MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
夏ならシロギス! 下手すりゃ100匹オーバーも!!【東京湾・盤洲】

夏ならシロギス! 下手すりゃ100匹オーバーも!!【東京湾・盤洲】

真夏の東京湾といえば、やっぱりシロギス釣りが楽しい。浅場に群れが多く集まり、食いも活発になる。だれでも手軽に数釣りができる時期だ。

手軽に数釣りが出来て、食べてもおいしい。カラッと揚げたキスの天ぷらでビール…最高だろ?

パラシュートアンカーを入れて船を流す。ちょうどよい速さで流れると、アタリ連発。次々キスが釣れ上がる。

2本竿で狙っていたお客さんは2点掛け連発。

今回、取材にご協力いただいたのは、東京・東大井「いわた釣船店」。

東京湾で真夏に楽しい釣りと言えば、なにをおいてもシロギス。10m以下、ときには5m前後の浅場に群れが集まり、手軽に数釣りができる季節だ。夏が旬と言われ、食べてもおいしい。カラッと揚げたキスの天ぷらでビールっていうのも最高だ!
東京湾のシロギス狙いで出船している、東大井の「いわた釣船店」では、このところ盤洲の水深5〜10m前後を狙い、連日トップ120〜140匹前後の好釣果が続いている。

仕掛け、エサの付け方、釣り方の基本

エサのイソメは最初は長めに。釣りながら、「アタリがよく出てハリ掛かりしやすい」長さを調節しよう。

タックルは1.8m前後のシロギス竿に小型スピニングリール。道糸はPE1〜1.5号前後、キス用片テンビンにオモリは20号を使用する。船宿仕掛けはハリス1号全長80㎝、流線バリ7号の2本バリ。エサはアオイソメ。
「エサは長くすればアタリがでやすくなるけど、ハリ掛かりはしにくくなる。逆に短くすればハリ掛かりしやすくなるけど、アタリはでにくくなる。その日の状況を見て長さを決めるのが大切です」と船長。
はじめはアタリがでやすいようタラシを5〜6㎝前後と長めにして試してみよう。アタリはあるがハリ掛かりしないようなら、3〜4㎝ほどに短くしてみよう。食いが活発なときはタラシが1㎝でも、すぐにハリ掛かりしてしまう。状況を見てアタリが出て、なおかつハリ掛かりしやすいエサの長さを見極めよう。
「いわた釣船店」では、基本的に、パラシュートアンカーを入れて船を流す。
「潮が適度に流れていれば、トロトロ船が移動してくれるので、船下に仕掛けを落とすだけでも釣れますよ」と古高船長。
船が流れることによって、仕掛けもたなびくので、それだけでも誘いになってシロギスは食ってくる。子供さんなど、キャストができなくても心配はいらない。
「ただ、船下狙いでも、船の真下だと仕掛けの移動が速くなりすぎたり、オモリが浮き上がってしまうこともあります。道糸を気持ち余分に出してやると、ハリ掛かりがよくなりますよ」と船長。
もちろん、潮が効かないときは船の流れも少ないので、広範囲を探るためにもキャストした方が有利だ。アンダースローで前方にキャストし、巻いて止めるを繰り返し、探ってみよう。
また、パラシュートアンカーで、適度に船が流れてくれるときは、置き竿でも頻繁にアタリが出る。1本を置き竿、もう1本を手持ちにして2本竿で釣るのもOKだ。

盤州の浅場でシロギスが激アツだっ! 連日トップ100匹超え、120匹、130匹、140匹と数釣り続く!

1本竿でキャストと誘いを繰り返す常連さんが130匹で竿頭。

好釣! 船下狙いオンリーで35匹!

25㎝級の大型も数まじり、連日トップ100匹オーバーの数釣りが続いている。ポイントは盤洲中心。水深は5〜10mほど。浅場で手軽に楽しめる。シロギス乗合で盤州中心に出船している、東大井「いわた釣船店」では、連日トップ100匹超え、120匹、130匹、140匹と数釣りが続いている。
「群れは濃いですから、潮さえ適度に流れてくれれば、ビギナーでも楽しめると思います。お子さんでもそこそこ釣れると思いますよ」。こう話すのは、「いわた釣船店」古高 亘船長。
キャストして広範囲を探る常連さんは、コンスタントに釣って130匹! しかし、パラシュートアンカーを入れて、船を潮に乗せて流してゆくので、適度に潮が動けば「船下を狙っているだけでも十分釣れますよ」と船長。
子供連れで、夏休みのファミリーフィッシングにもおすすめだ。

以上の記事は「つり丸」2012年9月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
沼津沖は3月中旬ぐらいから4〜5㎏級の大型が上がり始めている。反応はしっかりとあるが、警戒心が強く、気難しい乗っ込みマダイ!波静かな海でじっくりと狙おう!条件がそろえばアタリは増えてくるぞ。
更新: 2019-04-25 12:00:00
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00
ほぼ周年楽しめる南房江見沖のアカムツだが、本格シーズンは4〜12月。そのロングランシーズンが開幕した。高級魚としてすっかりおなじみになったアカムツ。水深250m深場にナイスボディで美味な個体が勢ぞろい中だ。
更新: 2019-04-24 07:00:00
網代港「ゆたか丸」の遠征シマアジ・イサキ五目釣りがスタートした。イサキを主体に多彩なゲストが釣れる楽しさいっぱい。イサキはもとより、開幕直後の狙い目はシマアジ。強烈な引きが魅力の高級魚だ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
最新記事
伊豆遠征ファンが心待ちしていた銭洲が解禁日を迎えた。日帰りでカンパチ狙いができる希少なフィールド。シーズン初期は小型が中心ながらもまさに入れ食いが期待できる。シマアジ、カンパチなど大物釣りを楽しもう。
更新: 2019-04-26 12:00:00
春告魚、メバルが活況だ。「うちでは2月からスタートしましたが、昨年より数が多いです。特大はなかなかお目にかかれませんが、25㎝位までならけっこうまじって楽しめますよ」とは、長浦港「こなや」の進藤船長。
更新: 2019-04-26 07:00:00
沼津沖は3月中旬ぐらいから4〜5㎏級の大型が上がり始めている。反応はしっかりとあるが、警戒心が強く、気難しい乗っ込みマダイ!波静かな海でじっくりと狙おう!条件がそろえばアタリは増えてくるぞ。
更新: 2019-04-25 12:00:00
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読