MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
今期大流行のブレードジグがオススメ!東京湾のサワラゲーム!

今期大流行のブレードジグがオススメ!東京湾のサワラゲーム!

東京湾のサワラゲームが好調だ!投げて巻くだけ今期大流行のブレードジグがオススメ!サゴシサイズは少なく、2~3kgクラスがアベレージ。

perm_media 《画像ギャラリー》今期大流行のブレードジグがオススメ!東京湾のサワラゲーム!の画像をチェック! navigate_next

流行りのブレードジグを使って サワラを釣ろう!

今期当たり年のサワラ 1.5~3㎏クラスが中心

東京湾のサワラが人気だ。今年はシーズン初めから好調。

ビッグワンこそ少ないものの、1.5~3㎏クラスを中心に釣れている。

1本キャッチできればまず安心、という釣りだけに数が出ているとは言いにくいが、それでも良い日に当たればトップで5~6本という釣果は珍しいことではない。

「ハズす日ももちろんありますけど、全体的には好調と言っていいと思いますよ」とはルアー青物乗合としてサワラを追っている、川崎「つり幸」の村山克英船長。
 
悪天候下の取材日でも、全体的に好調。残念ながらおひとりだけ型見ずに終わったものの、ほぼ全員がサワラのキャッチに成功。

ゲストのタチウオやイナダも登場したため、賑わいを感じる釣りとなった。
 
いつまで狙えるか? はサワラ次第ともいえるが、近年の状況からすれば年内いっぱいは十分に楽しめると思われる。

以降は船宿によって対応が異なってくる可能性があるが、「つり幸」では、ルアー青物としてのメインが変わる可能性があるほか、シーバス狙いに変わるまでは出船する予定という。
 
今期のサワラの釣果安定には、ナブラがなくても釣りが成立するブレードジグの存在が大きい、と思われる。

そこで、以降は「つり幸」常連の山田さんのアドバイスを基に、ブレードジグを使ったサワラゲームの基本を紹介していこう。

ナブラがなくても釣りが成立するブレードジグの使い方

とにかく今年はこのルアー、ブレードジグ/ブレードジグのウエイトは30~40gが使いやすい

まずはブレードジグ。

カテゴリー分けがあいまいなものがあるが、メタルジグに金属製のブレードが装着されているもの(自作も可能)から、スピンテールジグの形状に近く、専用に作られたものもある。
 
山田さんのおすすめは後者に属するアクアウェーブの「メタルマジックTG」。

使用するウエイトは30g、40gが多いというが、ポイントの水深や潮の流れ、風の強弱、ヒットレンジの上下によって使い分けていくのが基本だ。
 
もちろん、このルアーでなければ、というわけではない。好みのブレードジグを使えばよい。

「どんなブレードジグでも釣れますが、フロントフックが付いたものは取ってしまったほうがいいと思います。フロントに掛かるとラインブレイクが増えるからです」と山田さん。
 
リアフックに掛かればラインの結節部分まで遠いためラインブレイクの心配はグッと減る。

現実的には飲み込まれていることも多いと思う、とは山田さんだが、高速で巻くことが多いため、口中から引き出されているのでは? と推察している。

その証拠に1本釣るとかなりの確率でリーダーに傷が入っているという。

1本釣ったら結び替える、という心構えが大切だ。
 
山田さん使用のタックルをチェックしてみよう。

ロッドは7.3 ftのボートシーバス用。

張りが強すぎず、しっかり曲がり込むタイプのロッドが、アンダーハンドでキャストしやすく、バラシも少なくなるのでおすすめ、という。

リールはダイワ製の5000番。高速リトリーブに対応しやすい、ハイギアタイプをセレクトしている。
 
ラインはPE1.2号、リーダーは50 Lb。リーダーはキャストトラブルを防止するため、リールのスプールに巻き込まない程度の短めにセットしている。

山田さんのおすすめはアクアウェーブの「メタルマジックTG」(左)。もちろん、さまざまなものが使える

釣り方は簡単 ジグをキャストして巻くだけ

慣れればベイトでもよいが、まずはスピニングリール、4000番クラス以上のハイギアタイプを用意したい

釣り方の基本はブレードジグをキャストして巻くだけ、というシンプルなもの。

ジャークする必要はない。特徴は高速リトリーブ、ということ。

元祖の瀬戸内地方では「リールから煙が出るくらい速く巻け」と言われるほど。

遅めのスピードだとタチウオやイナダがヒットする確率がアップする、というから目安にするとよいかも知れない。
 
いずれにしろ高速がキーワード。

そのためには4000番以上のサイズでハイギアタイプのリールが必携。

ローギアタイプのリールを使い、巻く速度を上げるのは限界があるからだ。

リールのセレクトは釣果を分ける重要な要素だ。

「僕はキャスト後、10カウント、15カウントくらいで巻き始めてしまいます」とは山田さん。

ただし、着底後、リトリーブ開始直後にドンっと来るパターンもある、というので、このあたりは好み、または探りつつ対応していくとよいだろう。
 
ヒットレンジは日替わりだ。表層近くが良かったり、ボトム付近が良かったり。

ルアーを引くレンジは、キャストの距離によっても変わるし、リトリーブスピード、ロッドの角度、ルアーウエイトなど、さまざまな要素によって変えることができる。

厳密にいえば釣り座によっても変わってしまう。
 
毎回キャストごとに回収するので、ボトムを取れば中層は必ず通ることになる。

それゆえまずはボトムを取って幅広く、レンジが絞れてきたらその意識して攻めていくとよいだろう。
 
ただ巻きで十分にヒットが望めるが、山田さんは1回のキャストで1~2回、最大で2秒を目安にストップを入れるという。

このタイミングでヒットすることが多いというから参考にしていただきたい。

サワラは凄く引く、という魚ではない。ヒットしてからは1回走らせてしまえば案外大人しくよってくる。

フッキングがしっかりできる程度は確保して、心配であれば弱めのドラグ設定をしておけばバラシを減らすことができるはず。

ぜひ健闘をお祈りする!

東京湾のサワラゲーム 釣行レポート

アンダーハンドでロングキャスト!出来ない人は練習しておこう

強引なファイトは禁物。優しく、優しく寄せてくるのがコツだ

常連の山田さんがキャッチしたグッドコンディション

この鋭い歯が曲者。ルアーロストは覚悟しておきたい

当日4本を釣ったアングラーが使っていたタングステン製のメタルマジック40g

釣りあげたサワラが吐き出したイワシのサイズは約7cm以下ばかりだった

このサワラもメタルマジックでヒット!

ラインテンションを緩めずに、丁寧にネットに導こう。村山克英船長が確実にキャッチしてくれる

こちらもメタルマジックでヒット!

3kgクラスのナイスサイズ

しっかり厚みのある、良いコンディションのサワラ

強引なファイトは禁物。優しく、優しく寄せてくるのがコツだ

タチウオはサワラに負けず劣らずの、美味しいゲストだ

ゲスト参加のタチウオは良型が目立った

良型シーバスもヒット

イナダは定番ゲストのひとつ

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・川崎「つり幸」

東京湾のサワラゲームが好調だ。

連日、好釣果に沸いているため、週末はどこも満船状態。

人気のほどがうかがえる状況だ。

「羽田沖、千葉沖、長浦沖、富津沖と毎日のようにポイントが変わっています。

探すのも大変ですが、いまのところ何とか当てられる日が多いですね」とは、ルアー青物の看板で出船している川崎「つり幸」の村山克英船長。

10月下旬現在、サゴシサイズは少なく2~3㎏クラスがアベレージ。

相手が相手だけに全員釣果は難しいが、3本、4本と釣る人も珍しくはない。

取材日は長浦沖からスタート。

冷たい雨の降る平日とあってお客さんは少なめだったが、比較的早い時間から本命登場! 

その後もタチウオやイナダをまじえながらコンスタントにヒットが続いた。

干潮から上げ潮に変わったタイミングで時合到来! バタバタとヒットが続き、トップは4本のキャッチに成功。

バラシは多数で、ほとんどのアングラーがサワラを手にすることが出来た。

取材時は今期大流行のブレードジグが好調。

投げて巻くだけのイージーさもあって誰にでもチャンスが訪れている。

今後はナブラをミノーやペンシルで狙い撃つパターンが増えるかも知れないが、いずれにしてもまだまだ楽しめるはず。

とはいっても、いついなくなってもおかしくはない回遊魚。

早めの釣行をおすすめする。

以上の記事は「つり丸」2021年12月1日号の掲載記事です。

関連記事
SLJのメッカ・冬の陣開幕!小さなジグだからバ イトが出る!イナダ&サンパク、マダイも登場!小さなジグを使うが、「広布号」のターゲットは、つねにビッグワンだ!
大原沖の青物ゲームがヒートアップ中!今回の取材では大型10㎏と7.5㎏のヒラマサをキャッチ!ジギング&キャスティングで迎撃開始だ!
【東京湾】キャスト&ジギングで狙う冬シーバスゲームが好期突入!この時期、ビギナーにルアーで魚を釣る楽しさを教えてあげるにも最適だ。ぜひ、仲間や家族を一緒にチャレンジしてみよう。
横浜・根岸湾のメッキゲームが面白い。魚種多彩なうえに、ときにビッグサイズがドンッ!お早めのお出かけを!
東伊豆・伊東沖で、晩秋~翌春までホットシーズンを迎えるのがティップランによるアオリイカだ。ジグやタイラバを使ってルアーの五目釣りを楽しむ二本立ても面白い!
最新記事
ちょっとお手軽! でも釣果は本格的!それが小坪港「太郎丸」のキンメ五目だ!ビギナーもフルレンタルでOK!ぜひチャレンジを!
南房のアカムツが年末から復活の兆し!ポイントは真沖行程30分,水深250m前後!良型アカムツオンリーを午前と午後船で楽しもう!近場のアマダイ五目もおすすめだ!
リーズナブルなルアーフィッシング用フロロライン「シーガー フロロマイスター300」
上越沖の寒ブリは1月中もまだチャンスシーズン!今期もやってきた極上ブリ!上越沖は希少なポイントなので、ぜひ積極的に行ってみほしい。
厳寒期でも数釣り&大型が狙える!相模湾のアマダイが好調だ!LTだから誘いやすくアタリもわかりやすい!積極的に誘って食わせよう!!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル