MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
浅場で良型&大型!東京湾 八景沖コマセマダイ シーズンIN!

浅場で良型&大型!東京湾 八景沖コマセマダイ シーズンIN!

東京湾・八景沖のコマセマダイがシーズンイン!浅場で良型や大型がヒットする!ゲストには美味アジもまじる!ぜひチャレンジしてみよう!!

perm_media 《画像ギャラリー》浅場で良型&大型!東京湾 八景沖コマセマダイ シーズンIN!の画像をチェック! navigate_next

八景沖がシーズンイン! 浅場で大型ヒットもある! 美味しいアジも多数まじる

近場の八景沖は 9~11月がシーズン

数年前から秋になると、東京湾の八景沖でマダイが狙って釣れるようになっている。

そして今年も、いよいよ八景沖のマダイシーズンがやってきた。

「八景沖でマダイが狙えるのは、だいたい9~11月ぐらいですね。11月も後半にさしかかかると、釣れるタイの数が少なくなってくるので、久里浜沖を狙うようになります」と話すのは、今回取材した金沢漁港「黒一丸」の黒川悠輔・若船長。
 
取材当日は航程数分の八景沖水深10m台~20m台を狙った。

マダイは0.5㎏と1.5㎏の2枚がとりこまれたほか、大中型のアジ、サバが多数まじった。
 
例年、八景沖では4~5㎏クラスの大型もまじるので、今後が楽しみ。

10月初旬頃はますます面白くなっていると思われるので、ぜひチャレンジしてみよう。

八景沖のマダイを狙うタックルについて

「黒一丸」で使用するビシは50号と80号。

そのため、竿はオモリ50~80号に対応したコマセマダイ用のほか、ライト用ロッドやゲームロッドも流用可能だ。

長さはコマセマダイ用なら2.4~3m、ライト用やゲームロッドなら2~2.4mでOK。
 
リールは小型電動、または手巻きの中小型両軸。

この時期は水深が浅い場所を主に狙うので、手巻きリールでも問題はない。
 
道糸はPE3号前後。

ライト用ロッドに小型両軸を組み合わせる場合はPE2号前後でもOKだ。

ビシは50号と80号 ハリス長は6~8m

釣り場の水深が浅かったので、FLサイズのプラビシ50号を使用。深い場所では80号を使用する

前述しているように「黒一丸」で使用するビシは50号と80号。

釣り場の水深によって使い分けている。

取材当日は八景沖の水深10m台~20m台を狙ったので、50号のビシを使用した。
 
50号のビシを持っていない人は、船宿の貸しビシを使うといいだろう。

貸しビシは「サニービシ」のFLサイズ50号だ。

持参する人はFLサイズのプラビシを用意するといいだろう。
 
ビシの調整は、下の隙間は全閉。

上の穴は半分以上開けて、あとはコマセの出具合で微調整していく。
 
ビシを片テンビンに装着し、一方を道糸につなぎ、もう一方をクッションゴムを介してハリスをつなぐ。
 
ハリスの太さはは3~4号。長さは6~8mを黒川船長はススメている。

「黒一丸」では海面からの水深表示でタナを指示するので、ハリスの長さは船長がススメる長さにすること。
 
ハリはマダイバリの8~10号。

大型マダイのほか、イナダ&ワラサが掛かることもあるので、軸がしっかりしたハリを使おう。
 
付けエサはオキアミ。コマセのなかから形がよく、しっかりしたものを選んで使う。

付け方は下のイラストで示した1匹掛けが基本。

ハリの軸に対してまっすぐになるように付ける。

付けエサのオキアミは1匹付けが基本

釣り方の基本をマスターしよう!

コマセマダイの仕掛けは、ほかの釣り物の仕掛けに比べると長い。

「黒一丸」でススメているハリスの長さは6~8mだ。

ビギナーは、この長いハリスを絡むことなく投入できるようにしよう。

投入法は上のイラストのとおり。手順を覚えれば特別に難しいことはないので必ず覚えよう。
 
基本的なタナの取り方を示したのが、下のイラストだ。

「黒一丸」では海面からの水深表示でタナが指示される。

この場合のタナ取りでの注意点は三つ。
 
一つはビシを海底まで落とさないこと。

ビシを海底まで落とすとエサ取りを浮上させたり、マダイを驚かせてしまうので注意しよう。
 
二つ目はハリスの長さ。

これも前述しているが、船長がススメる長さにすること。

指示ダナは反応の位置とハリスの長さによって決められる。

そのためハリスが推奨された長さでないと、マダイの泳層とはかけ離れた位置を付けエサが漂ってしまうのだ。
 
三つ目は、ビシの位置は道糸の目印で確認すること。

リールのカウンターは誤差があるので注意しよう。

タナの取り方は、指示ダナよりもハリスの長さの2/3~ハリスの長さ分下までビシを落とし、その位置からコマセをまきながら指示ダナまでビシを巻き上げる。

タナ取り後は、一定のペースで仕掛けを入れ替えること。

竿頭の釣り方を紹介

取材当日はがまかつテスター・田中義博さんの弟さんである正志さんが、見事に0.5㎏と1.5㎏の2枚のマダイを釣り上げた。
 
その時の釣り方を示したのが上のイラストだ。

田中さんは最初に8mのテーパーハリスでスタート。

落とし込みの誘いでサメを2連発させた。
 
このサメヒットにより、仕掛けと釣り方が合っていないと判断。

今度は長さ10mのストレートハリスに変更。

そして付けエサの動きを重視して、ハリから30㎝ぐらい上に3Bのガン玉を装着した。
 
ハリスが長いので、タナは指示ダナよりも1m上に設定(「黒一丸」では指示ダナよりも上にタナを設定するのはOK)。

さらに落とし込みの誘いをする際は、タナよりもさらに1m上から落とし込んでいく。

ちょうどタナ付近(この場合は船長の指示ダナより1m上)まで落とし込んだところで、2枚のマダイがアタったという。

【東京湾・八景沖】コマセマダイ 釣行レポート

近場の八景沖がシーズンイン!

浅場で良型や大型がヒットする! ゲストには美味アジもまじる

当日は八景沖の水深10m台〜20m台を狙った

田中さんにヒット! 力強い引きはマダイだ

マダイが浮上! タモのアシストは黒川悠輔・若船長

がまかつテスター・田中義博さんの弟さんである田中正志さんは当日最大となる1.5kgのマダイを手にした!

小型ながら2枚目のマダイを手にした田中さん

ゲストのアジは30〜35㎝の良型が多かった

当日は多数のアジがまじった。サバも美味しいゲスト

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢漁港「黒一丸」

東京湾の金沢八景沖では、数年前から秋になるとマダイが狙って釣れるようになった。

9月に入ると、今年も八景沖のシーズンが開幕した。

「八景沖でマダイが狙えるのは、だいたい9~11月ぐらいですね。11月も後半にさしかかかると、釣れるタイの数が少なくなってくるので、久里浜沖を狙うようになります」と話すのは、今回取材した金沢漁港「黒一丸」の黒川悠輔・若船長。
 
取材当日は航程数分の八景沖水深10m台~20m台を狙った。

開始から大中型のアジ、サバが頻繁にアタるが、本命のマダイはなかなかヒットしない。

そんななか沈黙を破ったのは、がまかつテスター・田中義博さんの弟さんである田中正志さん。

落とし込みの誘いで1.5㎏と0.5㎏の2枚のマダイを見事に釣り上げたのだった。
 
例年、八景沖では4~5㎏クラスの大型も取り込まれる。

10月にはますます面白くなっていると思われるので、ぜひチャレンジしてみよう!!

以上の記事は「つり丸」2021年10月15日号の掲載記事です。

関連記事
季節問わず楽しめるLTアジ!「忠彦丸」さんに行ってきました!今回は2点掛けも連発、楽しい釣行となりました。「忠彦丸」さんは、女性割引があるのが嬉しいです!
冬の人気ターゲット「アマダイ」が早くも東京湾口で開幕!久比里「山天丸釣船店」でも、すでに50cmオーバーの特大サイズが取り込まれている。
アオヤギエサのカットウ釣りで狙う、大原港「敷島丸」看板メニューのショウサイフグが開幕!好スタート!取材日も良型が多く、乗船者全員が本命をゲット!
アベレージ40cm!50cmオーバーも期待大!!型ぞろいで数釣りもできる大型ルビーの宝庫!北茨城・平潟沖アカムツのホットなシーズン!
最新記事
タイラバ激戦区加太や明石エリアで鍛えあげられたタイラバロッド「タイゲームSSD C610L/FSL 15thアニバーサリーリミテッド」
カマスサワラ(スズキ目サバ科カマスサワラ属)本州以南、世界中の熱帯域から温帯域表層域を回遊している。昔は駿河湾・山口県以南にいたものが北上傾向にある。
人気の深海ジギングの救世主的両軸リール登場「マーフィックス」C3-RH/C3-LH
秋の東京湾、ルアーゲームの主役は青物!イナダからワラササイズのブリサワラ、小型のカンパチまで!青物ゲームが面白い!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル