MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
茨城・日立久慈沖 テンヤマダイ!数釣りモード継続中!

茨城・日立久慈沖 テンヤマダイ!数釣りモード継続中!

茨城・日立久慈沖で中小型マダイ主体の数釣りシーズン突入!本命もゲストもアタリ多く初心者にもオススメ!

perm_media 《画像ギャラリー》茨城・日立久慈沖 テンヤマダイ!数釣りモード継続中!の画像をチェック! navigate_next

中小型マダイ主体の数釣りシーズン突入! 本命もゲストもアタリ多く初心者にオススメ

年間を通して多くの釣り物を楽しむ私だが、「何の釣りが好き?」という質問に迷わず答えるのが「ひとつテンヤマダイ」。

オモリとハリがセットになった「テンヤ」というシンプルな仕掛けを巧みに操ることで本命のマダイにアピール。

そしてひとたびマダイが掛かれば、極細の専用ロッドと道糸を介して力強いマダイの引きをダイレクトに感じることができる。

まさに釣りの醍醐味。

良型マダイが掛かった時のドラグが奏でる音色など、まさにテンヤフリークにとっては恍惚以外の何物でもないだろう。
 
このように書くと高い技術を要する難しい釣りのように感じるかもしれないが、このひとつテンヤが比較的簡単に楽しめるのが秋。

暑い夏が過ぎて、水温が落ちてくると人間同様に食欲が増すのか? それとも、これから迎える寒い季節に備えてエサを漁るのか? いずれにせよアタリが多いこの時期は、これからこの釣りを始めてみたい人にも「ひとつテンヤとはなんぞや?」を学ぶには最適期とも言える。

朝マヅメはアタリが遠い

日立久慈沖の水深30m前後を狙った

マダイの好漁場の日立沖でも、すでに数釣りシーズンに突入して連日好調と聞く。

日立久慈港「直重丸」の宇佐美智大船長によると「今はアタリが本当に多いですよ。600gほどのマダイの数釣りを連日楽しめています。マダイ以外にも青物や根魚などの外道もまじるので楽しいです」とのこと。
 
数少ないチャンスで良型を狙うマダイ釣りもいいが、多くのアタリを楽しむ中小型のマダイ釣りも甲乙つけがたい。
 
長く続く夏のような気温で、先週までは半袖で釣りをしてた。

それなのに、この1週間で一気に気温が急降下。

釣行日の10月24日は、なんと道中の車の外気温計は3.5度を指していた。

いくら秋を待ち望んでいたとはいえ、季節の変化が急過ぎないか? 急遽、厚手の雨合羽を防寒着代わりに船に乗り込んだ。
 
日立沖のマダイポイントは港を出てすぐ。

メインが岩礁帯なのでマダイ以外にも多くの根魚がまじるのも大きな魅力。

ただし、根掛かり必至でもあるので、テンヤの数は多めに。

そして水深30mほどの場所を探るので、テンヤは8号を中心に用意してきた。
 
テンヤの種類やカラーも釣果を分ける重要な要因。

私は高活性のマダイへのアピールのために、市販の遊動テンヤにアワビシートを貼ったオリジナルテンヤを用意。準備は万端。

あとは秋ならではの数多くのアタリを楽しむのみ。
 
その前に、まずは皆さんの写真を撮ろうと、はやる気持ちを抑えて前半は撮影に徹した。

マダイは明け方と夕マヅメにアタリが連発する傾向が強いので若干の後ろめたさはあるものの、船長の「終日アタリはある」という言葉を信じる。
 
しかし、期待と裏腹に肝心の朝マヅメのアタリが遠い。

魚群探知機の反応は色濃く、船長も「昨日はこの反応で入れ食いだったのに…」と首をかしげる。

付けエサは冷凍エビを使用

次第にアタリが増え 好調にアタる!

まさかの「昨日はよかったのに…」と心配したが、日立沖の好調なマダイはそれでは終わらなかった。日が昇って暖かくなってくると、次第にアタリが出始めた。
 
500g弱をメインに、時おり600~800gがまじるといった感じ。

そしてマダイ以外にハナダイも混成で釣れてくる。竿を叩く様はサイズに関係なくタイのそれ。

徐々にサイズも上がってきて、キロ前後もまじり始めた。
 
ここで居ても立ってもいられず、いよいよ私も実釣開始。

まずは潮の流れと水深の目途を立てるべく、真下にテンヤ投入して様子を見る。

すると着底後、すぐにカツカツと小さいアタリ。

周りはベララッシュに苦戦していたので、外道かなとシャープにアワセを入れると、第一投から小気味良く竿先が叩かれた。小型ながらハナダイをゲット。
 
二投目からは第一投で着底するときの糸の色の目途が立っていたので、目安の色に達するまでにフリーフォール。

そしてカーブフォールとアクションを入れてみる。

比較的根掛かりが少ないとわかると、チョイ投げ底引きといろいろと試す。
 
どれが正解と決められないほどに遜色なくアタリが出る。

問題は掛けられるかどうかだ。

底付近には本命のマダイ、ハナダイ以外にベラなどの多くの外道がいるようだ。

小さな口でエサをついばむので、小さなアタリは出るものの空振り多発。

きれいにエサだけ奪われてしまう。

ただ、この小さなアタリを拾えるのがひとつテンヤの魅力だ。

サイズアップ狙いで タナを高くする!

ベラの猛攻をかわそうと、少しタナを浮かせて、アタリの数を犠牲にサイズを狙う作戦に変更。

すると狙いどおりにガツっという強めの引き込み。

キロには少し届かないが、この日のなかでは良型の800gほどの本命をゲット!
 
周りで釣れている魚を見て、小型ばかりの場合はタナを少し高くする。

アタリの数が少ない場合は、チョイ投げして底近辺を遊動テンヤで広めに探るなど、自分なりに工夫して釣果を伸ばした。
 
結局、エサが無くならずに仕掛けを上げてくる投入はゼロ。私は17枚を釣って納竿。

トップの方は20枚オーバー(小型をリリースしてしまっていたので詳細は不明)だったそう。
 
しかし、これだけアタリがあっても渋い日だったそうだ。

「前日はこれの倍以上はアタリがあったんだけどな~」と宇佐美船長。

日立沖の秋マダイ恐るべしだ!
 
今ならビギナーでも外すことはなさそうだ。

アタリの出方、着底の確認。有効な誘い方、アワセ方などなど基本を学ぶのには最適なシーズン。

ぜひ、マダイの数釣りを楽しんでいただきたい。

【茨城・日立久慈沖】テンヤマダイ 釣行レポート

本命もゲストもアタリ多く ビギナーにもオススメ

取材当日は朝イチからあちこちで竿が曲がった!

マダイは0.5~1㎏のサイズが頻繁にアタる!

日立沖のマダイは数釣りシーズンに突入している

当日は500~600gぐらいがアベレージだった

こちらもアベレージサイズ

全員が型を見た!

これはハナダイ

イナダもまじる

ソイやカサゴなどの根魚も定番ゲスト

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・日立久慈「直重丸」

長期間続いた夏のような気温に、秋の訪れの実感はなかった。

しかし、海の季節は確実に進んでいる。人間同様に「食欲の秋」が魚にも訪れ、普段は釣るのが難しい魚が案外簡単に釣れてしまうシーズンでもある。
 
マダイもまさにそうで、数釣りにはうってつけの時期。

ゲーム性の高い「ひとつテンヤマダイ」が人気の日立沖では、連日数釣りモードの好調が続いている。
 
日立久慈港「直重丸」の宇佐美智大船長によると「今はアタリが本当に多いですよ。600gほどのマダイの数釣りが連日楽しめています。マダイ以外にも青物や根魚などの外道がまじるのも楽しいです」とのこと。
 
10月後半になると急に気温が落ち込み、いよいよ秋本番。

着底と同時にアタリが出る高活性で、マダイにハナダイもまじって20匹オーバーの数釣りモードを楽しんだ。
 
極細のテンヤマダイ専用ロッドとPE1号ほどの細糸から伝わる魚信。

慣れてくると魚からの信号以外にも海底の様子や潮の流れも明確に感じることができる。

この繊細さが多くのアングラーに人気の理由。シンプルな仕掛けだからこそ味わえる高いゲーム性。

アタリの数が多いこのシーズンに少しでも多くのデータを蓄積させることで、引き出しの数を増やしておこう!

以上の記事は「つり丸」2021年12月1日号の掲載記事です。

関連記事
小坪港「洋征丸」では、アジ五目が絶好調!ビシアジスタイルでマダイ、根魚、青物も狙う豪華なアジ五目!ぜひチャレンジしてみよう!
【相模湾・福浦沖~真鶴沖】午後出船で冬の、のんびりカワハギ釣りを満喫!スレ知らずの個体はビギナー入門最適!マダイは午前午後で五目で楽しもう!
茨城海域の全面解禁で、最盛期を迎えた関東エリアのヒラメ釣り!茨城・鹿島沖でも、エリア拡大でヒートアップ確実!漁礁、平場、イワシの回遊を狙い分け大型&数釣りを満喫しよう!
東京湾のアマダイが、絶好シーズンに突入!早くも50㎝オーバーの特大が浮上中!!潮具合でタナを調整しながら良型&数釣りを楽しもう!!
沼津湾の夜タチが好調継続中!沼津静浦港「清時丸」では10月下旬現在もトップ30~40本、いい日には60本以上を釣る日もあるなど釣れ続いている。
最新記事
小坪港「洋征丸」では、アジ五目が絶好調!ビシアジスタイルでマダイ、根魚、青物も狙う豪華なアジ五目!ぜひチャレンジしてみよう!
ブランド鹿島ダコの本格シーズン開幕中!餌木タコ釣法でビッグ サイズをゲットしよう!!12月は大型メインのシーズン!丁寧な小突きがカギだ!
【相模湾・福浦沖~真鶴沖】午後出船で冬の、のんびりカワハギ釣りを満喫!スレ知らずの個体はビギナー入門最適!マダイは午前午後で五目で楽しもう!
つりジェンヌ マナーアップキャンペーンキャッチフレーズ大募集!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル