MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
釣る前に、食べる前に、ボウズコンニャクという魚を知ろう!

釣る前に、食べる前に、ボウズコンニャクという魚を知ろう!

ボウズコンニャク(スズキ目エボシダイ科ボウズコンニャク属)新潟県・千葉県以南の西太平洋、インド洋の水深150m以上の深場に生息。

perm_media 《画像ギャラリー》釣る前に、食べる前に、ボウズコンニャクという魚を知ろう!の画像をチェック! navigate_next

ボウズコンニャク(スズキ目エボシダイ科ボウズコンニャク属)の生態

漁で獲れるが、一度も釣れたことがない!?

新潟県・千葉県以南の西太平洋、インド洋の水深150m以上の深場に生息。
 
全長20cm前後にしかならない地味な魚である。

あまりにも目立たないので、地方名は鹿児島県の「けのず」だけしかない。
 
本種はいろんな海域でとれる。日本海でも相模湾でも駿河湾でも、熊野灘、土佐湾でもとれるが、あまりまとまってとれない。

数年に一度くらい日本海などで大量にとれるけれど、あとが続かない。

国内で安定的に水揚げがあるのは鹿児島県錦江湾だけ。こんな不思議な魚はいない。

錦江湾では「とんとこ漁」という底曳き網が行われている。

桜島を間近に見ながらの漁で、狙いはナミクダヒゲエビという15cm前後のエビだ。

本種などは混ざり物でしかない。

本種のような魚類は、昔はじゃけんに捨てられていたが、近年、徐々に人気を博してきている。

ボウズコンニャクの値段は?

流通上、鮮魚はめったに見かけることはない。

長年市場を見ているが2回だけしか見ていない。

本種の場合、鮮魚ではなく干ものとして流通することの方が多い。

鮮魚は非常に安い。1キロあたり1000円前後なので、今回の80gは1尾80円なりだ。

本種は水揚げ量の多い鹿児島湾でも一度も釣れたことがないらしい。釣れたら初記録。

ボウズコンニャクの寿司…ボウズコンニャクは偉い!!

長年、本コラムを書き続けているが、いったいどうしてボクがぼうずコンニャクなのか、を述べていない。
 
すし職人、たかさんは、「そんなこと誰も知りたくねー」などとほざいておりますが、ついでなので、むりやり聞かせることにした。

「かれこれ四十年も前のこと。大量に買い求めた魚類図鑑を、右から左に年代順にずらりと並べて見ていた。当時、気になっていた魚類学者に、蒲原図鑑で有名な蒲原稔治という人がいたんだよね。高知県出身で、高知大学の教授で、土佐のいごっそうの典型のような人で、大層な酒のみ。旧家の生まれなんだけど、財産を酒で飲みつぶしたらしい……」
 
などとやっていると、隅っこの常連さんが「オレも聞きたくねー」とわめく、そのうち「暴れてやる」と言い始めたので、ここからは文章だけにする。しばしご辛抱を。
 
魚類図鑑を年代順に並べて行くと、何種類か魚の標準和名が変更されているのに気がついた。

もっとも気になったのがコンニャクアジ→ハナビラウオ、そしてチゴメダイ→ボウズコンニャクだ。

蒲原稔治に興味があったのと、標準和名を変えていいのか? なぜこんにゃくなのか? という好奇心から、大胆にも国立博物館に電話して聞いてみた。

少し待つようにと言われて、翌日にちゃんと電話がかかってきた。
 
そのときの答えは、標準和名も学名も早く発表した方が優先される。

蒲原稔治はチゴメダイと命名、同時期に魚類学の巨人である松原喜代松はボウズコンニャクとつけた。

命名はほとんど同時だったらしい。

蒲原稔治も有名とはいえ、大御所の松原喜代松に遠慮した模様だ、とのことだった。

対応してくれた方が最後に、「この変な名前の魚ですけど、見た目が悪く、小さくて、こんにゃくみたいに味のない、つまらない魚らしいですよ」とつけ加えたのだ。
 
まるでボクみたい、と思っている最中に、本業以外の仕事のための名前を決める必要があった。

そのとき、頭の中がボウズコンニャクだったので、ぼうずコンニャクにしたのだ。
 
十二月になって鹿児島から大量に送られてきた。

もちろんこんにゃくのような手触りではなく、身はしっかりしている。

ここに本種を愛して止まない人がいる。たかさんだ。

「おれさ、このコ大好き」

「ぼうずコンニャクは『おじさんずラブ』じゃないからね」

「バカ言うんじゃね。おれが好きなのは魚のボウズコンニャクだ」
 
明らかに本気だ。それが証拠に、やたらにつまみ食いしている。
 
暮れだというので、超高級魚のクエが来た。

それをたっぷりつけてもらって、改めて感動していたら、「すしネタとしてはボウズコンニャクの方が、クエよか上だね」

「重さ十キロ、値段にして十万円のクエよりも、激安のボウズコンニャクの方がいいんだ。へそ曲がり」
 
ということで本年最後の主役はクエではなく、本種となる。たぶん釣れない魚だと思う。

釣れたという話は一度も聞いていない。釣り雑誌なのに釣れない話で、申し訳ない。
 
さて鹿児島からやってきた日、まずは皮を引いて普通の握りに。

「たかさんまるで大トロだね」

「小っこいのに大トロだ。本マ(クロマグロ)が裸足で逃げらーな」
 
口に放り込むとトロっとして甘く、脂に独特の風味がある。

すし飯との馴染み加減も抜群にいい。
 
皮目をあぶったのも別種のおいしさがあった。

あぶると皮に脂が浮き上がってくる。これが皮の上で冷えて少しだけ凝固する。

口に入れるとこの凝固した脂が舌の上で再び溶けて、濃厚なうま味を放つ。

「ぼうずコンニャクって偉い」

「魚のほうね」

以上の記事は「つり丸」2022年1月15日号の掲載記事です。

◆協力『市場寿司 たか』
八王子市北野八王子綜合卸売センター内の寿司店。店主の渡辺隆之さんは寿司職人歴40年近いベテラン。ネタの評価では毎日のようにぼうずコンニャクとこのようなやりとりをしている。本文の内容はほとんど実話です。

文責/ぼうずコンニャク
魚貝研究家、そして寿司ネタ研究家。へぼ釣り師でもある。どんな魚も寿司ネタにして食べてみて「寿司飯と合わせたときの魚の旨さ」を研究している。目標は1000種類の寿司を食べること。HP『ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑』も要チェック。

関連記事
カガミダイ(マトウダイ目マトウダイ科ガガミダイ属)非常に生息域の広い魚だ。北海道から九州、琉球列島にはいないものの、赤道をすぎてニュージーランドやオーストラリア沿岸にもいる。
イヤゴハタ(スズキ目ハタ科マハタ属)日本海側では富山県・太平洋側では千葉県外房から九州南岸の日本海、東シナ海、太平洋沿岸、朝鮮半島南岸、台湾、西インド洋に生息する。
カマスサワラ(スズキ目サバ科カマスサワラ属)本州以南、世界中の熱帯域から温帯域表層域を回遊している。昔は駿河湾・山口県以南にいたものが北上傾向にある。
ヘダイ(スズキ目タイ科ヘダイ属)北海道日本海側から九州南沿岸、沖縄、西太平洋、インド洋、アラビア海、紅海の比較的浅い岩礁域や内湾に生息している。
ハナミノカサゴ(スズキ目フサカサゴ科ミノカサゴ属)太平洋、インド洋、大西洋の熱帯から温帯域に生息する。国内では外房以南の太平洋沿岸、九州、琉球列島の浅い岩礁域に生息する。
最新記事
ちょっとお手軽! でも釣果は本格的!それが小坪港「太郎丸」のキンメ五目だ!ビギナーもフルレンタルでOK!ぜひチャレンジを!
南房のアカムツが年末から復活の兆し!ポイントは真沖行程30分,水深250m前後!良型アカムツオンリーを午前と午後船で楽しもう!近場のアマダイ五目もおすすめだ!
リーズナブルなルアーフィッシング用フロロライン「シーガー フロロマイスター300」
上越沖の寒ブリは1月中もまだチャンスシーズン!今期もやってきた極上ブリ!上越沖は希少なポイントなので、ぜひ積極的に行ってみほしい。
厳寒期でも数釣り&大型が狙える!相模湾のアマダイが好調だ!LTだから誘いやすくアタリもわかりやすい!積極的に誘って食わせよう!!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル