MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
数よりサイズ狙い!ドラゴンラッシュだ!東京湾タチウオジギング

数よりサイズ狙い!ドラゴンラッシュだ!東京湾タチウオジギング

9月上旬の東京湾は、大型タチウオ、通称「ドラゴン」キャッチで沸いている!金沢八景「太田屋」でも、ドラゴンサイズ連発で期待十分の状況だ!

perm_media 《画像ギャラリー》数よりサイズ狙い!ドラゴンラッシュだ!東京湾タチウオジギングの画像をチェック! navigate_next

人気の東京湾タチウオジギング。ドラゴンサイズ連発で期待十分の状況だ!

当日のドラゴンポイントは猿島沖。平日ながらほぼ満船。周囲の船も混雑が目立っていた

数より型狙い。ヒットパターン、ヒットルアーは日替わり

取材日、トップ釣果を記録したアングラーが多用していたアンチョビメタル130g

9月上旬の東京湾は、大型タチウオ、通称「ドラゴン」キャッチで沸いている。
 
金沢八景「太田屋」でも、ドラゴンに照準を合わせて攻め続けている。

「数より型、というお客さんが多いんですよね。もちろん慣れない人、初心者が多い日は、まずは顔を見てもらうことを優先します」とは担当の佐野一也船長。
 
9月上旬現在、ドラゴン狩りの主戦場は走水沖。

しかし、猿島沖や本牧沖なども視野に入れ、状況に応じ浅場から深場まで転戦していく。

取材日も走水沖は不発。猿島沖でドラゴンラッシュに遭遇することができた。
 
ドラゴンは何cm、指何本という定義はない。

とくに指で測るのは手の大きさが人によって異なる以上、とても不正確。

ひとまず110㎝以上をドラゴンとするなら、取材日は8割以上の方がドラゴンキャッチに成功していた。

120cm以上も船中で6~7本、最大は123cmという上々の日並みとなった。
 
ヒットルアー&パターンは観察した限り、とてもバラついていた。

長めのジグをワンピッチでしっかり動かしている人が連続ヒットを演じるいっぽうで、小型のタングステン製ジグをただ巻きで使いドラゴンを仕留めていたアングラーもいた。

リーリングスピードもジャークの強さもこれ、というパターンを感じることは出来なかった。

「ヒットパターン、ヒットルアーは本当に日替わりなんですよね。だからコレと決めつけることなく、いろいろなルアー、いろいろなシャクリを試してください」とは佐野船長。

ただし、1日のなかで大きなヒットパターンの傾向は出やすい、という。それはジグを派手に動かしたほうがいいのか、大人しく動かしたほうがいいのか、ということ。

前者ならしっかりとワンピッチ、後者ならただ巻きに近いパターンが有効となろう。

ヒットの傾向を読み取りつつ、スピード変化で探っていくと頭の中の整理がつきやすいはずだ。
 
ポイントの水深、ヒットレンジはさまざまなので、ルアーは60gから160g程度まで幅広く用意しておきたい。

タイプもセンターバランス、テールバランスと2つは持っておくとよい。ちょっと高価だが、タングステン製のシルエットの小さいジグが威力を発揮することもある。

2~3個でよいので用意しておくと安心だ。
 
東京湾のタチウオ用タックルはすでに定番化している。

ここではスペースの都合上、基本タックル紹介は割愛し、ドラゴン狙いでの注意点をいくつか列記していきたい。

サイズを問わず、 数を釣っていく

ドラゴンサイズをアングラーサイドで選んで釣っていくのは難しい。

サイズを問わず、数を釣っていくなかでドラゴンの確率を高めていく、というのが基本となるだろう。
 
ドラゴンキャッチを考えた場合、まずはタックルを万全の整えておきたい。

メインライン、リーダーの劣化は小まめにチェック。

劣化を感じたら、発見したら面倒がらずに交換しておく。

フックの選択にも気を付けたい。あまりに細軸なものでは頼りない。

とくにフォースフックのものは細く伸びやすいものが多いので要注意だ。

ドラグの設定も万全に。

キツすぎるとヒットと同時にラインブレイク、緩すぎるとアワセが効かない。

ベストな状態にセットしておきたい。
 
ドラゴンサイズをバラしてしまうのは、ランディング直前が最も多いと思われる。

無理して抜き上げて、すっぽ抜ける、フックが伸びる、魚が船縁に当たる、などなど。

これらでボチャンと落ちてしまうのだ。
 
デカイ! と思ったら早めに船長に伝えてネットで掬ってもらうのが賢明。

1回早めに伝えて、ラスト10mくらいになったら改めて伝えるという感じでお願いすると、船長も対処がしやすい。
 
ギリギリになって船長に伝えてると間に合わないこともある。

水面でバチャバチャやっているうちにバレる、ということも多い。

こんなときは思い切ってリーダーを持って抜き上げたほうがキャッチ率は上がる。

ロッドで抜き上げようとするとロッドを破損する恐れがあるし、重くて船縁を超えないことも多い。

何よりフックが外れたときに危険でもある。

ドラゴンサイズのときは避けたほうが無難だ。

また、隣のアングラーにネットをお願いしてもいいだろう。
 
船長に早めに伝える、と言っても躊躇してしまう人もいるだろう。

伝えたものの、スレ掛かりで重かっただけ、という経験を何回かすると呼びにくくなる気持ちも理解できる。
 
スレ掛かりは常に同じ抵抗の重さが続くのが特徴。

これに対して口に掛かっている場合は、体をくねる重みがグングンと伝わる。

これがしっかりした重みを伴って伝わってくれば大型の可能性大。ファイトの特徴を理解しておけば、臆することなく船長を呼べるはずだ。

もちろん、ドラゴンサイズのスレ掛かりもある。

これは非常に重いので分かりやすいはずだ。
 
1本を釣れば大満足のドラゴンタチウオ。

ぜひ120㎝オーバーを目指して挑戦していただきたい。

東京湾 タチウオジギング 釣行レポート

8割以上の乗船者がキャッチ成功

中層を釣るタチウオジギングではカウンター付リールは強い味方だ

カラーで差が出ることが多いタチウオジギング。いつの間にかジグのストックが多くなる!?

これなら釣れる、という信頼できるジグをいくつか用意できると理想だ

ヒット直後の力強い引き込みがタチウオの魅力だ

フィッシュグリップで魚を押さえ、プライヤーでフックを外すのがベストだ

小型もまじったが、その数は少なかった

デカイ! と思ったら臆することなく船長に知らせて掬ってもらおう

周囲に余裕があれば抜き上げもOK。スペースに余裕がないときはリーダーを持って抜き上げよう

120gのタングステン製ジグで120㎝オーバーを仕留めたアングラー

誰の手で測っても指5本オーバーは間違いなし!

尾ビレが切れてしまったので長さは120cmに届かないが凄い体高の1本

120cmクラスも含め、30本を釣ってトップ釣果を記録した腕利きアングラー

ジャスト120cm! 同サイズをほかにも釣っていた腕達者

取材日のビッグワン、123cm! 超幅広のドラゴンサイズだ

途中でフッと軽くなることが多いのがタチウオのファイトの特徴。構わずに巻き続けるのが得策だ

いつもだったら十分満足の110cmオーバー

これも立派なドラゴン!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「太田屋」

「最近はとくに数より型狙いをすることが多いですね。乗船しているお客さんの顔触れによっても変わりますが、大きいのを釣りたい! という人が多くなっている印象もありますから」

タチウオジギングの近況を教えてくれたのは、金沢八景「太田屋」、佐野一也船長だ。

実際、8月中はドラゴンラッシュが続いていた。

数はトップでも20本以下の日が多かったが、120㎝クラスが連日キャッチされており、ドラゴン祭りはおおいに盛り上がっていた。

厳しい残暑に見舞われた取材日は猿島沖の50mダチからスタートした。

ポツリ、ポツリと顔を見せ始めるものの、思った以上にサイズが伸びない。

途中でドラゴン狩りの主戦場とされる走水沖の様子を見たがいまひとつ。

猿島沖に戻ってから、釣れ出した。

数こそポツリポツリだが、そのポツリがデカい! 110㎝、120㎝が入り乱れた。

結果、110㎝オーバーはおそらく8割以上の乗船者がキャッチ成功。

120㎝オーバーも6~7本、多い人はドラゴンサイズを5本もキャッチしていた。

数もトップで30本! 怒涛の一日となった。

ヒットルアー&パターンは人それぞれ、という点も面白かった。

行けば必ずドラゴンサイズが釣れる! とまでは言い切れない。

しかし、キャッチできる確率が高い状況が続いているのは確か。

ぜひお出かけいただきたい。

以上の記事は「つり丸」2021年10月1日号の掲載記事です。

関連記事
秋の東京湾、ルアーゲームの主役は青物!イナダからワラササイズのブリサワラ、小型のカンパチまで!青物ゲームが面白い!
東京湾 秋のサワラ祭りが開幕!ドラグが唸りをあげるほどの「マッハ・ラン」を繰り返す1m超のファイトが東京湾で手軽に楽しめる!ぜひ体験してみよう!
べた凪ぎの海で根魚&タイと遊ぶ!晩夏のタイラバゲームは入門のチャンスだ!水深20m前後の「シャロー」では、アカハタが裏本命となる。ぜひ挑戦してみよう!
東京湾のシーバス五目!湾内にはターゲットがもりだくさん!シーバス、青物、タチウオ、マダイ、マゴチなどあらゆるフィッシュイーターたちを狙う五目ゲームに注目だ!
小さなジグと軽いタックルで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!取材当日は、激闘の末に90cm・6kgのヒラマサが浮上!
最新記事
タイラバ激戦区加太や明石エリアで鍛えあげられたタイラバロッド「タイゲームSSD C610L/FSL 15thアニバーサリーリミテッド」
カマスサワラ(スズキ目サバ科カマスサワラ属)本州以南、世界中の熱帯域から温帯域表層域を回遊している。昔は駿河湾・山口県以南にいたものが北上傾向にある。
人気の深海ジギングの救世主的両軸リール登場「マーフィックス」C3-RH/C3-LH
秋の東京湾、ルアーゲームの主役は青物!イナダからワラササイズのブリサワラ、小型のカンパチまで!青物ゲームが面白い!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル