MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
石花海の深場五目でオニカサゴ釣り、一荷連発!!【駿河湾・石花海】

石花海の深場五目でオニカサゴ釣り、一荷連発!!【駿河湾・石花海】

駿河湾の激うまレア魚を専門に狙っている清水「大宝丸」長橋寿光船長。普段は大アラや大アカムツ、クロムツなど駿河湾の最高峰の美味魚求めて、湾内を縦横無尽に走り回っているという。そんな長橋船長にお願いして、オニカサゴ釣りを行った。

perm_media 《画像ギャラリー》石花海の深場五目でオニカサゴ釣り、一荷連発!!【駿河湾・石花海】の画像をチェック! navigate_next

乗船日は前半こそ食い渋りだったが後半は、石花海の大オニマンションに遭遇。ビックリするほどの食いっぷり!

オニカサゴはピンポイントに群れている。そのマンションに遭遇すれば、同時ヒットは当たり前。この良型がそろうのが石花海の魅力だ。

「これがレギュラーっすよ」。

トリプル達成!!

「家まで生かしておいて鍋にすると最高ですよ!」とは常連の鈴木さん。

一荷連発中!!

釣った大オニたちはクーラーのなかに海水を入れて生かしたまま港へ。3人分の釣果だがこれだけ釣れれば十分だ。

なんとトリプルヒット! かなり魚影が濃いのがこれでお分かりいただけるだろう。

エサはサバorサンマでOK。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・清水「大宝丸」。

駿河湾の深場釣りを得意としている船がある。清水の「大宝丸」がそれだ。
船長の長橋寿光さんの釣り好きが高じて遊漁船業を営んでいるだけあって、ターゲットは激うま魚ばかり。
今回のお題はオニカサゴ。普段は出会う確率の低いアラや大アカムツ、クロムツなど激うまレア魚を求めて駿河湾じゅうを走りまくっているというが、オニカサゴはどちらかといえば、確実に釣れるお土産魚という。それだけ、たくさんいるのである。
「石花海のオニカサゴは大変おいしい魚ですからね。大事に持ち帰ってください。でも、小さいオニが釣れたらできるだけリリースしてもらってます」
乗船日は前半こそ食い渋りだったが後半は、石花海の大オニマンションに遭遇。ビックリするほどの食いっぷりで良型の一荷、トリプルヒットまであったほど。
長橋船長は、基本的にピンポイントをテンポよくラン&ガンで攻めていく。だから、オニカサゴ狙いといえども、何がヒットするか分からない。幻の大アラ、大アカムツ、大クロムツもまじるという。水深250m以上のポイントも攻めるのでハリスは最低でも8号以上を使うのがベター。
年末年始の魚調達ための釣り物にはもってこいの駿河湾のオニカサゴ。ぜひ、チャレンジしてみてほしい。

以上の記事は「つり丸」2013年12月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
沼津湾の夜タチが好調継続中!沼津静浦港「清時丸」では10月下旬現在もトップ30~40本、いい日には60本以上を釣る日もあるなど釣れ続いている。
茨城・日立久慈沖で中小型マダイ主体の数釣りシーズン突入!本命もゲストもアタリ多く初心者にもオススメ!
釣趣が最高!手軽に釣れるけれど奥が深い!東京湾のハゼ釣りが最盛期!今シーズンは良型が多い!食べても美味しいよ!!
テル・岡本が若かりし頃通い詰めたルビーレッドの宝庫!波勝崎沖のアカムツ復活か!?取材日は最後の最後にグラマラスなルビーレッドが浮上!今後も期待十分だ!
相模湾のコマセマダイが好調!晩秋~初冬のマダイは活性が高く、青物まじりで楽しめる!引きが強い青物に備えて、太めのハリスでチャレンジしよう!
最新記事
イヤゴハタ(スズキ目ハタ科マハタ属)日本海側では富山県・太平洋側では千葉県外房から九州南岸の日本海、東シナ海、太平洋沿岸、朝鮮半島南岸、台湾、西インド洋に生息する。
ベイトの掛かり抜群でかつハイパワーの落とし込み専用仕掛け「快適落とし込み仕掛けSS LBG」
東京湾のサワラゲームが好調だ!投げて巻くだけ今期大流行のブレードジグがオススメ!サゴシサイズは少なく、2~3kgクラスがアベレージ。
沼津湾の夜タチが好調継続中!沼津静浦港「清時丸」では10月下旬現在もトップ30~40本、いい日には60本以上を釣る日もあるなど釣れ続いている。
茨城・日立久慈沖で中小型マダイ主体の数釣りシーズン突入!本命もゲストもアタリ多く初心者にもオススメ!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル