MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
秋の外房のヒラマサゲーム、いよいよ本番だっ!!【千葉・外房】

秋の外房のヒラマサゲーム、いよいよ本番だっ!!【千葉・外房】

千葉・大原港「山正丸」は周年ヒラマサのルアーゲームで出船する。毎年この時期は“秋マサシーズン”と呼ばれるほど状況がすこぶる良い。これはもう、期待せずにはいられません、いやがうえにも。

この時期は“秋マサシーズン”と呼ばれるほどの、外房2大ヒラマサシーズンの内の一つ。20〜30㎏超の“大マサ”がヒットする可能性も

召し捕ったりぃ〜!

最後に訪れたポイントではヒラマサがダブルヒット!

ベイトタックルのスローピッチジャークジギングにもヒラマサ!

当日は大原沖の水深20〜50mのポイントを主に攻めた。ジギングメインだったが、状況によってはキャスティングも有効となるので、タックルはジギングとキャスティングの両方を用意しよう。

今年はヒラマサ同様、ワラサの回遊も遅れ気味のようだ。今後に期待!

ランディングの際はラインが船底に擦れないように、ネットに誘導するようにするとよい。

2本もキャッチだ! 当日は同じアングラーにヒットすることが多かった。つまり、その人のシャクリがそのときの状況に合っているということ。なかなかアタリがない人は、シャクリ方を工夫してみよう

こんな良型スマも。最高のお土産だ。

こちらは超特大のアカヤガラ!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「山正丸」。

11月に入り、ようやく外房のヒラマサが本格化して来た。
そこで早速、周年ヒラマサのルアーゲームで出船する千葉・大原港「山正丸」を訪れると、ジギングで本命ヒラマサをはじめ、ワラサなどが多数ヒット!
「でも、この釣果ではまだ納得はできません。本当はもっと多くの人にキャッチしてほしかったですし、サイズについてももう少し大型が出ると良かったのですが…。実際、例年であればそれぐらいは釣れていいはずです。とはいっても、ようやくといった感じですね。遅れているだけならいいのですが、いずれにせよこれからが本番です!」とは、「山正丸」山口徹船長。
例年この時期は“秋マサシーズン”と呼ばれるほどの、外房2大ヒラマサシーズンのうちのひとつ。20〜30㎏オーバーという“大マサ”がヒットする可能性も十分にある。
そんな夢のようなサイズがヒットする可能性があるのが外房の海のポテンシャル。その本領を発揮するのは、きっともうすぐのはず。取材日はジギングだけでの攻略だったが、状況によってはプラグキャスティングでの攻略も有効となる。
メモリアルサイズがヒットしてもいいようにタックルの準備を万全にして、さあ外房の海へと出かけよう!

以上の記事は「つり丸」2017年12月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
荒根の中で根魚を狙うHRFゲーム!伊東港「たか丸」では谷洋平船長が、ソフトルアーを使ったアカハタゲームに、ジグやタイラバも併用し伊東沖の楽しい遊び方を提供してくれる!
金澤美穂さん!千葉県大原港の「長福丸」さんで、人気急上昇中のSLJを初体験!タダ巻だけでも魚種多彩に釣れるうえ、タックルもライトなので、ビギナーにも超オススメです!
ヒラマサは厳しくてもサンパク&ワラサ狙いも面白い!そんなアングラーにおすすめなのが初秋の外房ジギングゲームだ!マハタやヒラメ、サワラ、ハガツオ、カンパチなどゲストも多彩!
「広布号」の野島幸一船長が展開している、大原流のスーパーライトジギング!イナダ、マダイ、マハタ、ワラサ、ヒラマサ、サワラなどなにが飛び出すか分からない!手軽で奥深い注目のゲームスタイルだ!
アイランドクルーズFCが展開している、シーバスタックルでさまざまなターゲットを狙う五目ゲーム!その多彩な魅力を紹介しよう!
最新記事
手軽に釣れて初心者にも優しいターゲット!東京湾のイシモチが開幕から好調!金沢八景「黒川丸」ではトップ50匹、30cm級もまじる!手軽な一方、腕の差が出るためベテランも納得の魚だ!
山賀丸の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
荒根の中で根魚を狙うHRFゲーム!伊東港「たか丸」では谷洋平船長が、ソフトルアーを使ったアカハタゲームに、ジグやタイラバも併用し伊東沖の楽しい遊び方を提供してくれる!
紅い超高級魚!波崎沖のアカムツが秋の本格シーズン突入!波崎港「浜茄子丸」での当日は制限尾数の10匹達成達が5人!取材翌々日には、今季最大53㎝(2.1㎏)のビッグワンも飛び出した!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読