MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
冬のイチオシターゲットと言えば、やっぱりヒラメ!【茨城・鹿島沖】

冬のイチオシターゲットと言えば、やっぱりヒラメ!【茨城・鹿島沖】

冬の沖釣りと言えばコイツ。みんな大好きヒラメちゃん。11月から数釣り継続中。全面解禁で数・型上昇!? これぞ冬の本命釣り物だ。

これからは水温の低下とともに、どんどん脂が乗って食味がグンとアップするヒラメの旬。寒い時期だからこそ釣りたい魚だ

この日はトップ11枚の2ケタ釣果。〝熱釣ドクター〟こと近藤惣一郎さんもヒラメ連発。「アタリが多くて楽しいです!!」。

11月に一部解禁した鹿島沖、12月から全面解禁で、さらにチャンスは広がる。

これから冬は、ヒラメの旬。身が厚くなり脂が乗って、とてもおいしい季節だ。

横流しで狙うのが基本。横流しは、釣り座に関係なくみんなに平均してアタリがある。

この日(11月12日)は、入荷したエサのイワシが小さかったこともあり、1㎏前後サイズが多かった。その後エサのサイズも大きくなり、17日に5.4㎏など、3〜5㎏前後の大型もコンスタントに上がっている。

茨城エリアのヒラメが本番だ!! 今シーズンも魚影はバツグン、タモ取りが間に合わないぐらいの入れ食いもあるぞ〜。

取材当日はエサが小さいこともあって小型が多かったものの、トップ11枚!

しっかり血抜きして帰れば、さらに食味もよくなる。

沖揚がり後に宿で昼食。これがまた美味しい!

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島港「義心丸」。

冬の沖釣りの象徴的な魚とも言えるヒラメ。これからは水温の低下とともに、どんどん脂が乗って食味がグンとアップするヒラメの旬。寒い時期だからこそ釣りたい魚だ。
このヒラメ釣りが12月1日に解禁するのが茨城エリア。11月からすでに一部解禁し好釣果があがっていたが、今後は全面解禁となり、さらにおもしろくなってくる。
鹿島港「義心丸」は11月の一部解禁からヒラメ乗合を出船開始。11月中からすでに2ケタ釣果も珍しくなく、トップ18枚など爆釣の日もあった。
「しばらくエサのイワシが小さいのしか入らなくて、ヒラメも小型が多かったんですが、大きなエサが入ったとたんに大型が出ました」と「義心丸」大森誠船長。1〜2㎏前後主体の数釣りだったのが、イワシが大きくなったとたんに5.4㎏が上がったという。数はもちろん型狙いの準備も万端だ。
全面解禁となる今後は、狙えるポイントもグンと広がる。アタリが多く、ドカン! と大型の期待も高くなって、茨城のヒラメ本番だ!!

以上の記事は「つり丸」2013年12月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
手軽に釣れて初心者にも優しいターゲット!東京湾のイシモチが開幕から好調!金沢八景「黒川丸」ではトップ50匹、30cm級もまじる!手軽な一方、腕の差が出るためベテランも納得の魚だ!
紅い超高級魚!波崎沖のアカムツが秋の本格シーズン突入!波崎港「浜茄子丸」での当日は制限尾数の10匹達成達が5人!取材翌々日には、今季最大53㎝(2.1㎏)のビッグワンも飛び出した!
東京湾のタチウオが好調!今シーズンも走水沖〜猿島沖で連日ドラゴン級が取り込まれている!好機継続中!タチウオとのカケヒキと強い引きを楽しもう!!
南房太海沖のFサビキによるクロムツ釣りが好調だ!ムツは40cmオーバーの大型主体に数釣りも!後半スルメはダブル・トリプルも…今後上昇に期待!!
外房 飯岡沖でマダイが確変フィーバー中!飯岡港「梅花丸」取材当日も水深27m前後の漁礁周りで大ダイ、中ダイが連発!記録更新を狙うなら今がチャンスだ!
最新記事
手軽に釣れて初心者にも優しいターゲット!東京湾のイシモチが開幕から好調!金沢八景「黒川丸」ではトップ50匹、30cm級もまじる!手軽な一方、腕の差が出るためベテランも納得の魚だ!
山賀丸の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
荒根の中で根魚を狙うHRFゲーム!伊東港「たか丸」では谷洋平船長が、ソフトルアーを使ったアカハタゲームに、ジグやタイラバも併用し伊東沖の楽しい遊び方を提供してくれる!
紅い超高級魚!波崎沖のアカムツが秋の本格シーズン突入!波崎港「浜茄子丸」での当日は制限尾数の10匹達成達が5人!取材翌々日には、今季最大53㎝(2.1㎏)のビッグワンも飛び出した!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読