MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
【東京湾】秋のサワラゲーム!「マッハ・ラン」を体感せよ!

【東京湾】秋のサワラゲーム!「マッハ・ラン」を体感せよ!

東京湾 秋のサワラ祭りが開幕!ドラグが唸りをあげるほどの「マッハ・ラン」を繰り返す1m超のファイトが東京湾で手軽に楽しめる!ぜひ体験してみよう!

perm_media 《画像ギャラリー》【東京湾】秋のサワラゲーム!「マッハ・ラン」を体感せよ!の画像をチェック! navigate_next

【東京湾】サワラゲーム 釣行レポート

秋のサワラ祭りが開幕! 繊細にして豪快な好敵手の「マッハ・ラン」を体感せよ‼

最大で5㎏超もヒットするゲームだが、強すぎるタックルでは口切れが多発しルアーの動きも悪くなる。7ft台でML~M級のボートシーバスロッドに、ハイギアの4000番台のスピニングリールを組み合わせ、PEライン1.2~1.5号+フロロリーダー5~6号1.5mがこのゲームの基本となるタックルバランスになる

上のような9cm前後のヘビーシンキングミノーを軸に、下のような各種のジャークベイトやブレードジグをローテするのが最近のトレンド。サワラが追っているイワシのサイズでもルアーを使い分けたい

船まで寄せて来ても油断は禁物 最後は船底に突っ込むぞ!

ドラグを唸らせる数回の疾走を凌いでも気が抜けないのがサワラゲーム。船まで寄せても、最後は必ず船底に向かって突っ込む。写真のようにロッドを海中に突っ込んでラインブレイクを凌ぎたい

「小峯丸」は、キャスティングゲームの面白さにこだわるから片舷限定出船。どの釣座からもオーバーヘッドキャストが可能なのだ

水面に浮かせても、しぶとく疾走を繰り返すのがサワラの特徴。なお、ロッドを左右に倒して走りを止める「サイドプレッシャー」は、リーダーが歯に触れてブレイクに繋がるので厳禁だ

サワラと並んでイナダもよくヒットする。当日は鳥山にぶつかり小気味のいい引きでサワラゲームの肩慣らしを済ませた

終日見事なロッドワークで攻めていた松本さんは、ブローウィン130Sのジャーキングで見事にサイズアップ。ルアーローテが大成功した一幕だった

シーズン中にはヘビーリピートで通い詰める川合さんは、この日は、なぜか苦戦。終了30分前に本命をキャッチして「船長に大感謝です!」

高度な動体視力を持つサワラは、ルアーのサイズやカラーを見切る。これはサゴシチューン75㎜に変えての一発だった

東京湾のサワラゲームは1匹1匹にドラマがある

たびたびのルアーロスト(キャスト切れ&リーダーバイト)にへこんでいた山口さんだったが、ショートジャーク&ストップのパターンをつかんで2連発にて破顔一笑。「来週もまた来ます!」と大満足だった

友人の山口さんに煽られ気味だった森安さんは、終了30分前に痛恨のフックアウト。だが、これにめげずに終了5分前にこのサイズをキャッチ。だから最後まで絶対にあきらめてはいけない

石川さん(写真上内右)の一発は、川合さんとほぼ同時。桐生さん(写真下)が食わせると、小林さん(写真中)にもヒット。誰かが食わせたらその瞬間がチャンス!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・寒川「小峯丸」

秋の大人気ターゲット・サワラがついに開幕した。

今年は7月下旬からポツポツと顔をみせていたが、9月中旬になって一気に本格化した。

「跳ねているサワラの数を見ると今年は当たり年になりそうですね」とは「小峯丸」小峯雄太船長。

ヒットすればドラグが唸りをあげるほどの「マッハ・ラン」を繰り返す1m超のファイトが東京湾で手軽に楽しめることから、サワラの人気は過熱する一方だ。

人気ルアーは、長期にわたって入手難になるほどである。

「いいサイズのイワシに付いている群れは簡単に食ってきますけど、ポンポン跳ねていても釣れないこともあるから、まだまだ謎の多い魚ですよ」と雄太船長はいう。

ヘビーシンキングミノーと12~14㎝のジャークベイトを両輪に攻めるが、西日本発の「ブレードジギング」やシンキングペンシルがハマるケースもある。

ロッドワークやレンジサーチなどアングラーの引き出しが問われる奥深さもあるのだ。

これを「小峯丸」では、片舷限定のキャスティングで釣らせてくれる。ルアー乗合の老舗ならではの操船で、どの席でもチャンスは平等にある。

体験したら病みつきになる「マッハ・ラン」をぜひ体験してみよう。

以上の記事は「つり丸」2021年10月15日号の掲載記事です。

関連記事
秋の東京湾、ルアーゲームの主役は青物!イナダからワラササイズのブリサワラ、小型のカンパチまで!青物ゲームが面白い!
べた凪ぎの海で根魚&タイと遊ぶ!晩夏のタイラバゲームは入門のチャンスだ!水深20m前後の「シャロー」では、アカハタが裏本命となる。ぜひ挑戦してみよう!
9月上旬の東京湾は、大型タチウオ、通称「ドラゴン」キャッチで沸いている!金沢八景「太田屋」でも、ドラゴンサイズ連発で期待十分の状況だ!
東京湾のシーバス五目!湾内にはターゲットがもりだくさん!シーバス、青物、タチウオ、マダイ、マゴチなどあらゆるフィッシュイーターたちを狙う五目ゲームに注目だ!
小さなジグと軽いタックルで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!取材当日は、激闘の末に90cm・6kgのヒラマサが浮上!
最新記事
タイラバ激戦区加太や明石エリアで鍛えあげられたタイラバロッド「タイゲームSSD C610L/FSL 15thアニバーサリーリミテッド」
カマスサワラ(スズキ目サバ科カマスサワラ属)本州以南、世界中の熱帯域から温帯域表層域を回遊している。昔は駿河湾・山口県以南にいたものが北上傾向にある。
人気の深海ジギングの救世主的両軸リール登場「マーフィックス」C3-RH/C3-LH
秋の東京湾、ルアーゲームの主役は青物!イナダからワラササイズのブリサワラ、小型のカンパチまで!青物ゲームが面白い!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル