MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ゲストまじりで好調!茨城・日立会瀬沖 テンヤマダイ!

ゲストまじりで好調!茨城・日立会瀬沖 テンヤマダイ!

日立沖周辺のマダイが好調だ。ゲストも含めてアタリ多く お正月用のマダイ確保にもオススメ!ビギナーも楽しめるよ!!

perm_media 《画像ギャラリー》ゲストまじりで好調!茨城・日立会瀬沖 テンヤマダイ!の画像をチェック! navigate_next

ゲストまじりで楽しめる お正月用のマダイを釣りに行くのもオススメだ!

本命以外のゲストも多く アタリ多く楽しめる!

茨城エリアのテンヤマダイは、年末年始は好シーズンでもある。

本命のマダイ以外にもいろいろなゲストがまじって、総じてアタリが多く楽しめる。

今回の取材は11月末に日立会瀬港「ことぶき丸」に乗船。

まだ水温が高く、秋パターンの延長といった感じだった。

パターンを掴んだ人はコンスタントにマダイを釣り上げていた。

ビギナーも乗船していたが、全員が本命の型を見た。

また船中ではいろいろなゲストがまじって、いいお土産になっていた。

釣れるマダイのサイズはキロ未満が主体になるが、良型や大型がまじることもある。

11月20日には6.5㎏の大型が取り込まれている。

お正月用のマダイ確保と釣り納めにもオススメな日立会瀬沖のテンヤマダイ。

今ならビギナーでも楽しめるので、チャレンジしてみよう!

タックルは専用竿と小型スピニングの組み合わせ

タックルは標準的なひとつテンヤ用があれば楽しめる。

竿はひとつテンヤ専用。

10~12号ぐらいまでのテンヤに対応したもの。長さは2.1~2.7mぐらい。

組み合わせるリールは、ドラグ性能がいい小型スピニングリール。

サイズのいいマダイが掛かったときには、ドラグを駆使したやり取りになる。

スムーズにラインが出ていくリールでないと、大物が掛かったときにバラしやすくなるからだ。

道糸はPE0.6~1号を150m以上巻いておこう。

リーダー、テンヤ エサ付けについて

道糸の先にリーダーとして、フロロカーボンラインの2~3号を3~5m直結にする。

FGノットやPRノットなどの摩擦系ノットで結ぶといいだろう。

11月末の取材時に狙ったポイントの水深は20m台~50m台。

時には水深60m台を狙うこともある。

どんな状況にも対応できるように、テンヤは3~12号まで幅広く用意しておくようにしよう。

テンヤは重さだけでなく、カラーや材質などもバリーション豊富に用意しておけば万全だ。

カラーによってアタリの数が変わってくることもある。

また潮が速いときは、同じ重さでもシルエットを小さくできるタングステン製のテンヤを使うと潮の影響を受けにくく釣りやすい。

「ことぶき丸」で用意しているエサは冷凍エビ。エサ付けは1匹付けが基本。

上のイラストの右側に示したように、孫バリでエビの頭部と尾部を固定するように付けると、頭部が取れにくい。

またエビが小さいときや遊動テンヤのように親バリが小さいときは、上のイラストの左側に示したように2匹付けもいいだろう。

ただし、2匹付けはエサの消費が早くなるので注意しよう。

「ことぶき丸」で使うエサは冷凍エビ

エサ付けは1匹付けが基本だが、2匹付けもOK

テンヤの着底が わかるようになろう!

この釣りは、テンヤの着底がわからないと釣りにならない。

船がどんどん流されて糸が斜めに海中に入ったり、潮が速いときは着底がわかりづらい。

このようなときは、着底がわかるようにテンヤを重くしよう。

投入合図があったらテンヤを海中に投入する。

広く探るためにテンヤをキャストしてもいいが、ビギナーは軽く前方に投げ入れるか、船下にテンヤを落とそう。

スピニングリールのベイルを起こしてラインが放出されるようにしてテンヤを落下させていくが、このとき竿をあおって糸フケを出すと自然に落下しやすい。

テンヤが落下していき、糸フケがなくなったら再度竿をあおって糸フケを出す。

そして糸フケがなくなったら、また竿をあおって糸フケを作る。これを繰り返して落下させていく。

ただし糸フケはあまり出しすぎないこと。糸フケを出しすぎると、ラインが風や波の影響を受けて落下しづらくなるとともに、落下中のアタリがわかりにくくなるからだ。

テンヤの着底直前にアタりやすいので、糸の動きにはつねに注意していること。

糸が急にフケたり、とにかく変だと思ったらアワせよう。

底ばかりではない 浮いた反応もある

釣り方は、まずは底を狙うのが基本。

テンヤが着底したら糸フケを取る。

そして糸を巻き取って、海底から50㎝~1mぐらいテンヤを浮かせた位置でアタリを待つ。

アタリを待つ間、竿を上下に動かすなどして誘ってもOK。

潮が速かったり、風が強く船がどんどん流される時は、糸が斜めに海中に入ることもある。

そんなときはマメに仕掛けを入れ替えるようにすること。

また取材当日は底付近だけでなく、海底から浮いた反応もあった。

「ことぶき丸」の齋藤研二船長は浮いた反応があるときは、マメにアナウンスしてくれるのでタナを探ってみよう。

タナの探り方は、上のイラストの左側で示したとおり。

50㎝~1m刻みに上へと探っていこう。

また浮いた反応はテンヤのフォール中にもアタりやすいので、マメに仕掛けを入れ替えるのも手だ。

底狙いでもタナ狙いでも、アタリがあったら必ずアワせること。

とにかく違和感を感じたらアワせるようにしよう。

マダイの口回りは硬いので、しっかりアワせないとやり取り中にバレてしまうことも珍しくない。

【茨城・日立会瀬沖】テンヤマダイ 釣行レポート

年末年始も期待大!

グイグイと竿が引き込まれるのはマダイだ!

取り込みは齋藤研二船長がタモでアシストしてくれる

800g級の本命をゲット

夜明け前からスタートして、朝マヅメのチャンスタイムに狙える

ノリーズプロスタッフの榎戸 富さんは、早い時間に本命の顔を見た!

この時期は中小型主体にアタる

きれいなマダイが釣れた!

こちらはハナダイ。定番ゲストだ!

イナダ&ワラサもまじる

ジグにイナダが掛かった

マダコもヒットする

3.6㎏のヒラメもまじった

これはウスメバル

11月19日に取り込まれた4.1kg(画像は船宿HPから)

11月20日に取り込まれた6.5kg(画像は船宿HPから)

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・会瀬港「ことぶき丸」

日立沖周辺のマダイが好調だ。これから年末年始に向けて、マダイを釣りに行こうと考えている人も多いことだろう。

そんな人にオススメなのが当エリアのマダイだ。
 
釣れるマダイは中小型が多いが、時おり大型がまじってる。

またゲストも豊富で、イナダ&ワラサといった青物や根魚などいろいろな魚が顔を出す。

本命以外にゲストも含めれば、一日をとおしてアタリは多く、ビギナーでも飽きずに楽しめる。
 
今回の取材は日立会瀬港「ことぶき丸」に乗船。

水深20m台の浅場から水深50m台まで幅広く狙った。

そのため、テンヤは軽いものから10号前後まで幅広く持参しよう。
 
取材当日は大型は不発だったが、全員が本命のマダイをゲット。

ゲストはハナダイ、イナダ&ワラサ、ヒラメ、メバルなどがまじって賑やかな釣果になった。

以上の記事は「つり丸」2022年1月1日号の掲載記事です。

関連記事
去年、鹿島港「植田丸」で誕生した『テン巻き』 。『ひとつテンヤ 』と『巻き物(ジグ&タイラバ)』をTPOで使い分けて楽しむライトゲームのことで、その釣果がグングン上昇中だ。
銭洲解禁!伊豆諸島遠征シーズン開幕!今年もシマアジが絶好調!五目は激うまウメイロメインでお土産十分!カンパチはジギングでチャレンジ!
常磐沖のルアーゲームを多彩に楽しませてくれる「釣楽園 征海丸」。春先のおすすめはホウボウ&カンパチゲームだ。
鹿島沖の水深60m台にヤリイカが大回遊中!春の浅場パターンはオモリ150号、通常タックルで攻略!追い乗りさせて多点掛けを目指そう!
日 立久慈沖のテンヤマダイが好調!浮いた反応がバッチリ! 中大ダイの可能性も!!気難しい日もあるがうまくタナを探って口を使わせよう!!
最新記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
ビッグシーバスに対応するミディアムパワー設計のトレブルフック「トレブルRBジャイアントベイトSP」
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル