MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
鹿島沖ヒラメ、茨城海域部分解禁!魚影が濃い!!【鹿島沖〜神栖沖】

鹿島沖ヒラメ、茨城海域部分解禁!魚影が濃い!!【鹿島沖〜神栖沖】

茨城ステージ開幕! 期待度満点!! 11月1日の解禁日はまさに期待どおりの爆々デイ。この勢いはとまらない!!!

perm_media 《画像ギャラリー》鹿島沖ヒラメ、茨城海域部分解禁!魚影が濃い!!【鹿島沖〜神栖沖】の画像をチェック! navigate_next

鹿島沖のヒラメ釣り、開幕ダッシュで数釣り規定数達成者続出中

解禁初日。鹿島港は平日にも関わらず大混雑。ヒラメの人気ぶりが伺える。

11月1日、待望の解禁日の海上は久しぶりの凪ぎ。朝一番から次々と竿が曲がった。

開始は6時。約30分でイケスのなかはこの通り。この海域の爆発力はすさまじい。

朝のひと流し目、魚礁周辺であがった3㎏級のヒラメ。5人同時ヒットだった。

開始1時間もせずに入れ食いを堪能した釣り人がほとんど。

朝の第1投目から大型がとりこまれた。身厚なヒラメは5㎏クラス。

ポイントによっては数釣りパターンでもこのサイズがアベレージ。お土産は十分だ。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島「大久丸」。

11月1日、ヒラメファン待望の茨城海域が部分解禁した。
そのエリアは鹿島スタジアム沖〜日川浜沖。いわゆる鹿島沖だ。昔からここは黒潮と親潮がぶつかり合うところで、ヒラメの好漁場。まさに、一級ポイントが釣り人に開放されているのだ。12月以降は、一部を除いて茨城海域は、ヒラメ釣りは全面解禁する。
さて、開幕の様子はというと、予想どおりの爆釣。沖の魚礁周りでサイズ狙い、陸よりの浅場で数狙いのパターンが的中。今シーズンから資源保護のため適用された規定数10枚に達するアングラーが各船続出の状態だった。
「今年のヒラメ漁は濁り潮の影響で芳しくなかったけど、その分、魚はこの海にストックされているよ。潮色さえよくなれば、もっと魚の活性があがるハズ。釣り船は楽しみだね」とは、鹿島沖のヒラメを知りつくす鹿島港「大久丸」の大川久明船長。
ポイント移動を高速で移動するさまは、限られた実釣時間を1分1秒でも多くお客さんにめいっぱい楽しんでもらいたいという、大川船長のサービスという。操船も片ときも手を抜かない。
「うちの看板でもある超大型のヒラメ狙いは、イワシが回遊してから勝負かな」と船長が話すように、今後は北からのイワシの回遊も要チェック。渡りの大型ヒラメシーズン開幕も期待したい。

以上の記事は「つり丸」2017年12月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
久比里「巳之助丸」のアマダイは好シーズンに突入!連日好釣果が続き、日によっては50cm級も!釣趣と食味の優れたアマダイは、秋の沖釣りにも最適だ。
新潟・間瀬沖のアラ!御当地スタイル!マイワシエサで、「タナを取ったら放置」の釣法…。新潟県間瀬港「光海丸」小林聡船長のアラ釣り。この秋のオススメ!
鹿島沖のテンヤマダイが秋の好シーズン!取材日の最大は1㎏級であったが、8月1日には5.3㎏,8月19日には4.8㎏,8月22日には9.6㎏と5.8㎏を取り込んでいる!
宮城・亘埋沖。高活性のヒラメ釣り場は、ビギナー入門オーケーのヒラメ道場!生きイワシエサで釣るヒラメが高活性!全開モード!爆釣を体感しよう!
「つり丸・10月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された相模湾のライトイナダ五目の取材の様子を公開!
最新記事
これからの季節の必需品。肌寒い日にぴったり。コンパクトで便利なウエア「DJ-3421(撥水ポケッタブルピステ)」
周年夜釣りが楽しめる沼津湾。この時期のターゲットはタチウオ!テンヤやルアーもOK!ベタナギ率が高い沼津湾で夜タチウオ釣りを楽しもう!
カンパチ、ワラサなどの青物に加え、オオモンハタなどの根魚も狙える!西伊豆・戸田のアジ泳がせ釣り!釣行日もオオモンハタ、ワラサと連続ヒット!
久比里「巳之助丸」のアマダイは好シーズンに突入!連日好釣果が続き、日によっては50cm級も!釣趣と食味の優れたアマダイは、秋の沖釣りにも最適だ。
しばって束ねる、簡単固定したいときの万能結束バンド「まとめ太郎、まとめ太郎Lock」
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル