東京湾口のヤリイカ、数釣りオッケー!【東京湾口・沖ノ瀬〜洲崎沖】

東京湾口のヤリイカ、数釣りオッケー!【東京湾口・沖ノ瀬〜洲崎沖】

今シーズンの東京湾口部のヤリイカは8月末ごろに開幕。金沢八景から出船する「一之瀬丸」はシーズン当初は剣崎沖周辺をメインに狙っていたが、10月に入って群れは沖ノ瀬に集まり、ここを主戦場とするようになった。


トップは50杯、翌日は80杯と高いレベルで安定しているのが嬉しい

ポイントは沖ノ瀬〜洲崎沖狙い。水深は150m前後が多いが、今後200m超えまで狙う。オモリは150号使用。

今シーズンは早い時期から沖ノ瀬で乗っている。この日は、新群れが入ってきたようで中小型主体だったが50杯の釣果が出た。連日安定して乗っているぞ!

ベテランの佐々木さんは着実に数を伸ばして50杯。翌日は80杯の釣果も出たぞ。

潮が速いときなどは、再投入するときも投入器に入れてからオモリを投げ入れよう。これでオマツリを防げる。

渡辺さんは連チャンで3杯掛け!

関連する投稿


ヤリイカとスルメイカ、春の相模湾はおもしろい!【相模湾】

ヤリイカとスルメイカ、春の相模湾はおもしろい!【相模湾】

茨城〜房総エリアではヤリイカが数釣れ始めた。一方、相模湾ではヤリイカとスルメイカが釣れているが、状況によって釣れるイカの割合が大きく変わっている。どちらのイカが多く釣れるにせよ、模様が良くなってきている。そこでヤリイカ&スルメイカを狙って釣行してきた。


ビギナーや入門に最適! 東京湾口のLTウイリー五目【東京湾口】

ビギナーや入門に最適! 東京湾口のLTウイリー五目【東京湾口】

まずは目的の魚が釣れた喜び。次にその魚がたくさん釣れた喜び。そして思いがけない大きさの魚や、高級な魚が釣れたときの喜び。こんな「喜び」の階段をのぼりながら沖釣りにハマっていった。そんなビギナー向けの「喜びの階段」が取りそろえられた沖釣りメニューがある。金沢漁港「忠彦丸」の沖のLTウイリー五目だ。


勝浦沖のヤリイカ、誘えばズンズン乗せ放題だ!!【外房・勝浦沖】

勝浦沖のヤリイカ、誘えばズンズン乗せ放題だ!!【外房・勝浦沖】

年々ヤリイカは釣れ出しが遅くなり、シーズンも長くなっている傾向がある。通常、ゴールデンウイークごろまでが釣期だったのが、6月いっぱいまで釣れたりと、かなりのロングランで釣れるイカになってきている。ここ、勝浦沖はほぼ例年通りのスタートだが、今後、たっぷりとヤリイカ釣りを楽しませてくれるポイントだ。


南房は浅場でヒラメ、深場はヤリイカがおもしろい!【南房・布良沖】

南房は浅場でヒラメ、深場はヤリイカがおもしろい!【南房・布良沖】

春間近の南房。港近くでは名物の花があちこちで咲き、温暖な環境を楽しむことができる。季節の変わり目となる3月は、釣り物が少なく行き先に悩むことが多いが、南房に来れば大丈夫。ターゲットは多彩だ。


浅場でカカリ釣りの夜ヤリイカ開幕中【駿河湾・大瀬崎沖】

浅場でカカリ釣りの夜ヤリイカ開幕中【駿河湾・大瀬崎沖】

駿河湾奥の沼津沖周辺はヤリイカシーズンまっただなか。日中は大瀬沖、「魚磯丸」に乗船すると久料からは約15分ほどの水深150〜200mで良型ヤリイカが乗る。比較されるのが駿河湾中央部の石花海だが、サイズは引け劣らず大型で10杯も釣れば十分だ。


最新の投稿


ささめ針より新発売「激釣アジビシ2本フロロ(金フッ素)」

ささめ針より新発売「激釣アジビシ2本フロロ(金フッ素)」

ビシアジ仕掛けのベーシックバージョン。貫通力があるフッ素コートハリ使用


ヤリイカとスルメイカ、春の相模湾はおもしろい!【相模湾】

ヤリイカとスルメイカ、春の相模湾はおもしろい!【相模湾】

茨城〜房総エリアではヤリイカが数釣れ始めた。一方、相模湾ではヤリイカとスルメイカが釣れているが、状況によって釣れるイカの割合が大きく変わっている。どちらのイカが多く釣れるにせよ、模様が良くなってきている。そこでヤリイカ&スルメイカを狙って釣行してきた。


スミス「サイドスラスター」PL01、GH01、GS01/ニューカラーが登場

スミス「サイドスラスター」PL01、GH01、GS01/ニューカラーが登場

ヒラマサに効く横方向のカーブスライドを誰にでも演出可能なメタルジグにニューカラー


良型がそろうぞ! 城ヶ島沖のオニカサゴ【相模湾・城ヶ島沖】

良型がそろうぞ! 城ヶ島沖のオニカサゴ【相模湾・城ヶ島沖】

オニカサゴは周年狙えるターゲットだが、春も充分な釣果が期待できる時期だ。じっくりと型物を狙おう!


「ダイワ レオブリッツS500J」中深場から大型青物までこれ1台でカバー

「ダイワ レオブリッツS500J」中深場から大型青物までこれ1台でカバー

ダイワからレオブリッツS500Jが登場。最上位機種であるシーボーグシリーズに 引け劣ることない機能とパワーを備えた注目の電動リール。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読