MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
魚種多彩!メッキゲームのタックルと釣り方!横浜・根岸湾

魚種多彩!メッキゲームのタックルと釣り方!横浜・根岸湾

横浜・根岸湾のメッキゲームが面白い。魚種多彩なうえに、ときにビッグサイズがドンッ!お早めのお出かけを!

perm_media 《画像ギャラリー》魚種多彩!メッキゲームのタックルと釣り方!横浜・根岸湾の画像をチェック! navigate_next

魚種多彩なターゲットが魅力のメッキゲーム タックルと釣り方

メッキは12月いっぱいは 十分に楽しめる

根岸湾内に2ヵ所ある、通称、温泉場がメッキのポイントだ

秋から冬にかけて、東京湾の一部、根岸湾の「温泉場」に回遊魚たちが集まる。

これをキャスティングゲームで狙っているのが磯子の「釣福丸」だ。
 
シーズンスタートは例年9月。今年は11月に入って1㎏クラスのカンパチ(幼魚。ショゴ)が回遊してきた。

福住武彦船長によれば「2年振り」とのこと。今年も期待したものの、カンパチ祭りは一瞬で終了。

その後はメッキ(ヒラアジ類の幼魚の総称)を中心とした釣りを展開しているという。
 
再びカンパチが回遊してくる可能性もあるが、時期的に期待が薄い。メッキに関しては例年、12月いっぱいは十分にオンシーズン。

福住船長も居着いていれば、年が明けても狙い続けるというので、こちらに期待したい。
 
メッキといっても一般的な30㎝クラスまでの当歳魚に加え、40~50㎝に育った年越しのデカメッキまで狙える。

ここが「温泉場」の大きな魅力。

「釣福丸」でのレコードは68㎝、3.6㎏というから、通常のメッキ用タックルでは、まずキャッチ不可能な相手だ。
 
また、安定感という意味ではヒラフッコ、ヒラセイゴも期待大。ほかにも多彩なゲストが登場する点も魅力だ。
 
実釣取材でもギンガメアジ、カスミアジ、ヒラセイゴ、スズキ、アジ、サバ、クロダイ、キビレ、イトヒキアジと多彩なゲストが登場。

これはメッキかな? これは違うな? などと引き具合から相手を予想する場面も多く見受けられ、これも楽しさのひとつ、という印象だった。

どのサイズの魚に合わせるかでタックルが異なる

まずは使用タックルの紹介から始めよう。

難しいのは30㎝までのメッキに照準を合わせるのか、40~50㎝以上のメッキ、または1㎏以上のカンパチに照準を合わせるのか、ということ。
 
はっきり強さを意識しておきたいのは使用するライン。

あとは使用するルアーに合わせてロッドやリールをセレクトすればよい。

常連さんのタックルをざっくりチェックしてみると、硬軟の2セットを用意している方と、どちらにも対応できるものを複数タックル用意している方の2つに分かれていた。
 
同じ強さで対応している方は、メインラインにPE0.6号を、リーダーは10 Lbをセレクト。

2セットを用意している方は、たとえばライトなセッティングではPE0.4号にリーダーは8Lb、ヘビーなセットにはPE0.8~1号に、リーダーは12~16 Lbというセッティング。
 
前者は万能ではあるが、繊細な釣りでの操作性が劣ったり、大型魚とのやり取りにリスクが増えてしまう。

とはいえ、後者の使い分ける場合では、ライトタックルを使っているときに大型がヒットしてしまうこともある。

いずれの考え方にも長所短所はあるので、最後はアングラーサイドで決定するしかない。
 
ロッドはライトなショア用ロッドからボートシーバス用などが使える。

リールは2500番から3000番がベストマッチだろう。
 
ルアーも多彩に使える。ペンシルベイトやポッパーなどのトップウォータープラグから、フローティング&シンキングタイプのミノー、ワインド、ジャークベイト、メタルジグなどなど。

近年ではカテゴリー分けが難しいハイブリッドタイプも多い。いろいろ試してみるとよいだろう。
 
ルアーのタイプにもよるがサイズは5~7㎝程度、ウエイトは5~10g程度が使いやすい。

ただし、大型メッキやカンパチの気配が濃厚なときはより大型のルアーも活躍する。

覚えておくとよいだろう。

硬軟、2つを想定したタックルを用意している人が多かった

ルアーも多彩に使える。ペンシルベイトやポッパーなどのトップウォータープラグから、フローティング&シンキングタイプのミノー、ワインド、ジャークベイト、メタルジグなど

同じポイントを攻めるので あの手この手で攻めていく

「温泉場」の水深は4~7m程度が中心。

そこに流れが加わったり、なくなったり、と一定ではないのが特徴だ。
 
まずは表層から次第にレンジを下げて探っていくのがセオリー。

活性が高いときならトップで十分に勝負になるし、トップで攻め続けることが出来ればプレッシャーも入りにくい。

とはいえ、それだけではなかなか成立しない。

ミノーからワインド系、スイミングジグなどにチェンジし、次第にレンジを下げて探っていくのが基本だ。
 
アクションパターンとしてはトゥイッチングが基本となる。ラインスラックをうまく利用し、ロッドをジャークしてルアーを躍らせる。

ただ巻きでは見切られてしまうことが多いので注意したい。
 
ポイントを次々と転戦、というスタイルではないので、あの手この手で攻めていく必要がある。

魚が回遊してくるのか、スイッチが入るのかは分からないが、まったく沈黙していたのにいきなりヒット連発ということは珍しくはない。

アタリが遠くてもキープキャスト、が大切だ。
 
ドラグはしっかり調整しておくことが大切。ユルユルで走られてばかりでは、キャッチまで至らないことも多い。

魚にプレッシャーを与え、頭の向きをしっかりコントロールして寄せてくることが大切。

ノットを万全にしておくことは言うまでもない。
 
相手がレギュラーサイズで掛かりどころが良ければ抜き上げてOK。

掛かりどころが悪かったり、デカイと思うときはネットのアシストを仰ごう。

最後の最後に船底に擦られてラインブレイク、とならないように注意しておきたい。

【横浜・根岸湾】メッキゲーム 釣行レポート

目と鼻の先の湾内の好ポ イントに 2年ぶりにカンパチ&メッキが回遊! ライトゲームを満喫しよう

取材日の出船は午後3時。日没後少しまで釣ってからストップフィッシングとなった

強風に見舞われた取材日、風下にキャストできるよう左舷に一列に並んで釣った

常連のひとり、メッキ名人の宮下昌尚さんのオリジナルルアー。「手のヒラアジ」で検索すればラクマなどで入手可能だ

第一号ヒット! と思いきや、これはメッキではなく…

取材日のファーストヒットはクロダイ!

これはメッキっぽい。名人の言葉だけにファートメッキを信じたが…

良型メッキを思わせたナイスファイター、イトヒキアジ。常連ゲストのひとつだ

ボトムを意識した攻略でヒットを連発していたアングラー

大本命のメッキ、ギンガメアジ。当歳魚ながらナイスサイズ

ヒラフッコまではもう少し。こちらも本命のひとつだ

ギンガメアジが主体のなか、かなり珍しいカスミアジが登場

キビレも登場!

ボトム狙いでヒットしたアジ

同じくボトム狙いでヒットした小サバ

小粒なヘビーシンキングミノーはマストルアーのひとつ

大捕り物となったナイスサイズのスズキ

来た! ライトロッドが絞り込まれる。ナイスサイズを予想させた相手は?

終盤間近にヒットした、取材日の最大魚。28cmのギンガメアジだ

今回、取材にご協力いただいたのは、 神奈川・磯子「釣福丸」

「温泉場で2年振りにカンパチが釣れてますよ。ヒラフッコも釣れてます!」
朗報をもたらしてくれたのは、磯子「釣福丸」、福住武彦船長。

根岸湾に2ヵ所ある「温泉場」は、多くのターゲットを集めるパラダイス。

しかも小型とはいえカンパチが回遊しいている、というのだから捨て置けない。

でも、まだいるんですか?

「それはカンパチに聞いてよ。でも、メッキ(ヒラアジ類の幼魚の総称)はいるから楽しめると思うよ」

そんな誘いに乗って実釣取材敢行。

予想通りカンパチの気配はなかったが、腕達者のメッキ名人が集結してくれたので、大船に乗ったつもりで釣果を待った。

のっけからクロダイが顔を見せたものの、ヒットが遠い。常連さんたちはあの手この手を繰り出してアプローチするが、メッキからの反応はない。

夕マヅメがプライムタイム、と分かっていても、それまでノーバイトはいただけない。

ジリジリしながら待っているとやっとエンジン始動。

まずは定番ゲストのひとつ、イトヒキアジが登場。

アジ、サバと続き、やっと本命、メッキのなかではレアキャラのカスミアジが顔を見せた。

そこからはコンスタントにメッキ(ギンガメアジ)、ヒラセイゴ、シーバス、キビレが次々と登場。

年越しの大型メッキこそ姿を見せてはくれなかったが、多彩な魚たちで賑わった。

12月中旬以降も期待は十分。

40㎝オーバーも期待できる「温泉場」のメッキゲーム。

心して楽しんでいただきたい。

以上の記事は「つり丸」2022年1月1日号の掲載記事です。

関連記事
SLJのメッカ・冬の陣開幕!小さなジグだからバ イトが出る!イナダ&サンパク、マダイも登場!小さなジグを使うが、「広布号」のターゲットは、つねにビッグワンだ!
大原沖の青物ゲームがヒートアップ中!今回の取材では大型10㎏と7.5㎏のヒラマサをキャッチ!ジギング&キャスティングで迎撃開始だ!
【東京湾】キャスト&ジギングで狙う冬シーバスゲームが好期突入!この時期、ビギナーにルアーで魚を釣る楽しさを教えてあげるにも最適だ。ぜひ、仲間や家族を一緒にチャレンジしてみよう。
東伊豆・伊東沖で、晩秋~翌春までホットシーズンを迎えるのがティップランによるアオリイカだ。ジグやタイラバを使ってルアーの五目釣りを楽しむ二本立ても面白い!
約1㎏のメタルジグをシャクるキンメジギング絶好調!まだまだ進化中のキンメジギング最新基本タックルをおさらい!
最新記事
ちょっとお手軽! でも釣果は本格的!それが小坪港「太郎丸」のキンメ五目だ!ビギナーもフルレンタルでOK!ぜひチャレンジを!
南房のアカムツが年末から復活の兆し!ポイントは真沖行程30分,水深250m前後!良型アカムツオンリーを午前と午後船で楽しもう!近場のアマダイ五目もおすすめだ!
リーズナブルなルアーフィッシング用フロロライン「シーガー フロロマイスター300」
上越沖の寒ブリは1月中もまだチャンスシーズン!今期もやってきた極上ブリ!上越沖は希少なポイントなので、ぜひ積極的に行ってみほしい。
厳寒期でも数釣り&大型が狙える!相模湾のアマダイが好調だ!LTだから誘いやすくアタリもわかりやすい!積極的に誘って食わせよう!!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル