沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

この時期の東京湾のマダコは数も型も狙えるぞ!【東京湾】

この時期の東京湾のマダコは数も型も狙えるぞ!【東京湾】

東京湾のマダコといえば江戸前を代表する超高級食材。釣り方もまさに江戸前で、羽子板のような形の竹板に50号のオモリと2本の巨大なフック(カンナ)が付いたタコテンヤにエサのカニを巻きつける。これにナイロン26号の先糸を渋糸に結び付けて、一日中小突いて上下に誘う。いわゆる手釣りの粋な釣りだ。


この時期のマダコ釣りは数とサイズを両方狙えて、じつはいちばん面白い。1㎏クラスのマダコがコンスタントに上がるのだ

2㎏に迫る良型マダコ!

とにかく小突き続けることがコツ!

サイズのいいタコは、すぐに検量!

常連さんは次々と乗せていく。

取り込みはタモで!

まずは1杯!

タコテンヤは50号。エサはカニ。

手釣り用の糸は無料で借りられる。テンヤはロストした場合、料金を支払う。

タコが釣れたら逃げられないように、ネットに入れて口をしっかり縛っておく!

ネットに入れたタコはバケツに海水を入れて生かしておく。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・本牧「長崎屋」。

指先に全神経を集中。渋糸を伝わる「ムニュ」っとした重みを感じたら、数秒間ドキドキの気持ちを押し殺して本乗りを待つ。確信したら半身になり思いっきりアワセを入れる。あとは右手、左手と交互に糸を緩めることなく手繰る。大きく足を広げた水面に咲く大輪のような姿はマダコだ〜!!
東京湾で狙う江戸前マダコと言えば、カンカン照りの灼熱の太陽の下で麦わら帽子をかぶってという印象がある。はたして、この時期はどうなのだろうか?
本牧「長崎屋」の長崎昭船長の話では、「この時期のマダコ釣りは数とサイズを両方狙えて、じつは一番面白いんです。1㎏クラスのマダコがコンスタントに上がりますよ」とのこと。
比較的寿命が短いマダコ。成長が非常に速く、真夏にまだ小型のマダコがドンドン成長する。そして水温が落ちていないこの時期は活性も高い。確かにサイズも数も両方というのは、この時期が一番というのも納得。
市場では高価格であまり容易に手が出ない国産マダコ。しかも江戸前マダコというと価格も天井上がり。ならば自分で釣ってしまえばいいのだ。
正月が近づくにつれて、需要が高まるマダコ。ひと足先に高級江戸前食材をゲットしてしまおう!

以上の記事は「つり丸」2017年12月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連するキーワード


マダコ 東京湾 長崎屋

関連する投稿


東京湾・人数限定片舷乗合で楽しむサワラ&シーバス(小峯丸)

東京湾・人数限定片舷乗合で楽しむサワラ&シーバス(小峯丸)

11月中旬現在、東京湾でサワラとシーバスが好調だ。しかもサワラは4㎏オーバー、シーバスは70〜80㎝オーバーというグッドサイズがヒット中!そのため、千葉・寒川港「小峯丸」船上は平日もアングラーの姿が絶えない。


ポイントは広範囲! ドラゴンまじりのタチウオジギング(渡辺釣船店)

ポイントは広範囲! ドラゴンまじりのタチウオジギング(渡辺釣船店)

「最近は浅場で釣れているんですよ。水深は20mから40mが多いかな。深場に行くこともありますけど、まずは浅場からやっていきます」と、「渡辺釣船店」の田中茂生船長。取材日は本牧沖の水深40mからスタートした。


空アワセを続けて確実に仕留める! アカメフグ仕掛け(忠彦丸)

空アワセを続けて確実に仕留める! アカメフグ仕掛け(忠彦丸)

竿は専用竿がベスト。長さは1.6〜1.8m。「湾フグ用」、「東京湾用」などという表示があるものがそれだ。「忠彦丸」の生駒船長がすすめているのはシマノ「ベイゲーム 湾フグ180」。外房や茨城海域のショウサイフグ用は、オモリ25〜30号に対応した調子なので、新しく竿を購入する際は間違わないように注意しよう。


釣れない時は船長がアドバイス! 大型化するアオリイカ(野毛屋)

釣れない時は船長がアドバイス! 大型化するアオリイカ(野毛屋)

「今シーズンのアオリイカは型がいいよ」。出船前の黒川勇治船長の言葉通り、釣り上げられるイカは良型ぞろいだ。平均サイズは800g、11月ではあるがキロオーバーも珍しくない。軟調長竿が満月に絞り込まれるシーンが続出した。


タイラバ絶好調! トップ釣果でひとり12枚も!(フレンドシップ)

タイラバ絶好調! トップ釣果でひとり12枚も!(フレンドシップ)

「今年はマダイの調子がいいですよ。10月からマダイと青物のリレー乗合を始めていますが、マダイを青物が釣れないときの保険に考えているくらいですからね」とは船橋港「フレンドシップ」の田岡要司船長の言葉。


最新の投稿


ハイパフォーマンスコンセプトロッド「フネタツ 船タコ攻」!

ハイパフォーマンスコンセプトロッド「フネタツ 船タコ攻」!

常磐ダコの餌木&テンヤに最適な専用ロッド!FuneTatsuシリーズは、ビギナーからベテランまで、全ての船釣師にご満足頂ける一本を目指したハイパフォーマンスコンセプトロッドのラインアップです。


釣り納めは一発狙いも面白い! 良型・大型コマセマダイ(正一丸)

釣り納めは一発狙いも面白い! 良型・大型コマセマダイ(正一丸)

葉山沖のコマセマダイは、80号のオモリに対応した、標準的なコマセマダイ用タックルがあれば楽しめる。竿は80号のオモリに対応したコマセマダイ用で、長さは2.4〜3.6m。長さは各自の好みで選ぶと良い。


美マダイ浮上! 初釣りにオススメ葉山沖のコマセマダイ(福栄丸)

美マダイ浮上! 初釣りにオススメ葉山沖のコマセマダイ(福栄丸)

初釣りはマダイと考えている釣り人に鎌倉〜葉山冲のマダイ釣りをオススメしたい。1㎏前後がレギュラーサイズで、良い人で5枚前後。これに2㎏、3㎏の良型も期待できるからだ。


冬の必須アイテム!「VARIVAS ネックウォーマーVAC-58」

冬の必須アイテム!「VARIVAS ネックウォーマーVAC-58」

厳寒期のナイトナイトゲームの対応する高性能ネックウォーマー!


釣る前に、食べる前に、ホシテンスという魚を知ろう!

釣る前に、食べる前に、ホシテンスという魚を知ろう!

ホシテンスは、スズキ目ベラ科テンス属の魚。サンゴ礁域や岩礁域周辺の砂地に生息。浅い場所にもみられる。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読