MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
身厚であま〜い激うまヤリイカ好発進!【駿河湾・石花海】

身厚であま〜い激うまヤリイカ好発進!【駿河湾・石花海】

例年、9月半ばに開幕する石花海のヤリイカ。今期は10月に開幕。のっけから絶好調の乗りだった。小型〜中型をメインにトップ50杯はザラ、100杯に迫る釣果も記録されている。

ヤリイカシーズンはまだ始まったばかりだ。今後は身厚で激うまのパラソル級が期待できるぞ

オールレンタルタックルでイカ釣り初めての人でもこのとおり。

サイズは小中まじりだが、数釣りができるのが今期の石花海の特徴。

「着底と同時に乗りましたよ!」。

「もう1杯乗ってたよ!」。

「このサイズが食べておいしいんですよ」。

イケスのなかはこのとおり。イケスのなかの海水は港まで常時出しぱなしにできるので、帰港までイカを生かすことができる。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・御前崎港「博栄丸」。

駿河湾の秋から冬の超人気ターゲット、ヤリイカが開幕中だ。ポイントは石花海。湾の中央部に位置し、豊富なプランクトンがいる場所だ。そこには、アブラエビや駿河湾特産のサクラエビが多くいて、それを捕食しているからここのヤリイカはあまくておいしいといわれている。近年ではこの食味求めて、東海はむろん関東全域から多くの釣り人が訪れている。
「エボシと相の瀬の2ヵ所を釣り分けてます。広範囲で乗りますから群れの濃さはまずまずですね。しばらくはこのヤリイカメインで出船します」とは、御前崎港「博栄丸」の大澤洋輔船長の弁。
釣り場の水深が200m前後と深いこともあり、ここではバレ防止のため、イカヅノは11㎝ダブルカンナヅノが主流。タイプは魚型などの扁平のツノが定番。
「今期もほとんどベタ底で乗ってます。静かにツノを動かずだけでいいですよ」と船長が言うように石花海では誘いすぎはよくない。1杯乗ったらすぐに回収せずにできるだけ、ゆっくりと巻きあげて追い乗りをさせることが数を伸ばすコツだ。
シーズンはまだ始まったばかり。今後は身厚で激うまのパラソル級が期待できるぞ。

ツノのカラーにこだわれ! ヤリイカ釣りの定番、淡い色が基本だ

ツノは11㎝ダブルカンナが主流。浮きスッテも定番である。

こだわりたいのは、ツノのカラー。ヤリイカ釣りの定番である淡い色がまず基本。濃い色はコマセヅノとして1本ほど濃いカラーを混ぜるとよい。
濃いカラーは潮が濁っているときによく乗るという。
さらに、忘れてはならないのは、2〜3号の浮きスッテ。これもコマセヅノとして、1本付けるのみだが、乗り渋りのときには絶大な効果を発揮する。赤白タイプが定番だ。シーズンが進み、大型がよく乗るようになると、夜アカイカの必須アイテムである赤緑の浮きスッテが大型キラーになるのでタックルボックスに忍ばせておこう。

駿河湾も東京湾も変わらない!? ヤリイカタックルはこうだっ!

凪ぎの日にはイカ釣り船船団が形成される。

ハイパワーの電動リール使用時や深場の釣りにはこのリチウムイオンバッテリが活躍する。

タックルだが、駿河湾といえども、ヤリイカタックルは関東周辺、相模湾・東京湾口、南房と変わらない。
PE3〜4号400m収納した電動リールにヤリイカ専用ロッドの組み合わせでよい。が、ロッドは、7対3調子の2m前後のものなら流用できるのでイカ専用ロッドにこだわらなくてもよい。使用オモリは120号。
仕掛けのイカヅノは前述の理由で11㎝ダブルカンナタイプ5〜7本。
気になるツノの種類だが、定番は「魚型」。さらに、地元アングラーの間で評判がいいのが、下田漁具の「ダイヤエース」。どちらも、沈下速度が遅めの扁平タイプだ。
もちろん、卵型や棒状でもよい。そこは釣り人の好みといえよう。

石花海のヤリイカはこう釣る!

ポイントの水深は150m以深。平均して水深200m前後を攻めることが多い。

10月スタートから約1ヵ月の個体はこの中型が多かったが、みな身厚だった。

乗るのはほとんどベタ底付近。そのことを意識して誘いをいれよう。

石花海では、イカやベイトの反応を見つけてピンポイント攻撃をメインにするのではなく、基本的に船は大流しする。つまり、好漁場のため、広範囲にイカがいるということ。
そのため、相模湾や南房などのようにシャクリあげて広範囲を誘うのではなく、基本的にボトムオンリーの釣りとなる。
基本的な釣り方はこうだ。
オモリ着底後、ゼロテンションの状態でアタリを待つ。乗らなければ、竿の長さ分タルマセてやる。乗らなければ、オモリを着けたまま、ゼロテンションへ。一連の動作で乗らなければ、竿の長さ分、オモリを底からゆっくりとあげ、ストンと落とす。これを繰り返し、乗らなければ10〜20mほど巻き上げて、再び底ダチをとる、いわゆる“巻き落とし”をする。
基本的にオモリのボトム着底直後にイカが乗ることがほとんど。静かな誘いで乗らなければ、即座に巻き落としをしよう。
ここで重要なことは、ほとんどシャクリを入れないこと。静かな誘いに乗る傾向があることを覚えておこう。
イカが乗ったらけして強くシャクらない。ゆっくり5mほどデッドスローで巻き上げて追い乗りを期待する。数を上げるには、いかに追い乗りさせられるかがカギだ。

以上の記事は「つり丸」2017年12月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
春告魚、メバルが活況だ。「うちでは2月からスタートしましたが、昨年より数が多いです。特大はなかなかお目にかかれませんが、25㎝位までならけっこうまじって楽しめますよ」とは、長浦港「こなや」の進藤船長。
更新: 2019-04-26 07:00:00
外房といえばヒラマサ! だけではない。近年はサンパク・ワラサの人気も上々。リレー形式で攻めることが多い千葉・大原港「松鶴丸」。冬から春にかけての釣りを紹介する。
更新: 2019-04-22 12:00:00
欲張り派のアングラーはもちろん、グルメ志向の釣り師や大物師たちが大注目! 良型のシマアジ&イサキをメインに、マダイ、カンパチ、イシダイなどの高級魚を狙う静岡県網代南沖の遠征五目釣りが今期も開幕。
更新: 2019-04-21 07:00:00
外房でよく聞かれる言葉のひとつに「春マサシーズン」というキーワードがある。黒潮の影響を受けた南からの暖流(真潮)が、その勢力の強まりとともにヒラマサを外房沖へと運んでくる。一気にヒット連発だ! 
更新: 2019-04-11 12:00:00
例年ゴールデンウイーク頃までがシーズンとされる東京湾のシーバスゲーム。潮の影響なのか、今期は釣果があまり安定せず、よかったりよくなかったりを繰り返していたが、釣果が急激に上向きとなっている。
更新: 2019-04-08 12:00:00
最新記事
伊豆遠征ファンが心待ちしていた銭洲が解禁日を迎えた。日帰りでカンパチ狙いができる希少なフィールド。シーズン初期は小型が中心ながらもまさに入れ食いが期待できる。シマアジ、カンパチなど大物釣りを楽しもう。
更新: 2019-04-26 12:00:00
春告魚、メバルが活況だ。「うちでは2月からスタートしましたが、昨年より数が多いです。特大はなかなかお目にかかれませんが、25㎝位までならけっこうまじって楽しめますよ」とは、長浦港「こなや」の進藤船長。
更新: 2019-04-26 07:00:00
沼津沖は3月中旬ぐらいから4〜5㎏級の大型が上がり始めている。反応はしっかりとあるが、警戒心が強く、気難しい乗っ込みマダイ!波静かな海でじっくりと狙おう!条件がそろえばアタリは増えてくるぞ。
更新: 2019-04-25 12:00:00
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読