MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
まだまだチャンス!スーパーボディ浮上!上越沖の寒ブリ!

まだまだチャンス!スーパーボディ浮上!上越沖の寒ブリ!

上越沖の寒ブリは1月中もまだチャンスシーズン!今期もやってきた極上ブリ!上越沖は希少なポイントなので、ぜひ積極的に行ってみほしい。

perm_media 《画像ギャラリー》まだまだチャンス!スーパーボディ浮上!上越沖の寒ブリ!の画像をチェック! navigate_next

上越沖の寒ブリ 釣行レポート

今期もやってきた極上ブリ。まだまだチャンスあり!!

釣り座は出船前にくじ引きで決める

根掛かりに注意しながらオモリはベタ底にする。竿はあまり動かさないほうがいいという

ポイントにアンカーを打つので船はある程度の間隔がとられている

タックルは相模湾のキハダ用や遠征泳がせタックルが使える

エサはイカタンやヒイカ、小ヤリイカだ

スーパーボディ 寒ブリ浮上!!

9.5㎏の見事なボディの寒ブリをキャッチしたのは伊東聖さん。誘いを駆使してヒットさせたという

この9.5㎏のブリは赤フラッシャーとイカタンの組み合わせにヒットした

ワラサは常連ゲスト

体高のある魚体だ

今冬、キャッチされた寒ブリたち(「里輝丸」HPより)

12月になってようやく釣れだし上越沖のブリだが、予想どおり年末にブリのまとまった群れがようやく回遊。数釣れた日もあった。来季もこのようなパターンになるだろう

今回、取材にご協力いただいたのは、新潟・直江津港「里輝丸」

今冬、上越沖の真冬の風物詩、夜ブリ釣りが盛り上がった。

昨シーズンは高水温の影響で直江津沖のブリの回遊は年末年始にXデイを迎えた。

そのため、今期も年末にブリが来る!? のではないかと思われたが、12月初めに例年どおりの回遊。

富山の氷見の寒ブリと同等の極上ブリがキャッチされた。
 
とはいうものの、冬の上越沖は海が荒れてなかなか出船できない。

貴重な凪ぎ日を見ての出船となる。12月中にキャッチされたのも数少ない出船可能日だ。
 
タックルはオモリ300号を背負える長さ2m前後の泳がせ用にハイパワーの中型リールの組み合わせでOK。
 
仕掛けは、ハリス長30㎝ほどのショートタイプが昔から使われているが、50~60㎝の長めのハリスが効果があるという。

ハリスを接続するサルカンなどの金具も夜ブリがきらうとされてきたが、近年はそれを使っても関係なく食ってくるという。

親子サルカンのほうがオマツリを解きやすくてよいとも船長は話す。
 
日本海のブリは、エサ釣りではなかなか狙えるところは少ない。

上越沖はその希少なポイントだ。

1月中もまだチャンスシーズンなので、興味ある人はぜひ積極的に行ってみほしい。

以上の記事は「つり丸」2022年2月1日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
ビッグシーバスに対応するミディアムパワー設計のトレブルフック「トレブルRBジャイアントベイトSP」
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル