MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
秋ダイ好シーズン!良型まじり&美味なゲスト!相模湾・佐島沖

秋ダイ好シーズン!良型まじり&美味なゲスト!相模湾・佐島沖

相模湾のコマセマダイが秋の好シーズンに突入!良型、大型まじりで美味なゲストも豊富!是非チャレンジを!

perm_media 《画像ギャラリー》秋ダイ好シーズン!良型まじり&美味なゲスト!相模湾・佐島沖の画像をチェック! navigate_next

良型まじりで ゲストも楽しみ

相模湾のコマセマダイがおしろくなってきた。

秋の相模湾はマダイの好シーズン。マダイの活性が高く、比較的アタリが多い。

またマダイ以外の魚も活性が高く、いろいろなゲストがまじるのも秋の特徴。

イナダ、ワラサ、カンパチ、アジ、サバ、ソウダガツオなどの青物が良くまじって楽しめる。

今回取材した佐島港「つね丸」では、9月に入ると良型マダイをポツポツ取り込むようになった。

9月12日には4.9㎏、16日には5㎏と3.5㎏のマダイが取り込まれている。

キロ前後のサイズは連日釣れている。

またゲストも豊富で、イナダやワラサのほかイシダイやハタの仲間などの高級魚もまじっている。

秋はビギナーが入門するにも最適な時期。

基本をしっかりマスターしてチャレンジしてみよう!

タックルは標準的なコマセマダイ用でOK

「つね丸」で使用するビシは80号。

そのため、竿は80号のオモリに対応したコマセマダイ用がオススメ。

長さは2.4~3.3m。置き竿派であれば長めの3m以上(ウネリがある日も長めがオススメ)。

竿を手持ちで頻繁に誘うスタイルであれば2.4~2.7mが扱いやすいだろう。

リールは小型電動。ワラサが連発することもあるので、パワフルなタイプがオススメだ。

道糸はPEラインの3~4号。

高切れしたときのために、リールには300m以上巻いておこう。

仕掛けとエサ付け

前述しているように。「つね丸」で使用するビシのオモリは80号。

ビシはプラビシ、またはステン缶。

サイズはL、またはFLサイズ。

近年ではFLサイズを使う人が多くなっている。

ビシを片テンビンに装着し、一方を道糸につなぎ、もう一方をクッションゴムを介してハリスをつなぐ。

クッションゴムは、使用するハリスの太さに適合した太さを使うこと。

このバランスが合っていないと、ハリスが切れたり、クッションゴム自体が切れることもある。

クッションの長さは1mが標準。

ハリスは、この時期は4号以上を使おう。

その理由は青物対策。

「つね丸」では出船すれば、ほぼ毎回のようにイナダかワラサといった青物がまじっているからだ。

ときにはこれらの青物が連発することもあるので、6号以上のハリスも用意しておくといいだろう。

ハリスの長さは6~8mが標準的。

長いハリスの扱いに慣れないビギナーは、6mが扱いやすいだろう。

中上級者は8~10mでもOKだ。

長いハリスは、ハリスの途中(真ん中付近)にサルカンを介した2段テーパーハリスもオススメだ。

この仕掛けだと、ハリスが傷ついたときには、サルカンの上側か下側だけを交換すればいいので経済的だ。

ハリを結んだ下側のハリスが4号なら、上側は5~6号にする。

ハリも青物対策で、軸がしっかりしたものを使うこと。

マダイバリの8~10号がオススメだ。

付けエサはオキアミ。

下のイラストで示した1匹掛けが基本。

ハリの軸に対してまっすぐになるように付ける。

付けエサはオキアミ

投入~タナ取りまで 基本をマスターしよう

コマセマダイのハリスは、ほかの釣り物に比べると長い。

ビギナーは、この長いハリスを絡むことなく投入できるようにすることが第一だ。

仕掛けの投入法は上のイラストのとおり。

手順さえ覚えれば、とくに難しいことはないのでしっかりマスターしよう。

まず、船ベリに付けエサを置く。

次にテンビンから1mぐらい離れた付近のハリスを手でつかみ、ビシを海中に入れる。

そしてリールのクラッチをオフにして、スプールを親指でサミングしながらビシを落としていく。

このとき同時に手のなかでハリスを滑らせていく。

滑らせていくハリスが付けエサの手前まできたら、ハリスから手を放す。

仕掛けのすべてが海中に入ったら、竿を手に持ってリールのスプールをサミングしながら落としていく。

仕掛けを投入したら、次はタナ取りだ。

「つね丸」ではビシを一度海底まで落とす「海底からのタナ取り」と呼ばれる方法でタナを取る。

海底からのタナ取りは、仕掛けを投入したらビシを着底させ、そして指示ダナの分だけビシを巻き上げてタナに合わせる。

初心者でも比較的ビシをタナに合わせやすいタナ取り法だ。

指示ダナは「底から10m」、または「ハリス分プラス2~3m」のようにアナウンスされる。

前者の「底から10m」という場合は、ビシを海底まで落としたら、竿を軽く振ってコマセをまきながら、ビシを10m巻き上げればいい。

後者の「ハリス分プラス2~3m」の場合、ハリスの長さが8mなら、ビシを海底まで落としたら、コマセを軽くまきながらビシを10~11m巻き上げる。

タナを取ったら、その直後に必ずドラグ調整をすること。

ロッドキーパーに竿を掛けた状態で船の揺れでドラグが滑らない程度に調整する。

タナ取り後は、置き竿でアタリを待ってもいいが、時々竿を上下して誘うのも有効。

また仕掛けを一定のペースで入れ替えることも大事だ。

初めて海底からのタナ取りで挑戦! 戸惑いながらも見事に本命ゲット!!

夏の暑い時期が終わり、秋を感じる気候になりましたね。

もう上着が手放せなくなり、サンダルでは過ごせなくなりました。

沖は予想以上に寒いことも多いので、余分に一枚着る物を持って船に乗ることをお勧めします。
 
さて、夏の高水温期も終わり海の中もすっかり秋へと変わってきました。

各地でさまざまな魚が釣れて、釣り物が多くて悩む贅沢な時期の到来です。
 
そのなかでも、この時期から年末までは食べごろサイズの1kg前後のマダイが数釣れる楽しい季節です。

今回は、時おりまざるかもしれない大ダイや青物にも期待しつつ、秋マダイ開幕戦に臨んできました。

タナ取りは海底から

釣り場の水深40~70mだった

今回は神奈川県横須賀市の佐島港の「つね丸」さんにお世話になりました。

毎朝可愛いネコがやってくる癒しの船宿「つね丸」さんは、とてもアットホームな雰囲気で女将さんが出船前から親切に色々と教えてくれました。

「コマセマダイのゲストでスマガツオも美味しいから釣れるといいね」と温かく見送ってくれました。
 
マダイは季節や地域によって様々な狙い方があり、今回は寄せエサを使ってマダイを狙うコマセマダイです。
 
海のなかは高活性でエサ取りも多く、この時期のコマセマダイは手返しの速さでエサ取りをいかにかわすかが攻略のキモにもなります。
 
出船前に常連さんにもお話をうかがうと、「つね丸」のコマセマダイは海底からタナ取りを行うとのこと。

上に浮いてくることはあまりなく、海底ギリギリにハリを漂わせるのがコツだそうです。
 
マダイは非常に警戒心の強い魚です。

コマセカゴを落としすぎると、ヤル気のある浮いた魚まで警戒して釣れなくなってしまいます。

そのため海面からのタナ取りで狙うイメージがありますが、地域によっては海底からのタナ取りをする船もあります。
 
そして硬すぎる竿だとエサが踊ってしまうので、安定させるために軟らかめの竿を使い船の動きでエサが動きすぎないようにするとのことでした。
 
常連さんの仕掛けは9m(5m+4m)のテーパーだったので、私もハリス4号で同じように間に小さなスイベルを入れ、ケイムラのマダイバリ9号を使いました。

本来テーパー仕掛けとは、太めのハリスの先に細めのハリスを付け、太さに変化を持たせる仕掛けです。

今回は上側も下側も4号にしましたが、スイベルを入れることで仕掛けが早く馴染みやすく、絡み防止や糸ヨレした部分のハリスを変えるだけで良かったりするのでエコになります。

筆者は試行錯誤して キロオーバーをゲット

5時30分頃に小さなボートに乗って、港内の真ん中に係留された船へと移動します。

アトラクションに乗るようなワクワク感があって、これから始まる釣りをさらに楽しみにしてくれました。
 
定刻6時に出船。ポイントまでは15分ほどで到着。水深は50m前後からスタートしました。
 
初めての海底からのタナ取りに戸惑いつつ、指示ダナを守りながら挑戦してみます。

初めは底から4mの間にコマセをまきながら上げてきて、10mのところで待ちました。

アタリがないので1m誘い上げてから2mゆっくり落とし込んでみると、「プルプルッ」と小さなかわいいアタリが! タナが底過ぎたのか、釣れたのはトラギスでした。
 
ここは大人しく底から10mのところで待ってみようと、タナを取ってからじっくり待ってみました。

やはりアタリがなかったので、そこから電動微速で誘い上げてみると、「ぐ~ん」と食い込み、マダイらしきアタり方にドッキドキ! 

この日最初のマダイは1.15kgでした。

苦戦するも 2枚目をゲット

コマセマダイでは初めての海底からのタナ取りで釣れたので少し自信がつきましたが、その後はアタリがありません。

水深40m前後、30m前後とポイントを数カ所移動。

底から8~9mで待ってみたりと、色々アレンジをしましたがアタリはありません。
 
何カ所目かのポイントで底から11mのところで待っていると、朝女将さんから美味しいと聞いていたスマガツオが釣れました。

初めて釣ったスマガツオは引きも強く、美味しいと聞いていたので嬉しいゲストとなりました。
 
どうやら高めのタナでは青物が掛かるようで、イナダやソウダガツオも釣れました。

日によってはワラサなどもいるようです。

しかしその後はソウダガツオの猛攻で、仕掛けが底まで降りない時間が続き大苦戦しました。
 
そして、いよいよ最後のポイント。ここは潮が速くて仕掛けが浮き上がりそうだったので、浮くことを考慮して底から9mのところで待ってみました。
 
すると青物ではないアタリが! 「これはもしや。」と、上げてきたら25cmほどでしたが本命マダイが久々に顔を出しました。
 
この日の私の釣果は2枚と、やや渋かったようです。

それでも終始北東の風強いなか、オマツリも少なく何とか本命をゲットできたので嬉しかったです。
 
沖揚がり後はソーメンと女将さん手作りのサックサクで美味しい天ぷらのサービスがありました。

常連さんとみんなでそれを頂きながら反省会(笑)。

温かい船宿さんで、なんだかとても良い1日を過ごすことができました。
 
船宿ごとに違うスタイルもあるコマセマダイ。

今から始まる秋のハイシーズンをそれぞれの攻め方で楽しみたいですね!

【相模湾・佐島沖】コマセマダイ 釣行レポート

秋の好シーズン突入! マダイは良型まじりで 美味なゲストも豊富!!

当日は佐島沖~城ヶ島沖を狙った

マダイの引きは三段引きと呼ばれ楽しい!

高橋船長が差し出すタモにマダイが収まった

金澤美穂さんは1.15kgのきれいなマダイを手にした!

金澤さんは小型ながら2枚目もゲット

こちらもキロ級のマダイ

この日の竿頭は2枚だった

軟調竿が絞り込まれた

竿を絞ったのは美味しいスマガツオだった

メジナもまじった

金澤さんはイナダもゲット

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・佐島「つね丸」

夏の高水温期も終わり、海はすっかり秋の様子。

数釣りが楽しめる秋ダイシーズンの到来です! 

今回取材した佐島港「つね丸」さんのタナ取りは海底から。

マダイが浮いてくることがあまりないらしいので、底付近に付けエサがくるようにするのがキモのようです。
 
海底からのタナ取りは初めてだったので最初戸惑いましたが、何度か投入を繰り返していくうちに慣れてきて、なんとか本命のマダイを釣り上げることができました。

ほかにはスマガツオやトラギス、ヒラメにアカハタが釣れました。同船者の方にはマトウダイを釣る方もいました。
 
当日はソウダガツオの猛攻も激しく、仕掛けが底まで落ちない状況が続いた時間もありました。

秋ダイの醍醐味の数釣りはできませんでしたが、不安だったタナ取りも克服し、仕掛けを自作しイメージどおりに食わせることができたので大満足でした。

まだシーズンは続くので、皆さんも是非チャレンジしてみてください。

以上の記事は「つり丸」2021年11月1日号の掲載記事です。

関連記事
小坪港「洋征丸」では、アジ五目が絶好調!ビシアジスタイルでマダイ、根魚、青物も狙う豪華なアジ五目!ぜひチャレンジしてみよう!
【相模湾・福浦沖~真鶴沖】午後出船で冬の、のんびりカワハギ釣りを満喫!スレ知らずの個体はビギナー入門最適!マダイは午前午後で五目で楽しもう!
茨城海域の全面解禁で、最盛期を迎えた関東エリアのヒラメ釣り!茨城・鹿島沖でも、エリア拡大でヒートアップ確実!漁礁、平場、イワシの回遊を狙い分け大型&数釣りを満喫しよう!
東京湾のアマダイが、絶好シーズンに突入!早くも50㎝オーバーの特大が浮上中!!潮具合でタナを調整しながら良型&数釣りを楽しもう!!
沼津湾の夜タチが好調継続中!沼津静浦港「清時丸」では10月下旬現在もトップ30~40本、いい日には60本以上を釣る日もあるなど釣れ続いている。
最新記事
小坪港「洋征丸」では、アジ五目が絶好調!ビシアジスタイルでマダイ、根魚、青物も狙う豪華なアジ五目!ぜひチャレンジしてみよう!
ブランド鹿島ダコの本格シーズン開幕中!餌木タコ釣法でビッグ サイズをゲットしよう!!12月は大型メインのシーズン!丁寧な小突きがカギだ!
【相模湾・福浦沖~真鶴沖】午後出船で冬の、のんびりカワハギ釣りを満喫!スレ知らずの個体はビギナー入門最適!マダイは午前午後で五目で楽しもう!
つりジェンヌ マナーアップキャンペーンキャッチフレーズ大募集!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル