MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
稲取沖の大型アカムツ、好シーズン来たる!【東伊豆・稲取沖】

稲取沖の大型アカムツ、好シーズン来たる!【東伊豆・稲取沖】

言わずと知れた高級魚アカムツ。今回の取材の釣果により本格シーズン突入を実感。年末年始に向け、更なる期待が膨らむ。

1㎏じゃ物足りない!? 1.5㎏がアベレージ!!

大型の期待タップリな稲取沖でのアカムツ狙い。重量感ある引きに、2kgオーバーを期待したが、0.9kg級の一荷だった。もちろん、これも大満足。

これがこの日の筆者の釣果。グラマラスな良型アカムツを6匹と絶好調!

この日は船中5人で12匹。型もいいだけに、十分すぎる釣果といえるだろう。

この日の筆者のタックル。竿が「アルファタックル・ディープインパクト ライト」プロト、リールは「ミヤエポック・AC-3JPC。

最高級と言っても過言ではない魚。刺身、塩焼き、煮つけ、何にして食べても最高の味だ。

各種集魚グッズもアカムツ釣りの大きな武器。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・稲取港「安貞丸」。

2投連続の1㎏級ダブルに歓喜した直後、我が脳裏に甦る「アカムツの達人」こと亡き「安貞丸」先代、安藤正義船長の口癖と笑顔。
「1.5㎏前後がここの平均、稲取サイズのアカムツだ。1㎏じゃあ、ちょっと物足りないなあ」。
親父はこのサイズじゃ満足できないか。でも、今日も2代目にいい釣りをさせてもらってるよ。
快晴の空を見上げ、心の中で呟く。
荒天続きでチャンスを逸した10月の仕切り直しとなったこの日、正義船長の息子、安藤雅基船長の操船で臨む稲取沖の300mライン。
TEAM OKAMOTOの面々を待っていたのは歓喜と落胆、そして予想外のキャストに派手なクライマックスシーン。
筆者は0.9㎏のダブルも含め6匹のアカムツをゲット。目まぐるしく展開するドラマ、ドラマ、ドラマの連続から、迎えた大団円。船中5人で12匹と好釣果で終わることができた。
今夏~秋のシーズンは例を見ない不調に見舞われた稲取沖のアカムツだが、この日の釣果を見る限り完全復活と言っても差し支えなかろう。
まもなく本格シーズンに突入する稲取沖「安貞丸」のアカムツ釣り。「稲取サイズ」連発も十分期待できそうだ。

以上の記事は「つり丸」2017年12月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
手軽に釣れて初心者にも優しいターゲット!東京湾のイシモチが開幕から好調!金沢八景「黒川丸」ではトップ50匹、30cm級もまじる!手軽な一方、腕の差が出るためベテランも納得の魚だ!
紅い超高級魚!波崎沖のアカムツが秋の本格シーズン突入!波崎港「浜茄子丸」での当日は制限尾数の10匹達成達が5人!取材翌々日には、今季最大53㎝(2.1㎏)のビッグワンも飛び出した!
東京湾のタチウオが好調!今シーズンも走水沖〜猿島沖で連日ドラゴン級が取り込まれている!好機継続中!タチウオとのカケヒキと強い引きを楽しもう!!
南房太海沖のFサビキによるクロムツ釣りが好調だ!ムツは40cmオーバーの大型主体に数釣りも!後半スルメはダブル・トリプルも…今後上昇に期待!!
外房 飯岡沖でマダイが確変フィーバー中!飯岡港「梅花丸」取材当日も水深27m前後の漁礁周りで大ダイ、中ダイが連発!記録更新を狙うなら今がチャンスだ!
最新記事
手軽に釣れて初心者にも優しいターゲット!東京湾のイシモチが開幕から好調!金沢八景「黒川丸」ではトップ50匹、30cm級もまじる!手軽な一方、腕の差が出るためベテランも納得の魚だ!
山賀丸の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
荒根の中で根魚を狙うHRFゲーム!伊東港「たか丸」では谷洋平船長が、ソフトルアーを使ったアカハタゲームに、ジグやタイラバも併用し伊東沖の楽しい遊び方を提供してくれる!
紅い超高級魚!波崎沖のアカムツが秋の本格シーズン突入!波崎港「浜茄子丸」での当日は制限尾数の10匹達成達が5人!取材翌々日には、今季最大53㎝(2.1㎏)のビッグワンも飛び出した!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読