MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
外房・御宿沖の秋イサキが好釣、冬は更に美味しいぞ【外房・御宿沖】

外房・御宿沖の秋イサキが好釣、冬は更に美味しいぞ【外房・御宿沖】

出船時間は6時。分厚い雲に覆われて朝と言うよりもまだ夜に近いような暗がりの中、5人の釣り人を乗せて出港した。ゆっくりと20分近く走った御宿沖のイサキポイントとしては沖目の場所でしばし反応探し。そして「ハイじゃあやってみるよ。タナは26m」のアナウンスで今年の秋イサキが開幕した。

perm_media 《画像ギャラリー》外房・御宿沖の秋イサキが好釣、冬は更に美味しいぞ【外房・御宿沖】の画像をチェック! navigate_next

秋イサキ、ツボにはまればダブル、トリプルは当たり前だ! 小型をリリースしながらほぼ全員が定数の50匹達成する勢いだった

一般的に旬は梅雨前後と言われるが、産卵後に体力回復のためエサをたくさん食べ脂の乗る秋から冬も美味!

おいしいイサキが数釣り高確率! 御宿沖で解禁したイサキ釣りが、好調だ!

30~40cmクラスの大型も少なくない。

ライトなタックルで引きを楽しむのもおすすめ。

魚影バツグン。よほどの食い渋りでもないかぎり、お土産は十分キープできるはず。

2点、3点掛けの連続もある。定数は50匹。小型はリリースしながら小気味いい引きを楽しもう。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・御宿岩和田港「義丸」。

御宿沖の秋イサキが開幕した!
「やればいつだって釣れるけど産卵明けのやせたイサキ釣っちゃあ可哀想だっぺ。だから8月から10月の3ヶ月間を禁漁にしているんだ。11月になれば魚体も回復して、これから寒イサキに向けてどんどん旨くなるおー」とは人一倍イサキ釣りに熱心な御宿岩和田「義丸」の木原義一船長だ。
11月1日の解禁日に訪れたところ、初日ゆえの手探り状態ながら、そこはイサキの宝庫御宿沖。ツボにはまればダブル、トリプル当たり前で食って来て、小型をリリースしながらほぼ全員が定数の50匹達成する勢いだった。
タナは深くて25m(浅い所では12m!)と浅いからビギナーにもお勧め。「イサキ釣りはタナと仕掛け。タナ取りは分からなければ教えるおー。仕掛けもウチのを使えば問題なし」と船長。キュキュキューン! とLTロッドを引き絞る釣趣も最高で、秋晴れの空同様のすかっとした釣りが楽しめるぞ!

以上の記事は「つり丸」2017年12月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
鹿島沖のメヌケ釣りが好シーズン!出船すれば連日5㎏級が上がっている。取材当日も4.8㎏が海面に弾け、船上は興奮に包まれる。
東京湾・剣崎沖のマルイカが好釣果で開幕した。大・中・小まじりで今季もアツい!!自分に合った道具、仕掛け、釣り方でチャレンジだ!
東京湾「金アジ」の活性が急上昇!手軽だけど、じ・つ・は奥が深いLTアジが絶好機に突入中!小柴港「三喜丸」の取材日も幅広の「金アジ」が湾奥で連発した!
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
最新記事
鹿島沖のメヌケ釣りが好シーズン!出船すれば連日5㎏級が上がっている。取材当日も4.8㎏が海面に弾け、船上は興奮に包まれる。
東京湾・剣崎沖のマルイカが好釣果で開幕した。大・中・小まじりで今季もアツい!!自分に合った道具、仕掛け、釣り方でチャレンジだ!
乗っ込みマダイを狙うのは、コマセだけではない!東京湾 横須賀沖のテンヤマダイ&タイラバも良型まじりでグングン釣果を上げている!乗っ込み本番に向けて視界良好だ!
大物の聖地、4月1日銭洲が解禁した。当日は脂のりのりの良型ウメイロが爆釣するなど、高級魚五目を満喫することができた。今後は五目でシマアジ、泳がせでカンパチがメインターゲットだ!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル