MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
50cmオーバーも浮上!好シーズンに突入!東京湾口のアマダイ!

50cmオーバーも浮上!好シーズンに突入!東京湾口のアマダイ!

冬の人気ターゲット「アマダイ」が早くも東京湾口で開幕!久比里「山天丸釣船店」でも、すでに50cmオーバーの特大サイズが取り込まれている。

perm_media 《画像ギャラリー》50cmオーバーも浮上!好シーズンに突入!東京湾口のアマダイ!の画像をチェック! navigate_next

早いシーズンのアマダイ釣りにチャレンジ! ゲストの猛攻ながらも高活性の本命と遊べた

今シーズンの東京湾口部のアマダイは良さそうだ!!

朝晩は過ごしやすい日が増えてきたが、昼間は依然として残暑が堪える。

ちまたではキハダ・カツオやワラサの好釣果に盛り上がっている。

まさに釣り人にとっては夏真っ盛り。

そんななかで「アマダイが好調なんだけど行ってみないか?」と話を貰った。

え? アマダイ? 釣果を調べてみると、確かに連日好調が続いている。

しかし私の頭のなかでは、アマダイはかじかむ手を堪えながらの冬の釣りの代表格。

確かに最近は人気が高く、シーズン開幕が早くなってきているのは聞いてはいたが…。若干自分のなかでの常識を壊されながら、久比里「山天丸釣船店」に9月11日に向かった。

開始直後はゲストの猛攻

あくまで自分の物差しで恐縮だが、アマダイはキハダ・カツオの終焉とともに開幕を迎え、シーズン前半の年内いっぱいがサイズを狙える最適な時期という印象だった。
 
ところが、今シーズンの釣果を見ても連日50cm前後が釣れているので、「早ければ早いほどいいのか?」と思って臼井雄二船長に聞いてみた。

「今シーズンは数もサイズも早々に出て、良いスタートです。でもこの時期は水温が高くてエサ取りの活性がすごくて。アマダイが本格的に期待できるのは水温が下がってからです。サイズも今じゃなくてこれからが本番ですよ」とのこと。
 
何? この好釣果はまだプロローグなのか!? いずれにしても釣果を見ると、今シーズンはかなり好調な出だし。

この報せを聞いて多くのアマダイフリークが集まり、取材当日は3隻出し。

既に人気は最盛期のようだ。
 
剣崎沖は、良型のアマダイが狙える東京湾口の一級ポイント。

水深も100m前後と真冬のそれと変わらない。

この時期の剣崎沖の風物詩であるワラサ大船団を横目に、アマダイポイントに向かった。
 
「山天丸」では道糸がPE2~3号の場合は、オモリ80号を使用する。

テンビンの先に船宿推奨のハリス3号、全長2.2mの2本バリ仕掛けをセット。
 
第一投の水深は96m。

高水温で活性の高いエサ取りを考慮して、着底後に1mほど底を切った後、ハリス長の半分の1mを上げて様子を見る。

するといきなり竿先が叩かれた。強い叩きだが、慌ただしく続く。

この叩きはどうも本命ではない。第一投で上がった魚は25cmほどのキダイ。

手のひらサイズが多いキダイにしてはよいサイズだが、あくまで扱いは外道。
 
次からもトラギス、アカボラ、ムシガレイと外道ラッシュ。

噂に聞きし外道ラッシュに頭を悩ます。

アマダイという魚は、概してスタートが遅いことが多く、アタリが集中するのが昼過ぎということも多い。

この日も朝一は外道ばかりで本命はなかなか口を使わなかった。

付けエサはオキアミ

仕掛けは全長2m前後の2本バリが基本

本命のアタリが出だし 全員が型を見た!

実釣開始から約1時間後。外道ラッシュをかいくぐって、本日最初の37cmの本命が左舷で上がった。

アマダイは縄張り意識の強い魚で、ソーシャルディスタンスを保ちながら海底に巣穴を作って暮らしている。

1匹掛かるとアタリが続くことが多いので、最初の本命が上がったので俄然集中する。
 
予想どおり、少しずつアタリが出始めた。

このポイントに巣を作っていたのは小型メインだったようだが、外道とは明らかに異なる竿先を引き込む引きが楽しい。
 
着底を確認して、底立ちをきちんと取り、PEの色を頼りに1mほど上げる。

底潮がほとんど動いていないので、そこからハリス分2mをゆっくりと誘い上げる。

するとエサのエビが動いた瞬間に竿先がククッと入る。

アマダイ特有の引き込みだ。船中全員が本命の顔を見た。

別船では52cmが取り込まれた!

ただ、剣崎沖で期待できるサイズがまだ出ていない。

船長は「アマダイは口を使うのが遅いから、デカいのが釣れるのは最後の方ですよ」と言う。
 
しかし、時計を見ると正午を迎えようとしている。

ここで「山天丸」の別船から52cm、45cmが上がったと無線で情報が入った。

良型がいるのは間違いない!
 
先走る気持ちとは裏腹に、私にはなかなか本命が掛からない。

船尾で竿を出す高嶋さんは誘いがアマダイの気持ちと一致しているようで、中小型メインにコンスタントにアタリを拾う。

この流しで3匹を連続ヒットさせた。
 
いよいよ残り時間わずか。私は一発大物狙いの博打を打ってみることにした。

一番大きなオキアミに付け替え、高めに着底後2m上げる。

そこからゆっくりと竿の長さ分誘い上げる。
 
すると、ここでググッと今までとは明らかに異なる重い引き。

最初の5mを手巻きでしっかりフッキング。

最後に博打が当たったか? ドラグを少し弱め、慎重にやり取り。

引きがアマダイより少しシャープな気がするが…。

そしてこの引きが段々と静かになった。

アマダイも20m毎ごとに竿先を叩くが、なんか少し違う。

ただ、明らかにキダイではない引きで俄然膨らむ期待。

なんと水面に姿を現したのは必要以上にピンクに輝く魚体。

最後のオチは40cmオーバーで自己最大のアカイサキだった(笑)。
 
これにて本日は納竿。残念ながら夢の50cmオーバーは釣れなかったが、別船では錦鯉と見間違うほどの52cmの特大アマダイが取り込まれた。

本船では高嶋さんがコンスタントにアタリを拾い、10匹と数釣りを達成した。
 
早い時期に始まった今シーズンのアマダイ。これから水温低下とともに最盛期に突入する。

とくに水温低下後のシーズン序盤は、特大サイズを狙うベストシーズン。

今シーズンはかなり期待ができそうだ!

東京湾口のアマダイ!釣行レポート

アマダイが浮上

良型アマダイをゲット!

嬉しい1匹!

この日はトップ10匹だった

別船で釣れた52㎝

こちらも別船で釣れた45㎝

アマダイは高級魚。

食べてもとても美味しい!

この日は全員がアマダイをゲット!

小型ながらも本命をゲット

カイワリがまじった

派手な色彩をしたアカイサキもまじった

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・久比里「山天丸釣船店」

冬の人気ターゲット「アマダイ」。

かじかむ手を我慢して釣っている印象の強いアマダイ釣りだが、高い人気が後押しし、年々開幕が早くなっている。

今シーズンもすでに東京湾口では開幕しており、なんと半袖でアマダイ釣りを楽しむことができていた。
 
シーズン前半はサイズが良いのが特徴。

夢の50㎝オーバーもこの時期ならば非現実的な話ではない。

特大サイズが色濃い東京湾口・剣崎沖では、連日大型が取り込まれている。

今回取材した久比里「山天丸釣船店」でも、すでに50㎝オーバーの特大サイズも取り込まれている。
 
9月11日に「山天丸」にお邪魔すると、「今シーズンは早々にサイズも数も出ていますよ。まだ水温が高くてエサ取りの活性が高いので、うまく猛攻をかわして本命にエサを食べさせれば好釣果が期待できます」と臼井雄二船長は話してくれた。
 
好調な釣果もあって釣行日は3隻出しの人気ぶり。

アマダイ釣りとは思えぬ気候のなかでも、しっかりとアマダイは反応してくれた。

数はトップ10匹と好釣果を記録。サイズは僚船で52㎝の夢のサイズをゲット。
 
特大サイズの本番はこれから水温が落ちた11〜12月が本番。

今シーズンのアマダイはかなり良いシーズンになりそうな気配だ。

以上の記事は「つり丸」2021年10月15日号の掲載記事です。

関連記事
季節問わず楽しめるLTアジ!「忠彦丸」さんに行ってきました!今回は2点掛けも連発、楽しい釣行となりました。「忠彦丸」さんは、女性割引があるのが嬉しいです!
アオヤギエサのカットウ釣りで狙う、大原港「敷島丸」看板メニューのショウサイフグが開幕!好スタート!取材日も良型が多く、乗船者全員が本命をゲット!
アベレージ40cm!50cmオーバーも期待大!!型ぞろいで数釣りもできる大型ルビーの宝庫!北茨城・平潟沖アカムツのホットなシーズン!
大人気継続中!東京湾のテンヤタチウオ!ドラゴン級を掛けた瞬間のズシン!が人気のゆえんだ。走水港の「関義丸」は半日船でテンタチビギナーにも門戸開放中!
最新記事
タイラバ激戦区加太や明石エリアで鍛えあげられたタイラバロッド「タイゲームSSD C610L/FSL 15thアニバーサリーリミテッド」
カマスサワラ(スズキ目サバ科カマスサワラ属)本州以南、世界中の熱帯域から温帯域表層域を回遊している。昔は駿河湾・山口県以南にいたものが北上傾向にある。
人気の深海ジギングの救世主的両軸リール登場「マーフィックス」C3-RH/C3-LH
秋の東京湾、ルアーゲームの主役は青物!イナダからワラササイズのブリサワラ、小型のカンパチまで!青物ゲームが面白い!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル