MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
鹿島沖のヒラメ、解禁初日にドクターKが大型連発【鹿島沖〜神栖沖】

鹿島沖のヒラメ、解禁初日にドクターKが大型連発【鹿島沖〜神栖沖】

解禁初日の11月1日。鹿島沖のヒラメを狙って、ドクター近藤惣一郎は鹿島港「義心丸」に乗船した。

ドクター近藤、大型らしき引きが到来! タモに収まったのは3.6㎏のグッドサイズ!

鹿島沖の解禁初日に「義心丸」に乗船したドクター近藤惣一郎。いきなり3.6kgのグッドサイズをゲット! 「今年も茨城エリアのヒラメは熱いですね!」。

ドクター近藤は、「極鋭ヒラメ MH‐270」と「ミリオネア バサラ 200H」の組み合わせと、「極鋭ヒラメ AGS M‐265」と「シーボーグLTD 200J‐L」の2タックルを用意。電動は手返しが楽だが、水深は20~40m前後なので手巻きリールでも十分対応できる。

ドクターは9枚を釣り上げ竿頭。ソゲは1枚だけで、それをリリースして8枚キープ。

こちらも大型。開幕からいきなり大判サイズ連発だ。

横流しでは、右舷、左舷交代で流し方を変える。有利な舷では3人4人同時ヒットもあった。

こちらは、この日最大4.7kg。この調子なら、今後5kgオーバーも期待大だろう。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島港「義心丸」。

「やっぱり、解禁はワクワクします!開けてみなけりゃ分からない。今年はどうですかね!」と興奮気味のドクター近藤。ポイントに着くと、横流しで釣りを始める「義心丸」。すると、1投目から船中あちこちでアタリ。1~2㎏のますまずのサイズが連続で取り込まれる。ドクター近藤には、大型らしき引きが到来。タモに収まったのは3.6㎏のグッドサイズだった。
「解禁直後は、何枚釣れたかと数の方が注目されがちですが、やっぱり型のいいのが釣りだいですよね。今日は良型も多く、型も大満足です!」とドクター近藤。数もトップとなる9枚で大満足の一日となった。
今年も好調スタートの鹿島沖。数はもちろん、大型もチャンス大だ!

以上の記事は「つり丸」2017年12月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
新潟県間瀬港「光海丸」が得意とする沖五目乗合!大本命はベイト反応で釣る大アラ!良型美味オキメバルはサビキに鈴なりでお土産バッチリ!他にも、さまざまな高級魚がザックザックだ!
剣崎沖のワラサが連日好釣!3㎏前後主体に、4㎏超の良型も!剣崎間口港「利一丸」でも朝イチからバリバリ食って2桁釣果!早揚がりも珍しくない好調さが続いている!
東京湾のテンヤタチウオが超絶好調だ!金沢漁港「鴨下丸」では毎日「STテンヤ・タチウオ」を出船して大盛況!取材当日も120㎝超のドラゴンサイズが連発!目指せ150㎝!
好調な滑り出しを見せた東京湾のアマダイ!秋本番を迎えさらにヒートアップ!久比里「山下丸」ではトップ3~5匹の釣果をキープ、型を見ない日はないと絶好調だ!
福島県小名浜沖の乗っ込みアカムツが爆釣した。小名浜港「光勝丸」取材当日は朝いちから40㎝前後のアカムツがコンスタントにヒット!ポ イント移動後も食いは衰えず、トップ13本!すべて大型!
最新記事
グラスソリッド2ピースロッドシリーズ「ショートアーム GS」
東伊豆の川奈沖でシマアジが連発中!伊東港「村正丸」では、連日トップ3~4枚の好釣果!ゲストとしてマダイ、イサキ、大アジとお土産も多彩!
新潟県間瀬港「光海丸」が得意とする沖五目乗合!大本命はベイト反応で釣る大アラ!良型美味オキメバルはサビキに鈴なりでお土産バッチリ!他にも、さまざまな高級魚がザックザックだ!
剣崎沖のワラサが連日好釣!3㎏前後主体に、4㎏超の良型も!剣崎間口港「利一丸」でも朝イチからバリバリ食って2桁釣果!早揚がりも珍しくない好調さが続いている!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読