MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
夏ならシロギス! 下手すりゃ100匹オーバーも!!【東京湾・盤洲】

夏ならシロギス! 下手すりゃ100匹オーバーも!!【東京湾・盤洲】

真夏の東京湾といえば、やっぱりシロギス釣りが楽しい。浅場に群れが多く集まり、食いも活発になる。だれでも手軽に数釣りができる時期だ。

手軽に数釣りが出来て、食べてもおいしい。カラッと揚げたキスの天ぷらでビール…最高だろ?

パラシュートアンカーを入れて船を流す。ちょうどよい速さで流れると、アタリ連発。次々キスが釣れ上がる。

2本竿で狙っていたお客さんは2点掛け連発。

今回、取材にご協力いただいたのは、東京・東大井「いわた釣船店」。

東京湾で真夏に楽しい釣りと言えば、なにをおいてもシロギス。10m以下、ときには5m前後の浅場に群れが集まり、手軽に数釣りができる季節だ。夏が旬と言われ、食べてもおいしい。カラッと揚げたキスの天ぷらでビールっていうのも最高だ!
東京湾のシロギス狙いで出船している、東大井の「いわた釣船店」では、このところ盤洲の水深5〜10m前後を狙い、連日トップ120〜140匹前後の好釣果が続いている。

仕掛け、エサの付け方、釣り方の基本

エサのイソメは最初は長めに。釣りながら、「アタリがよく出てハリ掛かりしやすい」長さを調節しよう。

タックルは1.8m前後のシロギス竿に小型スピニングリール。道糸はPE1〜1.5号前後、キス用片テンビンにオモリは20号を使用する。船宿仕掛けはハリス1号全長80㎝、流線バリ7号の2本バリ。エサはアオイソメ。
「エサは長くすればアタリがでやすくなるけど、ハリ掛かりはしにくくなる。逆に短くすればハリ掛かりしやすくなるけど、アタリはでにくくなる。その日の状況を見て長さを決めるのが大切です」と船長。
はじめはアタリがでやすいようタラシを5〜6㎝前後と長めにして試してみよう。アタリはあるがハリ掛かりしないようなら、3〜4㎝ほどに短くしてみよう。食いが活発なときはタラシが1㎝でも、すぐにハリ掛かりしてしまう。状況を見てアタリが出て、なおかつハリ掛かりしやすいエサの長さを見極めよう。
「いわた釣船店」では、基本的に、パラシュートアンカーを入れて船を流す。
「潮が適度に流れていれば、トロトロ船が移動してくれるので、船下に仕掛けを落とすだけでも釣れますよ」と古高船長。
船が流れることによって、仕掛けもたなびくので、それだけでも誘いになってシロギスは食ってくる。子供さんなど、キャストができなくても心配はいらない。
「ただ、船下狙いでも、船の真下だと仕掛けの移動が速くなりすぎたり、オモリが浮き上がってしまうこともあります。道糸を気持ち余分に出してやると、ハリ掛かりがよくなりますよ」と船長。
もちろん、潮が効かないときは船の流れも少ないので、広範囲を探るためにもキャストした方が有利だ。アンダースローで前方にキャストし、巻いて止めるを繰り返し、探ってみよう。
また、パラシュートアンカーで、適度に船が流れてくれるときは、置き竿でも頻繁にアタリが出る。1本を置き竿、もう1本を手持ちにして2本竿で釣るのもOKだ。

盤州の浅場でシロギスが激アツだっ! 連日トップ100匹超え、120匹、130匹、140匹と数釣り続く!

1本竿でキャストと誘いを繰り返す常連さんが130匹で竿頭。

好釣! 船下狙いオンリーで35匹!

25㎝級の大型も数まじり、連日トップ100匹オーバーの数釣りが続いている。ポイントは盤洲中心。水深は5〜10mほど。浅場で手軽に楽しめる。シロギス乗合で盤州中心に出船している、東大井「いわた釣船店」では、連日トップ100匹超え、120匹、130匹、140匹と数釣りが続いている。
「群れは濃いですから、潮さえ適度に流れてくれれば、ビギナーでも楽しめると思います。お子さんでもそこそこ釣れると思いますよ」。こう話すのは、「いわた釣船店」古高 亘船長。
キャストして広範囲を探る常連さんは、コンスタントに釣って130匹! しかし、パラシュートアンカーを入れて、船を潮に乗せて流してゆくので、適度に潮が動けば「船下を狙っているだけでも十分釣れますよ」と船長。
子供連れで、夏休みのファミリーフィッシングにもおすすめだ。

以上の記事は「つり丸」2012年9月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
周年通してブランドアジを楽しませてくれる走水港「政信丸」。走水沖では連日のように50匹オーバーの釣果を更新。釣ってよし、食べてよしが、走水沖のアジ釣りの魅力。誰でも手軽に楽しめる人気ターゲットだ。
東京湾口エリアのヤリイカがハイシーズンに突入。「一之瀬丸」が狙う剣崎~洲崎沖ではトップ20~30杯の好釣果が続いている。「パラソル級」ジャンボサイズも乗ってきた!丸々としているヤリイカは味も抜群だ!
11月1日南房のイワシ泳がせ釣りが解禁。主な狙いはヒラメとマハタ。カンパチ、ヒラマサなどの青物といった高級ゲストがイワシエサに食ってくるのも魅力。他とはひと味違う南房のヒラメ釣りを楽しもう。
今期も駿河湾の絶好調の夜タチウオ。静浦沖でもドラゴンまじりで釣れている!研究熱心な船長は、大型率が高いタチウオテンヤでの釣りを推奨。釣趣バツグンのテンヤ釣りを存分に楽しみに行きましょう!!
駿河湾・石花海のヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入する。釣れるヤリイカはみな肉厚で全体的に丸みを帯び、味も濃厚。連日、後半には乗り乗りタイムに突入するので、前半不調でも、後半に期待大だ。
最新記事
周年通してブランドアジを楽しませてくれる走水港「政信丸」。走水沖では連日のように50匹オーバーの釣果を更新。釣ってよし、食べてよしが、走水沖のアジ釣りの魅力。誰でも手軽に楽しめる人気ターゲットだ。
大栄丸(小湊港)の釣果情報を掲載
現在、波崎沖の青物は小型のヒラマサがよくヒットしているが、今後はワラサがおもしろくなる。ワラサは例年では年明け以降も続く。ベイトとスピニングを使い分け、エキサイティングなジギングを楽しもう!
東京湾のタイラバゲームが活況だ。取材日は湾口一帯の水深40~50mの各ポイントが主戦場!トップは11枚。最大は3.3㎏。近年の基本タックル&ヒットタイラバを紹介!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読