MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
茨城海域ヒラメ釣り!鹿島沖部分解禁!開幕絶好調!

茨城海域ヒラメ釣り!鹿島沖部分解禁!開幕絶好調!

さあ始まったぞ!茨城海域ヒラメ釣り!鹿島沖部分解禁で開幕絶好調!魚礁流しでは大ビラメを狙い撃ち!

perm_media 《画像ギャラリー》茨城海域ヒラメ釣り!鹿島沖部分解禁!開幕絶好調!の画像をチェック! navigate_next

全国屈指のヒラメ漁場が開幕! 茨城海域は横流し釣りがメイン。

魚礁と根周りで良型、平場で数釣り パターンを理解してから臨もう

11月は鹿島沖が部分解禁 そして12月は茨城海域全面解禁

茨城海域は漁師と遊漁間の取り決めで、遊漁による生きイワシエサのヒラメ釣りの期間が定められている。

まず11月1日にヒラメの好漁場である鹿島沖が部分的に解禁。

そのエリアは北が北緯36度00分、南が北緯35度52分の間。

陸上の目印となるのは、北が鹿島サッカースタジアム、南が日川浜だ。

12月には一部を除き、茨城県内の海域はほぼ全面解禁となる。

3月いっぱいが解禁期間となり、それ以降4月から10月いっぱいが禁漁となる。

今回、解禁日に乗船した鹿島「大久丸」は、遊漁のヒラメ禁漁期にヒラメ漁を長年している現役漁師船宿だ。

だから、大船長の大川久明さんはすこぶるヒラメの動きやポイントに詳しい。

さらに、そんな船長が船を風の力で安定させるスパンカーを使わずに緻密に船を安定させて流すという、スペシャルな操船力も加えて、われわれにヒラメを釣らせてくれている。

今期の様子を大船長に聞くと、「魚の数は例年どおりだろうけど、魚礁や根周りにはベイトの反応がないとヒラメがいないんだよ。逆にベイト反応があるところにいる傾向がかなり強い。こうなると腕のみせどころだが、ポイントが絞られるだけに他船との激戦になるから、釣ったもん勝ちになりそうだね。だから船長がどれだけポイントを知っているかが釣果を左右していくだろうね。それ以外の平場は、大流しになるけど、1㎏前後の小ぶりのヒラメがどうしても主体になってしまうかな。季節が進めば、例年どおりイワシが沿岸に回遊してくる。そうなるとイワシの群れの下で渡りの大ビラメを狙うようになるよ」とのこと。

横流し釣りがだが、繊細な アタリが取れるタックルが主流

茨城海域のヒラメ釣りでは風の力を利用して船を流す横流し釣り、いわゆるドテラ流しが多くの船で行われている。

これは、釣り座に関係なくヒラメが釣れる、いわゆる地の利をいかしたいわば画期的な効率がいい釣り方だ。

よってその横流しの意味を理解したうえでのたタックルセッティングがベストとなる。

ロッドはヒラメ専用。2~2.7mでオモリ負荷120号まで背負えるもの。

長さは好みでよいが、横流し釣りで120号の重さと船に流れによる潮の抵抗に耐えうるものが必要。

だが、横流しをしつつもピンポイントを攻める「大久丸」では、最近は軽量なショートロッド、つまりゲーム用や感度抜群のLT用が流行っている。

さまざまなものが使えるが穂先部は食い込みをよくする軟らかめのものをチョイスしよう。

7対3調子を基準に穂先が軟らかいものを選択するとよい。

リールは小型両軸でハイギアタイプの手巻き両軸リールか、小型電動。

シマノ社製なら400番~2000番、ダイワ社製なら200番~300番が適合。

リールに収納する道糸はPE3号が無難だが、水切れのよさを期待してPE2号でもオーケーだ。

仕掛けは横流し用で ハリスは90㎝とステ糸は短め

仕掛けは“横流し釣り”を前提としたものを用意しよう。

つまり、捨て糸が短めでハリスが捨て糸より10㎝以上長いものがそれだ。

ハリスの長さは90㎝前後。これがヒラメ専門店「大久丸」が結論づけたハリスの長さだ。

これを基本として仕掛けのバランスを各自調整していく。

ハリスの太さは6号。大型ヒラメを狙いたいなら8号でもよい。

イワシの泳ぎをよくしたいなら、細くしたほうがよい。

そして、横流しではステ糸の長さがカギとなる。

このステ糸の長さ調整でイワシの泳ぐタナも調整できる。

一般にヒラメ釣りでは、ステ糸の長さはハリスの長さマイナス10㎝程度が基本だが、近年の横流し釣りではハリス長の半分の長さが標準。

つまり、ハリス長が90㎝なら45㎝、約40㎝でよい。

小型水中ライトの使用は好みでオーケー

ヒラメ釣りにおける小型水中ライトの流行りの発端はこの「大久丸」と言われているが、結論から言うと使用は好みでよい。

使うならカラーが重要だ。「大久丸」では、一番実績があるカラーは、依然としてブルーだ。

潮がにごっているときや、夜明け前、雨天時など暗いときはこのライト効果があるように思える。

しかし、船上が混雑する土日祝やイナダなどの青物などが多く回遊しているときなどは注意。

青物にライト効果は覿面だ。

そうなると、青物の縦横無尽の走りが原因でオマツリとなるので、そんなときは意図的に外すようにしよう。

孫バリは背掛けにする シングルかトレブルかは状況次第

生きイワシエサには孫バリは背掛けにしよう

横流し釣りでは、エサのイワシが地べたを這うことを想定し根掛かりを避けるために、孫バリは背掛けにする。

孫バリはトレブルフックかシングルフックか、迷う人もいるとおもうが、状況に応じて使い分けるとよいだろう。

近年はシングルフックの有効性が見直され、シングルを使う人が増えている。

シングルフックはエサのイワシに与えるダメージが少なく、ヒラメがバイトしてからはフッキングしたらバレにくく、ハリ外しも楽に行える。

一方、かつて関東エリアでは一世風靡したトレブルフックは、サイズを問わず魚をかけてしまう、つまりソゲサイズを高確率でかけてしまうこととなったり、ハリ外しが困難になることが多いというデメリットを理解しておこう。

極端に食いが悪いときやあえてサイズを問わずヒラメを釣りたいときには有効なアイテムだ。

横流し釣りをイメージしよう 釣り座が風上側か風下側か

横流し釣りとは乗船者全員に効率よく魚と出会う機会を増やすための釣り方だが、なかなか理解しにくい。

そこで、イラストを見てしっかりとこの流し方の意味を理解してから釣ることが必要だ。

この釣りは風を船の真横から受け、その力を利用して船を流すというもの。

つまり、船は“トローリング状態”と理解するとよい。

“トローリング”だから、強引に船が仕掛けを引っ張ることとなる。

だから、風下側の釣り座では道糸が船下に食い込み、風上側では、斜め前方に道糸が出ていくこととなる。

イラストを見ればさらに分かりやすいだろう。

風上側では、道糸が前方に出ていくようになるため、釣り辛さはあまり感じないだろうがその反対の風下側は、道糸が船下にもぐりこむようになるので、釣り辛さを感じる人も多い。

だが、この釣り座は、風上の釣り座より有利な環境。

なぜならポイントに先に仕掛けが入るので、反対側の釣り座の人たちより釣れる確率が上がっているのだ。

分かっただろうか。

まずは横流しの意味を理解。そしてイメージを明確にしておく

風上側と風下側で釣り方を変えよう

横流し釣りの釣り方だが、基本はオモリトントン。

だがオモリを底から30~50㎝上げるようにするとよい。

船の流れる速さによるが、船の流れでオモリが“吹き上げられないようにする”ことが大事。

そのためのマメな底ダチとりが必要となる。

この考えを実行すると、風下側では底ダチを忠実に行うと糸をどんどんと出してしまうことも多い。

だが、風下側では“道糸を出す”ことは、有利な環境を生かしてない。

さらに風上側の人をオマツリをおこしてしまう。これでは釣れる魚も釣れなくなってしまう。

だから、風下側は、できるだけ道糸を出さずにオモリトントンをキープすることが大事だ。

そのために、風下側になったときのみ、標準サイズの80号のオモリより重い100号~120号を使うときもある。

逆に風上側の釣り座では標準オモリのみでよく、道糸を多めに出してもオマツリの原因とはならない。

だが、道糸を出せばだすほど仕掛けは移動してないこととなるので、ヒラメが近くにいなければ、釣れないこととなる。

オモリ替えは、状況に応じ判断しよう。

高ダナ攻めは船の流れがゆるいとき、澄み潮のときに行う

より大型を狙うために、高ダナ攻めをする、というのが一般的な考えだ。

この高ダナ釣法が効くのはある程度の条件が整ったときのみと理解しよう。

その条件とは、船の流れが遅いときや潮が澄んでいるとき。

船が流れない状況下では、同じポイントに長くとどまることとなるので、自分のイワシエサを広範囲にアピールするという目論みで底上1~2m上げのタナで待つことが有効となるのだ。

良型が釣れる人工魚礁や根周りでは、オモリトントン釣法では根掛かりしてしまう。

その根掛かり回避のために高ダナ待ちかある程度タナあげるアタリを待とう。

そんなポイントでは船長が底の形状を詳しくアナウンスするので聞き逃さないようにして対応しよう。

アタリがあったら早アワセは 禁物。ポンピングはNG

アタリが出たら、早アワセは厳禁。

まず、道糸を送らず静止してそのまま待つ。

送っても30㎝~50㎝ほどにしよう。

なぜなら、すでにトローリング状態でエサを引っ張っているので、それに食ってきたヒラメはなかなかエサを離さないからだ。

そして、十分に重み感じたり、グイグイと引いたり、さらには変化がないようなら“ゆっくりと聞きあげる”。この動作が大事だ。

これでフッキングはほぼ完了。

これ以降のやり取りはポンピングせずに竿を一定の角度に保ちつつ、リールを巻き上げてこよう。

そして、取り込みは必ずタモ入れしよう。

ヒラメが海面に浮上したら、タモ網のなかにヒラメの頭から入れるように上手に魚を誘導しフィニッシュだ。

【茨城・鹿島沖】ヒラメ 釣行レポート

さあ始まったぞ! 茨城海域ヒラメ釣り!

鹿島沖部分解禁!開幕絶好調!! 魚礁流しでは 大ビラメを狙い撃ち!

ヒラメ祭り初日の朝の鹿島港。平日だが大賑わいだ

横流し釣りでも最近はこの軽量なショートロッドで釣るのが流行りだ

このサイズがまじれば御の字だ。食べておいしいサイズはコレ

誰もが楽しめる!お手軽ヒラメ釣り!

女性アングラーでも気軽にエントリーできるのがここのヒラメ釣りだ

釣り座は関係なくヒットしてくる

タモ入れ決めて フィニッシュだ!

タモ入れが決まったらフィニッシュ。それまでは油断大敵だ

魚礁で大判キャッチに成功!!

常連の山田名人は朝いちに宣言どおり大ビラメキャッチに成功。魚礁周りでは良型が高確率でヒットする

いつもはツ抜けの勢いの山田名人だが、今年はちょっと控え目の釣果。サイズ狙いは達成という

解禁日は魚礁を中心に攻めたので良型ばかりがあがった

こちらも良型

5.5㎏!

この日最大はこの5.5㎏

規定数10枚に迫る釣果を記録した人が続出した

良型が魚礁や根周りで釣れている

横に突っ走るのはこのサンパクやイナダ

ゲストのマゾイ

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島「大久丸」

茨 城海域のヒラメが11月1日、鹿島沖で部分解禁。初日から絶好調だ。
 
ヒラメ漁を行なっている現役漁師でヒラメにすこぶる詳しい鹿島港「大久丸」大川久明船長に今年のヒラメの様子を聞くと、

「今年も昨年と同じくヒラメの魚影はまずまずだな。今期はとくにベイトにヒラメがついている傾向があるよ」と話す。
 
待望の初日は、全般的に水色は濁り状態。

昨年と同じく大川船長は、真っ先に水深40m前後の南沖の魚礁へフルスロットルで直行。

第1投目から船中あちこちで竿が大きな弧を描いた。

「アタリも多いけどバラシが多かったなぁ。全部とってたらすごい数になるね。潮があまり動いていないから、アワセをもっとしっかりすればもっと釣れたよ」と大川船長は言う。
 
船の釣りスタイルは茨城と千葉で主流の横流し釣り。

船の流れに合せて一定のタナをキープさせるのがコツ。
 
今後は、良型狙いの魚礁攻めのほか、灘よ りのツブ根絡みの砂地を横流し、イワシが回遊すれば浅場をせめていくという。
 
さらに、12月1日には茨城海域がヒラメ釣り全面解禁。

しばらくはここ鹿島沖のヒラメから目が離せない。

以上の記事は「つり丸」2021年12月1日号の掲載記事です。

関連記事
小坪港「洋征丸」では、アジ五目が絶好調!ビシアジスタイルでマダイ、根魚、青物も狙う豪華なアジ五目!ぜひチャレンジしてみよう!
【相模湾・福浦沖~真鶴沖】午後出船で冬の、のんびりカワハギ釣りを満喫!スレ知らずの個体はビギナー入門最適!マダイは午前午後で五目で楽しもう!
茨城海域の全面解禁で、最盛期を迎えた関東エリアのヒラメ釣り!茨城・鹿島沖でも、エリア拡大でヒートアップ確実!漁礁、平場、イワシの回遊を狙い分け大型&数釣りを満喫しよう!
東京湾のアマダイが、絶好シーズンに突入!早くも50㎝オーバーの特大が浮上中!!潮具合でタナを調整しながら良型&数釣りを楽しもう!!
沼津湾の夜タチが好調継続中!沼津静浦港「清時丸」では10月下旬現在もトップ30~40本、いい日には60本以上を釣る日もあるなど釣れ続いている。
最新記事
小坪港「洋征丸」では、アジ五目が絶好調!ビシアジスタイルでマダイ、根魚、青物も狙う豪華なアジ五目!ぜひチャレンジしてみよう!
ブランド鹿島ダコの本格シーズン開幕中!餌木タコ釣法でビッグ サイズをゲットしよう!!12月は大型メインのシーズン!丁寧な小突きがカギだ!
【相模湾・福浦沖~真鶴沖】午後出船で冬の、のんびりカワハギ釣りを満喫!スレ知らずの個体はビギナー入門最適!マダイは午前午後で五目で楽しもう!
つりジェンヌ マナーアップキャンペーンキャッチフレーズ大募集!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル