MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
数釣り好調!サイズもいい!大原沖のショウサイフグ!好スタート

数釣り好調!サイズもいい!大原沖のショウサイフグ!好スタート

アオヤギエサのカットウ釣りで狙う、大原港「敷島丸」看板メニューのショウサイフグが開幕!好スタート!取材日も良型が多く、乗船者全員が本命をゲット!

perm_media 《画像ギャラリー》数釣り好調!サイズもいい!大原沖のショウサイフグ!好スタートの画像をチェック! navigate_next

9月の開幕から好スタートを切っている! 筆者も好調な状況を存分に楽しんだ!!

太東沖の水深25m前後を狙った

大原港「敷島丸」の看板メニューはショウサイフグ。

釣り方はアオヤギエサのカットウ釣りで狙う。

重量感ある手応えとその食味から満員御礼の人気ぶり。

今回は2本の竿を使い分けて狙ってみた。

開始早々に あちこちでアタる!

「4時までに来てください」と女将さんから聞き、1時30分に起きて出発。

アクアライン経由で3時50分に大原港に到着。遊漁船の数に圧倒されるが、漁協を回り込むと「敷島丸」だ。
 
船には既に明りが点き、軽トラで乗船受付中。筆者もエサのアオヤギを購入。
 
大型の「第一敷島丸」のミヨシに道具を置かせてもらい、4時20分には出船。
 
港を出ても海はベタ凪。波シブキが飛ぶこともなく、空には星々が浮かび、沖へ向かう船の灯りが無数に見える。

外房の朝は次第に明るさを増し、40分ほどで太東沖へ到着。

「周りを見るので、エサを付け、すぐできるよう準備してください。アワせたら3~4回巻いて、乗っていなければ、また底へ落とします」と舵を握る山本幸夫船長。上乗りは船長の愛娘、えりかさん。
 
5時10分、「やってください」と開始。早速カメラを構えるとトモですぐさまアタリ。
 
8歳の少年もさっそく竿を曲げ、30㎝ちかいショウサイフグを抜き上げる。

持つ手にもズッシリと重さが伝わるが、お父さんもじつに嬉しそう。
 
誰かが釣るたびに船長が教えてくれるので、船中を駆け回る。

えりかさんも船宿HP用に撮影。
 
左舷トモのお客さんは次々に釣果を上げていた。

やはりアンダーハンドで遠くへ投げ、手前に探りながらシャクリを入れている。
 
電動リールを使う人も、魚を掛けると竿が大きく曲がり込み、じつに楽しそう。スレで掛かるため、口に掛かった時よりも魚の抵抗が強い。

エサとしてエビを持ってくるお客さんもいる。
 
時々小さな魚も出るが、平均サイズは25cm前後。時に30cmちかい魚もまじる。
 
えりかさんも撮影の合間にミヨシで竿を出し、あっという間に1匹目をキャッチ。
 
右舷で大きなワタリガニ! ゴテンアナゴらしきアナゴも出た。

大きく竿を曲げるのはアカエイ。
 
朝の時合いで1時間以上釣れ続け、9割が魚をキャッチ。

7時前に少しずつアタリが減って潮回りする。

今度はサバ、フグやイナダもまじる。

付けエサはアオヤギ

アオヤギはカットウ仕掛けのエサバリに付ける

筆者は2本の竿を 使い分けて本命ゲット!

ひととおり撮影できたので、筆者も紙で巻かれた船宿仕掛けを購入。

「船長、空アワセのタイミングは何秒に1回くらい?」と質問する。

「その時々で違うけど、釣れているときは早めに、アタリが少ないときはゆっくり」と教えてくれた。
 
素早くアオヤギをエサバリに掛け、「フネタツ・フグカットウ150」をアンダーハンドで投入。
 
水深は30m弱。底を取ったら払い込み、小さな起伏で道糸が少したるむが、両手で空アワセを繰り返す。
 
何度目かのシャクリで違和感。追いアワセするとさらに重さが伝わる。やっぱり観察力は大事! 

そう実感しながら寄せると30cmちかい良型。カットウバリのハリスが噛み切られたので、即座に結び直す。

「アタリを感じることも時々ありますよ」とえりかさん。
 
アオヤギはワタから食われる。エサバリに追加して投入。
 
また来た! 今度は25cm級。ハリ外しで外す。

大きなカットウバリでも、手でハリを持つより早い。

現に左舷トモのお客さんもハリ外しを使っていた。
 
次はサバフグの猛攻で2本ともハリスを噛み切られ、水面直下でも残ったエサにアタックする。
 
すぐさま仕掛けを追加購入し、タックルも「アルファソニック・フグゲーム155」に変更。

湾フグ対応だが、30号オモリの大原沖でもしっかりアタリを伝えてくれる。
 
片手でもシャクリやすく、左手でシャクった瞬間に乗って3匹目を追加。

全員が本命ゲット!

8時頃、右舷では竿が大きく曲がり、ホンダワラと一緒にマダコをキャッチ。

大原沖はタコの好漁場。
 
この時点で全員が本命を手にし、8時45分頃にトモで大型が連発。

「右舷の人は竿を上げ気味にして小さめにシャクってください。左舷の人は竿先を下に向けて小さくシャクってください」と船長。
 
筆者も1匹追加。あっという間にアオヤギが噛み切られるが、小さめにシャクることを心がける。

仕掛けが着底前に横走りするのはイナダ。

おかずになる大きさだがリリース。

鳥が固めたり、イナダが海面でボイルすることも。
 
僚船も6~7隻ほど周囲を流している。海底にはどれだけフグがいるのか?
 
船宿発信の動画「敷島丸チャンネル」で、掛かったフグが上に泳ぐ姿を見て驚いた。

実際に5匹目は掛けた直後に軽くなり、そのまま巻き続けると重さが戻った。

こんな時、「バレた?」と、早合点して仕掛けを緩めたら本当にバレかねないので要注意。
 
船長は(釣果の重量を競う)敷島カップ参加者以外のフグを船上で手際よく捌き、氷とビニール袋が配られた。
 
再び時合いに突入。筆者の隣で次々に上がり、えりかさんも良型を連発。

筆者は6匹で納竿。11時に沖揚がり。
 
帰港後は敷島カップ参加者のフグを計量して捌く。
 
山本元次郎・大船長によれば「今日は潮が流れなかったから食いが今一つ。水温が下がれば群れが集まる。まだ散らばっているのでは? この釣りは集中力のある人が釣るよ。朝イチは海が暗いから、6時30分くらいまでは夜光系の仕掛けもいいよ」とのこと。
 
筆者も獲物を捌いてもらい、大原港を後にした。フグの季節は到来したばかり、今後がさらに楽しみだ。

【外房・大原沖】ショウサイフグ 釣行レポート

数釣りが楽しめ サイズもいい!

キッズアングラーにヒット!

見事に良型を釣り上げた

山本船長の愛娘のえりかさんも良型を釣り上げた!

嬉しい1匹!

ショウサイフグの口ににガッチリフッキング!

こちらも良型ゲット!

アゴの下にハリ掛かりするのが理想

刺身や鍋、唐揚げなどが美味しいショウサイフグ

この日は良型が多かった!

引き味も最高だ!

乗船者全員が本命をゲット!

処理師免許を持つ船宿スタッフが捌いてくれる

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原「敷嶋丸」

9月に入って大原港「敷島丸」のショウサイフグが開幕。

30号オモリにアオヤギエサのカットウ釣りだが、「簡単だろう」と侮ってかかると手痛いしっぺ返しを食う。

船宿が発信する「敷島丸チャンネル」では水中映像を見られるが、まるでヘリコプターのように水中をホバリングしながら、エサを素早く噛み切る魚だ。釣り方はしっかり確認しよう。
 
取材当日は潮の流れが今一つだったが、朝の時合いで次々にアタリ、19〜35㎝が2〜21匹。

時にはアカメフグやトラフグが出ることもある。
 
空アワセを繰り返す釣りだが、カットウバリが絡まることもある。

少しでも違和感があれば、巻き上げて仕掛けを確認しよう。

「フグは来年のGWまで出船し、太東沖の25〜30mを狙います。釣り方はアタリを待ちながら、マメに空アワセしてください。アオヤギのワタが取られたら付け替えてください」と山本幸夫船長。

2隻体制で出船し、今は根の少ない砂地を狙っている。

水温が下がり、群れが固まれば入れ掛かりもあって数釣りが楽しめる。
 
釣れたフグは処理師免許を持つ船宿スタッフが「みがき」にしてくれるので安心。

食べて美味しいフグは釣り人の心を虜にしてしまう。

さあ、このご馳走を釣りあげよう。

以上の記事は「つり丸」2021年10月15日号の掲載記事です。

関連記事
季節問わず楽しめるLTアジ!「忠彦丸」さんに行ってきました!今回は2点掛けも連発、楽しい釣行となりました。「忠彦丸」さんは、女性割引があるのが嬉しいです!
冬の人気ターゲット「アマダイ」が早くも東京湾口で開幕!久比里「山天丸釣船店」でも、すでに50cmオーバーの特大サイズが取り込まれている。
アベレージ40cm!50cmオーバーも期待大!!型ぞろいで数釣りもできる大型ルビーの宝庫!北茨城・平潟沖アカムツのホットなシーズン!
大人気継続中!東京湾のテンヤタチウオ!ドラゴン級を掛けた瞬間のズシン!が人気のゆえんだ。走水港の「関義丸」は半日船でテンタチビギナーにも門戸開放中!
最新記事
タイラバ激戦区加太や明石エリアで鍛えあげられたタイラバロッド「タイゲームSSD C610L/FSL 15thアニバーサリーリミテッド」
カマスサワラ(スズキ目サバ科カマスサワラ属)本州以南、世界中の熱帯域から温帯域表層域を回遊している。昔は駿河湾・山口県以南にいたものが北上傾向にある。
人気の深海ジギングの救世主的両軸リール登場「マーフィックス」C3-RH/C3-LH
秋の東京湾、ルアーゲームの主役は青物!イナダからワラササイズのブリサワラ、小型のカンパチまで!青物ゲームが面白い!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル