MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
LTウイリー五目の仕掛けと釣り方を紹介!相模湾のイチオシ釣り物!

LTウイリー五目の仕掛けと釣り方を紹介!相模湾のイチオシ釣り物!

数ある相模湾の釣り物で、この時期イチオシに挙げられる一つが「LTウイリー五目」だ。名前のとおりLT(ライトタックル)とウイリー仕掛けで多魚種を狙うコマセ釣りだ。これに、今の時期はプラスアルファとして楽しめるハモノ狙いもおすすめだ。

ウイリー仕掛けのコマセ釣りで多魚種が狙える! さらに釣れたアジを泳がせれば、高級魚に変わる可能性も!

清水希香さんはアジを泳がせて2枚のヒラメをゲット!

中小型のアジが釣れたら、これをエサに泳がせてみよう!

永井名人のハモノ仕掛けに最初にアタったのはイナダだった。

キロ級の良型イシダイ。これがとても美味!

ここ数年、相模湾でよく釣れるようになったヘダイ!

当日は太ったスズキも泳がせ釣りにアタった。

ウイリーに来たサバの一荷。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・平塚「庄三郎丸」。

相模湾のイチオシ釣り物の一つが「LTウイリー五目」だ。
「釣れたアジを泳がせて、ヒラメ、イナダ、ワラサが釣れています。また、ウイリー仕掛けのコマセ釣りでは、美味しいイシダイをはじめいろいろな魚が顔を出します」とは平塚「庄三郎丸」の後藤久船長。
取材当日も釣れたアジをエサにした泳がせ釣りは大盛況。小アジの反応が濃いポイントではヒラメが連発! トップ6枚、船中では二桁ものヒラメが取り込まれた。
さらにイナダ、スズキもヒット。とくにイナダはコマセ釣りよりも活発にアタッたほど。また日によってはワラサ級のヒットもあり、取材前日には4〜6㎏が3本も取り込まれているのだ。
ハモノ狙いは四隅限定とする船が多いが、「庄三郎丸」では特別混んでいなければ胴の間でもOK。「胴の間に座ったときのハモノ狙いは、ハモノ用の竿1本でやってください。コマセ用とハモノ用の2本の竿を出さなければ、胴の間でも問題なく泳がせ釣りができますよ」と後藤船長。
まずはウイリー仕掛けのコマセ釣りで美味なイシダイとアジを釣ろう。しっかりとアジをキープできたら、あとはじっくり泳がせ釣りで大物を狙ってみよう!

ウイリーとハモノ狙いの仕掛けについて

イナダが多いときは3号ハリス、青物がいないときは2号ハリスの仕掛けで!

一番下のハリはオキアミを付けるのが定番。

ビシはLT用の小型プラビシ30号。

まずは、ウイリー仕掛けを使ったコマセ釣りのタックルと仕掛けについて。
竿はLT用2m前後。調子は7対3ぐらい。リールは小型両軸。これに道糸としてPEラインの1〜2号を巻いておく。
「庄三郎丸」で販売していたウイリー仕掛けは、全長2.5mの3本バリ。上2本のハリがウイリー巻き(オレンジ、白、緑、黄など)、一番下がカラーバリ(ピンク、青)。ハリスは2号と3号。
「ウイリーの仕掛けは、イナダなどの青物が多いときは3号ハリス。これから寒くなって青物がいなくなったらハリス2号の仕掛けを使うのがいいですね」と後藤船長。
ビシはLT用の小型プラビシ30号。コマセはアミコマセを使うので、ビシの調整は下の隙間は全閉、上の穴は3分の1開ける。
次はハモノ狙いのタックルと仕掛け。竿は30号負荷、胴調子の2.4〜3m。
リールは手巻きの中小型両軸か小型電動。これに道糸としてPEラインの3〜5号を200mぐらい巻いておく。
また最近では30〜80号という幅広い範囲のオモリを使用できる汎用ロッドもある。このタイプのロッドを組み合わせたタックルで、ウイリーにもハモノ狙いにも使用する人も多く、オススメだ
ハモノ仕掛けは左のイラストのとおり。1本バリでもOKだが、ヒラメのヒットを考えると親&孫バリ式がおすすめだ。ハリスは6〜8号、1〜1.5mが標準。
青物のヒットが多いときはハリス8号が無難。またヒラメがよくアタるときは、孫バリをトレブルフックにするのもアリだ。
エサは釣れた小アジがベスト、親バリは鼻掛け、孫バリは肛門付近に掛けるか、トレブルフックの場合は掛けずにフリーにしておいてもOKだ。

ウイリーは鋭くシャクる。待ちは2秒から待っても8秒ぐらい

イシダイヒットの可能性が高いこの時期は、ウイリーはシャープに鋭くシャクろう!

ウイリー仕掛けのコマセ釣りで、一番重要なのはシャクリ方だ。
「ウイリーで狙うときは鋭くシャープにシャクってください。シャクリとシャクリの間は2秒から待っても8秒ぐらいですね。イシダイは2〜3秒と短めの間合いがいいです。食いが渋いときほど、長めに待ったほうがいいですね」と後藤船長。
取材当日は「底から3〜7mで!」のように底付近を探る指示が出た。この場合、ビシが底に着いたらすぐに3m巻き上げる。その位置から、海底から7mまでの間をシャクりながら探っていく。
また、反応が中層にあるときは「海面から10〜15m」という指示が出ることもある。この場合はビシを海底まで沈めず、海面下15mまでおろしてから、海面下10mまでの間を探っていく。

ハモノ狙いは、エサを泳がせるタナに注意!

取材当日は水深20〜30mの浅場をメインに狙った。

ビギナーには船宿スタッフがていねいに指導!

釣れた小アジや小サバを泳がせるハモノ狙いは、エサが泳ぐタナが重要だ。
「ヒラメを狙うなら、エサの小魚は底付近を泳ぐようにタナを調整してください。あまりタナが高いとアタりませんから注意してください。イナダやワラサなどの青物を狙うときは、底から1〜3mのところをエサが泳ぐようにします。ハリスの長さと捨て糸の長さによってタナ(オモリの位置)が変わってきますから、各自で仕掛けの長さをもとにタナを決めてください」と後藤船長。
アタリがあったら即アワセをするのは禁物。食い込むのを待って、竿が絞り込まれるか、強いアタリがあったら竿を立ててアワせてやり取りをはじめよう。

以上の記事は「つり丸」2013年12月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。
石花海のヤリイカ釣りでは、昔から魚型11㎝ダブルカンナプラヅノが定番だ。なぜだろう。もちろん、棒状のプラヅノでも、シングルカンナヅノでもイカは乗る。しかし、定番になっていることには理由がある。
仕掛けは親孫式のヒラメ仕掛けを使用する。ハリスは6~8号80㎝~1m、捨て糸は50~80㎝ほど。孫バリはシングル、トリプルフックどちらでもいいが、慣れない人はトリプルフック使用がおすすめ。
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
11月18日(日)に開催された「東京湾タチウオバトル2018」の結果報告です。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読