MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
水深300m前後!狙いはキロ級アカムツ!東伊豆・伊東沖

水深300m前後!狙いはキロ級アカムツ!東伊豆・伊東沖

伊豆半島のアカムツ釣りの元祖である東伊豆・伊東「たか丸」で冬のアカムツシーズン突入中だ。午前と午後の2便を活用して激うまをゲットしよう!

perm_media 《画像ギャラリー》水深300m前後!狙いはキロ級アカムツ!東伊豆・伊東沖の画像をチェック! navigate_next

水深300m前後の深場で大型アカムツ狙い好シーズン!

ポイントは近場。午前と午後便を 活用して気軽にチャレンジ!!

東伊豆沖は急深のため、港からポイントは意外と近い

伊東の老舗「たか丸」が釣る 東伊豆沖のアカムツとは?

いまでこそ、激うまの高級魚として日本全国に知られるようになったアカムツ。

だが20年以上前、アカムツは世間にはあまり知られていないマイナーな魚だった。

だからこの魚を専門にとる漁師もほとんどいなかった。
 
当時、知る人ぞ知るアカムツ。だが、食べておいしい。だから釣る。

そんな考えで20年以上前からほぼ専門にアカムツを釣っていたのが、伊東「たか丸」の高瀬健太郎船長。アカムツ釣りのレジェンドだ。

「急深の地形の伊東の沖だから、深海魚のアカムツは港から近いところで釣れるよ。伊東沖周辺は有名な岩礁以外は底は平で、アカムツは平坦な泥場のエサ場に集まる習性がある。そんなところをじっくり狙っているよ」と高瀬船長は言う。

だから、20年以上もの間に蓄えたポイントデータは貴重で周年にわたりアカムツの動きを把握し、釣ることができるという。

「地球温暖化の影響は表層水温には顕著にでてるけど、近年は深海にも及んでいると思うんだ。いままでいなかった魚の勢力がまさることもあり、セオリーどおりにはアカムツが釣れなくなっているね。最近は平場のポイントにカゴカマスが増えてしまって、アカムツはいるのだけど、先にカゴカマスが釣れてしまう。そんな環境下では、カゴカマスがいない崖で釣らないと釣果にならないこともある。状況は年々変化しているよ」とのこと。
 
狙うアカムツは水深300m前後の深場の大型アカムツ。

40㎝オーバーは当たり前。50㎝前後のスーパーメタボサイズが狙いだ。

半日釣りして1本釣れれば御の字という魚。
 
これからシーズンインする外海の犬吠埼沖は、季節ごとに大移動、大集結する群れを狙うためにポイント周辺を大流しするのが定番だが、ここ伊東沖は常にピンポイントで攻めている。

つまり、エサ場に回遊してくる個体を釣っているのだ。

だから、釣り方は「たか丸」独特のものとなり、その方法で釣果が重ね続けられている。
 
けして数釣りではない。一発大物的な博打的要素もあるが、ポイントが近場でかつ午前と午後便の2便制で釣りができるので、気軽に最高レベルのアカムツを狙うことが可能だ。

ポイントの水深が300m前後のアカムツ攻略タックルとは

「たか丸」が攻めるアカムツポイントは、シーズナブルに移動して大集結する場所ではなく、アカムツたちの普段のエサ場。

そこは水深200m~300m台で泥場や、岩礁帯、崖地のテラスなど。

そんなところはアカムツだけでなく、さまざまな生き物のエサ場でもある。

だから、基本的には、茨城や千葉海域のアカムツ仕掛けと比較すると全体的にワンランク太目の設定となる。
 
ハリスは8~10号で70~100㎝と長め。幹糸もこのハリスの長さに合わせて1.2~2mと少し長めだ。
 
ハリはムツ、またはホタバリの18号以上が基本となる。
 
ハリ数は、少し前までは4~5本バリだったが現在は2~3本まで。

捨て糸ナシが基本仕掛けだが、ポイントに応じ船長の指示で捨て糸を1mほど付けることもある。
 
オモリは200号を使用する。
 
これらの仕掛けに対応するタックルセッティングとなるが、竿は7対3調子の200号負荷のものならなんでもオーケー。
 
リールは、PE4号が400m以上収納できる中型電動がベターだ。

シマノ社製なら3000番以上、ダイワ社製なら500番以上がそれ。

PE3号使用も可能だが、この海域の海底には歯が鋭い魚が多い。

ゆえに、その鋭い歯による道糸の高切れ対策としてPE4号以上がオススメなのだ。
 
道糸の高切れリスクは避けられないので予備のリールは必ず1つは持参したい。

どうして捨て糸ナシの仕掛けなのか??

伊東沖では大流しではなく、ほぼピンポイントを集中的に攻める方法で釣っている。

だから、仕掛けがそのポイント1ヵ所に居座る時間が長くなるため、そこにいる魚たちにプレッシャーを与えやすくなる。

そうした観点から、高瀬船長は捨て糸ナシの仕掛けを生み出したのだ。
 
海底付近では仕掛けのオモリを常に上げてタナを切った状態。

これで適度に仕掛けが横移動する。

そして、オモリの底叩きとステ糸そのものの縦糸のプレッシャーがないのがメリット。

ただでさえ警戒心の強い大型アカムツ。

よりプレッシャーを与えないことが攻略のカギとなっている。

アカムツは雑食。 エサは好みのものを

エサはさまざまなものが使える。左からイワシの丸干し、サバの切り身だ。エサはさまざまなものを試すことが可能

さて、伊東沖のアカムツには付けエサは何がいいのか、誰もが悩むところだ。

だが、アカムツは雑食。コレがベストという答えはない。

つまり、あれこれとさまざまなものを使ってみるといい。
 
高瀬船長は、以前はサバの切り身のみであったが、近年は他のエリア同様、サバの切り身とホタルイカの抱き合わせを多くの人が使っていると言う。
 
常連さんのなかには、イワシの丸干しやサンマの切り身、イナダの切り身、イカタンなどを使う人もいた。

つまり、なんでも使えるということだろう。
 
とはいうものの、エサ選択に迷うようなら、サバの切り身&ホタルイカの組み合わせにするとよい。

やはり、これはこの海域でも実績は大だからだ。

深海ザメが多いので 水中ライトの使用はタブー

昔からツノザメやカラスザメなどの深海サメが多い。

集魚ライトはサメの集魚に最も効果がある。

だから、ライトの使用は避けたい。

下のエサが底から1m前後に 漂うようにタナ取りする

基本の釣り方はタナで置き竿でアタリを待つのみ。

つまり置き竿釣法だ。もちろん、手持ち竿でアタリを待ってもよい。

とにかく、アカムツにプレッシャーを与えないようにするために静かに待つことが大事。

誘いをかねての5分に一度タナを取りで直すのが基本的な釣り方だ。
 
そのタナは一番下の枝スのエサが底上1m前後を漂うようにする。

つまりハリスが70㎝であれば、ステ糸なしなら1.5mほど上げることでちょうどいい。

波の高低や船の揺れを考慮しても、1.5m~2mぐらいオモリを底から上げておこう。

捨て糸はけして禁止ではない 付けるなら2m以上

タナをキープするという考えでふだん使い慣れているステ糸ありの仕掛けを使いたいと思う人も多いだろう。

高瀬船長は、その仕掛けの使用を禁止していない。

逆にいろいろと試してみて結果を出してほしい、と言うくらいなのでステ糸付きの仕掛けで釣ってもよい。
 
その際、ステ糸は長めで最低でも2mはほしい。なぜなら、底付近に多いサメ対策のためだ。
 
そしてオモリで底をタタキすぎるとアカムツにプレッシャーが入ることを頭に入れて、とにかく静かに釣ろう。

ボトムにはサメがいる、 ということを常に意識して釣る

ステ糸なしの仕掛けで釣る場合、タナが低いとエサをボトムを引きずることとなり、深海サメがよくヒットする。

ユメカサゴやサメばかりヒットするときは、タナが低い。

だから、そのタナから1mはあげる用に調整しよう。
 
波があったり、船が速めに流れたり、起伏の激しいところで釣るときは、タナをきちんとキープするという目的で長めのステ糸を付けるのも一手だ。

ヒットしたら電動リールの巻きアワセをして手持ち竿で

水深300m前後のボトムでアカムツがヒットするとアタリはかなり明確に出る。

ステ糸なしでオモリが浮いた状態なので明確に出るのだ。
 
ここで慌てて大きくアワセてはいけない。

ここは各地のアカムツ釣り共通で一呼吸おいてから竿を持ち上げ、さらに引くか重みを感じるようなら電動スイッチオン。

最初は中速度以上でよい。10mほど巻いたら速度緩めて、手持ち竿で巻き上げよう。
 
アカムツであれば、残り100mを切ったころからガクガクガクと明確に引く。

残り20m、10mで引けばアカムツ確率アップだ。

【東伊豆・伊東沖】アカムツ 釣行レポート

水深300m前後のピンポイントで狙いはキロ級アカムツ!!

午前と午後の2便を活用して 激うまをゲットしよう

ポイントは伊東沖。目の前には伊豆半島と初島がある。晴れた日には雪化粧した富士山が綺麗だ

ポイントの水深は300m前後が多い

300m前後の深場から浮上したアカムツ。メタボが多い

これから冬場のアカムツはメタボばかり。味もかなりいいぞ

こんなキロムツが連日コンスタントにあがるのが魅力だ

水深300mからドキドキ感を味わおう!タモ入れは必至!!

東伊豆沖でも釣り方が上手な人は本命を確実にとらえる

東伊豆沖でも釣る人は釣る!

でっぷりとしたナイスボディのアカムツがほとんど

こちらもメタボ。脂がのっている

常連のシロムツ

クロムツはコンスタントにまじる

近年深場に大進出しているカゴカマス

「たか丸」は伊東駅近くでたか丸食堂を経営。ランチにも最適

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・伊東港「たか丸」

伊豆半島のアカムツ釣りの元祖である東伊豆・伊東「たか丸」で冬のアカムツシーズン突入中だ。
 
ここは、千葉や茨城方面とは少し異なり、普段から生息している水深、水深300m前後の根周りなどで大型アカムツを狙い撃ちしている。

つまり、シーズンは周年だ。だが今期は夏場は活性が低く12月の声を聞いてから活性化。

連日、良型がキャッチされている。

なんといってもここのアカムツ釣りの魅力は、本命のサイズのよさだが、釣り場が伊東港から比較的近いこともあり、午前と午後便を利用してお手軽にアカムツ釣りに臨めること。

時合は朝いちに集中していることが多いが、午後も夕マヅメがあるのでときおり爆釣もあるという。
 
さらに、釣れるゲストはみなうまい魚ばかり。

クロムツやシロムツ、スミヤキ、ナンヨウキンメがそれだ。
 
初釣りにキロオーバーのアカムツを1本でもキャッチできれば、新年の釣り運はいいこと間違いなし。

ぜひ、気軽に伊東沖のアカムツ釣りにチャレンジしてみてほしい。

以上の記事は「つり丸」2022年1月15日号の掲載記事です。

関連記事
ちょっとお手軽! でも釣果は本格的!それが小坪港「太郎丸」のキンメ五目だ!ビギナーもフルレンタルでOK!ぜひチャレンジを!
南房のアカムツが年末から復活の兆し!ポイントは真沖行程30分,水深250m前後!良型アカムツオンリーを午前と午後船で楽しもう!近場のアマダイ五目もおすすめだ!
上越沖の寒ブリは1月中もまだチャンスシーズン!今期もやってきた極上ブリ!上越沖は希少なポイントなので、ぜひ積極的に行ってみほしい。
厳寒期でも数釣り&大型が狙える!相模湾のアマダイが好調だ!LTだから誘いやすくアタリもわかりやすい!積極的に誘って食わせよう!!
相模湾・葉山沖では、近年ヒラメの魚影が濃くなり、マハタ、オニカサゴ、カサゴ、イナダなど、ゲストも含めてアタリが多く楽しめている!
最新記事
ちょっとお手軽! でも釣果は本格的!それが小坪港「太郎丸」のキンメ五目だ!ビギナーもフルレンタルでOK!ぜひチャレンジを!
南房のアカムツが年末から復活の兆し!ポイントは真沖行程30分,水深250m前後!良型アカムツオンリーを午前と午後船で楽しもう!近場のアマダイ五目もおすすめだ!
リーズナブルなルアーフィッシング用フロロライン「シーガー フロロマイスター300」
上越沖の寒ブリは1月中もまだチャンスシーズン!今期もやってきた極上ブリ!上越沖は希少なポイントなので、ぜひ積極的に行ってみほしい。
厳寒期でも数釣り&大型が狙える!相模湾のアマダイが好調だ!LTだから誘いやすくアタリもわかりやすい!積極的に誘って食わせよう!!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル