MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
この時期の東京湾のマダコは数も型も狙えるぞ!【東京湾】

この時期の東京湾のマダコは数も型も狙えるぞ!【東京湾】

東京湾のマダコといえば江戸前を代表する超高級食材。釣り方もまさに江戸前で、羽子板のような形の竹板に50号のオモリと2本の巨大なフック(カンナ)が付いたタコテンヤにエサのカニを巻きつける。これにナイロン26号の先糸を渋糸に結び付けて、一日中小突いて上下に誘う。いわゆる手釣りの粋な釣りだ。

この時期のマダコ釣りは数とサイズを両方狙えて、じつはいちばん面白い。1㎏クラスのマダコがコンスタントに上がるのだ

2㎏に迫る良型マダコ!

とにかく小突き続けることがコツ!

サイズのいいタコは、すぐに検量!

常連さんは次々と乗せていく。

取り込みはタモで!

まずは1杯!

タコテンヤは50号。エサはカニ。

手釣り用の糸は無料で借りられる。テンヤはロストした場合、料金を支払う。

タコが釣れたら逃げられないように、ネットに入れて口をしっかり縛っておく!

ネットに入れたタコはバケツに海水を入れて生かしておく。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・本牧「長崎屋」。

指先に全神経を集中。渋糸を伝わる「ムニュ」っとした重みを感じたら、数秒間ドキドキの気持ちを押し殺して本乗りを待つ。確信したら半身になり思いっきりアワセを入れる。あとは右手、左手と交互に糸を緩めることなく手繰る。大きく足を広げた水面に咲く大輪のような姿はマダコだ〜!!
東京湾で狙う江戸前マダコと言えば、カンカン照りの灼熱の太陽の下で麦わら帽子をかぶってという印象がある。はたして、この時期はどうなのだろうか?
本牧「長崎屋」の長崎昭船長の話では、「この時期のマダコ釣りは数とサイズを両方狙えて、じつは一番面白いんです。1㎏クラスのマダコがコンスタントに上がりますよ」とのこと。
比較的寿命が短いマダコ。成長が非常に速く、真夏にまだ小型のマダコがドンドン成長する。そして水温が落ちていないこの時期は活性も高い。確かにサイズも数も両方というのは、この時期が一番というのも納得。
市場では高価格であまり容易に手が出ない国産マダコ。しかも江戸前マダコというと価格も天井上がり。ならば自分で釣ってしまえばいいのだ。
正月が近づくにつれて、需要が高まるマダコ。ひと足先に高級江戸前食材をゲットしてしまおう!

以上の記事は「つり丸」2017年12月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00
春の東北の人気魚、クロメバル。関東周辺では貴重な魚だが、福島県相馬沖水深30〜40mでは30㎝前後のクロメバルが数釣りができる。リレーで狙うカレイもマガレイを主体にマコガレイやナメタガレイなど釣れるぞ。
更新: 2019-03-20 07:00:00
犬吠埼沖水深200〜250mのアカムツ。今期のアカムツは1月より本格化。このままゴールデンウイークごろまでポイントが多少変わっていくものの、波崎沖カンネコ根のシーズンまで楽しめるとの予想だ。
更新: 2019-03-19 12:00:00
東京湾のアジは早春から絶好調だ。浦賀港「前田丸」では周年アジを狙って出船し、連日トップの釣果は70〜80匹前後。サイズは20〜37㎝級。場所は航程10分程度の浦賀沖。水深は70〜90mだ。コマセが効けばタナを取ってから数秒以内にアタリが出る!
更新: 2019-03-19 07:00:00
最新記事
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
2月に入ると外房・川津沖のヤリイカが開幕した。この時期、川津沖には産卵を控えたヤリイカが集結するため、爆発的な数釣りが期待できる。
更新: 2019-03-21 12:00:00
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読