MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
石花海の深場五目でオニカサゴ釣り、一荷連発!!【駿河湾・石花海】

石花海の深場五目でオニカサゴ釣り、一荷連発!!【駿河湾・石花海】

駿河湾の激うまレア魚を専門に狙っている清水「大宝丸」長橋寿光船長。普段は大アラや大アカムツ、クロムツなど駿河湾の最高峰の美味魚求めて、湾内を縦横無尽に走り回っているという。そんな長橋船長にお願いして、オニカサゴ釣りを行った。

乗船日は前半こそ食い渋りだったが後半は、石花海の大オニマンションに遭遇。ビックリするほどの食いっぷり!

オニカサゴはピンポイントに群れている。そのマンションに遭遇すれば、同時ヒットは当たり前。この良型がそろうのが石花海の魅力だ。

「これがレギュラーっすよ」。

トリプル達成!!

「家まで生かしておいて鍋にすると最高ですよ!」とは常連の鈴木さん。

一荷連発中!!

釣った大オニたちはクーラーのなかに海水を入れて生かしたまま港へ。3人分の釣果だがこれだけ釣れれば十分だ。

なんとトリプルヒット! かなり魚影が濃いのがこれでお分かりいただけるだろう。

エサはサバorサンマでOK。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・清水「大宝丸」。

駿河湾の深場釣りを得意としている船がある。清水の「大宝丸」がそれだ。
船長の長橋寿光さんの釣り好きが高じて遊漁船業を営んでいるだけあって、ターゲットは激うま魚ばかり。
今回のお題はオニカサゴ。普段は出会う確率の低いアラや大アカムツ、クロムツなど激うまレア魚を求めて駿河湾じゅうを走りまくっているというが、オニカサゴはどちらかといえば、確実に釣れるお土産魚という。それだけ、たくさんいるのである。
「石花海のオニカサゴは大変おいしい魚ですからね。大事に持ち帰ってください。でも、小さいオニが釣れたらできるだけリリースしてもらってます」
乗船日は前半こそ食い渋りだったが後半は、石花海の大オニマンションに遭遇。ビックリするほどの食いっぷりで良型の一荷、トリプルヒットまであったほど。
長橋船長は、基本的にピンポイントをテンポよくラン&ガンで攻めていく。だから、オニカサゴ狙いといえども、何がヒットするか分からない。幻の大アラ、大アカムツ、大クロムツもまじるという。水深250m以上のポイントも攻めるのでハリスは最低でも8号以上を使うのがベター。
年末年始の魚調達ための釣り物にはもってこいの駿河湾のオニカサゴ。ぜひ、チャレンジしてみてほしい。

以上の記事は「つり丸」2013年12月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
新潟県間瀬港「光海丸」が得意とする沖五目乗合!大本命はベイト反応で釣る大アラ!良型美味オキメバルはサビキに鈴なりでお土産バッチリ!他にも、さまざまな高級魚がザックザックだ!
剣崎沖のワラサが連日好釣!3㎏前後主体に、4㎏超の良型も!剣崎間口港「利一丸」でも朝イチからバリバリ食って2桁釣果!早揚がりも珍しくない好調さが続いている!
東京湾のテンヤタチウオが超絶好調だ!金沢漁港「鴨下丸」では毎日「STテンヤ・タチウオ」を出船して大盛況!取材当日も120㎝超のドラゴンサイズが連発!目指せ150㎝!
好調な滑り出しを見せた東京湾のアマダイ!秋本番を迎えさらにヒートアップ!久比里「山下丸」ではトップ3~5匹の釣果をキープ、型を見ない日はないと絶好調だ!
福島県小名浜沖の乗っ込みアカムツが爆釣した。小名浜港「光勝丸」取材当日は朝いちから40㎝前後のアカムツがコンスタントにヒット!ポ イント移動後も食いは衰えず、トップ13本!すべて大型!
最新記事
新潟県間瀬港「光海丸」が得意とする沖五目乗合!大本命はベイト反応で釣る大アラ!良型美味オキメバルはサビキに鈴なりでお土産バッチリ!他にも、さまざまな高級魚がザックザックだ!
剣崎沖のワラサが連日好釣!3㎏前後主体に、4㎏超の良型も!剣崎間口港「利一丸」でも朝イチからバリバリ食って2桁釣果!早揚がりも珍しくない好調さが続いている!
東京湾のテンヤタチウオが超絶好調だ!金沢漁港「鴨下丸」では毎日「STテンヤ・タチウオ」を出船して大盛況!取材当日も120㎝超のドラゴンサイズが連発!目指せ150㎝!
好調な滑り出しを見せた東京湾のアマダイ!秋本番を迎えさらにヒートアップ!久比里「山下丸」ではトップ3~5匹の釣果をキープ、型を見ない日はないと絶好調だ!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読