石花海の深場五目でオニカサゴ釣り、一荷連発!!【駿河湾・石花海】

石花海の深場五目でオニカサゴ釣り、一荷連発!!【駿河湾・石花海】

駿河湾の激うまレア魚を専門に狙っている清水「大宝丸」長橋寿光船長。普段は大アラや大アカムツ、クロムツなど駿河湾の最高峰の美味魚求めて、湾内を縦横無尽に走り回っているという。そんな長橋船長にお願いして、オニカサゴ釣りを行った。


乗船日は前半こそ食い渋りだったが後半は、石花海の大オニマンションに遭遇。ビックリするほどの食いっぷり!

オニカサゴはピンポイントに群れている。そのマンションに遭遇すれば、同時ヒットは当たり前。この良型がそろうのが石花海の魅力だ。

「これがレギュラーっすよ」。

トリプル達成!!

「家まで生かしておいて鍋にすると最高ですよ!」とは常連の鈴木さん。

一荷連発中!!

釣った大オニたちはクーラーのなかに海水を入れて生かしたまま港へ。3人分の釣果だがこれだけ釣れれば十分だ。

なんとトリプルヒット! かなり魚影が濃いのがこれでお分かりいただけるだろう。

エサはサバorサンマでOK。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・清水「大宝丸」。

駿河湾の深場釣りを得意としている船がある。清水の「大宝丸」がそれだ。
船長の長橋寿光さんの釣り好きが高じて遊漁船業を営んでいるだけあって、ターゲットは激うま魚ばかり。
今回のお題はオニカサゴ。普段は出会う確率の低いアラや大アカムツ、クロムツなど激うまレア魚を求めて駿河湾じゅうを走りまくっているというが、オニカサゴはどちらかといえば、確実に釣れるお土産魚という。それだけ、たくさんいるのである。
「石花海のオニカサゴは大変おいしい魚ですからね。大事に持ち帰ってください。でも、小さいオニが釣れたらできるだけリリースしてもらってます」
乗船日は前半こそ食い渋りだったが後半は、石花海の大オニマンションに遭遇。ビックリするほどの食いっぷりで良型の一荷、トリプルヒットまであったほど。
長橋船長は、基本的にピンポイントをテンポよくラン&ガンで攻めていく。だから、オニカサゴ狙いといえども、何がヒットするか分からない。幻の大アラ、大アカムツ、大クロムツもまじるという。水深250m以上のポイントも攻めるのでハリスは最低でも8号以上を使うのがベター。
年末年始の魚調達ための釣り物にはもってこいの駿河湾のオニカサゴ。ぜひ、チャレンジしてみてほしい。

以上の記事は「つり丸」2013年12月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


爆釣を体感せよ! 駿河湾のシイラ…今後はカツオやキハダも(福将丸)

爆釣を体感せよ! 駿河湾のシイラ…今後はカツオやキハダも(福将丸)

台風の影響によるウネリが大きい。次第に風が強まる予報もあった。ピーカン&ベタ凪ぎが最高とされるシイラ狙いには、決して好条件とは言えない。そんな取材日だった。


釣って楽しい食べても旨い! 周年釣れる大原沖のオニカサゴ(力漁丸)

釣って楽しい食べても旨い! 周年釣れる大原沖のオニカサゴ(力漁丸)

大原港「力漁丸」のオニカサゴが、好釣果継続中だ。取材日から一週間のトップの釣果をさかのぼってみると、5、9、8、7、6、5と好釣果で推移している。また、スソがゼロの日は、この一週間のうちで一日しかない。さらに、アベレージサイズは1㎏前後で、最大は2.1㎏だ。


カサゴ&オニカサゴのW根魚パラダイス! 仕掛け&釣り方(北山丸)

カサゴ&オニカサゴのW根魚パラダイス! 仕掛け&釣り方(北山丸)

カサゴ釣りというと、中小型の数釣りが、東京湾内では人気だが、30㎝超えの大型は数少ない。ここ洲崎沖では、港前の水深10〜30mの浅場で30㎝超えの大型カサゴばかり釣れるという。根魚フリークには夢のような釣りが可能だ。


狙え! スーパードラゴン級のタチウオ! ジギングが好調(神栄丸)

狙え! スーパードラゴン級のタチウオ! ジギングが好調(神栄丸)

駿河湾のタチウオというと、“夜”というイメージが強いかもしれないが、ここ由比~富士川沖ではこの時期は日中に楽しめる。雨の季節を迎え富士川から濁りが入ると、日中でも浅いタナで釣れるようになるのだ。そう、ついに早朝タチウオが開幕したのだ!


中深海を「スキッディング」ゲームで攻める!(アシストクラブ金進丸)

中深海を「スキッディング」ゲームで攻める!(アシストクラブ金進丸)

これまでのジギングとは異なる発想のスタイルとして、全国規模で拡がり始めている。その提唱者が新潟県柏崎港「アシストクラブ金進丸」の秋山進一船長だ。


最新の投稿


大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

東京湾の夏タチウオがいよいよベストシーズンに突入だ。夏場は水深10〜40m前後と浅いポイントを攻めることが多く、釣りやすいので初心者が入門するには最適な時期。また、浅いということは手返しもよくなり、釣果も伸びやすい。


爆釣を体感せよ! 駿河湾のシイラ…今後はカツオやキハダも(福将丸)

爆釣を体感せよ! 駿河湾のシイラ…今後はカツオやキハダも(福将丸)

台風の影響によるウネリが大きい。次第に風が強まる予報もあった。ピーカン&ベタ凪ぎが最高とされるシイラ狙いには、決して好条件とは言えない。そんな取材日だった。


東京湾の人気魚カサゴをファミリーで手軽に楽しく釣ろう!(新健丸)

東京湾の人気魚カサゴをファミリーで手軽に楽しく釣ろう!(新健丸)

夏が来れば思い出すのは遥かな尾瀬だけではない。山上の湿地帯では水芭蕉かも知れないが、身近な所では紫陽花が見頃である。花をめでながらの山歩きも良いが海の上もホントに気持ちの良い季節。浅場の根魚釣りもベストシーズンの到来だ。


手軽に美味しいアジが狙える! 絶品東京湾のLTアジ(黒川丸)

手軽に美味しいアジが狙える! 絶品東京湾のLTアジ(黒川丸)

夏休みのこの時期、家族や友人とともに沖釣りを楽しむのにおすすめな釣り物の一つが東京湾のLTアジだ。


一束釣りも!ジャンボシロギスの穴場はココにあり!(山天丸釣船店)

一束釣りも!ジャンボシロギスの穴場はココにあり!(山天丸釣船店)

「小型のキスを狙えば、もっと数が出るんでしょうけど、良型に的を絞ってポイントを流しますから」と、話すのは久比里「やまてん丸」の臼井弘船長。そう、臼井船長が得意とする久里浜沖をメインとしたシロギス釣りは、ジャンボサイズが看板だ。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読