MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ゲスト多彩! 初冬のコマセマダイ【南伊豆・石廊崎沖〜白浜沖】

ゲスト多彩! 初冬のコマセマダイ【南伊豆・石廊崎沖〜白浜沖】

本格的な冬を前に各地でコマセマダイが面白くなっている。この時期は多彩なゲストがまじり、五目釣り感覚で楽しめる。とくにワラサ&イナダ、カンパチなどの青物がよくまじり、釣り人たちを熱くさせている!

マダイは秋パターンの延長! 青物はワラサ&イナダ、カンパチまじり! 今後はシマアジの期待もあるゾ!!

取材当日は石廊崎沖を狙った! ロケーション抜群!!

アベレージサイズをゲット。

イナダは数釣れることも珍しくない。

2本バリ仕掛けにマダイとイナダの一荷!

小型のカンパチもよく掛かる!

マダイは中ダイクラスが連発することも!

当日は前半にワラサのヒットが集中した。

マダイに青物で、クーラーはごらんのように賑やかになった!

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・下田柿崎「兵助屋」。

南伊豆海域のマダイが、まずまずの好調ぶり。寒くなってきているが、マダイ釣りは秋の延長という状況。条件がいい日には、中型サイズの数釣りが楽しめている。
また11月初旬の時点では、まだワラサもアタっている。このほかイナダ、カンパチもまじっている。
取材は下田柿崎「兵助屋」で敢行。当日は石廊崎沖を狙い、朝イチからマダイ、ワラサ、イナダのいずれかが好食い! このほかカンパチ、イサキもまじったのだった。
マダイのほかに前述した青物もまじる状況では、ハリスの号数が悩みどころ。「朝イチは4号、10mの仕掛けで様子を見てください」とは「兵助屋」の鈴木俊和船長。取材当日のワラサもすべて4号ハリスで取り込まれた。
南伊豆海域はマダイの好ポイントがたくさん。白浜沖でもワラサまじりでマダイが釣れており、今後は神子元沖でシマアジも期待できる。しばらくは高級青物まじりでマダイ釣りが楽しめそうだ!

タックルは強めのコマセマダイ用で

コマセはオキアミ。ビシはステン缶がオススメ。

付けエサのオキアミは1匹掛けが基本。

タックルはコマセマダイ用を使うが、できれば竿は元部分がしっかりした強めのコマセマダイ用を使いたい。
イナダやワラサが連発するときには、オマツリしやすい。とくに時間をかけてやり取りすると、何人もの釣り人とオマツリしてしまいがち。ラインを巻き取ることができるときに最大限巻き、ラインを出すときは最小限に抑えるのが理想。元部分がしっかりした強めの専用竿のほうが、ラインを巻き取るときに巻きやすいのだ。
長さは2.4〜2.7mの短め、または3〜3.3mの長めのどちらでも可。短めは手持ち派、またはウネリがない凪の日にオススメ。長めは置き竿派、またはウネリがあるシケ気味の日にオススメだ。
竿のセレクトと同様に、リールも可能なら巻き上げ力のあるハイパワータイプの小型電動がオススメ。イナダ、ワラサが連発するときには、とても強い味方になるだろう。
そしてパワーも大事だが、ドラグ性能も大事。スムーズにラインが出る、高性能ドラグを搭載したモデルを選ぶようにしたい。
道糸としてPEラインの3〜4号を300m巻いておけば万全だ。

以上の記事は「つり丸」2017年12月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
沼津沖は3月中旬ぐらいから4〜5㎏級の大型が上がり始めている。反応はしっかりとあるが、警戒心が強く、気難しい乗っ込みマダイ!波静かな海でじっくりと狙おう!条件がそろえばアタリは増えてくるぞ。
更新: 2019-04-25 12:00:00
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00
ほぼ周年楽しめる南房江見沖のアカムツだが、本格シーズンは4〜12月。そのロングランシーズンが開幕した。高級魚としてすっかりおなじみになったアカムツ。水深250m深場にナイスボディで美味な個体が勢ぞろい中だ。
更新: 2019-04-24 07:00:00
網代港「ゆたか丸」の遠征シマアジ・イサキ五目釣りがスタートした。イサキを主体に多彩なゲストが釣れる楽しさいっぱい。イサキはもとより、開幕直後の狙い目はシマアジ。強烈な引きが魅力の高級魚だ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
最新記事
伊豆遠征ファンが心待ちしていた銭洲が解禁日を迎えた。日帰りでカンパチ狙いができる希少なフィールド。シーズン初期は小型が中心ながらもまさに入れ食いが期待できる。シマアジ、カンパチなど大物釣りを楽しもう。
更新: 2019-04-26 12:00:00
春告魚、メバルが活況だ。「うちでは2月からスタートしましたが、昨年より数が多いです。特大はなかなかお目にかかれませんが、25㎝位までならけっこうまじって楽しめますよ」とは、長浦港「こなや」の進藤船長。
更新: 2019-04-26 07:00:00
沼津沖は3月中旬ぐらいから4〜5㎏級の大型が上がり始めている。反応はしっかりとあるが、警戒心が強く、気難しい乗っ込みマダイ!波静かな海でじっくりと狙おう!条件がそろえばアタリは増えてくるぞ。
更新: 2019-04-25 12:00:00
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読