MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
大型も出だしたぞ! 飯岡沖のテンヤゲーム【飯岡沖】

大型も出だしたぞ! 飯岡沖のテンヤゲーム【飯岡沖】

千葉・飯岡の「梅花丸」では周年テンヤゲームを楽しむことができる。「秋から冬場にかけては台風シーズンが終わって大型が出る時期です。今年はまだなかなかサイズが出ませんが、アタリは増えています」と、梅花亮佑船長は言う。

最近は水温が下がってハナダイが増加。アタリ自体はとても多い。が、そのぶんエサ取りも多いのだ

好時合にキロジャストをゲット。「良型も出てきたし、かなり感触がいいね」。

ポイントは航程40分前後の飯岡沖。水深は50m前後とやや深め。

ダイワSFAの大島匠さんは朝イチに2.5kgの良型ゲット。

エサは冷凍エビ。

「キャスラバはとんでもない釣果が出ることがありますよ」。そういいながらこの日もキロオーバー3連チャンを含めて良型ラッシュ。

テンヤは8〜12号程度。底ダチが取りづらかったら重くしよう。

タイラバではヒラメ3連チャンなどやりたい放題!?

小型のエビは親孫バリにそれぞれ1匹掛けを。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・飯岡港「梅花丸」。

この日はここ数日の実績からそれほど期待できるという雰囲気でもなかったが、開始してみればいきなりキロ級が連続してあがる。そして、そのまま好時合いに突入すれば、大島匠さんが2.5㎏をゲット。
「最近は水温が下がってハナダイが増えてきました。アタリ自体はとても多いですが、そのぶんエサ取りも多いですよ」
そんな中でテンヤ以上の威力を発揮したのがキャスラバとタイラバ。テンヤがエサ取りの猛攻にあう時間帯もマダイ、ヒラメと良型を連チャン。これからは併用が面白いぞ!

以上の記事は「つり丸」2017年12月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
格的な冬を前にした晩秋のコマセ釣りは、多彩な魚種がまじっておもしろい。11月中旬、片貝旧港「勇幸丸」のハナダイ五目釣りに。アタリダナと誘いパターンを探すのがカギでハマればダブル&トリプル連発だ!
究極の深海釣り。それがベニアコウだろう。釣り場の水深は1000m。ポイントまでは約1時間。イメージ的には相模湾の真ん中あたり。意外に近場で釣ることができる。今回の釣行ではラストに見事!紅い花が咲いた!
手軽に楽しめる東京湾・横浜沖のLTアジが好調!新山下「渡辺釣船店」では、船着き場から10分もかからないという近さで、半日トップ60匹台という好釣果を記録する日が目立っている。是非チャレンジしてみよう!
今年の八丈島は、ムロアジの泳がせ釣りでカンパチが絶好調に釣れている!大型カンパチはヒット直後のトルクが強烈だ。年内はカンパチの豊漁が望める。スタンディングファイトで豪快やり取りを満喫しよう!
葉山沖のコマセマダイが、イナダ&ワラサ、カンパチなど青物まじりで楽しめている。注意したいのが仕掛けだ。ワラサは中型サイズでも引きは強い。青物に対応できるような仕掛けで臨むことが大事だ。
最新記事
「釣りフェスティバル2020 in YOKOHAMA」(主催:日本釣用品工業会)が2020年1月17日(金)~19日(日)の3日間、みなとみらい・パシフィコ横浜展示ホールで開催される。
松栄丸(布良)の釣果情報を掲載
格的な冬を前にした晩秋のコマセ釣りは、多彩な魚種がまじっておもしろい。11月中旬、片貝旧港「勇幸丸」のハナダイ五目釣りに。アタリダナと誘いパターンを探すのがカギでハマればダブル&トリプル連発だ!
究極の深海釣り。それがベニアコウだろう。釣り場の水深は1000m。ポイントまでは約1時間。イメージ的には相模湾の真ん中あたり。意外に近場で釣ることができる。今回の釣行ではラストに見事!紅い花が咲いた!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読