MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
稲取沖の大型アカムツ、好シーズン来たる!【東伊豆・稲取沖】

稲取沖の大型アカムツ、好シーズン来たる!【東伊豆・稲取沖】

言わずと知れた高級魚アカムツ。今回の取材の釣果により本格シーズン突入を実感。年末年始に向け、更なる期待が膨らむ。

perm_media 《画像ギャラリー》稲取沖の大型アカムツ、好シーズン来たる!【東伊豆・稲取沖】の画像をチェック! navigate_next

1㎏じゃ物足りない!? 1.5㎏がアベレージ!!

大型の期待タップリな稲取沖でのアカムツ狙い。重量感ある引きに、2kgオーバーを期待したが、0.9kg級の一荷だった。もちろん、これも大満足。

これがこの日の筆者の釣果。グラマラスな良型アカムツを6匹と絶好調!

この日は船中5人で12匹。型もいいだけに、十分すぎる釣果といえるだろう。

この日の筆者のタックル。竿が「アルファタックル・ディープインパクト ライト」プロト、リールは「ミヤエポック・AC-3JPC。

最高級と言っても過言ではない魚。刺身、塩焼き、煮つけ、何にして食べても最高の味だ。

各種集魚グッズもアカムツ釣りの大きな武器。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・稲取港「安貞丸」。

2投連続の1㎏級ダブルに歓喜した直後、我が脳裏に甦る「アカムツの達人」こと亡き「安貞丸」先代、安藤正義船長の口癖と笑顔。
「1.5㎏前後がここの平均、稲取サイズのアカムツだ。1㎏じゃあ、ちょっと物足りないなあ」。
親父はこのサイズじゃ満足できないか。でも、今日も2代目にいい釣りをさせてもらってるよ。
快晴の空を見上げ、心の中で呟く。
荒天続きでチャンスを逸した10月の仕切り直しとなったこの日、正義船長の息子、安藤雅基船長の操船で臨む稲取沖の300mライン。
TEAM OKAMOTOの面々を待っていたのは歓喜と落胆、そして予想外のキャストに派手なクライマックスシーン。
筆者は0.9㎏のダブルも含め6匹のアカムツをゲット。目まぐるしく展開するドラマ、ドラマ、ドラマの連続から、迎えた大団円。船中5人で12匹と好釣果で終わることができた。
今夏~秋のシーズンは例を見ない不調に見舞われた稲取沖のアカムツだが、この日の釣果を見る限り完全復活と言っても差し支えなかろう。
まもなく本格シーズンに突入する稲取沖「安貞丸」のアカムツ釣り。「稲取サイズ」連発も十分期待できそうだ。

以上の記事は「つり丸」2017年12月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
今年もカツオの当たり年!御前崎沖の金洲が好調だ。一粒で二度おいしいリレーで高級魚[ウメイロ・ヒメダイ・ジャンボイサキetc]のお土産をゲットしよう!
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
外房・御宿沖の伝統釣法・カモシ釣りが好機!良型マダイがラッシュ中で、ヒラマサの回遊もあり!夢のある釣りを絶賛展開中だ!この機会にぜひ!
新潟県上越・直江津沖。夏のイチオシターゲットがオキメバルだ!活性が高いと良型ばかりズラズラズラリと多点掛けするのが特徴。夜は半夜で楽しむアカイカシーズンが開幕!
東京湾がいよいよ照りゴチシーズン突入!産卵後の荒食いが期待できる この時期は入門にもオススメ!とても美味なので食のほうでも楽しめる。
最新記事
集魚効果抜群!餌木史上初のレンズ&透明布採用餌木登場「LQ(レンズエギ透明布巻)3.5号」
今年もカツオの当たり年!御前崎沖の金洲が好調だ。一粒で二度おいしいリレーで高級魚[ウメイロ・ヒメダイ・ジャンボイサキetc]のお土産をゲットしよう!
「つり丸・8月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された石川県・金沢港「北龍丸」の夜釣りで大人気のケンサキイカのメタルスッテゲームの取材の様子を動画で公開。
日本海の7月8月は夜釣りがメイン。メタルスッテゲームでケンサキイカが最盛期に!昼はライト泳がせでキジハタ&ヒラメを狙う!
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル