも仕掛けを買うことができるので気軽にアドバイスしてもらうといいと思いますよ。
 
テンビンとオモリ付きのアミコマセ用のライトビシは船宿で貸してもらえるのでロストしなければ無料で使うことができます。

パターンを掴むと入れ食い 9時にはクーラー満タン

準備ができたらいざ出船。相模湾は岸から少し沖に出ただけで水深があるので、青物には絶好のポイントです。

出船から10分ほどでポイントに到着して実釣開始。
 
今回のようなイナダ狙いの時はビシの下窓は全部閉めて、上窓は半分開くことでコマセが少しずつ出るよう調整します。

魚を上へと誘って釣るスタイルがオススメだと船長に教えていただき開始しました。
 
まずはウイリー仕掛けを使用。底が根になっているらしく指示ダナは上から14m。

その位置から5mほどシャクリながら誘ってきます。

2往復したら大体コマセがなくなっているので、仕掛けを回収してコマセを詰め直すことを繰り返します。
 
コマセが効いて魚が寄ってくるまでまき続けていると、私に船中のコマセ釣りではファーストヒット。

ウイリーのハリにイナダが掛かってきました。

これはパターンを見つけたか? とウキウキしましたが、イナダが3~4本釣れたあとはソウダガツオの猛攻に遭ってしまいました。
 
そこでバケ仕掛けに変更して狙ってみましたが、変わらずソーダガツオの猛攻に遭ってしまいます。

そんななか、隣のお兄さんはイナダが入れ食いです。

なんで釣れるのかを教えていただくと、「強めにシャクって速く誘うのがいいのかもしれない」と教えていただきました。
 
さっそく誘い方を真似してみると、イナダがヒットしました。

速い誘いに変えたことでソウダカツオの猛攻が明らかに少なくなりました。

イナダが入れ食いになり一荷になることも。
 
ミヨシでルアーをやっていた方は、ワラサやカンパチ、スマガツオを釣り上げています。

青物はやはり速い動きに反応が良いことがよく分かりました。
 
パターンを掴んでからはテンポよく釣り上げることができ、ポイント移動せず9時頃にはクーラーボックスが満タンに!

河口沖ではタチウオも

釣れすぎて休憩してる人も多かったので、サービス精神旺盛な新盛厚船長船長の計らいで他魚種狙いでポイントを移動。

相模川河口の水深15mエリアです。ここはタチウオのポイントでもあります。

ウイリーの人は下から2~4mの指示ダナ、バケの人は下から上までを狙うように指示があり開始。
 
私は常連さんからタチウオのハリをもらってハリス6号でタチウオの仕掛けを作りました。

エサは釣ったソウダガツオの切り身を使い、F3サイズが3本釣れました。

底から5m以内でアタリが多く、短時間でしたが楽しむことができました。
 
さらにポイント移動をして、今度は漁礁周りを狙います。

指示ダナは上から25~15mで、ここではイナダを1本追釣することができました。

最後にもう一度お土産を狙いにタチウオのポイントに戻ってくれて、5本追釣することができて沖揚がり。
 
パターンさえ掴むことができれば、終始魚信があって楽しい一日となりました。手軽に狙えるライトイナダ五目は、引き味も強くこの時期オススメの釣りです。

皆さんも是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか!?

【相模湾・平塚沖】LTイナダ五目 釣行レポート

青物の強い引きを 手軽に楽しむならコレ!

LTで楽しめるので ビギナーにもオススメ!!

LT(ライトタックル)使用だから、イナダの引きがより強く感じられて楽しい!!

抜き上げて取り込む

金澤美穂さんは開始早々にイナダを釣り上げた!

一荷だ!!

金澤美穂さんは一荷でも釣り上げた

マルソウダとイナダの一荷もあった

後半は相模川河口沖を狙うとタチウオがまじった。金澤さんは釣れたソウダガツオをエサに狙った

河口沖ではタチウオがまじった

金澤美穂さんは怒涛の勢いで釣り、65Lのクーラーが満杯になった

貸し竿のビギナーにヒット!仲乗りさんがアシスト

親子でも楽しめる

一荷も度々あった

仲乗りさんのアシストもあって、ビギナーの女性アングラーは見事にイナダを釣り上げた

手軽に強い引きがたのしめる!!

「庄三郎丸」ではルアーも楽しめる

この日、ルアーマンはワラサを3本ゲットし、2㎏オーバーのスマガツオも手にした

バケ仕掛けにトラフグが掛かった

ウイリーにはアジが掛かった

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・平塚「庄三郎丸」

相模湾のイナダが好シーズンに突入した。

平塚港「庄三郎丸」では、イナダをメインに狙うライトイナダ五目船が出船している。

食いがいい時には、イナダがトップ30本以上を記録する日もある。
 
釣り方はコマセ釣りのほか、ルアーもOK。

コマセ釣りは、ウイリー仕掛けとバケ仕掛けを使用。

食いが立った時、またサバやソウダガツオが邪魔する時は、バケ仕掛けが有利になる。

取材当日は本誌ライターの金澤美穂さんに同行していただいたが、怒涛の勢いで釣り、9時頃には65Lのクーラーボックスが埋まってしまった。

また当日は、ルアーも絶好調だった。

イナダはもちろんのこと、ワラサが3本に2㎏オーバーのスマガツオもまじった。

ルアーではワラサクラスのヒット率が高いようだ。
 
相模湾のイナダは初冬ぐらいまで狙える見込み。

ライトタックルで手軽に楽しめるので、ビギナーやファミリーにもオススメだ!

以上の記事は「つり丸」2021年10月1日号の掲載記事です。

関連記事
周年夜釣りが楽しめる沼津湾。この時期のターゲットはタチウオ!テンヤやルアーもOK!ベタナギ率が高い沼津湾で夜タチウオ釣りを楽しもう!
カンパチ、ワラサなどの青物に加え、オオモンハタなどの根魚も狙える!西伊豆・戸田のアジ泳がせ釣り!釣行日もオオモンハタ、ワラサと連続ヒット!
「つり丸・9月15日号(2021年)」の巻頭大特集に掲載された茨城県・鹿島港「幸栄丸」の夜釣りで大人気のムラサキイカ・スジイカ釣り取材の様子を動画で公開。
静浦沖の夜タチウオシーズンが開幕!連日ドラゴンキャッチ中!波静かな湾内でテンビン釣り、テンヤ釣法、ジギングなど好みの釣り方でチャレンジしよう!
東京湾のマダコが絶好期!そろそろ終盤戦も大型まじりで楽しめる!積極的にキャストや巻き落としを行い活性高いタコを探って釣ろう!!
最新記事
タイラバ激戦区加太や明石エリアで鍛えあげられたタイラバロッド「タイゲームSSD C610L/FSL 15thアニバーサリーリミテッド」
カマスサワラ(スズキ目サバ科カマスサワラ属)本州以南、世界中の熱帯域から温帯域表層域を回遊している。昔は駿河湾・山口県以南にいたものが北上傾向にある。
人気の深海ジギングの救世主的両軸リール登場「マーフィックス」C3-RH/C3-LH
秋の東京湾、ルアーゲームの主役は青物!イナダからワラササイズのブリサワラ、小型のカンパチまで!青物ゲームが面白い!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル