MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
タイラバ&タチウオにブリ狙いも期待十分!駿河湾・清水沖

タイラバ&タチウオにブリ狙いも期待十分!駿河湾・清水沖

タイラバ&タチウオにブリ狙い!駿河湾・秋の陣!清水「大宝丸」は、タイラバ&タチウオを軸にした自由度の高いリレー船で、駿河湾の遊び方を提案してくれる。

perm_media 《画像ギャラリー》タイラバ&タチウオにブリ狙いも期待十分!駿河湾・清水沖の画像をチェック! navigate_next

【駿河湾・清水沖】タイラバ&タチウオ 釣行レポート

タイラバ&タチウオに ブリ狙いも期待十分 駿河湾・秋の陣は要チェック!

午前船では夜明け前、午後船では日没後の短時間でお土産がまとまるのが同地のタチウオジギング。取材時は本番前だったが、年末にかけてはドラゴン級も顔を出すメニューとなる

1日で様々な魚と遊べる 駿河湾の懐の深さ……

水深20m未満の浅場と100m以上の深場が隣接している駿河湾の特性を活かして、1日で様々な魚と遊ばせてくれるのが「大宝丸」の流儀。秋の一押しはタイラバ&タチウオだが、タイミングを見て船長は5㎏超が出るブリも狙ってくれる

タイラバ、タチウオともやはり専用ロッドが一日の長がある。なお、タイラバでは青物の強襲もあるのでラインはPE1号がおススメ。ドテラ流しにあわせて200mはラインのストックを用意したい

秋は浅場~深場まで様々なポイントを攻めるため、タイラバのヘッドは幅広く用意したい。潮流しでは水深=g数だが、ドテラ流しでは水深×3=g数が必要になることもある

タイラバは、コンパクトなTG製の写真のヘッドが「大宝丸」では一番人気。狙う水深が幅広いのでヘッドは60~150gの球数を用意したい。タチウオでは、フォールが速く手返しがいい写真のモデルが取材時のヒットジグだった

水深が20m前後のポイントでは、スピニングタックルによる「投げラバ」も効果的。タックルの数だけ戦略が広がるフィールドだ

取材当日のタチウオは、前半が扁平ジグのロングフォール、後半は、速いワンピッチ&ポーズで連発した。

どちらもグロー系カラーのジグをしっかり畜光したものに反応が良かったので、UVライトをお忘れなく

浅場のポイントでは1㎏前後の「秋ダイ」の数が出るのも秋の釣り。浅場の釣りが安定してくれば、秋の最盛期が始まった証だ

︎秋には、浅場の根周りで、タイラバやジグにカンパチもよくバイトしてくる。伊藤さんは、「じつはこれが一番釣りたかった(笑)」と予報外の雨に耐えつつタイラバを引き倒していた

砂泥底のポイントでは、良型のイトヨリも。「いちおう赤い魚だけど、これじゃないですよね?(苦笑)」と地元の常連・酒井さん。ほかに良型アマダイもタイラバにヒットしてくることが珍しくないという

取材当日、3流しほどのブリ狙いでは3バイトがあったが、2フックアウト、1ラインブレイクで無念のノーキャッチ。魚体が見えたこのファイト写真の魚は、間違いなく8㎏を超えていた

取材前に上がったマダイ&ブリ級

澄んだ秋の潮とベイトの群れがマッチすれば、イワシに付いたマダイやアジ&サバの群れを狙うワラサとブリ(5~8㎏級)が期待十分。今後は、秋の最盛期に入るので、「大宝丸」HPの釣果は要チェックだ

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・清水「大宝丸」

中部エリアでは、もっとも早くタイラバゲームが定着した駿河湾西部。

その中でも、清水「大宝丸」は、タイラバ&タチウオを軸にした自由度の高いリレー船で、駿河湾の遊び方を提案してくれる。

「今年は夏が暑かったから、潮が焼けちゃって、まだ秋の釣りが本格化していないけど、澄んだいい潮がようやく沖にきたから、これからが本番だよ」とは長橋寿光船長。

本番になれば、メインのタイラバでは、ディープかシャロー(水深20~60m)のいずれかのポイントで秋ダイサイズにまじって3㎏超のマダイが狙える。

ここに、午前船は夜明け前、午後船では日没後のタチウオジギングが加わるのが定番のコースだ。

さらに見逃せないのが、裏本命ともいうべきブリの存在。

「秋から翌年の2月ぐらいまで、アジやサバといった大きなベイトの反応に5~8㎏級が付いている。タイミングさえ合えば、短時間の釣りでもバイトを出せるから、これに合わせたタックルも用意してきてね」と船長は言う。

その言葉通り、取材当日も3流しの短時間で3回のバイトが出た。残念ながらラインが1号のタックルだったため、キャッチにはいたらなかったが、これは見逃せない狙い物だ。

西風が吹くほどに、ベイトの気配が濃くなり、楽しみ方が広がる。

そんな「大宝丸」のゲームは要チェックだ。

以上の記事は「つり丸」2021年11月15日号の掲載記事です。

関連記事
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
オールシーズンゲームとなっている東京湾タチウオジギング!今回は前半戦だけで30本を記録した猛者がいるほどの食いっぷり!気軽に楽しめる釣りとしてジギングデビューにもおすすめだ。
何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル