MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
絶好調!50cm超え!特大アマダイ浮上中!東京湾口 剣崎沖

絶好調!50cm超え!特大アマダイ浮上中!東京湾口 剣崎沖

東京湾のアマダイが、絶好シーズンに突入!早くも50㎝オーバーの特大が浮上中!!潮具合でタナを調整しながら良型&数釣りを楽しもう!!

perm_media 《画像ギャラリー》絶好調!50cm超え!特大アマダイ浮上中!東京湾口 剣崎沖の画像をチェック! navigate_next

東京湾口のアマダイ 釣行レポート

潮具合でタナを調整しながら 良型&数釣りを楽しもう!!

竿は専用竿。リールは小~中型電動にPE2~3号を巻いて挑む

仕掛けは2m前後の市販品でOK。オモリは80号を使用する

エサはオキアミ。1匹掛けが基本

仕掛けを安定させるガン玉も必需品だ

巻き上げ途中に2、3度 暴れれば本命の証!!

微妙なアタリを捉えて掛ける! イッキにガツンと食ってくることもあるが、食んでくるようなアタリもある。穂先に集中してアタリを見極めたらアワセを入れ、その後は、柔軟なロッドワークで走りをいなして取り込もう

〝モモ〟こと千葉百々絵ちゃんもアマダイをゲット!

堂々の 51cm!

「速潮に苦戦しましたけど、底スレスレのタナで食わすことに成功しました」とのこと

こちらは 47cm!

「投入直後の仕掛け馴染みを待つ間の微細なアタリを捉えてアワせました。まさか47㎝とは…」と感動してました

こちらも良型 37cm

本来なら、このサイズが釣れれば御の字も、これからは目指せゴーマルオーバー、目標を高く持とう!!

釣りにくい強風下でも数を伸ばした常連さん。的確に潮を読み、底付近を丁寧に探って結果を出した

アマダイには時合がある。見逃さずに数を伸ばそう

水深は80m前後の砂泥底だ

かわいいサイズも釣れる

「酒蒸しに刺身のこぶ締めがオススメです」と船長

魚種豊富な東京湾。サバにレンコダイ(キダイ)、オニカサゴにカイワリ、ワニゴチとゲストを釣りまくったモモちゃんでした

ゲストでわかる適正タナ!

アカボラ

イトヨリ

レンコダイ

トラギス

この釣りではゲストが多彩に釣れるが、実はこの魚種で適正ダナが分かるのだ。レンコダイやイトヨリはタナが高目。ヒメやトラギスは低過ぎ。通称アカボラと呼ばれるヒメコダイが適正ダナと覚えよう

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・久比里「巳之助丸

東京湾のアマダイが、絶好シーズンに突入だ! 

二大ポイントとなる剣崎沖と岩井沖で好釣果が記録され、大いに盛り上がっているのだ。

「今期は例年より好調ですよ。開幕からここまでトップはツ抜けする日も多く、5匹前後は必ず釣れていて顔を見ない日が無いですからね」とは、アマダイ船を担当する横須賀・久比里「巳之助丸」の臼井恒介船長。
 
釣れるサイズも例年以上で、12月以降から本格化する特大の50㎝オーバーが早くもまじりだし、大型の45㎝前後も頻繁に上がっているという。

ちなみにアベレージは30㎝前後とのことだ。
 
東京湾ではシーズン前半と後半で釣り方が変わり、1月中旬くらいまでは速潮対策がキモになる。

「食い渋り時やアタリが遠いときは、オモリで底を小突いて誘う方法が効果的ですが、通常は潮の流れに乗せて釣ってもらうイメージなので、ビギナーの人がベテランを凌ぐ釣果を上げることもあるんですよ」と船長。
 
ただし、この速潮をうまく捉えないと、なかなか顔を出してくれないのも事実で、そのあたりがアマダイ釣りの奥深さともいえる。

「基本、タナは底から50㎝ぐらい。それでアタらないときは底スレスレに。それでもアタらなければガン玉を打って対応して下さい」と船長が速潮対策の極意を教えてくれた。
 
湾口のアマダイは旨みが強く美味。

大型を釣って美味しくいただこう!

以上の記事は「つり丸」2021年12月15日号の掲載記事です。

関連記事
ちょっとお手軽! でも釣果は本格的!それが小坪港「太郎丸」のキンメ五目だ!ビギナーもフルレンタルでOK!ぜひチャレンジを!
南房のアカムツが年末から復活の兆し!ポイントは真沖行程30分,水深250m前後!良型アカムツオンリーを午前と午後船で楽しもう!近場のアマダイ五目もおすすめだ!
上越沖の寒ブリは1月中もまだチャンスシーズン!今期もやってきた極上ブリ!上越沖は希少なポイントなので、ぜひ積極的に行ってみほしい。
厳寒期でも数釣り&大型が狙える!相模湾のアマダイが好調だ!LTだから誘いやすくアタリもわかりやすい!積極的に誘って食わせよう!!
相模湾・葉山沖では、近年ヒラメの魚影が濃くなり、マハタ、オニカサゴ、カサゴ、イナダなど、ゲストも含めてアタリが多く楽しめている!
最新記事
ちょっとお手軽! でも釣果は本格的!それが小坪港「太郎丸」のキンメ五目だ!ビギナーもフルレンタルでOK!ぜひチャレンジを!
南房のアカムツが年末から復活の兆し!ポイントは真沖行程30分,水深250m前後!良型アカムツオンリーを午前と午後船で楽しもう!近場のアマダイ五目もおすすめだ!
リーズナブルなルアーフィッシング用フロロライン「シーガー フロロマイスター300」
上越沖の寒ブリは1月中もまだチャンスシーズン!今期もやってきた極上ブリ!上越沖は希少なポイントなので、ぜひ積極的に行ってみほしい。
厳寒期でも数釣り&大型が狙える!相模湾のアマダイが好調だ!LTだから誘いやすくアタリもわかりやすい!積極的に誘って食わせよう!!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル