MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ゲスト多彩! 初冬のコマセマダイ【南伊豆・石廊崎沖〜白浜沖】

ゲスト多彩! 初冬のコマセマダイ【南伊豆・石廊崎沖〜白浜沖】

本格的な冬を前に各地でコマセマダイが面白くなっている。この時期は多彩なゲストがまじり、五目釣り感覚で楽しめる。とくにワラサ&イナダ、カンパチなどの青物がよくまじり、釣り人たちを熱くさせている!

マダイは秋パターンの延長! 青物はワラサ&イナダ、カンパチまじり! 今後はシマアジの期待もあるゾ!!

取材当日は石廊崎沖を狙った! ロケーション抜群!!

アベレージサイズをゲット。

イナダは数釣れることも珍しくない。

2本バリ仕掛けにマダイとイナダの一荷!

小型のカンパチもよく掛かる!

マダイは中ダイクラスが連発することも!

当日は前半にワラサのヒットが集中した。

マダイに青物で、クーラーはごらんのように賑やかになった!

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・下田柿崎「兵助屋」。

南伊豆海域のマダイが、まずまずの好調ぶり。寒くなってきているが、マダイ釣りは秋の延長という状況。条件がいい日には、中型サイズの数釣りが楽しめている。
また11月初旬の時点では、まだワラサもアタっている。このほかイナダ、カンパチもまじっている。
取材は下田柿崎「兵助屋」で敢行。当日は石廊崎沖を狙い、朝イチからマダイ、ワラサ、イナダのいずれかが好食い! このほかカンパチ、イサキもまじったのだった。
マダイのほかに前述した青物もまじる状況では、ハリスの号数が悩みどころ。「朝イチは4号、10mの仕掛けで様子を見てください」とは「兵助屋」の鈴木俊和船長。取材当日のワラサもすべて4号ハリスで取り込まれた。
南伊豆海域はマダイの好ポイントがたくさん。白浜沖でもワラサまじりでマダイが釣れており、今後は神子元沖でシマアジも期待できる。しばらくは高級青物まじりでマダイ釣りが楽しめそうだ!

タックルは強めのコマセマダイ用で

コマセはオキアミ。ビシはステン缶がオススメ。

付けエサのオキアミは1匹掛けが基本。

タックルはコマセマダイ用を使うが、できれば竿は元部分がしっかりした強めのコマセマダイ用を使いたい。
イナダやワラサが連発するときには、オマツリしやすい。とくに時間をかけてやり取りすると、何人もの釣り人とオマツリしてしまいがち。ラインを巻き取ることができるときに最大限巻き、ラインを出すときは最小限に抑えるのが理想。元部分がしっかりした強めの専用竿のほうが、ラインを巻き取るときに巻きやすいのだ。
長さは2.4〜2.7mの短め、または3〜3.3mの長めのどちらでも可。短めは手持ち派、またはウネリがない凪の日にオススメ。長めは置き竿派、またはウネリがあるシケ気味の日にオススメだ。
竿のセレクトと同様に、リールも可能なら巻き上げ力のあるハイパワータイプの小型電動がオススメ。イナダ、ワラサが連発するときには、とても強い味方になるだろう。
そしてパワーも大事だが、ドラグ性能も大事。スムーズにラインが出る、高性能ドラグを搭載したモデルを選ぶようにしたい。
道糸としてPEラインの3〜4号を300m巻いておけば万全だ。

以上の記事は「つり丸」2017年12月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
シマアジやカンパチなどの超高級青物が高確率で釣れるエリア!外房 小湊沖!小湊港「寿々木丸」の青物五目をレポート!
東京湾、木更津沖のハゼ釣りが開幕!深川の「冨士見」では手慣れた人が二束、三束のハゼを釣り上げる。貸し竿に手バネ竿が用意されているのでァミリーフィッシングにもおすすめだ!
新潟県間瀬港「光海丸」が得意とする沖五目乗合!大本命はベイト反応で釣る大アラ!良型美味オキメバルはサビキに鈴なりでお土産バッチリ!他にも、さまざまな高級魚がザックザックだ!
剣崎沖のワラサが連日好釣!3㎏前後主体に、4㎏超の良型も!剣崎間口港「利一丸」でも朝イチからバリバリ食って2桁釣果!早揚がりも珍しくない好調さが続いている!
東京湾のテンヤタチウオが超絶好調だ!金沢漁港「鴨下丸」では毎日「STテンヤ・タチウオ」を出船して大盛況!取材当日も120㎝超のドラゴンサイズが連発!目指せ150㎝!
最新記事
シマアジやカンパチなどの超高級青物が高確率で釣れるエリア!外房 小湊沖!小湊港「寿々木丸」の青物五目をレポート!
今期もアカムツフリークの熱い視線を集め続けるホットスポット「第十五隆栄丸」の茨城県平潟沖!130m前後の手軽にできる水深で40㎝オーバー連発!50㎝も出た!!!!!
極めた操作性。超軽量&感度のスピニングリール「ヴァンフォード」
ゴマフエダイはスズキ目フエダイ科フエダイ属。本州の太平洋側、岩手県でも発見されているので、生息域ははっきりしない。相模湾や駿河湾でも若い個体、稚魚が発見されている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読