MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
冷凍イワシで大型ヒラメがバクバク釣れる!福島・小名浜沖

冷凍イワシで大型ヒラメがバクバク釣れる!福島・小名浜沖

福島・小名浜沖周辺では、冷凍イワシエサでヒラメ釣りが行われている。60㎝、70㎝が当たり前。80㎝、90㎝の大ビラメが普通に釣れる!ご当地釣法をこれから紹介!

perm_media 《画像ギャラリー》冷凍イワシで大型ヒラメがバクバク釣れる!福島・小名浜沖の画像をチェック! navigate_next

大型ヒラメをなんと 冷凍イワシで釣るご当地釣法とは? 生きエサよりバイトが多いこともザラ

昔から行われている 冷凍イワシエサのヒラメ釣り

福島県小名浜沖周辺では、昔から冷凍イワシエサでヒラメ釣りが行われている。

関東や東海、北陸、仙台湾などでヒラメ釣りを楽しんでいる人たちが、デッドベイトで釣るとなると、
「ライブベイトにはとうてい敵わず、デッドベイトではなかなか釣れないだろうね」という意見が当然聞こえてくる。

それもそのハズ、生きたイワシやアジを使うのが基本で、エサが足りなかったりするとデッドベイトを使うことがあることぐらいだからだ。

極端なことといえば、ヒラメ釣りをするなら、是が非でも生き魚を手に入れてから釣りをするということになるだろう。

実際、現場でサビキでライブベイトを確保したり、落とし込みサビキ釣りをしたりと。

もしくは、ルアーだろうか。とは、私もそう思っていた一人だ。

「小名浜沖では昔から冷凍イワシを使ってヒラメ釣りが行われていますよ。

最近では、遊漁船やプレジャーボートの人たちがやっているようなイメージが強いようだけど、実は地元漁師の漁法なんだよね。

網で獲ったヒラメより釣ったヒラメのほうが生かしておけるし、高く売れる。

だから、この釣り方は突き詰めるとかなり奥が深い釣りなんですよ。

腕の差もかなり出ますよ」とは、小名浜港「第8龍神丸」の佐藤忠年船長の話。

福島県内のヒラメは回遊魚。夏から秋にかけて天然の岩礁や人工魚礁にヒラメが大挙してくるという。

最大の特徴はヒラメのサイズ。

震災後にとくに顕著となっていたのが、60㎝、70㎝が当たり前。80㎝、90㎝の大ビラメが普通に釣れるという。

相馬や富岡の遊漁船では、50㎝以下のヒラメはリリースという決まりを設けているほどだ。

冷凍イワシで釣れる=ヒラメの数が多いというのが、大きな要因であることは間違いないのだが、それだけではなさそうなので、詳しいご当地釣法をこれから紹介しよう。

エサは解凍したマイワシ ライブベイトはマアジやサバ

解凍イワシは鮮度を保つためにバケツに氷を入れている

船宿が用意してくれるエサは冷凍のマイワシだ。

だが、ライブベイトも用意してくれることもある。

どんなときかというと、港のなかで小アジや小サバが釣れるとき。出船後に確実にベイトが釣れるときはそれをサビキなどで釣っていくこともある。

もしくは、船長が網ですくうことも。

その状況がないときは、地元の人たちが防波堤で沖釣りのエサ用として釣った小アジや小サバを譲りうけて生きエサとする。当日は、小アジがあった。

ちなみにその日は右舷組がライブベイトの小アジ、左舷組がデッドベイトの冷凍イワシを使っていたが、圧倒的に冷凍イワシのほうが釣れていた。

「生きエサがある場合、冷凍エサよりよくアタることもあれば、逆のときもあります。その日になってみなくちゃ分かりません。だから、生きエサも用意するんですけど。でも、基本的には冷凍イワシのほうが大ビラメは食いがいいような気がしますよ。エサの身がやわらかいことがいいのかもしれませんね」とのこと。

オモリは80号。仕掛けはハリス 8号以上。親孫2本バリで

ご当地仕掛けは、胴付き2本バリ仕掛けが使われている。

下の仕掛けは生きイワシエサの通常もの。

その上のリーダーからもう1本枝スを出して、2段構えで狙う。

注意しなくてはいけないのがハリスの太さ。

細すぎては大ビラメに一瞬で切られてしまう。最低でも8号はほしい。地元ではフロロカーボン8~10号が標準ハリスだ。 

10号以上のリーダーから出す枝スは下のハリスから1~1.5mぐらい。上ハリスの長さは50㎝前後と短めでよい。これは絡み防止のためだ。潮が速かったり船が速く動いているときはもう少し長くてもオーケー。

下のハリスは標準で90㎝前後でよいだろう。

捨て糸は50㎝前後。もしくは0㎝でもよい。

ハリは親孫ともにチヌ8号が基本。

地元では孫バリはシングルが推奨されている。

市販の仕掛けなどを流用するときは、孫バリにトレブルを使ってもよい。

デッドベイトにアタリがあってもなかなかフッキングまでいたらないときは、親孫バリの間にもう1本ハリを入れてもいい。

だがこれは、オマツリするとなかなか外れにくくなるので可能なら使わないで親孫の2本バリで臨もう。

船で仕掛けを引っ張ることも多いのでオモリは80号。孫バリは背掛けにする

ハリのエサ付けが重要 孫は尾びれ寄りで背掛けに

て、エサ付けについてだが、冷凍イワシなどのデッドベイトは、解凍されると身がやわらかくなる。

だから、腹側に孫バリを刺すと外れやすいことから背掛けが基本だ。

背にハリを刺すことで根掛かり防止にもなる。

親バリはイワシが生きてないので下アゴから上アゴにかけてしっかりと刺し抜こう。

タックルはマダイ竿などの 胴調子がオススメ

タックルはコマセマダイ用などの胴調子のものがオススメだ。

地元釣り師は3m前後のマダイ竿が好まれ使われている。

リールは水深20~40mのボトム攻めとなるので電動リールの使用がベター。

道糸はPE3~4号を使おう。

茨城方面ではPE2号が標準となっているが、ここでは少し細いという。

つまり、コマセマダイタックルがあればそのまま流用でオーケー。

竿は胴調子といえども少し硬めでよい。

船はピンポイント潮流し 流れないときは引っ張る

名浜沖のヒラメ釣りは基本的にピンポイントの潮流し釣りだ。横流し釣りは行わない。

「魚礁や根にいるヒラメは着くところが決まっているのでピンポイントに当てていきます。潮が流れていることが前提ですが、流れていないときは前か後ろにエンジンで引っ張ります」と船長は言う。

オモリを底スレスレにトレースするのがカギ

さて、釣り方だが、基本的にはエサのイワシを海底に着けて引きずることはNG。

潮の流れ、もしくは船の引っ張りでイワシが横になってユラユラと泳いでいる状況をつくことが大切という。

「大ビラメ狙いだから、オモリを底から高く上げて待つ、という考えの人も多いとおもいますが、ここではそれはNGです。オモリは底に当たらないようにスレスレになるようにしてください。ヒラメのタナはけして高くはありません。オモリを底に着けて待つとたわみができてエサのイワシは底に着いてしまいます。こうなったらヒラメは食いませんよ。だから、できるだけ底にはオモリが着かないように手持ち竿で底をトレースしていてください」と船長。

オモリは底に着いてもたまにトンと着く程度だという。とはいっても、ポイントは起伏ある魚礁や岩礁帯。

慣れない人はオニカサゴのタナ取りのように底からオモリを50㎝上げるつもりでやるとよい。

もしくは、捨て糸なしか短くして、オモリを底から1m上げるようにする。

早アワセは禁物 基本は向こうアワセ

アタリは生きイワシのように前アタリである暴れはない。

アタリはかなり明確に出るが、けして、早アワセは禁物。

アタリが出てから送り込みは必要ないが、手持ち竿にして静かに待とう。

船は動いているので静かに待っていても道糸にテンションがかかる。

そして、違和感を感じたヒラメは抵抗し必至になって逃げる。

これが大きなアタリとして出るので十分に引き込まれた時点で大きく竿を上げてアワセを入れよう。

そのあとはポンピングせずに竿の弾力を生かしながら、リールを巻き上げよう。

大ビラメであると竿の根本から曲げるようなトルクと重量感がある。

それにたえゆっくりと巻き上げてこよう。

魚が海面に浮いたらヒラメの頭をタモのなかへ誘導。

しっかりと尻尾まで収まったところで竿を戻しテンションを抜こう。

この動作を誤るとヒラメはバックをしてタモ入れ直前でバレることもあるので注意しよう。

【福島・小名浜沖】ヒラメ 釣行レポート

特大ヒラメはやわらかいイワシがお好き!? 冷凍イワシエサのヒラメ釣り

タックルはこのようにコマセマダイ用がベストマッチする。多少コシがあるものがオススメ。あまりにもやわらかすぎる竿は大ビラメのリフトアップができない

6㎏オーバー特大キャッチ!!

常連さんは朝イチにこんな大ビラメを連続キャッチ

突進する大ビラメには竿の弾力で対応!!

常連さんの竿はロングのマダイ竿が主流。デッドベイトにはコマセマダイ竿が最適という

澄んだ海中から大ビラメがゆっくりと浮く。タモ入れが難しい。が、それは現役漁師の仲乗りさん高木篤さんにおまかせ

タモに収まるまで油断大敵!!

タモ入れ寸前でバックで泳ぐ大ビラメ。

タモに収まってひと安心

デッドベイトのヒラメ釣りを初体験した関口さん。かなり楽しめたという

久しぶりにヒラメを釣りましたよ。あー楽しい!

野村さんは5㎏に続き5.5㎏をキャッチ

常連さんが手にした6㎏オーバー。こんなやつばかりを釣っていた

途中経過。大きな桶に入りきらない大ビラメをこれから締める

このサイズなら2枚も釣れば十分

今回、取材にご協力いただいたのは、福島・小名浜港「第八龍神丸」

東北エリアでは近年、ヒラメが増え続けている。

なかでも福島県海域は顕著だ。

その分、漁の水揚げも増え遊漁では依然、あたり前だった爆釣が少なくなっているのも事実。

とはいうものの、ヒラメのサイズは他の海域と比較してもズバ抜けている。

福島県の南部にあたる小名浜沖では、夏から秋にかけて、魚礁と岩礁にヒラメが集結。

そのヒラメたちは大型ばかりなのだ。
 
しかも、生きイワシエサの流通がないこのエリアでは、冷凍マイワシをエサにして昔からヒラメ釣りが行われてきた。

その実態はというと…。 なんと、その冷凍イワシに大ビラメがバクバク釣れる、というのが実際だった。

普段、生きイワシエサで釣り慣れている釣り人にはにわかに信じがたいことだが、生きエサよ りもデッドベイトが釣れることが多いという。

「小名浜周辺のヒラメポ イントでは遊漁船のみならず、漁師、プレジャーボートと多くの釣り人がヒラメを釣ってます。有名ポ イントはすぐに釣り枯れてしまうこともあります。ですが、ヒラメは回遊魚。群れが根や魚礁に回遊してきたタイミングでよく釣れます。しかし、水温が下がるとヒラメたちはその釣れ盛った場所には全くいなくなって深場へ移動します。だからシーズンは関東の海域と異なって短いんですよ。早めの釣行をオススメします」とは、小名浜港「第8龍神丸」の佐藤忠年船長は話す。
 
冷凍イワシエサで大ビラメが本当に釣れるの?と思っている人にとくにやってほしい釣りものだ。

以上の記事は「つり丸」2021年10月15日号の掲載記事です。

関連記事
季節問わず楽しめるLTアジ!「忠彦丸」さんに行ってきました!今回は2点掛けも連発、楽しい釣行となりました。「忠彦丸」さんは、女性割引があるのが嬉しいです!
冬の人気ターゲット「アマダイ」が早くも東京湾口で開幕!久比里「山天丸釣船店」でも、すでに50cmオーバーの特大サイズが取り込まれている。
アオヤギエサのカットウ釣りで狙う、大原港「敷島丸」看板メニューのショウサイフグが開幕!好スタート!取材日も良型が多く、乗船者全員が本命をゲット!
アベレージ40cm!50cmオーバーも期待大!!型ぞろいで数釣りもできる大型ルビーの宝庫!北茨城・平潟沖アカムツのホットなシーズン!
最新記事
タイラバ激戦区加太や明石エリアで鍛えあげられたタイラバロッド「タイゲームSSD C610L/FSL 15thアニバーサリーリミテッド」
カマスサワラ(スズキ目サバ科カマスサワラ属)本州以南、世界中の熱帯域から温帯域表層域を回遊している。昔は駿河湾・山口県以南にいたものが北上傾向にある。
人気の深海ジギングの救世主的両軸リール登場「マーフィックス」C3-RH/C3-LH
秋の東京湾、ルアーゲームの主役は青物!イナダからワラササイズのブリサワラ、小型のカンパチまで!青物ゲームが面白い!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル