MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
大原沖SLJ冬の陣開幕!小さなジグでビッグワン!

大原沖SLJ冬の陣開幕!小さなジグでビッグワン!

SLJのメッカ・冬の陣開幕!小さなジグだからバ イトが出る!イナダ&サンパク、マダイも登場!小さなジグを使うが、「広布号」のターゲットは、つねにビッグワンだ!

perm_media 《画像ギャラリー》大原沖SLJ冬の陣開幕!小さなジグでビッグワン!の画像をチェック! navigate_next

大原沖スーパーライトジギング 釣行レポート

SLJのメッカ・冬の陣開幕!小さなジグだからバ イトが出る!イナダ&サンパク、マダイも登場!

SLJ人気はますます熱い。「広布号」はそのメッカとあって、週末ということもあるが両舷に定員一杯での出船となった

ジグのMAXウエイトが100~120gのSLJ専用ロッドの6~7ftスピニングタックルが基本だが、深場も攻めるこの時期は、ベイトタックルがハマる局面も少なくないので常備したい。サンパク~ワラサ級の確率が上がる時期だけに、ラインとリーダーは、信頼できる品質のものをセレクトしたい

アワビ張りの広布号オリジナルジグは、白がオールマイティで、黒&グリーンが澄潮に強く、濁りがある時はイエローやピンクが効くという。ジグのカラーローテも重要な戦略である

船長自作のオリジナルジグとTGベイトが、大原沖におけるSLJの二大ド定番。ジグのウエイトは、風の強い冬には80gを主力に、ジグのタイプ、カラーや重さも幅広く揃えておきたい

リールのギア比は、ノーマルまたはPGがおススメ。戦略の基本となる「ハーフピッチジャーク」に圧倒的に有利で、大型魚とのファイト時にもこのギア比が活きてくるそうだ

大原沖では、マダイもSLJの常連魚種。鈴木さん(上)黒田さん(下)、は、ともにゴールド系カラーのジグで美しいマダイをキャッチ

イワシの回遊が増えるこれからの時期は、イナダの反応が良くなり恰好の遊び相手になる。ジグはもちろん食いが渋ければ同じ重さのタイラバで狙うのも効果的だ

限界のタックルを使い切る快感!!

推奨のPE1.2号+フロロリーダー20Lbをしっかりしたラインシステムで組めば、2㎏のドラグテンションが使えることが実証されている。だから、ヒラマサやワラサ、大ダイや3㎏超のマハタとも十分に戦えるのだ。ライトタックルだからこそ強気のファイトが正解だ

サンパク&ワラサ級の強襲も あるから要注意!

当日は荒れ模様で釣り難く食いが渋かったが、常連さんはやっぱり結果を出してくれました。山崎さんは、ボーダレス/TGムサシ80g

北村さんはダイワ/TGベイト80gで、ともにサンパク級をキャッチ

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「広布号」

関東近郊におけるSLJ(スーパーライトジギング)のメッカとなっているのが大原沖。

そのトレンドリーダーとなっているのが、「広布号」の野島幸一船長だ。

「小さなジグと軽いタックルだから誰にでも挑戦できるのがSLJのいいところ。普通のジギングと比べれば、タックルの重さは1/3もないからね。そんな軽いタックルでも、性能をフルに使えば、10㎏のヒラマサだってとれる。間口が広くて夢のある釣りだよね」。

これからの時期は、大原沖に「セグロ」と呼ばれるカタクチイワシの群れが入り、これに刺激されてイナダやワラサ、ヒラメやマダイを狙う絶好の時期となる。

取材の前日もシケ後の荒食いでワラサの連発があったという。

小さなジグだからこそ、食ってくる場面があると野島船長は力説する。

それこそジギング船では、ほぼやらない「ただ巻き」がストロングパターンになることすら珍しくない。

取材当日は、あいにくの食い渋りだったが、ほぼワラサ級のサンパクを仕留めた北村さんは、マダイが釣れたのを見てただ巻きに切り替えてのヒットだった。

小さなジグを使うが、「広布号」のターゲットは、つねにビッグワンだ。

レンタルタックルもそれが可能なものが常備されている。

初釣りは、ぜひ大原沖のSLJに挑戦してみよう

以上の記事は「つり丸」2022年1月15日号の掲載記事です。

関連記事
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
オールシーズンゲームとなっている東京湾タチウオジギング!今回は前半戦だけで30本を記録した猛者がいるほどの食いっぷり!気軽に楽しめる釣りとしてジギングデビューにもおすすめだ。
何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル