MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
東京湾 キャスト&ジギングで狙う 冬シーバスゲーム!

東京湾 キャスト&ジギングで狙う 冬シーバスゲーム!

【東京湾】キャスト&ジギングで狙う冬シーバスゲームが好期突入!この時期、ビギナーにルアーで魚を釣る楽しさを教えてあげるにも最適だ。ぜひ、仲間や家族を一緒にチャレンジしてみよう。

perm_media 《画像ギャラリー》東京湾 キャスト&ジギングで狙う 冬シーバスゲーム!の画像をチェック! navigate_next

【東京湾】シーバスゲーム 釣行レポート

片舷限定の伝統のスタイルは ゲームの自由度が高い!

片舷限定の出船は、「小峯丸」の伝統のスタイル。オーバーヘッドキャストのストレスは最小限になるし、同じポイントでジグとプラグを同時に使うことも可能なので、ゲームの自由度は非常に高く面白い

6ft後半~7ft級のスピニング&ベイトタックルを常備して乗船するのが、「小峯丸」の日中のシーバスゲーム。「小峯丸」には専門のレンタルタックルも有るのでビギナーにも安心だ。ラインは、PE1~1.5号+フロロリーダー16~20Lbを60cm~1m。その先に強度の高いルアー専用のスナップ#1を結んでおこう

「小峯丸」の冬シーバスに必携のルアーといったらこの2つ。ジグは水深20m超の場所も攻めるので60gを用意しよう。キャスティング用のルアーは、広いレンジを探りやすい鉄板またはソリッド系のバイブが主力になる

ベイトが小さめな今年は大活躍のブレードジグだが入手難はあいかわらず。だから30~40gのブレードベイトに別売りのブレード付きフックを付けるのもあり。

係留中の大型船に付くシーバスの群れを狙うのもこの時期のパターン。ジギング有利だが、船底にシーバスがついていればキャスティングでも狙える

ルアーシーバスに初挑戦した和輝くん(8才は)は、お父さん悠さんのサポートを受けつつ、なんと50㎝オーバーの船中第一号。大きな魚に目を丸くして驚いていた。

光くん(11才)は、お父さんの悠さんに連れられて、幼稚園の年長さんから乗船している小さなベテラン。ジグで型を見た後は、後半はキャスティングで連発。大人顔負けのロッドワークを見せてくれた

新調したタックルで初めてのシーバスをキャッチした二見さん。東京湾ならではのストック量は、ビギナーにも十分こたえてくれる

︎当日のクライマックスは終了直前。濃いベイトの反応を狙ってみたら、本命にまじってアジ&サバやメバル、カサゴまでメタルジグにヒットしてきた

ベイトを飽食した スズキ級も!

小野さんは、終了直前の時合をグローカラーのメタルジグで攻めて船中最大の60cm級をキャッチ。ベイトは3cm前後の小イワシだったが、ボトムには、これを狙うスズキ級も潜んでいるのだ。

今後は深場に群れが固まるのでジギング有利になるのが例年のパターン。取材当日は、グローカラーのジグが活躍していた。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・寒川「小峯丸」

冬の東京湾は、産卵を控えたシーバスは、深場に落ちて荒食いに入る。

ただ、今年はちょっと遅れているようで、11月下旬の取材時は、まだ群れがまとまっていなかった。

だが、そこは日本一にストック量を誇る海。

キャスティング&ジギングの両面で狙えば、初挑戦の人でも十分楽しめるのである。

「今年はベイトのイワシが全般的に小さくて、例年に比べれば、ちょっと手強い日が多いですね。水温が下がってくれば、釣果が安定してくると思うんですけどね」とは小峯雄大船長。

取材当日は、潮が流れず苦しい展開が続いたが、最後に下げ潮が効くタイミングで連発が始まって、50㎝級を主体にトップ22匹。

ご覧のように少年アングラーたちも本命をキャッチし、アジ、サバ、メバルもヒットして皆さん冬の一日をおおいに楽しんだ。

例年なら、今後はジギングメインの展開になるが、当日も小規模ながらボイルもあったから、キャスティングゲームもまだまだいけそうだ。

「小峯丸」には、スピニング、ベイトともしっかりしたレンタルタックルが揃っているので、ビギナーにルアーで魚を釣る楽しさを教えてあげるには最適だ。

この時期、ベイトを飽食したシーバスは、食味もいいので、ぜひ、仲間や家族を一緒にチャレンジしてみよう。

以上の記事は「つり丸」2022年1月1日号の掲載記事です。

関連記事
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
オールシーズンゲームとなっている東京湾タチウオジギング!今回は前半戦だけで30本を記録した猛者がいるほどの食いっぷり!気軽に楽しめる釣りとしてジギングデビューにもおすすめだ。
何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!
3月の鹿島沖テンヤマダイ船は、ジグマダイ船になった!45~60gの小型タングステンジグが大活躍!うれしいゲストはホウボウ&メバル!ぜひ挑戦してみてほしい!
最新記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
ビッグシーバスに対応するミディアムパワー設計のトレブルフック「トレブルRBジャイアントベイトSP」
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル