MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
鹿島沖ヒラメ、茨城海域部分解禁!魚影が濃い!!【鹿島沖〜神栖沖】

鹿島沖ヒラメ、茨城海域部分解禁!魚影が濃い!!【鹿島沖〜神栖沖】

茨城ステージ開幕! 期待度満点!! 11月1日の解禁日はまさに期待どおりの爆々デイ。この勢いはとまらない!!!

perm_media 《画像ギャラリー》鹿島沖ヒラメ、茨城海域部分解禁!魚影が濃い!!【鹿島沖〜神栖沖】の画像をチェック! navigate_next

鹿島沖のヒラメ釣り、開幕ダッシュで数釣り規定数達成者続出中

解禁初日。鹿島港は平日にも関わらず大混雑。ヒラメの人気ぶりが伺える。

11月1日、待望の解禁日の海上は久しぶりの凪ぎ。朝一番から次々と竿が曲がった。

開始は6時。約30分でイケスのなかはこの通り。この海域の爆発力はすさまじい。

朝のひと流し目、魚礁周辺であがった3㎏級のヒラメ。5人同時ヒットだった。

開始1時間もせずに入れ食いを堪能した釣り人がほとんど。

朝の第1投目から大型がとりこまれた。身厚なヒラメは5㎏クラス。

ポイントによっては数釣りパターンでもこのサイズがアベレージ。お土産は十分だ。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島「大久丸」。

11月1日、ヒラメファン待望の茨城海域が部分解禁した。
そのエリアは鹿島スタジアム沖〜日川浜沖。いわゆる鹿島沖だ。昔からここは黒潮と親潮がぶつかり合うところで、ヒラメの好漁場。まさに、一級ポイントが釣り人に開放されているのだ。12月以降は、一部を除いて茨城海域は、ヒラメ釣りは全面解禁する。
さて、開幕の様子はというと、予想どおりの爆釣。沖の魚礁周りでサイズ狙い、陸よりの浅場で数狙いのパターンが的中。今シーズンから資源保護のため適用された規定数10枚に達するアングラーが各船続出の状態だった。
「今年のヒラメ漁は濁り潮の影響で芳しくなかったけど、その分、魚はこの海にストックされているよ。潮色さえよくなれば、もっと魚の活性があがるハズ。釣り船は楽しみだね」とは、鹿島沖のヒラメを知りつくす鹿島港「大久丸」の大川久明船長。
ポイント移動を高速で移動するさまは、限られた実釣時間を1分1秒でも多くお客さんにめいっぱい楽しんでもらいたいという、大川船長のサービスという。操船も片ときも手を抜かない。
「うちの看板でもある超大型のヒラメ狙いは、イワシが回遊してから勝負かな」と船長が話すように、今後は北からのイワシの回遊も要チェック。渡りの大型ヒラメシーズン開幕も期待したい。

以上の記事は「つり丸」2017年12月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
南房・洲崎沖のカサゴ五目が最盛期へ!狙いは35㎝級の良型!カサゴの他に、アカハタ、ハマタ、メバルなど多彩なゲストも魅力!ぜひ狙ってみよう!
外房・大原沖のイサキが本格シーズン突入!連日トップは50匹の定量!数釣りが楽しめ、食べても美味しい大原沖のイサキ。6月のイチ押しターゲットだ!
東京湾のタチウオ!王道テンビン仕掛けで激戦区でも誘って掛ける!LTタックの真骨頂!がまかつフィールドテスター田中義博さんの攻略法!
好シーズンに突入中!東京湾のビシアジ。取材日は中小型の数釣り!のち大型も数釣り!!大アジ3点掛け連発で絶好調!今後も数釣りが期待大だ!!
相模湾の初夏の風物詩「ムギイカ・マルイカ」浅場で手返し良く、数が出るので人気が非常に高い!釣行日は厳しい釣りとなったが、前日はムギイカ中心に87杯を記録している!
最新記事
大物の聖地、銭洲の一番熱いシーズンが到来!アカイカ&ムロアジの泳がせ釣りで狙う、激うま大型カンパチが乗っ込み中だ!イカorムロのタックルを準備して臨もう!
カラーバリエーション豊富なタイラバ用カーリーネクタイユニット「桜幻 マルチカーリーネクタイユニット」
ルアーアングラーにおすすめなのが、東京湾のタイラバゲーム。乗っ込み後の浅場に群れるマダイを狙い撃ち!キャストして広範囲を攻めよう!
コクハンハタ(スズキ目ハタ科ユカタハタ属)とても珍しい魚で、本州ではまだ見つかっていない模様。三重県、和歌山県で目撃したという情報があるが、残念ながら画像が不鮮明で、らしい魚としかいいようがない。
南房・洲崎沖のカサゴ五目が最盛期へ!狙いは35㎝級の良型!カサゴの他に、アカハタ、ハマタ、メバルなど多彩なゲストも魅力!ぜひ狙ってみよう!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル