MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
好調が続く東京湾のタチウオ! 良型多く脂も乗って美味!!【東京湾】

好調が続く東京湾のタチウオ! 良型多く脂も乗って美味!!【東京湾】

ライトタックルでスッ、スッと、50㎝刻みで誘い上げてくると、「ズンッ」と根掛かりのようなアタリが伝わった。銀箔に輝き、釣趣、食味に優れながら、沖釣り対象魚ではトップクラスの鋭い歯を持つタチウオを久しぶりに狙った。アタリは一日途絶えることなく続き、その魅力を再確認した。

タチウオのお勧め料理方法は、片栗粉を付けて揚げ、ウナギのタレを使った蒲焼。塩コウジに付けて焼き、軽く干す。これも美味

好調が続いている東京湾のタチウオ! 取材者も本命を手にした!!

良型が多く、強い引きが楽しめる!

指4本幅の良型に満足!

付けエサはコノシロ。

この時期のタチウオは、脂が乗って美味だ!!

当日のトップは23本!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・富津「浜新丸」。

東京湾のタチウオは好調が続き、型も良くなり始めた。取材当日も指三本分、四本分が半々だったが、朝方に良型が集中した。
「シャクって釣るのでPEは2号以下でお願いします。オモリは60号ですが、潮が速い時や下浦沖などの深場では80号を使います。エサのコノシロは斜めに刺すのがこだわりで、真っ直ぐ刺すよりハリからズレにくいです」と、「浜新丸」の浜名博一船長がいう。
今回は港から40分程度の観音崎沖80〜85mを、底から10〜15mの範囲で探った。一投目からアタリが出て、沖揚がりまでアタリが続いた。状況によっては走水沖や下浦沖も攻める。
浅場で釣れる夏タチウオより難易度が高いイメージがあったが、コノシロはサバエサよりも早く食い込むため、船長のアドバイス通りに誘えば初心者でも十分な釣果が期待できる。時おりまじるサバも丸々太った寒サバだ。
タチウオは美味しい魚だが、刺身や塩焼き以外の船長お勧め料理方法は、片栗粉を付けて揚げ、ウナギのタレを使った蒲焼が子供にも人気。塩コウジに付けて焼き、軽く干すのもよいという。どう料理しても旨いのが魅力だ。
今後は3月ごろまで出船予定だが、魚はさらなる良型が期待できる。早朝出船するため、寒さ対策を万全に整え、脂の乗った良型タチウオを仕留めよう。

以上の記事は「つり丸」2017年12月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
手軽に釣れて初心者にも優しいターゲット!東京湾のイシモチが開幕から好調!金沢八景「黒川丸」ではトップ50匹、30cm級もまじる!手軽な一方、腕の差が出るためベテランも納得の魚だ!
紅い超高級魚!波崎沖のアカムツが秋の本格シーズン突入!波崎港「浜茄子丸」での当日は制限尾数の10匹達成達が5人!取材翌々日には、今季最大53㎝(2.1㎏)のビッグワンも飛び出した!
東京湾のタチウオが好調!今シーズンも走水沖〜猿島沖で連日ドラゴン級が取り込まれている!好機継続中!タチウオとのカケヒキと強い引きを楽しもう!!
南房太海沖のFサビキによるクロムツ釣りが好調だ!ムツは40cmオーバーの大型主体に数釣りも!後半スルメはダブル・トリプルも…今後上昇に期待!!
外房 飯岡沖でマダイが確変フィーバー中!飯岡港「梅花丸」取材当日も水深27m前後の漁礁周りで大ダイ、中ダイが連発!記録更新を狙うなら今がチャンスだ!
最新記事
手軽に釣れて初心者にも優しいターゲット!東京湾のイシモチが開幕から好調!金沢八景「黒川丸」ではトップ50匹、30cm級もまじる!手軽な一方、腕の差が出るためベテランも納得の魚だ!
山賀丸の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
荒根の中で根魚を狙うHRFゲーム!伊東港「たか丸」では谷洋平船長が、ソフトルアーを使ったアカハタゲームに、ジグやタイラバも併用し伊東沖の楽しい遊び方を提供してくれる!
紅い超高級魚!波崎沖のアカムツが秋の本格シーズン突入!波崎港「浜茄子丸」での当日は制限尾数の10匹達成達が5人!取材翌々日には、今季最大53㎝(2.1㎏)のビッグワンも飛び出した!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読