MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
鹿島沖ヒラメ、茨城海域部分解禁!魚影が濃い!!【鹿島沖〜神栖沖】

鹿島沖ヒラメ、茨城海域部分解禁!魚影が濃い!!【鹿島沖〜神栖沖】

茨城ステージ開幕! 期待度満点!! 11月1日の解禁日はまさに期待どおりの爆々デイ。この勢いはとまらない!!!

鹿島沖のヒラメ釣り、開幕ダッシュで数釣り規定数達成者続出中

解禁初日。鹿島港は平日にも関わらず大混雑。ヒラメの人気ぶりが伺える。

11月1日、待望の解禁日の海上は久しぶりの凪ぎ。朝一番から次々と竿が曲がった。

開始は6時。約30分でイケスのなかはこの通り。この海域の爆発力はすさまじい。

朝のひと流し目、魚礁周辺であがった3㎏級のヒラメ。5人同時ヒットだった。

開始1時間もせずに入れ食いを堪能した釣り人がほとんど。

朝の第1投目から大型がとりこまれた。身厚なヒラメは5㎏クラス。

ポイントによっては数釣りパターンでもこのサイズがアベレージ。お土産は十分だ。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島「大久丸」。

11月1日、ヒラメファン待望の茨城海域が部分解禁した。
そのエリアは鹿島スタジアム沖〜日川浜沖。いわゆる鹿島沖だ。昔からここは黒潮と親潮がぶつかり合うところで、ヒラメの好漁場。まさに、一級ポイントが釣り人に開放されているのだ。12月以降は、一部を除いて茨城海域は、ヒラメ釣りは全面解禁する。
さて、開幕の様子はというと、予想どおりの爆釣。沖の魚礁周りでサイズ狙い、陸よりの浅場で数狙いのパターンが的中。今シーズンから資源保護のため適用された規定数10枚に達するアングラーが各船続出の状態だった。
「今年のヒラメ漁は濁り潮の影響で芳しくなかったけど、その分、魚はこの海にストックされているよ。潮色さえよくなれば、もっと魚の活性があがるハズ。釣り船は楽しみだね」とは、鹿島沖のヒラメを知りつくす鹿島港「大久丸」の大川久明船長。
ポイント移動を高速で移動するさまは、限られた実釣時間を1分1秒でも多くお客さんにめいっぱい楽しんでもらいたいという、大川船長のサービスという。操船も片ときも手を抜かない。
「うちの看板でもある超大型のヒラメ狙いは、イワシが回遊してから勝負かな」と船長が話すように、今後は北からのイワシの回遊も要チェック。渡りの大型ヒラメシーズン開幕も期待したい。

以上の記事は「つり丸」2017年12月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
カワハギシーズンの開幕です!鴨居大室港「五郎丸」さんに行ってきました。肝パン狙いもまだまだこれからです。ゲスト多彩で、釣って楽しく、食べて美味しいなんて魅力満載!
食わせフグに出船しているのは富津港の「浜新丸」。ターゲットはショウサイフグ、アカメフグ、コモンフグ!季節鍋ネタに最高!美味しいフグを釣りに行こう!
東京湾奥の人気ターゲット!脂の乗った金色に輝くアジが絶好釣!トップが束(100匹)超えの日もある!羽田「かめだや」では取材日に40.5cmが浮上!ベストシーズンの到来だ!
大型が高確率!テンヤタチウオが大ブレイク中だ!金沢八景「一之瀬丸」では140cm超えの神龍(シェンロン)が続々ヒット中!脂の乗り最高!塩焼きは超絶美味だゾ!!
11月1日、鹿島沖で待望の生きイワシエサのヒラメ釣りが解禁!今年もまずまずの群れの濃さ!横流し釣りを覚えて大ビラメを狙おう!!
最新記事
カワハギシーズンの開幕です!鴨居大室港「五郎丸」さんに行ってきました。肝パン狙いもまだまだこれからです。ゲスト多彩で、釣って楽しく、食べて美味しいなんて魅力満載!
快適仕掛けシリーズにオニカサゴ用登場「快適鬼カサゴ仕掛KP SS」
荒川笹目橋「けやき丸」では“湾奥ルアー五目”が熱い!「シーバス中心にサワラやイナダも顔を出し、ビギナーさんでも十分楽しめます」とのこと。ぜひ仲間を誘って秋の楽釣プランを満喫してみよう!
食わせフグに出船しているのは富津港の「浜新丸」。ターゲットはショウサイフグ、アカメフグ、コモンフグ!季節鍋ネタに最高!美味しいフグを釣りに行こう!
東京湾奥の人気ターゲット!脂の乗った金色に輝くアジが絶好釣!トップが束(100匹)超えの日もある!羽田「かめだや」では取材日に40.5cmが浮上!ベストシーズンの到来だ!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル