MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
好調が続く東京湾のタチウオ! 良型多く脂も乗って美味!!【東京湾】

好調が続く東京湾のタチウオ! 良型多く脂も乗って美味!!【東京湾】

ライトタックルでスッ、スッと、50㎝刻みで誘い上げてくると、「ズンッ」と根掛かりのようなアタリが伝わった。銀箔に輝き、釣趣、食味に優れながら、沖釣り対象魚ではトップクラスの鋭い歯を持つタチウオを久しぶりに狙った。アタリは一日途絶えることなく続き、その魅力を再確認した。

perm_media 《画像ギャラリー》好調が続く東京湾のタチウオ! 良型多く脂も乗って美味!!【東京湾】の画像をチェック! navigate_next

タチウオのお勧め料理方法は、片栗粉を付けて揚げ、ウナギのタレを使った蒲焼。塩コウジに付けて焼き、軽く干す。これも美味

好調が続いている東京湾のタチウオ! 取材者も本命を手にした!!

良型が多く、強い引きが楽しめる!

指4本幅の良型に満足!

付けエサはコノシロ。

この時期のタチウオは、脂が乗って美味だ!!

当日のトップは23本!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・富津「浜新丸」。

東京湾のタチウオは好調が続き、型も良くなり始めた。取材当日も指三本分、四本分が半々だったが、朝方に良型が集中した。
「シャクって釣るのでPEは2号以下でお願いします。オモリは60号ですが、潮が速い時や下浦沖などの深場では80号を使います。エサのコノシロは斜めに刺すのがこだわりで、真っ直ぐ刺すよりハリからズレにくいです」と、「浜新丸」の浜名博一船長がいう。
今回は港から40分程度の観音崎沖80〜85mを、底から10〜15mの範囲で探った。一投目からアタリが出て、沖揚がりまでアタリが続いた。状況によっては走水沖や下浦沖も攻める。
浅場で釣れる夏タチウオより難易度が高いイメージがあったが、コノシロはサバエサよりも早く食い込むため、船長のアドバイス通りに誘えば初心者でも十分な釣果が期待できる。時おりまじるサバも丸々太った寒サバだ。
タチウオは美味しい魚だが、刺身や塩焼き以外の船長お勧め料理方法は、片栗粉を付けて揚げ、ウナギのタレを使った蒲焼が子供にも人気。塩コウジに付けて焼き、軽く干すのもよいという。どう料理しても旨いのが魅力だ。
今後は3月ごろまで出船予定だが、魚はさらなる良型が期待できる。早朝出船するため、寒さ対策を万全に整え、脂の乗った良型タチウオを仕留めよう。

以上の記事は「つり丸」2017年12月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
今年もカツオの当たり年!御前崎沖の金洲が好調だ。一粒で二度おいしいリレーで高級魚[ウメイロ・ヒメダイ・ジャンボイサキetc]のお土産をゲットしよう!
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
外房・御宿沖の伝統釣法・カモシ釣りが好機!良型マダイがラッシュ中で、ヒラマサの回遊もあり!夢のある釣りを絶賛展開中だ!この機会にぜひ!
新潟県上越・直江津沖。夏のイチオシターゲットがオキメバルだ!活性が高いと良型ばかりズラズラズラリと多点掛けするのが特徴。夜は半夜で楽しむアカイカシーズンが開幕!
東京湾がいよいよ照りゴチシーズン突入!産卵後の荒食いが期待できる この時期は入門にもオススメ!とても美味なので食のほうでも楽しめる。
最新記事
集魚効果抜群!餌木史上初のレンズ&透明布採用餌木登場「LQ(レンズエギ透明布巻)3.5号」
今年もカツオの当たり年!御前崎沖の金洲が好調だ。一粒で二度おいしいリレーで高級魚[ウメイロ・ヒメダイ・ジャンボイサキetc]のお土産をゲットしよう!
「つり丸・8月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された石川県・金沢港「北龍丸」の夜釣りで大人気のケンサキイカのメタルスッテゲームの取材の様子を動画で公開。
日本海の7月8月は夜釣りがメイン。メタルスッテゲームでケンサキイカが最盛期に!昼はライト泳がせでキジハタ&ヒラメを狙う!
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル