MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
LTに最適!片貝沖「漁礁ヒラメ」の本番はこれからだ!

LTに最適!片貝沖「漁礁ヒラメ」の本番はこれからだ!

外房・片貝沖は真沖の漁礁群を中心に「潮流し」で釣らせてくれるので、LTスタイルに最適!ぜひ片貝沖のヒラメに挑戦してみよう。

perm_media 《画像ギャラリー》LTに最適!片貝沖「漁礁ヒラメ」の本番はこれからだ!の画像をチェック! navigate_next

漁礁や根を潮流しで攻める LTヒラメ入門に最適な 秋の本命ポイントだ

推奨の道糸は1.5号 オモリは40号でOK

漁礁や根周りを潮流しで釣らせてくれる片貝沖では、オモリが軽くて、ともかく釣りが楽である。

3~4号の道糸を使うノーマルタックルでも60号。

LTスタイルならまず40号で大丈夫だと、片貝旧港「勇幸丸」の市東吉雄船長はいう。

「LTの人は、2号以下の道糸を使ってもらいますが、お勧めの号数は1.5号。これならかなり潮が速い日でも40号でなんとかなりますよ」と船長。

これで、ノーマルタックルとの同船も全く問題はないそうだ。

軽く高感度なLTスタイルで攻めれば、前アタリから本アタリまで「アタリを育てる」感覚をつかみやすく、海底の起伏や底質の変化もわかりやすいから(これで根掛かりの確率も必然的に下がる)、ヒラメ釣りの面白さを倍増してくれる。

「一度、LTスタイルを体験すると感度の高さから、もうノーマルには戻れませんよ。糸をしっかり立ててくれるこのエリアなら、さらに短く軽い=高感度なLTロッドで攻めるのもありでしょう。片手でロッドを操作できるので、感覚的には湾奥のマゴチ釣りです。これで釣ると一枚の充実感がまったく別物になりますね」とは、がまかつフィールドテスターの田中義博さん。

この稿では、そんなLTヒラメのノウハウに絞って、釣り方をまとめてみよう。

状況によるロッドの選択と実釣に臨むときの準備

「LT専用のヒラメ竿は、横流しも考慮して2~2.4mが一般的です。先調子でも長さと柔軟性があるので、食い込ませるまでのプロセスは楽です。感度もブランクが細い分だけノーマルよりは高い。それに対してLTロッドは、短い分だけ食い込ませる難易度は上がります。その代わり、さらに感度が上がりますから、ともかく面白い(笑)。横流しには向かないけれど、海況が静かなら、ライブラⅡでやりたいですね」と田中さん。

田中さんは感度の高いライブラⅡでは、根掛かりのリスクが下がることから道糸をPE1号(専用竿では1.5号)にしている。高切れのリスクはあるが、やり取り時の強度は十分なので、食い込ませる感覚をより楽しみたい人は挑戦してみてもいいだろう。

なお、道糸が太く竿も長いノーマルタックルよりは、LTスタイルは感度がいい=ヒットした時のロッドにかかる負荷が大きくなる。

だから、大型のヒラメや青物の強襲(片貝沖ではワラサもまじる)に備えて、リールのドラグは必ず調整しておこう。

細かい点だが、市販の仕掛けを使うときは、ハリスの「折れクセ」は、しっかりとってから使用したい。

親バリは、刺しやすさでは丸セイゴ、軽さではチヌバリに分がある。

イワシの負担になる孫バリの選択にも注意。

掛かりはトレブルフック(およびその派生型を含む)が一番だが、イワシに掛かる負荷は大きい。

イワシの側線や腹側に打っても負担が小さいシングルフックの孫バリも状況にあわせて、使い分けてみたい。

ちなみに片貝沖では心配はないが、ノーマルが混合で乗る場合は、必ず号数の違うオモリを持参したいともいう。

「ラインが1~1.5号のでも、最低でもノーマルと同じ号数を持参します。エリアによってはさらに重めのオモリが必要なこともあるので、必ず船長に確認してください」。

「勇幸丸」の仕掛けは、丸セイゴ17号&トレブル#8でハリス6号80cmに捨て糸50㎝の定番のバランス

実釣に備える忘れたくない準備

●ハリスの「折れクセ」は徹底的に排除して投入せよ!

市販仕掛けのハリスには「折れクセ」が付いている。

これをしっかり伸ばしてやれば、「一人オマツリ」が軽減され貴重なチャンスを逃さない。

ただし、接続具を持って引っ張ると、スイベルが歪みオマツリが多発するので注意

●LTヒラメをやるなら必ずドラグを調整しよう

ドラグテンションは、道糸を手に巻かずにつかんで強く引っ張ると「ジワ~」と滑るぐらいが調整の目安。

これで、ノーマルよりも短いロッドと細いラインで釣るLTスタイルでも、安心して大物に対処できるのだ

●オモリは標準+10~20号使用の号数は必ず船長確認

片貝沖では40号が基本なので、田中さんは他に50号とノーマルと同じ60号を持参した。

同じLTヒラメといっても地域によってオモリの基準が違うので、釣行時は、必ず船長にオモリの使用号数とその幅を確認したい。

オモリはノーマルが60号、LTは40号が目安

水色によるタナ取りのコツと誘いのポイント

「ヒラメは、高いタナほどサイズが上がるので、(捨て糸50㎝として)着底から50㎝~1mのタナを基本にしています」と田中さん。

だが、潮が濁ると、ヒラメがエサを捉え難くなるのでタナを下げることになる。

「タナは下げても、底から20㎝まですね。これより低いタナでは、前アタリも不明瞭になり送り込みのタイミングも遅れますよ」とか。

くわえて注意したいのは、アタリを待つ時にロッドを下げ過ぎないことにある。

「送り込みに即応できるように、ロッドは水平に構えましょう。ロッドを水面に向けていると、アタっても送り込む幅が取れませんよ」。

水平の位置からロッドを送り込めば、穂先や穂持ちの適度な柔軟性が活きる角度になるが、ロッドを下げたまま送り込むと、LTの短竿では、ラインとロッドが直線状になり、かえってヒラメが、エサを離しやすくなる。

誘いは竿一杯までスローにリフト、そこから誘い下げて着底&タナ取りを繰り返す。

潮が緩い日の誘い下げは、仕掛けのテンションを抜かない様にスローに行いたい。

仕掛けが弛むとイワシがあらぬ方向へ泳いで「一人オマツリ」の原因になる。

これは、最初の着底~タナ取りでも共通で、潮が緩いほど仕掛けのテンションを抜かないようにサミングで落下速度を調整したい。

LTの感度を活かした 「アタリの育て方」

前アタリに即応して、ロッドを下げて送り込み、首尾よく明瞭な本アタリがでればいいが、活性が低い日は、聞き上げと再度の送り込みを繰り返して、「アタリを育てる」作業が必要だ。

ただ、イワシを食い切れない小型を除けば、ヒラメは(ヒラメ40、コチ20の定説とは逆に)、マゴチほど食い込みに時間がかかることは少ない。

「送り込んだままアタリを待ち過ぎている人が多いですね。エサを深く咥え込むと、アタリの“トルク”が変わります。聞き上げは本アタリを引き出す作業です。自分のロッドで本アタリがどんなふうに出るかは、しっかり体得しておきたいですね」。

なお、前アタリの数やフッキングの成否は、孫バリのタイプや使い分けともリンクしてくることに注意。

トリプルフックとその派生型が、ソゲでも掛かりやすいのは間違いないが、その重さが仇になることもある。

軽いからイワシの動きが良くなり、打つ位置の自由度(トリプルフックは腹側に打つと根掛かりしやすい)の高いシングルフックの孫バリの有効性も捨てがたいことは覚えておこう。

前アタリを送り込み、聞き上げで「アタリを育てる」のはマゴチ釣りと共通。アタリの「トルク」をしっかり感じ取れるライブラⅡは、親バリで掛けにいける

【外房・片貝沖】LTヒラメ 釣行レポート

LT&ノーマルどちらでもOK!片貝名物「漁礁ヒラメ」の本番はこれからだ!

当日は、愛用のライブラⅡM180のヒラメ釣りとの相性を検証。「片手で使える軽さともの凄い感度で、マゴチ感覚でヒラメが楽しめるから最高です(笑)」とご満悦

がまかつフィールドテスターの田中義博さんも2枚のレギュラーサイズをキャッチ。LTヒラメの専用竿&さらに高感度で軽量なLTロッドでヒラメとの駆け引きを楽しんだ

取材当日の田中さんは、がま船シーファングヒラメライトM240とライブラⅡM180を使い分けた。「食わせの安定感はLTヒラメの専用竿ですが、フルマニュアルで駆け引きの面白さが楽しめるのはライブラⅡですね」とのインプレッション

「勇幸丸」の大ベテラン・浦和さんは、開始直後に3㎏のグッドサイズ。これを頭に4枚を揃える貫禄の釣果。秋本番には、水温も落ち着いて良型の確率がアップする。首都圏から一番近いヒラメ場・片貝沖の本番はこれからだ!

LTスタイルで頻繁にアタリを引き出し、6枚のヒラメにカサゴも加えて竿頭となった宝木さん。

水色が、やや濁り気味だったからブレード型の集器とアピール系のオモリが効いたのか?

「いや~、なかなか食い込まないわけだ(笑)」とソゲクラスに苦笑のベテランさん。それでも1枚取れると顔がほころぶ

当日は、ヒラメが3㎝前後のイワシの反応に付いていたので、ソゲも多かったが本来はこのサイズがアベレージ。この魚も桶の中で小イワシを吐き出した

攻めているのが漁礁だからイナダやサンパク、ワラサがヒットすることも珍しくない。LTタックルの場合は、とくにドラグの調整をお忘れなく

漁礁や粒根、平根がポイントだから、マハタやカサゴなどの根魚も頻繁に顔を出すのが片貝沖のヒラメ釣り。こんなマハタなら本命以上にうれしいかも?

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・片貝旧港「勇幸丸」

首都圏からアクセス抜群なヒラメポイント片貝沖は、9月に解禁された真沖の漁礁群を中心に、しっかり糸を立てる「潮流し」で釣らせてくれるので、もっともLTスタイルで釣りやすいポイントでもある。

「ノーマルでも60号、道糸が2号以下のLTなら40号のオモリでまず大丈夫ですよ」とは市東吉雄船長。
 
取材当日も、船上ではノーマル3人に対してLTが9人。

いまや片貝沖では、LTヒラメが主流となりつつあるのだ。

「今日はLTヒラメ専用竿に加えて、より短くて軽いライブラⅡのM180も使ってみます」と、がまかつフィールドテスターの田中義博さん。

「勇幸丸」では、横流しの場所では難しい、そんな遊び方も可能になる。

当日は、潮が流れず濁り気味の厳しいコンデションだったが、丹念な潮回りで枚数を重ね最大3㎏を含めてトップは 6枚、船中23枚。

イナダ、サンパク、カサゴやマハタもまじるまずますの釣果で沖揚がりとなった。

「今年は、夏場の水温が27度と高すぎて、エサのイワシも小さかったのでちょっと苦戦しましたけど、水温もようやく24度と下がってきたので本番はこれからでしょうね」と船長。
 
秋に向かって期待十分。

釣りが抜群に楽しくなるLTスタイルで、ぜひ片貝沖のヒラメに挑戦してみよう。

以上の記事は「つり丸」2021年10月15日号の掲載記事です。

関連記事
季節問わず楽しめるLTアジ!「忠彦丸」さんに行ってきました!今回は2点掛けも連発、楽しい釣行となりました。「忠彦丸」さんは、女性割引があるのが嬉しいです!
冬の人気ターゲット「アマダイ」が早くも東京湾口で開幕!久比里「山天丸釣船店」でも、すでに50cmオーバーの特大サイズが取り込まれている。
アオヤギエサのカットウ釣りで狙う、大原港「敷島丸」看板メニューのショウサイフグが開幕!好スタート!取材日も良型が多く、乗船者全員が本命をゲット!
アベレージ40cm!50cmオーバーも期待大!!型ぞろいで数釣りもできる大型ルビーの宝庫!北茨城・平潟沖アカムツのホットなシーズン!
最新記事
タイラバ激戦区加太や明石エリアで鍛えあげられたタイラバロッド「タイゲームSSD C610L/FSL 15thアニバーサリーリミテッド」
カマスサワラ(スズキ目サバ科カマスサワラ属)本州以南、世界中の熱帯域から温帯域表層域を回遊している。昔は駿河湾・山口県以南にいたものが北上傾向にある。
人気の深海ジギングの救世主的両軸リール登場「マーフィックス」C3-RH/C3-LH
秋の東京湾、ルアーゲームの主役は青物!イナダからワラササイズのブリサワラ、小型のカンパチまで!青物ゲームが面白い!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル