MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
アタリ活発でゲスト多彩!茨城・日立沖 テンヤマダイ

アタリ活発でゲスト多彩!茨城・日立沖 テンヤマダイ

活性のスイッチが入り、グングン釣果を上げている日立沖のテンヤマダイ!数釣りを楽しみながら大型を引き当てる!入れ替え重視でテンポよく探って釣ろう!!

perm_media 《画像ギャラリー》アタリ活発でゲスト多彩!茨城・日立沖 テンヤマダイの画像をチェック! navigate_next

数釣りの中から大型を引き当てる! マメな入れ替えとエサ取り対策の上からの釣りでヒットを増やそう!!

アタリ活発でゲストも 多彩!入門にも最適!

活性のスイッチが入り、グングン釣果を上げている日立沖のテンヤマダイは、これから年末年始にかけてベストシーズンを迎える。

「まだ大ダイがバンバン上がるって感じではないですが、秋特有の数釣りが楽しめるようになりました。例年10月の後半くらいから3㎏オーバーの大ダイがまじるようになり、5㎏以上の特大サイズもドカン!と一発、顔を出す時期なので期待感でいっぱいです」とは、この釣りに魅了され、自らも楽しんでいるという日立久慈港「大貫丸」の若船長、大貫翔平さん。

現在のポイントは、水深25m前後の浅場がメイン。

岩礁をメインに大小の根が連なるような場所を横流しのスタイルで攻めているという。

現状のサイズは、小型の600g前後から食べ頃の1㎏クラスまでが中心だが、とにかくアタリが多く、美味しいゲストまじりでクーラーの中は連日、賑やかな状態になっているとのこと。

「水深が浅くて釣りやすいので、ビギナーはもちろん、入門者でも楽しめます。この釣りはビギナーズラックがあるので、どんどん挑戦して大ダイを釣ってほしいですね」。

ちなみに中級レベル以上のお客さんは、この数釣りの中から大物を引き出すイメージで、手返し良く釣っているとのこと。

ではさっそく、その攻略法に入ろう。

テンヤ、巻きモノ系とも 専用タックルで挑もう!

テンヤマダイタックルは、この釣りの登場以来、進化を止めることがなく、上級モデルになればなるほど性能が良くなっている。

「各メーカーの最新竿は、穂先部に超弾性チタン合金素材が使われていたり、ガイドやリールシート部に軽量、高感度カーボン素材が使われるなど徹底した軽量設計が施されていて、驚異的な軽さと感度を実現していますからね。圧倒的にアタリ取りが楽ですよ」と船長。

専用リールは優れたドラグ性能を搭載しているので、やり取りを有利にしてくれるし、何より軽量で巻き心地も滑らか。スムーズに寄せられるので魚を獲りやすいメリットがある。

「上位モデルを使えば、釣りに不慣れなビギナーや入門者でも実力以上の魚が獲れるので、中級クラス以上のタックルをお勧めしています」とのこと。

具体的な竿の長さは2.4m前後。リールは中型の2500番クラスを選ぼう。

道糸は、PE0.8号。

それに2.5~3号のフロロカーボン制のリーダーを5mほどFGノットなどの摩擦系の結びで直結すること。

最近のテンヤマダイは、ジグやタイラバといった巻き物系で攻める釣り人も多く、実際、それで釣果も伸びている。

「うちも時代に合わせて、巻きモノ系OKで出船しています」と船長。

こちらも中級モデル以上の専用タックルで挑みたい。

タックルは、テンヤ専用竿にPE0.8号を巻いた中型のスピニングリールが基本

テンヤは3~12号。日立沖の鉄板カラーは金赤、ゴールド、グローとのこと。

ちなみに「大貫丸」のテンヤマダイ船は、ジグやタイラバを使って楽しんでも良い

使用テンヤは3~12号 ビギナーには遊動を推奨

エサは冷凍エビ。この付け方が一般的。

テンヤ釣りに熱い情熱を燃やし、自らもこの釣りが大好きという船長だけに、ここからは中途半端にならないようテンヤの釣り方を中心に話を進めたい。

秋のポイントは、水深30mまでの浅場を攻めることが多い。

ゆえにテンヤは軽目の3~8号までをメインに使うことになるが、潮が速いときや風が強い場合があるので(道糸が流される)、重めの12号までは用意しておこう。

「まずは確実に底が取れる号数(重さ)のテンヤを使用してください」と船長。

その理由は、最初の投入時や入れ替え時のフォール(落とし込み)及び、その着底直後にヒットするケースが多々あり、魚と出会う最短ルートになるからだ。

「ビギナーや不安な人は、何号くらいを使えばいいかを聞いてください。当日攻める水深や潮の速度、風などを考慮した号数お伝えしますので、しっかり底を取ってチャンスを広げてください」とのこと。

最近はタックルの進化同様、テンヤも改良が盛んに行われ、実にさまざまな形状や特性を持つタイプが発売されている。

「いまやポピュラーとなったタングステン素材のテンヤが以前はブームとなりましたが、いまは遊動テンヤです」と船長。

遊動タイプは、下のイラストで紹介しているように、ハリとオモリが離れる仕組みになっている。

テンヤを支点に、より自然にフォールさせることができて、何よりエサの吸い込みやすさが抜群で食いも上々との理由で、「大貫丸」ではビギナーに推奨しているそうだ。

エサは冷凍エビがワンパック配られる。

基本は一匹掛け。
付け方はいろいろあるが、上のイラストの右側にある方法をオススメしたい。

胴部と頭を固定するように刺すので、頭が取れにくく長く誘えるのが特徴だ。

ちなみにエビが小さい場合は、イラスト左側にある2匹掛けにして挑もう。

底付近を探るのが基本も 少し上のタナもチェック

秋のマダイは底付近にいることが多く、落ちてくるエサを虎視耽々と待ち構えている。

最初のテンヤのフォールや着底前後にヒットすることが多いのは、そんな理由からで、着底後も底付近から探っていくのがセオリーとなる。

「ポイントに着いたら水深を必ずアナウンスします。テンヤを投入したら、道糸に付いているマーカーで水深を確認して、底から5~6m上の位置にきたら全集中で竿先に出るアタリや道糸の動きをチェックしてください。そして、違和感を捉えたら即アワセで掛けてください」と船長。

なおこのときのドラグ設定は経験上、1㎏がベストだという。

最初の着底でアタリが無ければ、誘いに入ろう。

誘いの基本は、上のイラストで紹介している通りのリフト&フォールで良いが、誘い上げたときやフォールさせた際、必ず3~5秒程度の〝止め〟を入れてアタリを聞くことが重要だ。

「じっくり見せて、食わせのタイミングを与えるんです」。

底付近でアタリが無ければ、50㎝から1mの間隔で5~6m上まで誘い入れながら探ること。

浮いた魚もいるので要チェックなのだ。

道糸に角度がついたら 入れ替えて手返し良く釣る

コンスタントにマダイを掛けている人は、アタリが明確に出る理想的な竿と道糸の角度を考えて釣っている。

そのやり方を教えておこう。

「アタリが明確に出る角度とは、垂直(90度)で、それに近付くほどアタリが取りやすくなります」と船長。

毎回、真下に落として定位させることができれば垂直が保てるが、船は風で流されるし、潮も流れていて必ず道糸には角度が付いてしまう…。

ゆえにそれを見越して道糸の角度が付く反対側にテンヤを軽くキャスト。

道糸が垂直に近づいてくるように誘いを入れながら探り、垂直付近に長く留まる時間を増やしてやるのだ。

竿と道糸の角度が付き過ぎると(垂直を基準に全方向に45度以上になったら)アタリが取りにくくなるので、即回収。

同様に入れ替えを行い、再度90度近くに戻して探る。これを手返し良く繰り返すうちにアタリがやってくるというワケだ。

「テンヤ釣りは、この入れ替え時のお落とし込みと着底直後にヒットチャンスが多いですからね。マメに入れ替えを行ってヒット率を上げてください」とのことだ。

エサ取りが多い場合は上から探ることも必要

この時期はアタリが多く楽しめるが、それは本命のマダイだけの話ではないと船長はいう。

「美味しいゲストのアタリが多いのもお嬉しいですね。ただし、海底付近には厄介なエサ取りがワンサカいて、そのアタリも多いんです。しかも近年は温暖化の影響からか、冬まで水温が下がらないので、これからもこの悩みは続いていきます」。

そこで対処法だ。「毎回、エサ取りの餌食になるような展開のときは、海底までテンヤを落とさず、5~6m上の位置から徐々に落とし込んで探ることを試してください」という。

やり方は、上記のイラストの通り。

ここでも重要となるのは、誘い上げと落とし込みの際に、食わせの間を必ず3~5秒程度入れてアタリを聞くこと。

ヒット後の流れは、以下の通りだ。

固定式のテンヤは、違和感を捉えたら即アワセが基本も、遊動式テンヤの場合は、アタリを感じた後、一呼吸置いてアワセを入れるのがセオリーとなるので注意すること。

この時期ポイントは水深が浅いので、魚が掛かると横っ走りをする。

ヒットさせたら根掛かり回避のためと、走り終わった際のテンション抜け(ハリ外れ)に備えて、ドラグで道糸が出ているときもリールを巻き続けてファイトすること。

以上を参考に、数釣りを楽しみながら大型を狙おう!!

【茨城・日立沖】テンヤマダイ 釣行レポート

入門にも最適な秋の絶好シーズン到来!

