MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
マダイとアマダイ赤い魚の豪華リレー!東京湾口・剣崎沖

マダイとアマダイ赤い魚の豪華リレー!東京湾口・剣崎沖

初釣りに超オススメ!東京湾口・剣崎沖マダイ&アマダイ赤い魚2魚種を狙う豪華リレー!2魚種を釣ってハッピーな年を迎えよう!!

perm_media 《画像ギャラリー》マダイとアマダイ赤い魚の豪華リレー!東京湾口・剣崎沖の画像をチェック! navigate_next

初釣りにおすすめ! マダイとアマダイの赤い魚の豪華リレー

マダイはワラサまじり アマダイは大型も狙える

剣崎松輪「大松丸」では11月中旬からマダイ&アマダイのリレー釣りをスタートさせている。

朝イチに食いが立ちやすいマダイを前半に狙い、後半はアマダイを狙うという豪華メニューだ。
 
マダイはキロ前後までのサイズが主体だが、時おり大型もアタる。

また12月中旬の時点では、ワラサやイナダといった青物もまじっている。
 
アマダイはまずまずの好調が続いている。この時期は大型が狙え、50㎝オーバーの期待もある。

取材時はトップ4匹であったが、半日の釣り時間ながらもトップ5匹以上を記録することもある。
 
新年の初釣りは赤い魚を釣りに行こうと考えている人も多いことだろう。

そんな人には、ここで紹介する「大松丸」のマダイ&アマダイリレーが超オススメだ。

2魚種をゲットして、最高の新年を迎えよう!

コマセマダイ編

前半のマダイ狙いは コマセマダイ用タックル

前半のマダイ狙いでは、コマセマダイ用タックルがオススメだ。

標準的なコマセマダイ用タックルでOKだ。

「大松丸」では80号のビシを使うので、竿は80号オモリに対応したコマセマダイ用。

長さは2.1~3.6m。近年では2.1~2.4mのショートロッドを使う人が多くなってきている。

長さは各自の好みで選ぶといいだろう。
 
コマセマダイ用以外では80号オモリに対応した7対3~6対4調子のライト用やゲームロッドでもOK。

長さは2~2.4mぐらい。このタイプの7対3調子の竿なら、後半に狙うアマダイにも使用可能だ。
 
リールは小型電動がオススメ。ドラグ性能がいいものを使おう。
 
道糸はPEラインの3~4号を300m以上巻いておけば安心だ。

マダイ狙いの仕掛けについて

「大松丸」で使うビシは80号。これを片テンビンに装着。

そしてクッションゴムを介してハリスを繋ぐ。

クッションゴムは使用ハリスの号数に適合した太さを使うこと。長さは1mでOK。
 
ハリスはワラサなどの青物がまじる可能性があるので、4号以上を使うのが無難だ。

取材時も4㎏クラスのワラサがまじった。
 
ハリスの長さは8mが「大松丸」の標準。

「大松丸」では海面からの水深表示でタナを取るので、8mよりも長すぎたり短すぎると付けエサがマダイの泳層から外れてしまうので注意すること。
 
ハリはマダイバリの8~10号。

軸がしっかりした頑丈なものを使うようにしよう。
 
慣れた人は、2本バリもオススメ。

2本バリの場合は、下バリから1.5~2mぐらい上に20~30㎝の枝スを出す。
 
付けエサはオキアミ。尾羽を切り取り、その切り口からハリ先を刺し入れる。

ハリの軸に対して真っすぐになるように刺す。

付けエサはマダイもアマダイもオキアミを使う

ビギナーはタナの取り方に注意

マダイの釣り方であるが、ビギナーが注意しないといけないのがタナの取り方。

前述したように「大松丸」では海面からの水深表示でタナを取る。

この場合のタナの取り方は、上のイラストで示している。
 
注意しないといけないのが、ビシを海底まで落とさないこと。

指示ダナよりもハリスの長さ分だけタナ下にビシを落とし、その位置からコマセをまきながら指示ダナまで巻き上げてアタリを待つ。
 
取材当日は貸し竿のビギナーが6人乗船。

ビギナーには海面からのタナ取りが難しかったので、鈴木勇一船長は海底からのタナ取りをするように指示があった。
 
海底からのタナの取り方を示したのが下のイラストだ。

この場合は、ビシを海底まで落とす。

ビシが着底したら糸フケを取り、コマセをまきながら指示ダナまでビシを巻き上げてアタリを待つ。
 
いずれのタナの取り方でも、タナを取ったら必ずドラグを調整すること。

そしてタナでアタリを待つのは3~5分ぐらいで、アタリがなければ仕掛けを入れ替える。

エサ取りが多い時やチャンスタイムでは、速めのペースで入れ替えるといい。

アマダイ編

アマダイのタックルについて

アマダイ狙いで使用するオモリは、マダイのときと同じく80号。

そのため、竿は80号オモリに対応した7対3調子のゲームロッドやライト用ロッドがオススメ。

長さは2~2.4mぐらいまでが扱いやすいだろう。
 
リールは小型の電動リールがオススメ。

道糸はPE2~3号。リールには300m以上巻いておくこと。
 
ちなみに、取材時にアマダイトップだった人は、コマセマダイ用タックルを流用して置き竿釣法だった。

仕掛けは2本バリ

アマダイ釣りではコマセは使わない。

片テンビンにオモリを装着して、仕掛けを繋げる。
 
基本の仕掛けは2本バリ。ハリス3~4号、全長2m前後。

ハリはチヌバリの4号前後や丸カイズの13~14号。

ハリ数は2本で下バリから1mぐらいのところから30㎝ぐらいの枝スを出す。

枝スを出す部分は小型の親子サルカンや三又サルカンを介すると、仕掛けにヨリがかかりにくい。
 
また潮が速い時にはハリスにガン玉を打ってもOK。

ガン玉の大きさは1~3号とB~3Bを用意しておこう。
 
付けエサはマダイ狙いと同じくオキアミ。

付け方も同じで1匹掛けが基本。

尾羽を切り取り、その切り口からハリ先を刺し入れる。

ハリの軸に対して真っすぐになるように刺すことが大事だ。

釣り方の基本を覚えよう

アマダイは海底付近にいる魚なので、底付近を狙う。

仕掛けを投入したら、まずはオモリを着底させる。

着底したら糸フケを取り、仕掛けの長さが2mならオモリを海底から1m巻き上げる。

これが基本のタナだ。仕掛けが2mよりも長かったり短い場合は、その分タナを上げたり、下げたりすること。
 
タナでアタリを待つが、そのままじっと待つよりは、竿をゆっくり上下させて誘ったほうがアタリが出やすい。

また、水深が変わることもあるので、頻繁にタナを取り直すこと。

タナの取り直しが誘いにもなる。
 
アタリがあったら即アワセはスッポ抜けやすいので厳禁。

ひと呼吸おいてから竿を立ててアワせる。
 
ハリ掛かりしたあとは糸を巻き取るが、いきなり電動で巻き上げるのはダメ。

必ず最初の10mは手巻きで糸を巻き取り、この間に掛かった魚の大きさを判断する。
 
掛かった魚が大きくなければ、電動の中低速で巻き上げる。

大きければ、ドラグを調整してから巻き上げる。

やり取りに自信がなければ、そのまま最後まで手巻きでもOKだ。

【東京湾口・剣崎沖】マダイ& アマダイリレー 釣行レポート

初釣りに超オススメ!

赤い魚2魚種を狙う豪華リレー!2魚種を釣ってハッピーな年を迎えよう!!

当日はマダイもアマダイも剣崎沖を狙った

前半のマダイ狙いで強烈なアタリ!

強烈な引きで抵抗したのは丸々太ったワラサだった

取材前日は、マダイはトップ4枚だった(画像は船宿HPから)

マダイはキロ前後のサイズが多い(画像は船宿HPから)

「この引きはアマダイみたいですよ!」と常連さん

海面に姿を現したのは本命のアマダイ!

アマダイはとてもきれい!

アマダイは後半に狙う

慣れた常連さんはマダイタックルの置き竿釣法で4匹釣ってトップ

下バリにアマダイ、上バリにトラギスがヒット

嬉しい初アマダイ

ビギナーの女性は終了間際に良型アマダイをゲット!

アマダイのゲストでイトヨリもまじった

アマダイ狙いではキダイがよくまじった

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・剣崎松輪「大松丸」

新年の初釣りは、赤い魚を釣りに行こうと考えている人も多いだろう。

そんな釣り人たちにオススメなのが剣崎松輪「大松丸」のマダイ&アマダイリレーだ。
 
マダイは朝に食いが立ちやすいので前半に狙い、アマダイは後半に狙うメニュー。

初釣りでマダイもアマダイも釣れれば、新年早々にとてもハッピーな気分になれるだろう!
 
マダイもアマダイもオモリは80号。

そのため80号オモリに対応したライト用ロッドやゲーム用ロッドで2魚種を狙う人もいれば、コマセマダイ用タックルで狙う人もいる。

もちろん、マダイ用とアマダイ用の2タックルを持ち込む人もいる。
 
取材当日は前半のマダイは不発だったが、前日はトップ4枚という好釣果。

後半のアマダイは好調で、コマセマダイタックルで通した常連さんが40㎝級を頭に4匹釣り上げた。
 
マダイとアマダイの2魚種を釣って、いいスタートを切ろう!

以上の記事は「つり丸」2022年1月15日号の掲載記事です。

関連記事
ちょっとお手軽! でも釣果は本格的!それが小坪港「太郎丸」のキンメ五目だ!ビギナーもフルレンタルでOK!ぜひチャレンジを!
南房のアカムツが年末から復活の兆し!ポイントは真沖行程30分,水深250m前後!良型アカムツオンリーを午前と午後船で楽しもう!近場のアマダイ五目もおすすめだ!
上越沖の寒ブリは1月中もまだチャンスシーズン!今期もやってきた極上ブリ!上越沖は希少なポイントなので、ぜひ積極的に行ってみほしい。
厳寒期でも数釣り&大型が狙える!相模湾のアマダイが好調だ!LTだから誘いやすくアタリもわかりやすい!積極的に誘って食わせよう!!
相模湾・葉山沖では、近年ヒラメの魚影が濃くなり、マハタ、オニカサゴ、カサゴ、イナダなど、ゲストも含めてアタリが多く楽しめている!
最新記事
ちょっとお手軽! でも釣果は本格的!それが小坪港「太郎丸」のキンメ五目だ!ビギナーもフルレンタルでOK!ぜひチャレンジを!
南房のアカムツが年末から復活の兆し!ポイントは真沖行程30分,水深250m前後!良型アカムツオンリーを午前と午後船で楽しもう!近場のアマダイ五目もおすすめだ!
リーズナブルなルアーフィッシング用フロロライン「シーガー フロロマイスター300」
上越沖の寒ブリは1月中もまだチャンスシーズン!今期もやってきた極上ブリ!上越沖は希少なポイントなので、ぜひ積極的に行ってみほしい。
厳寒期でも数釣り&大型が狙える!相模湾のアマダイが好調だ!LTだから誘いやすくアタリもわかりやすい!積極的に誘って食わせよう!!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル