MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
【相模湾】近場で楽しめる!マダイ五目&午後カワハギ釣り!

【相模湾】近場で楽しめる!マダイ五目&午後カワハギ釣り!

【相模湾・福浦沖~真鶴沖】午後出船で冬の、のんびりカワハギ釣りを満喫!スレ知らずの個体はビギナー入門最適!マダイは午前午後で五目で楽しもう!

perm_media 《画像ギャラリー》【相模湾】近場で楽しめる!マダイ五目&午後カワハギ釣り!の画像をチェック! navigate_next

神奈川県最西のポイントを午前と午後船で楽しもう

コマセ派はマダイ五目、ビギナーからエキスパートには午後カワハギがオススメ!!

首都圏に近い東京湾では午前と午後便で沖釣りを楽しめるところは多い。

実釣時間が短くても釣りは充実していてしかもリーズナブルとあってビギナーはむろんベテランアングラーたちまで人気だ。
 
神奈川県内に位置する相模湾内でも午前と午後便を希望する釣り人は少なくない。

その要望をかなえてくれるのが、福浦と真鶴の船宿だ。

ここは神奈川県の最西部にあたり、さまざまな魚が釣れるところ。

さらに、そのポイントが港から至近とあって、東京湾と同じように午前と午後便を活用すれば沖釣りを気軽に楽しめる。

良型カワハギがビギナーに釣れるフィールド

福浦港の老舗「よしひさ丸」の三代目の若船長の高橋勝久さんは、

「東京湾と同じように、ここ真鶴半島周辺の釣りをよりお手軽で誰もが楽しめるようにしていきたい」と話す、その彼は、最近、午後カワハギ釣りに力を入れているという。

「港の前には定置網もあるし、マダイのポイントがたくさんある。コマセマダイではエサ取り魚のカワハギがいるでしょ。実際、そのカワハギたちはかなりいて魚探に反応を出すくらいだよ」と魚影の濃さを強調して話す。

「カワハギ釣りってテクニカルな釣りだけど、うちの前のフィールドはあまりスレていないカワハギが多いから、魚がいれば釣れる、って感じなんだよね。だから、テクニカルにこだわる人はそれでいいけど、釣り初めての人やビギナーの人たちにぜひ釣ってもらいたい。だって、釣れるからさぁ。難しいテクニックはいらない。まずはそこからスタートして、慣れてきたら、ハウツーを少しずつ覚えればいいと思う。実際、うちはレンタルロッドのお客さんがよく釣るんだよね。しかも、カワハギ釣りに慣れている人たちよりも。カワハギは難しい釣りではなく、誰にでも気軽に楽しめる釣り、ってことをみんなに知ってもらいたいよね。そして、おいしく食べてもらう。いまのカワハギは肝パンで激うまですよ。数枚釣れば、サイズがいいから十分お土産になるよ」と話す。

タックルと仕掛けは好みの ものを。オモリは30号

「よしひさ丸」では、“午後カワハギ乗合”を看板にしているが、使用オモリが30号指定のみでその他、タックルや仕掛けに指定はない。つまり、好みのものを使ってほしいとのことだ。

「うちではオモリを30号に揃えてもらうだけで、タックルはお客さんに任せています。もちろん、レンタルタックルも充実してますよ。竿とリール、仕掛けやエサも用意できます」
 
なぜ、「若船長からのタックル指定がない」ということを取り上げるかというと、コマセマダイやイサキ釣りなどは、かなり緻密な指示が出されるからだ。

それもそのハズ、「よしひさ丸」はコマセマダイ釣りのパイオニア船。

オキアミコマセと魚の関係を熟知。しかも、研究熱心な若船長は、大船長からその遺伝子を受け継ぎさらに磨きをかけているからだ。

カワハギ釣りのタックルにこだわらず釣らせる、というのは、ポイントの熟知と緻密な操船力があるからともいえる。

オモリを底から20㎝上げて静かに待つのみ!

では、どんなカワハギの釣らせ方をしているのか。
 
若船長はカワハギ釣りを知らないわけではない。

本人はテクニックを駆使する釣りが大好きという。

自身も竿の感度にこだわり、シマノやダイワの最高峰のタックルを所持しているほど。

そんな船長がすすめるカワハギの釣り方は、「アタリを出す、釣りではなく、アタリを取る、釣りがオススメ。どういうことかって?派手な誘いをするんじゃなくて、基本的に静かに待つ釣りがうちではいいです。具体的には、オモリを海底から20㎝ほどあげて待つのみ。誘いは竿先でほんの少しのみユラユラさせる程度。基本的には向こうアワセでいいかな。アワセたかったら即アワセでもいいよ。とにかく、この釣り方が一番釣れるよ」

船長が話すように乗船した日は、フルレンタルタックルの釣り人がこの釣り方で良型をバンバンあげていたのである。

経験のある釣り人が隣でその彼にやられっぱなしだったのだ。

「ここのカワハギはスレていないし、活性高ければかなりいい食いをします。そして、基本的には魚探の反応を常に見ながらカワハギの濃さそうなところにピンポイントで船を流してるから、スポットに入ると本当簡単に釣れるよ。掛けてからのバラシは、んーその人の腕によるものかな」という。

午前と午後船で楽しもう 近場のマダイ五目釣り

「よしひさ丸」といえば、知る人ぞ知る。コマセマダイ釣りのパイオニア船。

胴調子の竿やステンカンなど、ここから全国へ伝播していった。

そんな老舗のマダイ五目釣りもこの師走に大変オススメだ。

その釣り方を紹介しよう。

仕掛けはハリス6号3m+ ハリス4号5mの2段テーパー

仕掛けは全長8mの2段テーパーが基本。

船長がすすめるテーパーは、上ハリス6号3mと下ハリス4号5mをウエイトスイベルで介するいわゆる逆テーパー仕掛けだ。

ハリはマダイ9号。

エサ取り魚が多い海なのでビーズなどの光り物はいっさい付けない。
 
付けエサは配られたコマセのなかからチョイスしよう。
 
目が二つしっかりと付いていて身がしっかりとしているものを選択。1匹掛けが基本。

選んだオキアミは尾のところをハサミでカットしておくとよい。

オキアミコマセはカゴのなかに 3分1~4分の1のみ入れ

「マダイ釣りでは付けエサをみせて食わす釣りをやります。だから、1回にまくコマセは少量でよくカゴの3分の1~4分の1くらいでいいです」と勝久船長。

この少量でないとコマセが出ないという。

「マダイ釣りは、やる気あるマダイを選んで釣る、ってイメージです。つまり浮かせて釣るのが基本です」
 
このコマセワークを確実にするのが、プラビシ使用の場合はビシカゴの穴調整。

船長がススメるのがFLのプラカゴの場合、下窓は1~2㎜開け、上窓だけは全開が基本とのこと。

よしひさ丸流のコマセワークを実践する

「よしひさ丸」流のコマセワークは初島周りのイサキ釣りと同じだ。

というより、コマセマダイのコマセワークをイサキ釣りに応用している。

そのやり方はこうだ。まず、指示ダナから10m下へビシをおろす。

マダイのようにハリスの潮なじみの時間は取らずに手巻きで1巻きもしくは2巻きずつ「カクンカクンカクン」と段をつけながら指示ダナまで中速で巻き上げる。
 
ビシが指示ダナに到達したら巻き上げを止めて、竿を大きくゆっくりシャクリあげ、その後ゆっくりともとの位置にもどす。これでマダイのアタリを待つというもの。
 
シンプルに理解するならば、タナ下10mから段を少しつけたタダ巻きでタナまでまいて、タナでひとしゃくりするだけということ。

この方法で水中では巻きあげ途中でコマセがカゴからパラパラと出て帯状になるという。
 
ビシのなかのコマセはこの一連の巻き上げ動作ですべてなくなっているか、ほんの少し残っている状態がベストという。

たくさんコマセが残るのは、プラカゴの穴調整があってないか、たくさんコマセをカゴに入れすぎという。
 
この独特なコマセワークは、活性のある魚だけ上へ引っ張ってくる目的がある。

タナより10m下へビシをおろすのは確実に仕掛けをコマセの帯のなかへ入れることを目論んでいるから。
 
指示ダナまでビシを上げたあとに、“ひとシャクリ”するのは、このシャクリがマダイが食う間を作るためだ。
 
竿をシャクリあげてから元の位置にもどすときに糸ふけを出て、付けエサはフワフワとナチュラルに水中を漂う。

それを食い気あるマダイが思わず付けエサを食うという。
 
このコマセワーク後、指示ダナで置き竿でアタリを待つが、最低でも3~4分に一度は回収し、付けエサのチェックとコマセの入れ替えをしよう。

【相模湾・福浦沖~真鶴沖】マダイ・カワハギ 釣行レポート

近場で楽しめる午前と午後の2便を気軽に活用しよう!

マダイの反応がコレ。これが出た直後にマダイがヒットした

マダイ五目はオキアミコマセ釣り。少量のコマセで本命をとらえる

これが本命。まずは1枚ほしい

レンタルタックルにワラサがヒット中

ナイスボディのワラサキャッチ

味もよい真鶴沖のマダイ

真鶴沖にはワラサがコンスタントに回遊中。いい群れに当たれば数釣り可能

マダイ五目では食べごろの美姿マダイと青物(ワラサ)が釣れた

ゲストのイサキはジャンボでメタボだった

午後カワハギ釣りでは夕マヅメがゴールデンタイム

勝久船長は常に反応のなかを流している。ボトムがカワハギの反応

福浦港沖にはたくさんのカワハギポイントがある。三石周りでも釣れる

まずは静かにアタリを待ち、アタリを取る、釣りに徹しよう

カワハギはみな肝パンだ

肝がたくさん入ってますよ。肝醤油の刺身が楽しみ

カワハギ釣りはレンタルタックルで誰にでも気軽に楽しめる。この竿もレンタルだ

こんな良型がアベレージ

半日で5、6枚も釣れば十分お土産になる

この大判が当たり前!!

この大判が当たり前に釣れる福浦沖のカワハギ釣り

これだけ釣れれば御の字の釣果

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・福浦港「よしひさ丸」

なにかと忙しい師走に安近短で楽しめるのが神奈川県の最西端にあたる福浦港「よしひさ丸」だ。

ポ イントは港から至近という好立地。そのため、午前と午後便の2便制でさまざまな釣りを楽しめる。
 
12月に最もオススメなのが、午後カワハギ釣りだ。

「港の目の前に定置網もあって、カワハギの好ポ イントがたくさんあります。基本的にスレている個体ではなくウブな良型カワハギが多いので、ビギナーにも大変オススメのターゲットです。魚探反応に当てて釣ってますから、カワハギがそこにいる、前提で釣ってください」とは、若船長の高橋勝久さんの言葉。

午後船には夕マヅメのゴールデンタイムがあり高確率で良型カワハギが釣れるというのも魅力のひとつだ。

「よしひさ丸」の不動のメニューのコマセマダイ釣りは午前と午後船で楽しめる。

年末といっても海のなかはまだまだ秋。

1㎏前後の美姿マダイにワラサなどの青物まじりで楽しめている。
 
なんといっても、コマセマダイのパイオニア船である当船宿。

船長の指示に忠実に従えば、ぐっと本命キャッチ確率が上がるのは間違いない。

美味しいマダイを釣りあげよう。

以上の記事は「つり丸」2021年12月15日号の掲載記事です。

関連記事
ちょっとお手軽! でも釣果は本格的!それが小坪港「太郎丸」のキンメ五目だ!ビギナーもフルレンタルでOK!ぜひチャレンジを!
南房のアカムツが年末から復活の兆し!ポイントは真沖行程30分,水深250m前後!良型アカムツオンリーを午前と午後船で楽しもう!近場のアマダイ五目もおすすめだ!
上越沖の寒ブリは1月中もまだチャンスシーズン!今期もやってきた極上ブリ!上越沖は希少なポイントなので、ぜひ積極的に行ってみほしい。
厳寒期でも数釣り&大型が狙える!相模湾のアマダイが好調だ!LTだから誘いやすくアタリもわかりやすい!積極的に誘って食わせよう!!
相模湾・葉山沖では、近年ヒラメの魚影が濃くなり、マハタ、オニカサゴ、カサゴ、イナダなど、ゲストも含めてアタリが多く楽しめている!
最新記事
ちょっとお手軽! でも釣果は本格的!それが小坪港「太郎丸」のキンメ五目だ!ビギナーもフルレンタルでOK!ぜひチャレンジを!
南房のアカムツが年末から復活の兆し!ポイントは真沖行程30分,水深250m前後!良型アカムツオンリーを午前と午後船で楽しもう!近場のアマダイ五目もおすすめだ!
リーズナブルなルアーフィッシング用フロロライン「シーガー フロロマイスター300」
上越沖の寒ブリは1月中もまだチャンスシーズン!今期もやってきた極上ブリ!上越沖は希少なポイントなので、ぜひ積極的に行ってみほしい。
厳寒期でも数釣り&大型が狙える!相模湾のアマダイが好調だ!LTだから誘いやすくアタリもわかりやすい!積極的に誘って食わせよう!!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル