身厚であま〜い激うまヤリイカ好発進!【駿河湾・石花海】

身厚であま〜い激うまヤリイカ好発進!【駿河湾・石花海】

例年、9月半ばに開幕する石花海のヤリイカ。今期は10月に開幕。のっけから絶好調の乗りだった。小型〜中型をメインにトップ50杯はザラ、100杯に迫る釣果も記録されている。


ヤリイカシーズンはまだ始まったばかりだ。今後は身厚で激うまのパラソル級が期待できるぞ

オールレンタルタックルでイカ釣り初めての人でもこのとおり。

サイズは小中まじりだが、数釣りができるのが今期の石花海の特徴。

「着底と同時に乗りましたよ!」。

「もう1杯乗ってたよ!」。

「このサイズが食べておいしいんですよ」。

イケスのなかはこのとおり。イケスのなかの海水は港まで常時出しぱなしにできるので、帰港までイカを生かすことができる。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・御前崎港「博栄丸」。

駿河湾の秋から冬の超人気ターゲット、ヤリイカが開幕中だ。ポイントは石花海。湾の中央部に位置し、豊富なプランクトンがいる場所だ。そこには、アブラエビや駿河湾特産のサクラエビが多くいて、それを捕食しているからここのヤリイカはあまくておいしいといわれている。近年ではこの食味求めて、東海はむろん関東全域から多くの釣り人が訪れている。
「エボシと相の瀬の2ヵ所を釣り分けてます。広範囲で乗りますから群れの濃さはまずまずですね。しばらくはこのヤリイカメインで出船します」とは、御前崎港「博栄丸」の大澤洋輔船長の弁。
釣り場の水深が200m前後と深いこともあり、ここではバレ防止のため、イカヅノは11㎝ダブルカンナヅノが主流。タイプは魚型などの扁平のツノが定番。
「今期もほとんどベタ底で乗ってます。静かにツノを動かずだけでいいですよ」と船長が言うように石花海では誘いすぎはよくない。1杯乗ったらすぐに回収せずにできるだけ、ゆっくりと巻きあげて追い乗りをさせることが数を伸ばすコツだ。
シーズンはまだ始まったばかり。今後は身厚で激うまのパラソル級が期待できるぞ。

ツノのカラーにこだわれ! ヤリイカ釣りの定番、淡い色が基本だ

関連する投稿


大型ヤリイカがズシズシくる!【相模湾・城ヶ島〜洲崎沖〜沖ノ瀬】

大型ヤリイカがズシズシくる!【相模湾・城ヶ島〜洲崎沖〜沖ノ瀬】

年々本格シーズンに入るのが遅い傾向にあるヤリイカ。今シーズンも同様で、ある程度数がまとまりだしたのは年末からだ。ヤリイカが数釣れ出したと思ったら、同時にいっぱいきちゃったのがサバだ。


相模湾のヤリイカ、誘って乗せれば楽しさ倍増!【相模湾・城ヶ島沖】

相模湾のヤリイカ、誘って乗せれば楽しさ倍増!【相模湾・城ヶ島沖】

今シーズンの相模湾は昨年同様にスタートが遅く、12月後半でも小型の姿が目立つ。ただでさえアタリの小さいヤリイカなのに、小型が目立つとあれば、かなり繊細な釣りになる。


相模湾のヤリイカはブランコ&直結でバクバク【相模湾・小田原南沖】

相模湾のヤリイカはブランコ&直結でバクバク【相模湾・小田原南沖】

相模湾西部のヤリイカは今シーズンも順調な乗りを見せている。秋口に開幕してからはおもに近場の瀬ノ海メインに狙っていたが、10月終わりから小田原南沖で好調な乗りを見せている。サイズは乗り味もいい中型主体に数釣りが続いている。


東京湾口のヤリイカ、数釣りオッケー!【東京湾口・沖ノ瀬〜洲崎沖】

東京湾口のヤリイカ、数釣りオッケー!【東京湾口・沖ノ瀬〜洲崎沖】

今シーズンの東京湾口部のヤリイカは8月末ごろに開幕。金沢八景から出船する「一之瀬丸」はシーズン当初は剣崎沖周辺をメインに狙っていたが、10月に入って群れは沖ノ瀬に集まり、ここを主戦場とするようになった。


石花海の深場五目でオニカサゴ釣り、一荷連発!!【駿河湾・石花海】

石花海の深場五目でオニカサゴ釣り、一荷連発!!【駿河湾・石花海】

駿河湾の激うまレア魚を専門に狙っている清水「大宝丸」長橋寿光船長。普段は大アラや大アカムツ、クロムツなど駿河湾の最高峰の美味魚求めて、湾内を縦横無尽に走り回っているという。そんな長橋船長にお願いして、オニカサゴ釣りを行った。


最新の投稿


レアな湾内のライトゲーム! 東京湾のメッキ&アジを釣る【東京湾】

レアな湾内のライトゲーム! 東京湾のメッキ&アジを釣る【東京湾】

多彩なゲームプランを提案し、関東近県のルアーアングラーを楽しませているのが磯子八幡橋の「釣福丸」だ。


大型ヤリイカがズシズシくる!【相模湾・城ヶ島〜洲崎沖〜沖ノ瀬】

大型ヤリイカがズシズシくる!【相模湾・城ヶ島〜洲崎沖〜沖ノ瀬】

年々本格シーズンに入るのが遅い傾向にあるヤリイカ。今シーズンも同様で、ある程度数がまとまりだしたのは年末からだ。ヤリイカが数釣れ出したと思ったら、同時にいっぱいきちゃったのがサバだ。


マハタ好調! イワシ泳がせ釣りで根魚&ヒラメ狙い【南房・千倉沖】

マハタ好調! イワシ泳がせ釣りで根魚&ヒラメ狙い【南房・千倉沖】

南房総千倉港の「千鯛丸」では、活イワシを使った泳がせ釣りが人気の釣り物だ。ヒラメ主体に根魚、青物などがまじる五目釣りだが、特に今シーズンはマハタの魚影が濃く数が出ている。


伊豆の最高ブランド魚・激うまトロキンメを仕留めろ【南伊豆須崎沖】

伊豆の最高ブランド魚・激うまトロキンメを仕留めろ【南伊豆須崎沖】

伊豆のブランド魚といえば、須崎沖で釣れるキンメダイが真っ先に思い浮かぶ。「トロキンメ」「新島キンメ」とも呼ばれている。一年を通して脂が乗っていておいしいことから、近年伊豆半島でNo.1の地位を獲得した魚だ。ポイントは須崎沖。水深は300〜400mの起伏の激しい根周りを釣る。


キンメダイ釣り、最初はレンタルでOK【東伊豆・伊東南沖〜大島沖】

キンメダイ釣り、最初はレンタルでOK【東伊豆・伊東南沖〜大島沖】

東伊豆から南伊豆などで行われる、ヘビータックルの本格的なキンメ釣り。本格的とはいっても、決して難しいことはない。ビギナーには敷居の高い釣りかもしれないが、やってみれば意外とカンタンだと思うひとは多いはず。初心者にもぜひチャレンジしてほしい。


ランキング


>>総合人気ランキング