数釣りを楽しみながら大型を引き当てる。入れ替え重視でテンポよく探って釣ろう!!

小型は抜き上げて、手返し良く攻めていこう!

1㎏前後(写真左)を釣りながら大ダイを狙うのが秋のパターンだ

日立沖のテンヤマダイが、秋の絶好シーズン

今期はマダイの数が多いと船長。数を釣るなら今だ!

この500~700gのマダイがレギュラーサイズだ

1kgクラスの良型が揃うポイントもあった

取材日は時化後の濁りで潮で大型が出なかったが、翌々日は潮も澄み2.5㎏の大型が顔を出した。「大型も間違いなくいます。期待して遊びに来て下さい」と船長

取材日は1.4㎏までが最大も、翌日には2.5㎏が浮上。これから数、型共に良くなっていくので要注目だ

取材日は2隻出しで、こちらの釣果は「第3大貫丸」で上がった1㎏チョイのマダイ。朝の時合に釣ったとのことだ

この日はダイワの北本茂照プロも乗船。数釣りを存分に満喫した

「軽いテンヤを使ってゆっくりフォールさせて数を伸ばした」とのこと

アタリは活発! ベテランはもちろん ビギナーでも楽しめる!!

活性を上げてきているこの時期は、アタリを明確に出してくれるのでビギナーでも楽しめます」と船長。テンヤ3回目の小4の釣りガールも「掛けるコツをつかみました」とニッコリ

お父さんと同時ヒット。サイズは仲良く同等でした

「数が釣れると上手になった気になりますね」

尾頭付きの塩焼には贅沢なサイズだ

「遊動テンヤの方が、アタリが多かったですよ」

「水深が浅いので小型でも引き味、抜群です」と常連さん

最近のマダイの釣果はトップ平均10枚をキープ。数釣りモード全開だ

イセエビ・トラフグ・ホウボウ・イナダ
マハタ・ヒラメ・ハナダイ・カンパチ

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城県・日立久慈港「大貫丸」

日立沖のテンヤマダイが、秋の絶好シーズンを迎えている。 

「大ダイがバンバン上がるって感じではないですが、秋特有の数釣りが美味しいゲストまじりで楽しめて、クーラ ーの中は賑やかになっています」とは、この釣りに魅了され自らもファンという日立久慈港「大貫丸」の若船長、大貫翔平さん。
 
釣れるマダイのサイズは600g前後の小型が中心も、その中に1㎏クラスの良型がポツポツまじり、たまに3㎏オーバーの大型がドカン! とヒットしてくるので侮らないようにという。

ちなみに攻めるポイントは、水深25m前後の浅場がメインで、岩礁と大小の根が連なるような場所を流している。

釣り方はセオリー通り、海底付近をソフトなリフト&フォールで誘うが、この時期は水温がまだ温かく、海底付近にはエサ取りがワンサカいる。

「毎回、エサ取りの餌食になるようなら海底まで落とさず5~6m上の位置から徐々に落とし込んで探ることも試してください」と船長。

道糸に角度がつくと(垂直を基準に全方向45度以上になると)釣りにくいし、アタリも取りにくくなるので、マメに入れ替えを行うことも忘れずにとのこと。

ゲストを含めてアタリが多い、この時期のテンヤマダイ。水深も浅く釣りやすいので入門にも最適。

ぜひチャレンジして数釣りを満喫しよう!!

以上の記事は「つり丸」2021年10月15日号の掲載記事です。

関連記事
季節問わず楽しめるLTアジ!「忠彦丸」さんに行ってきました!今回は2点掛けも連発、楽しい釣行となりました。「忠彦丸」さんは、女性割引があるのが嬉しいです!
冬の人気ターゲット「アマダイ」が早くも東京湾口で開幕!久比里「山天丸釣船店」でも、すでに50cmオーバーの特大サイズが取り込まれている。
アオヤギエサのカットウ釣りで狙う、大原港「敷島丸」看板メニューのショウサイフグが開幕!好スタート!取材日も良型が多く、乗船者全員が本命をゲット!
アベレージ40cm!50cmオーバーも期待大!!型ぞろいで数釣りもできる大型ルビーの宝庫!北茨城・平潟沖アカムツのホットなシーズン!
最新記事
タイラバ激戦区加太や明石エリアで鍛えあげられたタイラバロッド「タイゲームSSD C610L/FSL 15thアニバーサリーリミテッド」
カマスサワラ(スズキ目サバ科カマスサワラ属)本州以南、世界中の熱帯域から温帯域表層域を回遊している。昔は駿河湾・山口県以南にいたものが北上傾向にある。
人気の深海ジギングの救世主的両軸リール登場「マーフィックス」C3-RH/C3-LH
秋の東京湾、ルアーゲームの主役は青物!イナダからワラササイズのブリサワラ、小型のカンパチまで!青物ゲームが面白い!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル