MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
冬のイチオシターゲットと言えば、やっぱりヒラメ!【茨城・鹿島沖】

冬のイチオシターゲットと言えば、やっぱりヒラメ!【茨城・鹿島沖】

冬の沖釣りと言えばコイツ。みんな大好きヒラメちゃん。11月から数釣り継続中。全面解禁で数・型上昇!? これぞ冬の本命釣り物だ。

perm_media 《画像ギャラリー》冬のイチオシターゲットと言えば、やっぱりヒラメ!【茨城・鹿島沖】の画像をチェック! navigate_next

これからは水温の低下とともに、どんどん脂が乗って食味がグンとアップするヒラメの旬。寒い時期だからこそ釣りたい魚だ

この日はトップ11枚の2ケタ釣果。〝熱釣ドクター〟こと近藤惣一郎さんもヒラメ連発。「アタリが多くて楽しいです!!」。

11月に一部解禁した鹿島沖、12月から全面解禁で、さらにチャンスは広がる。

これから冬は、ヒラメの旬。身が厚くなり脂が乗って、とてもおいしい季節だ。

横流しで狙うのが基本。横流しは、釣り座に関係なくみんなに平均してアタリがある。

この日(11月12日)は、入荷したエサのイワシが小さかったこともあり、1㎏前後サイズが多かった。その後エサのサイズも大きくなり、17日に5.4㎏など、3〜5㎏前後の大型もコンスタントに上がっている。

茨城エリアのヒラメが本番だ!! 今シーズンも魚影はバツグン、タモ取りが間に合わないぐらいの入れ食いもあるぞ〜。

取材当日はエサが小さいこともあって小型が多かったものの、トップ11枚!

しっかり血抜きして帰れば、さらに食味もよくなる。

沖揚がり後に宿で昼食。これがまた美味しい!

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島港「義心丸」。

冬の沖釣りの象徴的な魚とも言えるヒラメ。これからは水温の低下とともに、どんどん脂が乗って食味がグンとアップするヒラメの旬。寒い時期だからこそ釣りたい魚だ。
このヒラメ釣りが12月1日に解禁するのが茨城エリア。11月からすでに一部解禁し好釣果があがっていたが、今後は全面解禁となり、さらにおもしろくなってくる。
鹿島港「義心丸」は11月の一部解禁からヒラメ乗合を出船開始。11月中からすでに2ケタ釣果も珍しくなく、トップ18枚など爆釣の日もあった。
「しばらくエサのイワシが小さいのしか入らなくて、ヒラメも小型が多かったんですが、大きなエサが入ったとたんに大型が出ました」と「義心丸」大森誠船長。1〜2㎏前後主体の数釣りだったのが、イワシが大きくなったとたんに5.4㎏が上がったという。数はもちろん型狙いの準備も万端だ。
全面解禁となる今後は、狙えるポイントもグンと広がる。アタリが多く、ドカン! と大型の期待も高くなって、茨城のヒラメ本番だ!!

以上の記事は「つり丸」2013年12月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
【新潟・間瀬沖~佐渡島沖】白子がうまい極上マダラのハイシーズン突入!「光海丸」流爆釣法を解説!近場はアジの泳がせで大ビラメ釣り!
東京湾LTアジが実りの秋に絶好調!密度の濃いコマセワークと正確なタナ取りで釣果アップ!入門にもオススメだ!
大原沖のテンヤマダイが好調!浅場で数釣りが楽しめる!中小型主体だけど大型も期待!アタリ多く釣りやすいのでビギナーにもオススメだ!!
波崎沖カンネコ根周辺のアカムツが乗っ込み最盛期!40㎝級のでっぷりボディーが爆釣中!激うま魚のベストシーズンを満喫しよう。
最新記事
【新潟・間瀬沖~佐渡島沖】白子がうまい極上マダラのハイシーズン突入!「光海丸」流爆釣法を解説!近場はアジの泳がせで大ビラメ釣り!
東京湾LTアジが実りの秋に絶好調!密度の濃いコマセワークと正確なタナ取りで釣果アップ!入門にもオススメだ!
1本ずつ手作りにこだわり強度に優れたコマセマダイ用仕掛け Amizesu「真鯛テーパー仕掛け(1本針・2本針)」
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル