美味美味ヤリイカ乗り乗り当たり年だぁ〜〜!【駿河湾・石花海】

美味美味ヤリイカ乗り乗り当たり年だぁ〜〜!【駿河湾・石花海】

駿河湾の中央部に位置する石花海のヤリイカが今シーズン好調だ。ここのイカはおいしいと評判だ。なぜなら、深海エビを食べているからだという。「石花海のヤリイカは、サクラエビとかアブラエビを補食して育っているんだよね。だから、身が甘いんだ」とは、石花海を知り尽くす「第18とび島丸」の鈴木健司船長。


例年年末年始にピークを迎える駿河湾のヤリイカ釣り。最高の美食を求めて、釣行する価値は大いにありだ

水深が深いので多点掛けをすることが数を伸ばすコツ。イカのサイズはポイントによるという。

「ちょっと小ぶりだけど、コレがうまいんですよ」。

食べてはこのサイズがおいしい石花海のヤリイカ。3点掛けは珍しくない。

4点掛け以上もザラ。

「52杯でした! 毎回乗るので楽しー!!」。

「これで60杯目かな」。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・土肥「とび島丸」。

駿河湾の中央部に位置する石花海。ひょうたん型をしているこの瀬だが、ヤリイカは中央のくぼんだ部分にあたる“エボシ”と沖側の瀬〝相の瀬〟の水深150〜230mがポイントだ。
例年10月ごろから釣れはじめ、ロングランの年は4月ごろまで釣れ続ける。
石花海ヤリイカの最大の魅力は、肉厚で食べて大変美味なこと。その理由を土肥港「第18とび島丸」の鈴木健司船長に聞くと、
「ここのヤリイカは深海のエビを食べているんだよね。駿河湾の名産のサクラエビとかアブラエビなどがそれ。だから身が甘くなるんだ」
また石花海のヤリイカは、特大級がそろうことで知られる。ひと昔前は、パラソル級ばかりで最低でも80ℓクーラーじゃないと釣ったイカが入りきらない、というのがハイシーズンの常識だった。それほど爆発力のあるイカ釣り場なのだ。
ポイントの水深が深いため、一度の投入でいかに多点掛けをできるかが釣果を左右する。だから、バラシの少ない11㎝のダブルカンナヅノを使用。ヒラヒラとフォールする魚型ヅノが定番だ。
「今期は9月から釣れ始めたからね。たぶん、当たり年です。いまは数が乗ってるけどこれからはサイズがますますアップしてきますよ」と健司船長。
例年年末年始にピークを迎える駿河湾のヤリイカ釣り。美食を求めて、釣行する価値ありの釣り物だ。

鈴木健司船長のヤリイカ釣り理論

関連する投稿


大型ヤリイカがズシズシくる!【相模湾・城ヶ島〜洲崎沖〜沖ノ瀬】

大型ヤリイカがズシズシくる!【相模湾・城ヶ島〜洲崎沖〜沖ノ瀬】

年々本格シーズンに入るのが遅い傾向にあるヤリイカ。今シーズンも同様で、ある程度数がまとまりだしたのは年末からだ。ヤリイカが数釣れ出したと思ったら、同時にいっぱいきちゃったのがサバだ。


相模湾のヤリイカ、誘って乗せれば楽しさ倍増!【相模湾・城ヶ島沖】

相模湾のヤリイカ、誘って乗せれば楽しさ倍増!【相模湾・城ヶ島沖】

今シーズンの相模湾は昨年同様にスタートが遅く、12月後半でも小型の姿が目立つ。ただでさえアタリの小さいヤリイカなのに、小型が目立つとあれば、かなり繊細な釣りになる。


相模湾のヤリイカはブランコ&直結でバクバク【相模湾・小田原南沖】

相模湾のヤリイカはブランコ&直結でバクバク【相模湾・小田原南沖】

相模湾西部のヤリイカは今シーズンも順調な乗りを見せている。秋口に開幕してからはおもに近場の瀬ノ海メインに狙っていたが、10月終わりから小田原南沖で好調な乗りを見せている。サイズは乗り味もいい中型主体に数釣りが続いている。


東京湾口のヤリイカ、数釣りオッケー!【東京湾口・沖ノ瀬〜洲崎沖】

東京湾口のヤリイカ、数釣りオッケー!【東京湾口・沖ノ瀬〜洲崎沖】

今シーズンの東京湾口部のヤリイカは8月末ごろに開幕。金沢八景から出船する「一之瀬丸」はシーズン当初は剣崎沖周辺をメインに狙っていたが、10月に入って群れは沖ノ瀬に集まり、ここを主戦場とするようになった。


石花海の深場五目でオニカサゴ釣り、一荷連発!!【駿河湾・石花海】

石花海の深場五目でオニカサゴ釣り、一荷連発!!【駿河湾・石花海】

駿河湾の激うまレア魚を専門に狙っている清水「大宝丸」長橋寿光船長。普段は大アラや大アカムツ、クロムツなど駿河湾の最高峰の美味魚求めて、湾内を縦横無尽に走り回っているという。そんな長橋船長にお願いして、オニカサゴ釣りを行った。


最新の投稿


レアな湾内のライトゲーム! 東京湾のメッキ&アジを釣る【東京湾】

レアな湾内のライトゲーム! 東京湾のメッキ&アジを釣る【東京湾】

多彩なゲームプランを提案し、関東近県のルアーアングラーを楽しませているのが磯子八幡橋の「釣福丸」だ。


大型ヤリイカがズシズシくる!【相模湾・城ヶ島〜洲崎沖〜沖ノ瀬】

大型ヤリイカがズシズシくる!【相模湾・城ヶ島〜洲崎沖〜沖ノ瀬】

年々本格シーズンに入るのが遅い傾向にあるヤリイカ。今シーズンも同様で、ある程度数がまとまりだしたのは年末からだ。ヤリイカが数釣れ出したと思ったら、同時にいっぱいきちゃったのがサバだ。


マハタ好調! イワシ泳がせ釣りで根魚&ヒラメ狙い【南房・千倉沖】

マハタ好調! イワシ泳がせ釣りで根魚&ヒラメ狙い【南房・千倉沖】

南房総千倉港の「千鯛丸」では、活イワシを使った泳がせ釣りが人気の釣り物だ。ヒラメ主体に根魚、青物などがまじる五目釣りだが、特に今シーズンはマハタの魚影が濃く数が出ている。


伊豆の最高ブランド魚・激うまトロキンメを仕留めろ【南伊豆須崎沖】

伊豆の最高ブランド魚・激うまトロキンメを仕留めろ【南伊豆須崎沖】

伊豆のブランド魚といえば、須崎沖で釣れるキンメダイが真っ先に思い浮かぶ。「トロキンメ」「新島キンメ」とも呼ばれている。一年を通して脂が乗っていておいしいことから、近年伊豆半島でNo.1の地位を獲得した魚だ。ポイントは須崎沖。水深は300〜400mの起伏の激しい根周りを釣る。


キンメダイ釣り、最初はレンタルでOK【東伊豆・伊東南沖〜大島沖】

キンメダイ釣り、最初はレンタルでOK【東伊豆・伊東南沖〜大島沖】

東伊豆から南伊豆などで行われる、ヘビータックルの本格的なキンメ釣り。本格的とはいっても、決して難しいことはない。ビギナーには敷居の高い釣りかもしれないが、やってみれば意外とカンタンだと思うひとは多いはず。初心者にもぜひチャレンジしてほしい。


ランキング


>>総合人気ランキング