沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

金谷沖のアオリイカ、晩秋〜冬の数釣りシーズン突入【内房・金谷沖】

金谷沖のアオリイカ、晩秋〜冬の数釣りシーズン突入【内房・金谷沖】

内房・金谷沖の地先のポイントは、名物の金アジ始め、カワハギ、アオリイカといずれも超一級ポイントだ。シーズンになると、これらの船が意外に近いところに集まり、それぞれのターゲットを狙っている。


アオリは大きくて1㎏前後と中小型主体ながらも数は出る。モンゴウが好調だ。これは1㎏以上のものが多いぞ

この日は潮が澄んで乗り渋ったが、それでも1㎏前後が乗ってきた。

アオリ、モンゴウともにタモですくおう。自分ですくうと、次の投入も早くできるぞ。

「マーブルオレンジで3連チャンしました。やっぱり乗りますね」。

こちらは1㎏超のモンゴウ。「スグ食べちゃダメだよ。冷凍してからのほうがうまいからね」と船長。

潮変わりの前後にアオリがバタバタと乗った。やはり潮の流れがカギとなる。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・金谷港「さえむ丸」。

ちょっと寒くなったなと思うころ、無性に釣りに行きたくなるターゲットがある。それがこの内房・金谷沖のアオリイカだ。アオリイカは沖釣りでは大きく分けて2つのシーズンがある。春から夏にかけての乗っ込みの大型。そしてもうひとつが、秋から冬場にかけての中小型の数釣りシーズンである。まさにいまがその秋冬シーズンの真っ盛りだ。
「アオリは大きくて1㎏前後とそんなに大きくはないけど数は出ます。あと、モンゴウイカがいいね。これは1㎏以上のものが多いよ」と、この釣りを得意とする金谷港「さえむ丸」の三浦市郎船長は言う。
この時期のスミイカ、モンゴウイカは「昔は網で獲ったんだけどアオリよりもいい値段がついたよ。それだけうまいんだよ、ここのは」と船長が言うほど、このゲストはうれしい。
ポイントは水深15〜20mほどの金谷沖。ハリスを4m取り、タナは海底から4〜5mを探る。あくまでアオリ一筋なら少し高め、モンゴウもほしいなら低めと、狙い分けるのが可能だ。
「餌木は3.5号でも4号でもいいけど、マーブルのオレンジとピンクは絶対あった方がいいよ」
ズシーン! と衝撃を味わおう。

アオリイカ仕掛けはこうだっ!

竿はショート、ロングのほか、最近はゲームロッドを使う人も増えた。

オレンジ、ピンク系が定番だが紫も効く。

これからの時期は寒くなり手もかじかむので竿を落とさないために、尻手ロープをつけておこう。

金谷沖のアオリイカはオーソドックスな船アオリだが、竿は従来のショート、ロングロッドとどちらもOKだ。最近はマルイカ竿やLT竿で楽しむ人も増えている。
リールは小型両軸だが、道糸は細すぎない方がいいだろう。カワハギやマルイカでは現在PE0.8号が主流になっているが、アオリイカはシャクリ時に道糸に負担が掛かり、0.8号だと高切れなどのトラブルが多いので、2号程度を使ったほうが無難だ。
仕掛けは中オモリ10号に、ハリスを4号4m。餌木は3.5〜4号。
「餌木はアオリーQのマーブルサクラダイ、バレンシアがいいね。この2つがあればなんとかなるよ」とは、「さえむ丸」の三浦市郎船長。
超がつく定番だが、持っておいて絶対損はないという。
サイズは3.5号と4号で、この二つはできれば両方あったほうがいいだろう。

タナはマメに取り直そう。本命は高めで!

ポイントは港を出て5〜10分の近場が多い。

タナの取り方は海底からだ。中オモリが着底したら、そこからタナを取る。ハリスが4mなので、4.5〜5.5mほどが標準的なタナになる。潮の流れや根掛かりなどの状況により微調整してやる。
この釣りでは、ときに根掛かりばかりすることがある。しっかりと餌木が海底から離れているはずだと思っていてもなぜか根掛かり。それには理由がある。
もし、タナを取るときに、竿を水平に向けているとしたら、4.5mにセットしたとしても、シャクるときに竿は海面に向くのでマイナス1mほどタナが下がってしまう。このため餌木が海底に着いてしまうのだ。
タナ取りは竿を下げた状態でやったほうが確実だ。もし、竿を水平にしているなら、竿を下げる分、余分にタナを上げる必要があることを覚えておこう。
シャクリは6〜10秒に1回ほど。潮の流れが速いときは短め、緩いときは長めなど、使い分けよう。ショートロッドの場合はシャープに、ロングロッドの場合は、竿を持ち上げるような感覚でOKだ。
この時期、特に注意したいのが、竿に尻手ロープをつけておくことだ。手がかじかんで竿を落とすことも結構ある。それを防ぐためだ。
タナはアオリイカはおおむね高め。本命を狙いたいなら高めで粘ろう。アオリの引きは魚を思わせるように強い。自分でタモ入れが基本だが、慣れない人は「乗った」と声を出し、近くの人にアシストをお願いしよう。

以上の記事は「つり丸」2013年12月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


マダイ好調!アオリイカはティップエギングで(第一・第五なかくに丸)

マダイ好調!アオリイカはティップエギングで(第一・第五なかくに丸)

今期の寺泊沖のコマセマダイは絶好調だ。数の上越、型の寺泊と一時いわれたが、この秋は型だけでなく数も絶好調続きだ。「なかくに丸」の秋の看板メニューのひとつが、アオリイカのティップエギングだ。ティップランとも言われているが、釣法に変わりはない。


行きも帰りも引き舟で楽々! 富浦沖の夏のボート釣り(富士屋ボート)

行きも帰りも引き舟で楽々! 富浦沖の夏のボート釣り(富士屋ボート)

内房・富浦は房総半島随一のボートフィールドだ。南側には太房岬がありまるで湖のような景色が広がる。シロギスが多いポイントだが、マゴチ、ヒラメの魚影も濃い。


釣りたてカマスに金アジ! 内房・金谷沖のグルメリレー(さえむ丸)

釣りたてカマスに金アジ! 内房・金谷沖のグルメリレー(さえむ丸)

夏の金谷の風物詩、カマス・アジのリレー釣りが始まった。金谷港「さえむ丸」では、カマスはトップ30匹前後と好釣果が続いている。カマスのサイズは平均30㎝の良型、食べるにはちょうど良いサイズがそろっている。


浅ダナでダイレクトに! 夏のタチウオ仕掛け&釣り方(義和丸)

浅ダナでダイレクトに! 夏のタチウオ仕掛け&釣り方(義和丸)

今シーズンの夏タチは6月初旬にスタートとかなり早く釣れだした。その後は多少はムラがあるものの、概ね好調と言えるだろう。


上総湊の伝統釣法”シャクリマダイ”にチャレンジ!(とう市丸)

上総湊の伝統釣法”シャクリマダイ”にチャレンジ!(とう市丸)

今年の内房も大型実績が高く、マダイファンを熱くさせる嬉しいシーズンがやってきた。コマセマダイ、ひとつテンヤ、タイラバなどが人気だが、今回は上総湊の伝統釣法「シャクリマダイ」に挑戦してきた。コマセを使わず、生きたエビとオモリだけの非常にシンプルなもの。まさに「エビでタイを釣る」の原点だ。


最新の投稿


【カワハギ専用ロッド】ステファーノSSは高感度&軽量!(シマノ)

【カワハギ専用ロッド】ステファーノSSは高感度&軽量!(シマノ)

シマノからカワハギ専用ロッド「ステファーノSS」が発売されました。カワハギ釣りのマスト条件である「高感度」「軽量」はステファーノシリーズから踏襲。最新のカワハギ釣りに対応する3アイテムが登場。


1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

銚子沖のヒラメが絶好調だ! 6月に解禁した銚子沖のヒラメ釣り、今期は8月のお盆過ぎから数が出だし、外川港の「福田丸」ではトップ2桁当たり前、ひとり20枚を超す驚きの釣果も出ている。この時期の、いわゆる夏ビラメはアタリが多く数釣りできるのが魅力だ。


沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

タックルと仕掛け。竿は80号のオモリに対応したヒラメ専用竿、またはゲームロッドなどの5対5〜7対3調子。長さはヒラメ専用竿なら2.5〜3.6m、ゲームロッドなら2〜2.4mぐらい。リールは小型電動、または手巻きの中小型両軸。これに道糸はPEラインの2〜4号を巻いておく。


今シーズンから9月解禁! 大原沖の良型ヒラメをゲットだ(力漁丸)

今シーズンから9月解禁! 大原沖の良型ヒラメをゲットだ(力漁丸)

ヒラメファンが待ち焦がれる解禁日。大原沖では今年から9月1日が部分解禁、10月1日に全面解禁と2回に分けての解禁となった。そして、今年の調子を占う意味もある9月1日の解禁初日、大原港「力漁丸」では最高のスタートダッシュを見せた。


ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

「龍神丸」の基本仕掛けは、捨て糸の長さ30〜50㎝、ハリス長1〜1.2mというバランスだ。どちらかといえば、この仕掛けは横流し用だが、佐野船長は基本的にエンジン潮流しスタイルでポイントを流す。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読