MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
日本海のモンスター タルイカ浮上中!【福井・若狭沖】

日本海のモンスター タルイカ浮上中!【福井・若狭沖】

日本海のモンスター、タルイカ(ソデイカ)がトップシーズンを迎えて、大型が次々に浮上している。スリル感満点。年末までチャンスだ。

perm_media 《画像ギャラリー》日本海のモンスター タルイカ浮上中!【福井・若狭沖】の画像をチェック! navigate_next

【福井・若狭沖】タルイカ 釣行レポート

ジギングタックルはPE2号プラス10号のリーダーと思った以上にライトだ

多くの人が使用するのは「アニサキス」の専用ジグ180g

長いファイトの末に終止符が

ギャフで船上まで引き上げる

数年間通い続けてようやく手にした1杯。「バラシやハリス切れはあったんですがやっと釣れました!」

漁業資源としても貴重なタルイカ。一度冷凍すると美味しくいただける

こちらは昔ながらのエサ釣りに使用する仕掛け。エサはサンマやスルメイカを使う

最近はほとんどの人がジグでの釣りを楽しんでいる

15kg!

こちらは15㎏の大型。翌日は良型が数取り込まれた。まだまだ大型のチャンスはある

釣り上げた後の海面にはおびただしい墨が!

ドクター・近藤惣一郎は「マッドバイパー スティング」と「シーボーグ600MJ」のコンビで狙った。「来シーズンからはジギングにも挑戦しますよ」

今回、ドクターは残念ながらモンスターを手中にできなかったが、昨年は良型をあげた

こちらはいまだに語り継がれるという26kgの超大型。このサイズを目標にするのだという

今回、取材にご協力いただいたのは、福井・美浜早瀬港「新漁丸」

日本海のモンスター、タルイカ(ソデイカ)がトップシーズンを迎えて、大型が次々に浮上している。

「イカ釣りというよりは大物釣りに近いですね。実際、私も今までに最大で26㎏を釣りましたが、そのパワーは想像をはるかに超えていました」とは、ドクター・近藤惣一郎。
 
最近の釣り方の主流は200g前後のジグを使用したジギングで、今シーズンは15㎏前後までの大型が取り込まれている。

「ジギングは道具立てが比較的ライトで、若い人から年配の人まで楽しまれています。なかなか、簡単には釣れませんが、一度でもその姿を見てしまうとハマる人が多いようですね」とは、福井・美浜「新漁丸」の志賀裕介船長。
 
レンジは50~100mほど。ひとたびジグに抱き付けば、あり得ないほどの疾走を見せる。

長いファイトの末に海面では大量の墨が爆裂。

もちろんバラシ、リーダー切れなどもあってスリル感満点。

年末までチャンスだ。

以上の記事は「つり丸」2022年1月1日号の掲載記事です。

関連記事
去年、鹿島港「植田丸」で誕生した『テン巻き』 。『ひとつテンヤ 』と『巻き物(ジグ&タイラバ)』をTPOで使い分けて楽しむライトゲームのことで、その釣果がグングン上昇中だ。
銭洲解禁!伊豆諸島遠征シーズン開幕!今年もシマアジが絶好調!五目は激うまウメイロメインでお土産十分!カンパチはジギングでチャレンジ!
常磐沖のルアーゲームを多彩に楽しませてくれる「釣楽園 征海丸」。春先のおすすめはホウボウ&カンパチゲームだ。
鹿島沖の水深60m台にヤリイカが大回遊中!春の浅場パターンはオモリ150号、通常タックルで攻略!追い乗りさせて多点掛けを目指そう!
日 立久慈沖のテンヤマダイが好調!浮いた反応がバッチリ! 中大ダイの可能性も!!気難しい日もあるがうまくタナを探って口を使わせよう!!
最新記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
ビッグシーバスに対応するミディアムパワー設計のトレブルフック「トレブルRBジャイアントベイトSP」
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル